NUROでんきとNURO光はセットでお得!他社と比較しても最安値だと判明

NUROでんきとNURO光はセットでお得!他社と比較しても最安値だと判明

2016年4月より、電力が自由化され、多数ある電力業者から安い電力を選べるようになりました。

NURO光を手がけるSo-netが始めた「NUROでんき」も、おすすめの電力業者です。

今回の記事では、NUROでんきと既存の電力会社と比較しながら、お得な情報をお伝えします。

サブレくん
電気が使われるようになったのは、つい最近のことだよね!
コフレちゃん
行灯あんどんの明かりは暗かったわね…
So-net公式特典
\当サイトを見た人限定の特典です/

NUROでんきとNURO光のセット利用はお得!?

2019年10月より始まったサービスのNUROでんきは、NURO光を利用した場合のオプションとして契約することができます。

現在のところ、関東地方と関西地方のみのサービスです。

NUROでんきなら電気代も安くなる可能性アリ

NUROでんきは「NURO光」とセットで申し込めるサービスです。

NURO光はGPONテクノロジーを持ち合わせ、下り最大2Gps、上り最大1Gpsの通信速度が可能です。

既存の光回線サービスと比較して混雑することなく高速通信を継続できます。

NURO光を利用している人で、関東もしくは関西に住んでいる場合、セットででんき代も安くなるNUROでんきはおすすめです。

例えば、NURO光とNUROでんきのセットとNURO光と既存の電力会社を利用した場合、一般的な2人家族の電気代は関西エリアで286kWh/月で、関西電力よりNUROでんきのほうが年間で約2,700円お得、関東エリアでは40A・250kWh/月で年間1,800円お得です。

4人家族だと関西電力が370kWh/月で年間6,200円お得、関東エリアでは40A・400kWh/月で年間8,200円お得です。

電気代の計算は、次のようになされています。

電気代=基本料金+電力量料金(電力量料金単価×月の電気使用量)±燃料費調整額(燃料費調整単価×月の電気使用量)+再生可能エネルギー促進賦課金(再生可能エネルギー促進賦課金単価×月の使用量)

燃料費調整額と再生可能エネルギー促進賦課金は、どの電気小売業者も同じですが、基本料金と
電力量料金単価が業者によって異なります。

NURO光とセットで月額500円がずっと割引

NURO光とセットでNUROでんきを申し込むと、ずっと500円が電気代から差し引かれます。

単身で家にいる時間が少なく電気をあまり使わない人にとっては、電気代にあまり差はありませんが、500円割引で既存の電力会社の料金よりは毎月500円以上安くなります。

NUROでんきが安くなる電力は、121kWh~400kWhです。

そのの電力を多く利用する家庭では、電気代がお得になります。

今までの電力会社と同じ品質で提供してくれるから安心

よくある質問には、今まで利用していた電力会社から変更して電気が途切れずに供給できるのか、電気の品質に問題がないのかといった質問が寄せられています。

電気が家庭にくるまでは、配電網をそのまま利用するので、電気の品質は従来と変わりがありません

つまり、発電所で電気をおこし、送配電線から変電所、送配電線を通して近くの送電線まで送られてきます。

そこまでは、従来の電気の仕組みと同じですが、電柱から電線をつないで一般家庭や店舗などに送られるまでを小売業者が担当します。

配電網は、小売り自由化後も電力ネットワークの安定のために地域の電力会社でないと受け持つことができません。

停電や災害時の復旧は地域の電力会社が行うので、電力小売り自由化になっても安心して小売業者を選ぶことができます。

申し込みは自宅完結でかんたん

NURO光を申し込むときに、オプションでNUROでんきを申し込めます。

電力会社に解約をする必要はなく、NUROでんきへwebから申し込み手続きをして、必要書類を送付するだけで簡単に変更できます。

NUROでんきでは手数料は一切取っておらず、解約する場合の手数料も必要ありません。

自宅の電気メーターがスマートメーターなら工事をする必要がありませんが、スマートメーターでないなら工事が必要です。

スマートメーターとは、電力使用量をデジタル計測する電力メーターのことです。

スマートメーターの場合は、データを遠隔地に送信できるため、検針員は必要ありません。

電力会社では順次スマートメーターに切り替えているので、従来のアナログ電力メーターがついている家庭もあります。

NUROでんきの申し込み手順(NURO光の新規申し込み)

  1. NURO光の公式サイトを開く
  2. エリア確認のボタンを押してNURO光のエリアかどうか確認する※1
  3. 次へボタンを押して、オプションサービスの『「NUROでんき」に申し込む』※2にチェックを入れる
  4. 後日、届いたNUROでんきの書類に必要事項を記載して送付する
  5. 申し込みが完了して、NURO光が開通する
  6. NURO光開通後、2~3週間でNUROでんきを利用できる
※1 NURO光のエリアは関東・東海・関西・九州の福岡県と佐賀県ですが、NUROでんきは関東と関西しか利用できません。
※2 『「NUROでんき」に申し込む』が点灯していない場合は、エリア外なので利用できません。

NURO光を利用されている場合は、NUROでんきを申し込むには、So-net会員用のサポートセンターへ直接申し込みます。

NUROでんきと他社電気会社を比較してみた!

