PHPでCopyrightの年号を自動更新するよ!

Tomicciです。まだ体調は本調子ではありません・・・。

ついに今年も大晦日となりました!

今年はたくさんPHPを書きました。きっと来年も僕はPHPを書き続けていることでしょう。

the Saibase名義で作るWebサイトは、基本的にPHPで済んじゃうんですよね。あ、来年はPHP7を使ってみたい。

最後は相変わらずのPHPネタで締めくくりたいと思います。

年も変わることだし、サイトのCopyright欄に年号を入れる際、自動更新する方法を簡単に紹介します(初心者向け)。

よくあるフッター欄のコピーライトですが、記述していなかったり、表記方法が正式なものでなかったとしても、著作権放棄となったり不利になることはないようです。ですが、書いてあると無断転用の抑止力となったりする点などから、未だに多くのサイトにコピーライトが記述されていますね。

LIGさんの記事に詳しく書かれているので、是非参照してください。

PHPで直接記述する例(WordPressも可)

HTMLテンプレートなどに直接書く場合の書き方の参考にどうぞ。WordPressもこんな感じでOKです。

開始年はベタで「2010」のように書いて、終了年をdate関数で記述してみます。

<p class="footer__copy">
  &copy; 2010-<?php echo date("Y"); ?><a href="http://example.com/">Example.com</a> All rights reserved.
</p>

Smartyの場合の記述例

PHPファイル内

$class->smarty->assign("current_year", date("Y"));

TPLファイル内

<div id="copyright">
  Copyright &copy; 2015-{$current_year} Example.com
</div>

 

こんな感じで年号をプログラム化しておいてあげると、年をまたぐ際に自動的に更新されるので、記述忘れもないし、年が変わった瞬間に変わっていていいですよね!試してみてくださいねー。

それでは、良いお年を!

プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

Webデザインスクールの「WebCamp」が手がけるママのためのWebデザインコース

1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せます。仕事復帰を希望する主婦やママさんにオススメです。

1ヶ月でHP作成!WebCamp

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

プログラミング 無料体験

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

まだ「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景