NURO光とeo光の料金はどちらがおトク!?キャンペーン内容から実質料金を探ってみた

NURO光とeo光の料金はどちらがおトク!?キャンペーン内容から実質料金を探ってみた

光回線では速度はもちろん重要事項なんですが、月々の支払い料金は安いに越したことはありませんよね。

今回の記事では関西エリアにおいて人気の「eo光」と、今年2018年1月から関西・東海エリアでサービスを開始した、関東で人気の「NURO光」、どちらが安いのか紹介します。

結論から言うと、戸建住宅ならNURO光の方がeo光よりも安く使えます。
反対に、集合住宅だとeo光の方がNURO光より安価です

それぞれの光回線でサービス内容が異なるので、人によってどちらが本当におトクなのかは変わってきます。

コフレちゃん
どちらを選ぶか参考になると幸いです!
So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
あと 12

NURO光とeo光の料金

それでは早速、NURO光とeo光の各種料金を比較しましょう。

契約時にかかる各種費用と月額料金、スマホとのセット割やオプション料金も解説します。

契約にかかる費用

まずNURO光とeo光における、契約にかかる手数料と工事費を表にまとめました。

NURO光eo光
契約手数料(税抜)3,000円3,000円
工事費(税抜)40,000円
(キャンペーンの月額割引1,333円×30回で実質0円)
戸建住宅: 27,000円
(eo暮らしスタート割による900円×30回の月額割引で実質0円)
集合住宅: eo暮らしスタート割適用で無料

どちらも契約手数料は3,000円(税抜)、さらに工事費も新規契約時のキャンペーン割引で無料となります。

ただし、工事費の金額そのものはNURO光(戸建住宅)の方が高額なので、30ヶ月以内に解約する場合は、NURO光だとより高額な残債を支払わなければいけなくなることに注意が必要です。

なおeo光は戸建住宅だと明確に工事費の金額が設定されていますが、集合住宅では金額の設定がありませんでした。

月額料金は、戸建住宅ならNURO光がおトク!

続いて、NURO光とeo光の月額料金を比較しましょう。

NURO光
(戸建住宅、集合住宅共通)
eo光
(戸建住宅、1ギガコース)
eo光
(集合住宅、VDSL方式の場合)
最大速度下り: 2Gbps
上り: 1Gbps
下り: 1Gbps
上り: 1Gbps
下り: 100Mbps
上り: 100Mbps
月額料金
(1年目、税抜)
4,743円2,953円2,524円
月額料金
(2年目以降、税抜)
4,953円3,524円

eo光は常時開催されている「eo暮らしスタート割」キャンペーンにより、1年目の月額料金が1,000~2,000円安くなります。

ところがNURO光には、35,000円(2019年7月の金額)の「キャッシュバックキャンペーン」があります。

結果的に1年目はNURO光の方が、月額料金の実質支払い総額は安くなります。

戸建住宅だと、2年目以降の月額料金はeo光よりNURO光の方が210円ほど安くなっています。
つまり、戸建住宅において、eo光よりもNURO光の方が割安で利用できます。

集合住宅の場合は、2年目以降もNURO光よりeo光の方が安価です。2年目に5ヶ月以上利用を続ければ、NURO光のキャッシュバック分が相殺され、やがてeo光の方が安くなります。

集合住宅でどちらを選ぶか迷っている場合に注意したいのは、それぞれの通信速度の違いです。

通信速度はカタログスペック上、

NURO光 > eo光

となります。

NURO光とeo光の速度に関する比較は以下の記事にまとめました。

速度を最重視するなら、集合住宅でもNURO光を選ぶのがオススメです。

注意
実際に導入するまでは、必ずしもNURO光がeo光よりも高速だと断言できないので、
注意してくださいね。

eo光を集合住宅で契約する場合、建物によっては上下100MbpsのVDSL方式ではなく、上下1Gbpsに対応する1ギガコースも選べます。

しかし、eo光の1ギガコースはマンションの規模ごとに料金が異なるので、注意が必要です。もしかしたらNURO光より高くなってしまうかもしれないので、問い合わせして確認しなければいけません。

さらにNURO光は下り2Gbps対応なので、eo光の1ギガコースではNURO光に速度面で勝つというのは難しい勝負となるでしょう。

無線LAN機能(Wi-Fi)を利用するのに料金はかかる?

NURO光は、月額料金にONUの無線LAN機能の利用料金が含まれています。
つまり無線LANは、NURO光を契約すれば誰でも無料で使えます。

eo光は、Wi-Fi接続ができる多機能ルーターを月額96円(税抜)で提供しています。

自分でルーターを持っていない場合は、毎月96円(税抜)を支払わなければWi-Fiを使えないので注意しましょう。

【セット割引】NURO光はソフトバンク携帯、eo光はau携帯がおトクに!

