strpos - 文字列内の部分文字列が最初に現れる場所を見つける PHP

今回の記事では検索対象の文字列に、特定の文字が現れる場所(=何文字目か)をチェックする関数を紹介します!

strpos

strpos(A, B)

文字列Aの中からBが始めに現れる場所を見つけます。○文字目の位置を調べるため、先頭にある文字と一致した場合、0が返却される点にはくれぐれも注意しましょう。

strposを使ったサンプルプログラム

<?php
  $check_word  = 'Saitama';
  $search_word = 'S';

  $pos = strpos($check_word, $search_word);
  var_dump($pos); // int(0)が返却されます

  if($pos) {
    // $posが0番目のため、trueを期待してこのように書かない
    echo 'この分岐には入りません。';
  } else {
    echo 'この分岐に入ります。';
  }

  if($pos !== false) {
    // falseかどうかの判定には、 != ではなく、!==を使用
    echo 'この分岐に入ります。';
  } else {
    echo 'この分岐には入りません。'; // もし $pos != false で判定したらこちらに入ってしまいます
  }

  $search_word = 's';
  $pos = strpos($check_word, $search_word);
  var_dump($pos); // bool(false) 小文字の&quot;s&quot;はヒットしない

  $search_word = 'ta';
  $pos = strpos($check_word, $search_word);
  var_dump($pos); // int(3)

文字列の一致や、文字列を含むかどうかを判定する関数として、strstrstristrもよく使います!

プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

Webデザインスクールの「WebCamp」が手がけるママのためのWebデザインコース

1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せます。仕事復帰を希望する主婦やママさんにオススメです。

1ヶ月でHP作成!「WebCamp」

【参考記事】WebCampなら1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せる

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

プログラミング 無料体験

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

まだ「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

数年前までバンド活動してました。また活動するよ!現在はブログを運営して暮らしています。サウンドクリエイター、Webクリエイター。息子は5歳。長野市出身。埼玉県内を転々(東松山市→志木市→川越市)とし、現在は本庄市に住み法人化しました。6人で会社やってます。 【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。 @tomicci 詳しいプロフィール 【主な運営サイト】 ザ・サイベース おと風景