PHP includeとrequireの違い

まずはPHP.netで確認してみましょう!
下記に、include文と、require文に関してのリンクを記載します。

include

require

さて、機能に関してですが、どちらも指定したファイルを読み込むことができます。

include文は、ファイルを見つけられない場合にWarningを発行します。
一方、require文は、同じ場合にFatal Errorを発行する点が異なっています。

つまり、もしファイルが存在しない場合に処理を停止したければrequire文、続行したければinclude文で記述します。

念入りにファイルの状態をチェックする場合は、別途ファイルが存在するかどうか確認する「file_exists」関数や、ファイルが書き込みできる状態にあるか判定する「is_writable」関数で確認するといいでしょう。

記述方法

例)「example.php」ファイルを読み込み場合

include "example.php";
include('example.txt');
require "example.php";
require('example.txt');

ファイルのパスは、「./php/example.php」といった相対パスでも、「/home/www/example.com/php/example.php」といった絶対パスのどちらの書き方でもOKっすよ!

プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

Webデザインスクールの「WebCamp」が手がけるママのためのWebデザインコース

1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せます。仕事復帰を希望する主婦やママさんにオススメです。

1ヶ月でHP作成!「WebCamp」

【参考記事】WebCampなら1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せる

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

プログラミング 無料体験

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

まだ「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

数年前までバンド活動してました。また活動するよ!現在はブログを運営して暮らしています。サウンドクリエイター、Webクリエイター。息子は5歳。長野市出身。埼玉県内を転々(東松山市→志木市→川越市)とし、現在は本庄市に住み法人化しました。6人で会社やってます。 【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。 @tomicci 詳しいプロフィール 【主な運営サイト】 ザ・サイベース おと風景