wwwありとwwwなしの統一 SEO

サーバー

URLで「www」を付けるか付けないかを統一しておいたほうがSEO的にはいいと言いますね。

「www」のあるなしで2パターンのURLにアクセスできてしまうと、検索エンジンからは別サイトとして認識されることがあり、被リンク数が分散してしまったり、コピーサイトと見なされる可能性もあるようです。

SEO的には「www」ありと「www」なし、どちらのURLが良いかという優劣はないようですので、どちらかに統一しちゃいましょう。

今回は「.htaccess」ファイルでURLを正規化する方法を紹介します。
 

wwwありで統一

[plain]RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example¥.com
RewriteRule (.*) [R=301,L][/plain]
 

wwwなしで統一

[plain]RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www¥.example¥.com
RewriteRule (.*) [R=301,L][/plain]
 

テキストエディタで上記のどちらかを記述して「htaccess.txt」などの名称でローカルPCに保存。サーバーにアップロード後「.htaccess」とファイル名を変更してください。

「www」を付けるかどうかは好みです。

以前は人が一目見て、URLの文字列と判断しやすかったことからか、「www」ありで統一するサイトが多かったように思いますが、だんだんと「www」なしに統一しているサイトが増えてきましたね。

スマートフォンなどで、URLを直打ちする場面で「www」なしのほうが絶対に楽ですもんね。

wwwってなんの略??

World Wide Web(ワールド ワイド ウェブ)の略語となります。

Web(蜘蛛の巣)のように、世界中に張り巡らされたネットワーク網からこういった命名になっているようですね。

おまけ情報でしたwww

タイトルとURLをコピーしました