NURO光 徹底レビュー! 〜世界最速2Gbpsの実力やいかに!?〜

NURO光 徹底レビュー

So-netの光回線サービスNURO(ニューロ)光を使用中のザ サイベースの管理人「とみっち」が、実際にNURO光を利用して感じた印象や、ルーターの設定方法、評判、さらにはキャッシュバックの受け取り方など、NURO光について詳しくまとめたミニサイトを作ってみたよ。

先に結論を書くと、

関東に住んでいるソフトバンクユーザー

が光回線を選ぶなら、おうち割(旧スマートバリュー)でセット割があるから、業界最速光回線であるNURO光が安く使えてイチオシ!

NURO光の利用を検討している方は、是非読んでください!!!

auひかりからNURO光に乗り換えた

auひかり ONUとルーター(BL190HW)

僕は昨年2015年12月まで、2階建賃貸アパートの2階でauひかりを5年半使った。

利用していたのはギガ得プランで、個別に自宅に回線を引き入れるホームタイプだった。

2階建賃貸アパートの1階に引っ越すことになり、auひかりのままでいくか、NURO光に変えるべきかをかな〜り詳しく調べたよ。

最終的にNURO光のサービス内容に納得した上、キャッシュバックキャンペーンがあることを知って移行したんだよね。

現時点でNURO光には大変満足している!

auのiPhoneを使っていたならスマートバリューが適用されるauひかりのままでもよかったんだけど、最近はauを解約して格安SIMのmineoにしたので、結果的に料金が安く速度が速いNURO光に申し込んだのは正しい選択だったように考えているよ。

auスマートバリューにメリットを感じるのであればauひかりはオススメできるけど、もしそうでなければNURO光もオススメできる光回線だよ。

キャッシュバックを受け取って開設しよう

NURO光を申し込む際に3万円のキャッシュバックがもらえるって知ってます!?

色々と調べていて、So-net公式のキャッシュバックキャンペーンがあるということで、そのページから申し込んだ。

2016年12月に実際にSo-netからキャッシュバックを受け取ったのでその手順をまとめてみたよ。

NURO光の3万円キャッシュバックの受け取り方

特別難しいこともなく手続きできるので、安心してください。

ONU/ルーター

NURO光のルーターはONU(光回線終端装置)と一体型。

契約時期などによって、幾つかルーターがあるみたいだけど、

  • 有線LAN: 1Gbpsポートが3ポート
  • 無線LAN: IEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応
    IEEE802.11nを使用した場合は最高450Mbps、IEEE802.11ac対応ルーターだとなんと最高1,300Mbps!!!

というのが基本的な仕様となっていて、同時使用時の合計速度が2Gbpsとなるよ。

僕がNURO光で使ったルーターは、以前の家が「Huawei HG8045Q」で、

Huawei HG8045Q

今の家は「ZXHN F660A」だよ。

ZXHN F660A

iPhone6(高さ約13.8cm × 幅約6.7cm)と並べるとこのくらいの大きさ。

ZXHN F660AとiPhone6との比較

調べてみたところ、新機種の「ZXHN F660A」と「EchoLife HG8045Q」は無線LANの最大速度が1,300Mbpsなんだとか!

11acに対応しているONU
【2016年12月08日追記】 EchoLife HG8045Qは11acに対応していないのではないかと、当ブログにお問い合わせをいただきました。

現在対応状況を調査中です

【2016年12月15日追記】
NURO光のテクニカルセンターに問い合わせしました。
HG8045Qは11acに対応しているとのことです。1つ前のHG8045Jは11acに対応していないとのことでした。