NUROでんきの方がお得になるのは、電気代がどのくらいかかったときかを具体的にみるために、他の電気小売業者と比較をしてみましょう。

「東京電力」や「関西電力」と比較

NUROでんきは、関東地方は株式会社CDダイレクトが、関西地方は大坂ガスが提供している電気小売業者です。

従来からある電力会社は、関東地方では地元の東京電力エナジーパートナー、関西地方では地元の関西電力です。

東京電力と関西電力では見方が異なるので、分けて比較しています。

NUROでんきと東京電力

電力量NUROでんき東京電力
エナジーパートナー
(従量電灯B)
基本料金10A767.66円286円
15A901.49円429円
20A1,035.32円572円
30A1,302.98円858円
40A1,570.04円1,144円
50A1,838.30円1,430円
60A2,105.96円1,716円
120kWh未満19.78円/kWh19.88円/kWh
120kWh以上
300kWh未満
25.79円/kWh26.48円/kWh
300kWh以上
400kWh未満
30.57円/kWh
400kWh以上30.57円/kWh30.57円/kWh

この表を見ると、基本料金は500円ほど東京電力の方が安いですが、一般家庭がよく利用する120~400kWh帯はNURO光の方が安いです。

一戸建て住宅と集合住宅の平均の電力使用量は40Aの366kWhなので、NURO光と東京電力を比較してみましょう。

  • NUROでんきの電気料金
    基本料金 1,571円
    電力料金 19.78円/kWh×120kWh=2,374円
    25.79円/kWh×246kWh=6,344円
    電気料金=1,071円+2,374円+6,344円-500円(割引額)=9,789円
  • 東京電力の電気料金
    基本料金 1,144円
    電力料金 19.88円/kWh×120kWh=2,386円
    26.48円/kWh×180kWh=4,766円
    30.57円/kWh×66kWh=2,018円
    電気料金=1,144円+2,386円+4,766円+2,018円=10,314円

NUROでんきと東京電力で、平均の40A・366kWhを使用した場合、NUROでんきが9,789円、東京電力が10,314円でNUROでんきの方が525円安くなりました。

●NUROでんきと関西電力

電力量NUROでんき関西電力
最低料金~15kWh785円341.02円
1kWhあたりの電力量15kWh以上
120kWh未満
20.31円20.32円
120kWh以上
300kWh未満
24.75円25.80円
300kWh以上
360kWh未満
29.29円
360kWh以上29.29円

表を見ると、15kWhまでは関西電力の方が444円安く、15kWh以上はNUROでんきの方が安くなります。

では、平均の40A・366kWhを使用したときの電気料金を比較してみましょう。

  • NUROでんきの電気料金
    最低料金 785円
    電力料金 15kWh~120kW h20.31円/kWhk×105kWh=2,033円
    120~360kWh 24.75円/kWh×240kWh=5,940円
    360kWh~366kWh=20.29円/kWh×6kWh=122円
    電気料金=785円+2,033円+5,940円+122円-500円(割引額)=8,380円
  • 関西電力の電気料金
    最低料金 341.02円
    電力料金 15kWh~120kW=20.32円/kWhk×105kWh=2,134円
    120kWh~300kWh=25.80円/kWh×180kWh=4,644円
    300kWh~366kWh=29.29円/kWh×66kWh=1,933円
    電気料金=341円+2,134円+4,644円+1,933円=9,052円

NUROでんきと関西電力の平均40A・366kWhを比較すると、NUROでんきが8,380円、関西電力が9,052円でNUROでんきの方が672円安いです。

「あしたでんき」や「楽天でんき」と比較

電気の小売業者の「あしたでんき」や「楽天でんき」はNUROでんきと比較すると、どちらがお得な電気小売業者か比較してみましょう。

●NUROでんきと「あしたでんき」
「あしたでんき」とは、東京電力のグループ会社であるTRENDE株式会社が提供しています。

「あしたでんき」が利用できるエリアは、東北地方、関東地方、東海地方、関西地方、中国地方、四国地方、九州地方と北海道地方以外すべてのエリアです。

料金は、東京電力が10~60Aまで定めている基本料金が無料で、電気料金の計算方法はシンプルで、すべての電力量の1kWhの値段が26.6円です。

では、平均の40A・366kWhを使用したときの電気料金を比較してみましょう。

  • NUROでんきの電気料金
    上記で計算したように、電気料金は関東地方が9,789円、関西地方が8,380円です
  • あしたでんきの電気料金
    電気料金=26.6円/kWh×366kWh=9,736円

