【スピードテスト】誰でも簡単!ワンクリックで通信速度を測定してみよう!用語解説あり

【スピードテスト】誰でも簡単!ワンクリックで通信速度を測定してみよう!用語解説あり

下の「スタート」ボタンを押すことで、通信速度計測がスタートします!

こんな人は通信速度を測定してみよう

  • インターネットが常々遅いと感じている
  • 通信速度制限にかかっているか調べたい
  • 普段の通信速度が分からない
  • 今現在接続しているWiFiの速度を知りたい
  • 通信回線マニア

当ページをブックマークしてもらえたら嬉しいです。

スピード測定で1番重要な指標は「DOWNROAD(上り)」

結果で1番注目するところは「DOWNROAD(ダウンロード)」という項目です。

回線速度測定、ダウンロード

Webサイトを見る、YouTubeなどの動画サービスを視聴する、SNSを見る…、これらの行為は、使用しているスマホやPCなどの端末にデータをダウンロードすることで実現しています。

当然のことですが、ダウンロード速度が速いほど快適にインターネットを使うことができます。

※ボタンを押すと記事内の測定ツールへ飛びます

どれくらいの通信速度が必要なの?目安はコレだ!

VOD

Youtubeで動画を視聴する場合

Youtubeにおける通信速度の目安を以下に記載します。

動画の解像度推奨速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

【引用】YouTube ヘルプ「動画ストリーミングに関する問題のトラブルシューティング」

4K動画も少しずつですが見かけるようになってきましたが、主流は「フルHD 1080p」ですね。

5Mbpsあれば、フルHDっていうサイズのYouTubeを見ることが可能ですが、実際には安定した視聴には10Mbps程度ほしいところです。

画素数は以下のとおりです。

動画の解像度画素数
8K7680×4320ピクセル
4K3840×2160ピクセル
HD 1080p(フルHD、フルハイビジョン)1920×1080ピクセル
HD 720p(HD、ハイビジョン)1280×720ピクセル
SD 480p720×480ピクセル
SD 360p480×360ピクセル

HD、4K、8Kの違い

YouTube、Netflix、dTVといった映像配信サービス(VOD)では、4K動画も視聴できるようなってきています。

より綺麗な画質で映像を見たい人は、高速な光回線を選ぶとよいでしょう!

Webサイトで記事を閲覧する場合

記事がテキスト中心か、画像や写真が中心となっているかで必要な速度は分かれます。

使用用途推奨速度
テキスト中心1Mbps
画像や写真が中心5Mbps

※ボタンを押すと記事内の測定ツールへ飛びます

通信速度測定における用語の解説

スピード測定結果に出てくる用語を説明します。

用語解説

☆PING
読み方:ピン。ping値とはサーバーの応答速度を意味する。「ms(ミリ秒)」という単位で表現される。値が小さいほどサーバーの応答速度が良い。
☆JITTER
読み方:ジッター、ジッタ。PING値の信号の揺らぎを示す。「ms(ミリ秒)」という単位で表現される。値が小さいほどPING信号の揺らぎが少なくて良い。
☆DOWNROAD
読み方:ダウンロード。日本語で「下り」と表現される。受信速度を示す。快適にインターネットをするための指標であり、1番注目すべき値です。値が大きいほど良い。
☆UPROAD
読み方:アップロード。日本語で「上り」と表現される。送信速度を示す。メール送信・SNSへの投稿などの速度に関係する。値が大きいほど良い。

DOWNROADやUPROADが速いのに通信が遅く感じる場合、PING値に着目しましょう。

PING値が高いということは応答が悪いということですが、LANケーブルのカテゴリを変えると通信速度が改善する可能性があります。

また、PING値が小さいのに通信速度が遅く感じる場合、JITTERに着目しましょう。

測定時のPing値がそのときだけ遅かったのか、常に遅かったのかが判別できます。

※ボタンを押すと記事内の測定ツールへ飛びます

まとめ

使用している回線で、スピードテストができたでしょうか。

光回線やモバイルWi-Fiについて、当サイト内の以下のコンテンツで詳しく解説しています。

良かったらご覧ください!

光回線と格安スマホ

NURO光評判くん

So-netの高速光回線「NURO光」を実際に5年半使って、速度や料金、45,000円キャッシュバック特典などを紹介しています。通信速度が一番の魅力で、有線LANで下り900Mbps台、Wi-Fiでも下り500Mbps台を記録しています。

ドコモ光評判くん

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」を実際に2年半使っています。v6プラスに対応する高速な無線LANルーターを無料レンタル可能で、有線LAN、Wi-Fiともに下り300Mbps前後が出ています。

格安スマホ評判くん

メインスマホ用に2018年「UQモバイル」をに、サブスマホ用として2020年に「楽天モバイル」を契約しました。実際に使って感じたこと、節約のポイントや、通信速度、格安スマホを選ぶポイントを詳しくまとめています。

タイトルとURLをコピーしました