「ZXHN F660A」「EchoLife HG8045Q」が11ac対応となります。

サポートセンターの女性の方、すごく丁寧で惚れてしまいそうでしたw

前機種である「ZXHN F660T」や「HG8045D」、「HG8045j」でも無線LANの最大速度は450Mbpsとなっていて高速。

NURO光のメリット

NURO光のメリットを挙げてみるよ。

  • 世界最速の下り最大2Gbps
    ※有線LAN側の最大値は規格上1Gbps(3ポート)で、無線LANと合わせてトータルで最大2Gbps。
  • 月額4,743円(税抜)無線LAN、カスペルスキー有料版が使えるコミコミ価格
  • SoftBankのおうち割対象
  • 回線を個別に引き込める対象の集合住宅が、2階建て以下から5階建て以下に拡大
    ※2015年12月8日〜
  • 開通月利用料金無料
  • 回線工事費実質無料
    ※2ヶ月目~31ヶ月目は「工事費割賦代金」相当の金額が割引
  • 月額料金500円(税抜)で「NURO 光 でんわ」が使える。NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能。

NURO光は、NTT東日本の光ファイバー設備、いわゆるダークファイバーを利用しているサービス。

ダークファイバーというのは、通信事業者が敷設している光回線のうち、使用せずに空いている状態の回線のことだ。

NTTの回線なので安定しているなーという印象がある。接続が途切れたと感じたことはほとんどない。1年間で数回くらいかな。

NURO光の障害情報
僕は夜中にネットを利用しないことが多いので気づかなかっただけかもしれない。調べてみたら、NURO光を利用していて通信が途切れたというつぶやきをTwitterで見かけたので、居住エリアによっては通信が不安定な場所もあるのかもしれない。

ブログで絶賛するとステマなんじゃないかと、なかなか信じてもらえないんだけど、我が家では本当に安定しているので不満がない。

NURO光の障害情報はSo-netのWeb上に発表されているよ。

カスペルスキーは僕のMacBook Air(2013 Midモデル)だと少し挙動が怪しい部分があって、Windowsだけで使用中。

NURO光のデメリット

ここまで書いていて、いいことづくめに思えるNURO光なんだけど、デメリットもあるので紹介したい。

先ほどリンクした過去の記事と重複してしまう部分もあるんだけど、

  • 対応エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城(一部エリアを除く)の1都6県のみ
  • 回線工事が2回あり、土日の工事は予約が取りづらい上に有料...

対応エリアが狭い点は難点。実家の長野市でも申し込みたいけど、ダメなんだよなぁ。。

回線工事が2回発生するので、開通まで結構時間がかかる。僕は自営業だから平日の工事が都合つくけれど、最初の家で開通したのは、申し込みから3週間、今の家では時間がかかり、1ヶ月ちょっとだった。

So-net側から提示される工事日はあまり多くないと思うので、都合がつけづらい人は開通までかなり時間がかかってしまうかもしれない。

余裕をもって申し込みたいところっすね。

NURO光の速度

我が家では、測定ツールにもよるけれど、300Mbps前後の速度が出ているよ。

下り310.5Mbps 上り271.1Mbps

Radish Network Speed Testingで測定

MacやWindows、スマホやタブレット(ASUS Memo Pad7)でネットサーフィンをする際や、YouTubeなどで動画を視聴する際はもちろん、テレビ(37型のTOSHIBA REGZA)でGoogle Chromecastを視聴する際にも快適に使えている。

インターネット回線の速度を測定できるRBB SPEED TESTの回線速度のランキングにも、NURO光が上位にランクインしていることが多いことが分かるね。

【出典】RBB SPEED TEST ランキング

NURO光はSo-net公式のキャンペーンページがオススメ

下り最大2Gbps NURO光 月額4,743円(税抜)キャッシュバック3万円

【出典】NURO 光

NURO(ニューロ)光の申し込みを取り扱っている代理店は幾つかあり、それぞれ独自のキャンペーンや、So-netのキャッシュバック金額3万円(2016年11月現在)よりも高額なキャッシュバックを打ち出していたりするんだよね。

So-net以外の代理店のキャンペーンの場合、内容をよく読むと、オプションを幾つか申し込まないといけないこともあり、結果的に月額料金が高くなってしまうことも!

後々トラブルとならないように、申し込む際に代理店の連絡先などの情報はしっかりメモしておこう。

僕自身So-net公式のキャッシュバックキャンペーンを2回受け取った経験もあることからこっちをオススメしています。

So-netが公式に行っているキャンペーンなので、安心できるという点が一番の申し込みの決め手でした!