NUROでんきと「あしたでんき」を比較すると、平均の家庭の40A・366kWhの電気料金は関東地方だと「あしたでんき」の方が53円安いですが、関西地方だとNUROでんきの方が1,350円安い金額です。

NUROでんきと楽天でんき

楽天でんきは、楽天モバイルのグループ会社の楽天エナジーが提供している新電力です。

提供エリアは日本全国で、全国一律基本料金は0円です。

電気代は、地域の電力会社のエリアごとに異なり、東京電力エリアは26.50円/kWh、関西電力エリアでは22.50円/kWhです。

楽天でんきの特徴は、申し込みで2,000ポイント還元、電気料金200円に1ポイント還元、楽天カードを利用すると100円につき1ポイントがたまることです。

では、NUROでんきと楽天でんきの平均40A・366kWhのときを比較して、電気料金をみてみましょう。

  • NUROでんきの電気料金
    上記で計算したように、電気料金は関東地方が9,789円、関西地方が8,380円です。
  • 楽天でんきの電気料金
    楽天でんきは、基本料金が0円なので、関東地方は26.5円/kWh×366kWh=9,699円で、関西地方は22.5円/kWh×366kWh=8,235円です。

NUROでんきと比較すると、楽天でんきの方が関東地方は9円、関西地方が145円安いです。

ただ、楽天でんきは20A以下の申し込みはできません。

一般に、新電力は夜間電力を利用しているオール電化や、電気代が少ない一人暮らしの場合は料金が高くなります。

コフレちゃん
本当にちゃんと計算してる?NUROでんきの紹介だからって、ヒイキしてないわよね?
サブレくん
もちろんだよ!ちゃんと各社のホームページを見れば、計算が合ってるってわかるよ!

NUROでんきに申し込む時の注意点

高速インターネットを利用している方にとって、NUROでんきをセットで申し込むとお得になる可能性がありますが、注意するデメリットも知っておきましょう。

対象エリアをチェックしよう

NUROでんきは、対象エリアが狭く、関東地方と関西地方に限られています。

関東地方:東京都、神奈川県、埼玉県、茨木県、群馬県、栃木県
関西地方:滋賀県、大阪府、京都市、奈良県、兵庫県

さまざまな場所に引っ越しをする人は、NUROでんきへの申し込みはおすすめできません。

NUROでんき単体では申し込めない点に注意

NUROでんきは、NURO光のオプションとして申し込めます。

NUROでんきのみの申し込みはできません。

NURO光は、高速通信が定評の光通信で、混雑する時間帯にも速度が早く、途切れにくいです。

インターネット通信を頻繁にして、エリアが関東か関西ならNUROでんきとセットで申し込むことで電気代がお得になる可能性があります。

また、NUROでんきは、NURO光の新規申し込みか乗り換え時にしか申し込むことができません

コフレちゃん
光回線を契約するときにしか電気を申し込めないって、地味にめんどくさいわね。
サブレくん
申し込む時に慌てないように、準備をしておかないとね!
新規申し込みは、上記でご紹介したようにNURO光のサイトから申し込みますが、NURO光を利用していてNUROでんきに乗り換える場合はSo-netのサポートに連絡して申し込みます。

【まとめ】NURO光とセットならNUROでんきが一番安い

NURO光とNUROでんきがセットなら500円割引が永年されるため、既存の電力会社の電気料金より割安で利用できます。

平均的な家庭の電気代使用の場合は、新電力と比較しても安くなることが多いです。

NUROでんきが利用できる関東地方と関西地方に住居がある方で、インターネットを使っている複数家族なら、NURO光に乗り換えてNUROでんきとセットで申し込むことがおすすめです。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバック特典やモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、特典が開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!

  • 45,000円キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2020年8月時点
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2020年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-net公式の特典で、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合
ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大20,000円分プレゼント
    ※戸建て新規申込みの場合。転用時の場合は2,000円
  • 【新型コロナ対策】ドコモショップへの来店不要
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

Webでの申し込み限定特典があります!

  • 45,000円キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2020年8月時点
  • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    ※戸建てタイプ: 電話サービス同時加入時、
    マンションタイプ: ネットのみでOK
  • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • 【auスマートバリュー】
    毎月500円〜1,000円 スマホ・ケータイ割引、無線LAN利用永年無料

ネットのみの申し込みで高額なキャッシュバックが受け取れる点、
安心できる代理店であることが申し込んだ理由です↓