STEINBERG UR22を購入しました!

楽器

STEINBERGのUR22を買いました!

Pro Toolsを使っていた時はMboxとかMbox2を使用していたんですが、金銭難から以前売ってしまったのです。

今はPro ToolsからCuebaseに乗り換えて、同じSTEINBERG製のオーディオインターフェースなので相性は問題ないです。

最新版のCuebase7まで対応しているみたいですね。ちなみに僕が使っているのはCubase5(古い…)です。

DAWが対応していれば、192kHzのビットレートで録音、再生が可能。

やっぱりオーディオインターフェースは相性が重要ですね!

UR22のスペックを簡単に書くと…

  • マイクケーブル、フォンケーブル兼用の入力端子が2つ
  • アウトはフォンケーブルの端子が2つで、INPUT2はHI-Z対応
  • FIREWIREはなくて、PCとの接続はUSB2.0

詳しい情報(公式サイト)

UR シリーズ - USB 2.0 オーディオインターフェース
D-PRE マイクプリアンプの透き通った音を軸にさまざまなジャンルや用途で活躍する、ベストセラーオーディオ I/O。

スペック的に必要十分です。

金属パーツが多くて、大きさの割にちょっと重いんですが、持ち運びも我慢できる範囲内ですね。

近所の楽器屋だと、注文して2、3週間待ちの状況って言われちゃいました。。

安心低価格のサウンドハウスで今回も購入。

最近amplitube(トライアルだけど)も使うようになって、ギターを繋ぐだけですぐに色んな音を作れるし、作曲が楽しくてしょうがないですね!

タイトルとURLをコピーしました