【NURO光】SoftBank端末との「おうち割 光セット」で毎月最大1,000円割引

おうち割 光セット

【出典】NURO光公式サイト

NURO光では、ソフトバンクのスマートフォンやタブレット、携帯電話最大10回線を永年毎月最大1,000円(税抜)割引で使えます。

なお、NURO光のソフトバンクスマホ割引を受けるには、月額300円(税抜)の「NURO光でんわ」、eo光のauスマホ割引には月額286円(税抜)の「eo光電話」のセット契約が必須です。

【eo光】au端末との「auスマートバリュー」で毎月最大2,000円割引

eo光×au「auスマートバリュー」

【出典】eo光公式サイト

eo光では「auスマートバリュー」によりauのスマートフォンや携帯電話、タブレット最大10回線を2年間毎月最大2,000円(税抜)割引、3年目以降は毎月最大1,000円(税抜)割引にできます。

ソフトバンクユーザーならNURO光、auユーザーならeo光を契約すれば、スマホ代を節約できるのでよりおトクです!

オプションサービス

NURO光とeo光、それぞれの主なオプションサービスの月額料金を比較します。

 NURO光eo光
セキュリティソフト(税抜)キャンペーンで無料(カスペルスキー)月額250円、ネットと同時申し込みで12ヶ月無料(マカフィー、メールウイルスチェック、リモートサポートのセット)
光電話(税抜)関西・関西エリア: 300円
関東エリア: 500円
基本料金0円

eo光電話アダプター利用料: 286円(無線ルーター機能同時利用時381円)

設定サポート(初回)キャンペーンにより無料キャンペーンにより無料
光テレビサービス関西エリアは対象外ネット利用者は1,239~4,700円、チューナー利用料0円~2,800円

NURO光はセキュリティソフトの料金が安価で、光電話はeo光より14円高額となっています。

NURO光では80以上の専門チャンネルや地デジ、BSを楽しめる「ひかりTV for NURO」が2018年春より開始していますが、残念ながら関西・東海エリアでは、2019年7月時点で提供されていません。

ひかりTV for NURO 2018年3月から開始

【出典】NURO光公式サイト

関東地方では「ひかりTV for NURO」がチューナー利用料込み・2年契約で月額2,000~3,000円(税抜)で展開中です。

ひかりTV for NUROで41の専門チャンネルを楽しめる「テレビおすすめプラン」はチューナー台込みで月額2,000円(税抜)、eo光で同程度の料金だと選べるのは1,715~2,115円(税抜)で4つの専門チャンネルを楽しめるプランなので、安くたくさんの専門チャンネルを見られるのはNURO光です。

将来的に関西エリアでひかりTV for NUROのサービスが開始された場合は、eo光よりもおトクにたくさんのチャンネルを楽しめるので、期待したいですね。

NURO光の特徴

まずはNURO光の特徴を簡単に紹介します。

NURO光のメリット
  • 【キャンペーン】35,000円キャッシュバック (2019年7月の金額)
  • 【キャンペーン】回線工事費4万円が実質無料
  • 業界最速 下り最大2Gbps (上りは最大1Gbps)
    ※有線LANは規格上1Gbps(3ポート)が最大で、無線LANと合わせてトータルで最大2Gbps
  • 月額4,743円無線LANが使えるコミコミ価格
  • 有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)がずっと無料
  • NTTの回線を利用しているので通信が安定している
  • 月額料金500円で「NURO光 でんわ」が使える
    ※NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能 NEW!!
    ※特別価格、無制限プランあり
  • ひかりTV for NURO」が利用可能(関東限定)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで

※料金は全て税抜き表示となります。

【NURO光公式】35,000円キャッシュバックキャンペーン

2019年7月現在、NURO光では35,000円という高額なキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

ここまで高額なキャッシュバックをサービス提供会社が実施しているのはかなり珍しいです。
もしも他社のネットサービスを解約する際、違約金の支払いにあてることができますね。

僕自身、2回もキャッシュバックキャンペーンを受け取っているので、安心して利用できることは確認済みです。

しかも、光電話サービスや、TVサービスなどのオプション加入なしで利用できるキャンペーンだということが嬉しいところです。

コフレちゃん
NURO光の申し込みを検討している人には、ぜひ活用してほしいです!

キャンペーンで回線工事費4万円が実質無料

【NURO光】工事費用実質無料

工事費4万円という費用は、キャンペーンで実質無料となっています(消費税分は除きます)。

月額利用料4,743円(税抜)の「NURO光 G2V」プランは2年間の使用が前提で、工事費用は毎月分割払い、その金額はキャンペーンで無料となります。 2年間経たずに解約する場合は、工事費残額を全額支払う必要があるのと、違約金9,500円(税抜)が発生するので注意が必要です。

NTTの回線を利用しているので通信が安定している

光回線のイメージ図

イメージ写真

NURO光は、NTT東日本の光ファイバー設備(ダークファイバー)を利用しています。

ダークファイバーというのは、通信事業者が敷設している光回線のうち、未使用の状態となっている回線のことです。

やはり、NTTの回線なので安定している印象がありますね。

SoftBank端末は「おうち割」で毎月最大1,000円割引

NURO光 ソフトバンク おうち割

【出典】NURO光公式サイト

SoftBank端末を利用している人は、「おうち割光セット」で毎月最大1,000円ずっと割引となります!

SoftBankのスマホを利用している人はさらに、SoftBank携帯電話との通話が24時間無料になる「ホワイトコール24」に申し込むことができます。

NURO光の対応エリアで、SoftBank端末を使用しているのであれば、光回線はNURO光に申し込むのが安く使えていいですよね!

eo光の特徴

eo光

【出典】eo光ネット

続いて、eo光の特徴をまとめます。

eo光はセットサービスや割引が充実しているので、関西地方にこれからも長く住み続ける人にとって頼りになる光回線です。

eo光は関西地方で展開されている

eo光は関西電力グループの株式会社ケイ・オプティコムが手がける光回線です。格安SIMの「mineo」もケイ・オプティコムが展開しているので、名前を聞いたことがあるかもしれません。

フレッツ光やauひかりと違い、eo光は関西でのみ展開されています。対応エリアは以下となります(一部エリアを除く)。

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県

eo光はプロバイダがセットになった光回線サービス

eo光は、光回線とプロバイダがセットになった光回線サービスです。NURO光と同様ですね。

別途プロバイダを契約する必要がないので、支払いが回線とプロバイダで分かれたり、インターネットに関する問い合わせ先が複雑化したりすることもありません。

光電話やテレビサービスをセットで契約可能

eo光 テレビサービス

【出典】eo光公式サイト

eo光ではインターネットだけでなく、光電話や光テレビサービスもセット契約できます。

ネット、テレビ(地デジ+BS+CS31チャンネル)、電話を戸建住宅でまとめて契約するなら1年間は月額4,978円(税抜)2年目からは月額8,239円(税抜)となります。

コフレちゃん
うーん、、正直2年目から結構高いので、テレビサービスのセットはあまりオススメできないですね...

auスマートバリューでauのスマホ代が割引に!

eo光×au「auスマートバリュー」

【出典】eo光公式サイト

eo光はauのセット割「auスマートバリュー」に対応していて、家族も含めてau回線最大10回線までに2年間毎月最大2,000円(税抜)3年目以降は最大月額1,000円(税抜)の割引を適用できます。

NURO光はソフトバンクスマホ最大10回線に毎月最大1,000円(税抜)の割引を適用できるしくみで、始めの2年間の割引額についてはeo光の方が大きいです。

なお、eo光でauスマートバリューを適用するためには、ネットに加えて月額286円(税抜)の光電話サービスの契約が必要です。

電気とのセット割引も

【出典】eo光公式サイト

eo光には、電気とのセット割があります。

「eo電気」とeo光ネットを同時に申し込めばもれなく1年間500円の割引を適用し、ネット料金を抑えられます。

電気をこれから契約する際は、eo電気を選びつつeo光ネットを同時に申し込み、割引を受けるのがオススメとなりますね。

初期設定サポートが全て無料

eo光では、初期設定サポートが全て無料になります。

  • 電話と遠隔操作でのリモートサポート
  • 専門スタッフによる訪問サポート
  • 電話のみでのサポート

以上3つの初期設定サポートをすべて無料で利用できるので、インターネット設定が苦手でもeo光なら安心です。

まとめ

eo光では、1年目の月額料金がキャンペーンでとても安くなります。

しかし、NURO光には35,000円(2019年7月現在の金額)という高額なキャッシュバックキャンペーンがあるので、戸建住宅ならNURO光の方が結果的に割安になります。

集合住宅だとNURO光のキャッシュバックを考慮してもVDSL方式のeo光の方が安価ですが、代わりに速度が最大100Mbpsで低速です。

集合住宅のeo光には上下1Gbps対応の1ギガコースも存在しますが、対応する建物は限られます。

さらに、eo光の1ギガコースの場合は建物ごとに料金も異なるので、場合によってはNURO光より高くなる可能性もあることに注意しましょう。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 12

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 12

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,680円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,280円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