フレッツ光とNURO光の違いを通信速度や料金、対応エリアから比較!

NURO光

FLET’S光のギガマンション・スマートタイプNURO光の使用経験がある「とみっち」です。

2015年3月から10カ月間、僕はオフィス用に借りていた物件でFLET’S光を利用していました。

NURO光は5年半利用しているので、今回の記事では、FLET’S光 / フレッツ光とNURO光との料金やサービスの違い、回線速度などを比較してみます!

「FLET’S光」と「フレッツ光」が存在する

ややこしいのですが、NTT東日本NTT西日本で、提供するサービス、料金などが異なる「FLET’S光」と「フレッツ光」が存在します。

東日本エリアと西日本エリアに分かれていて、それぞれ以下のようになります。

東日本エリア(FLET’S光)

  • 【北海道】 北海道
  • 【東北】 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
  • 【関東】 茨城 / 栃木 / 群馬 / 東京 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川
  • 【甲信越】 山梨 / 新潟 / 長野

西日本エリア(フレッツ光)

  • 【北陸】 富山 / 石川 / 福井
  • 【東海】 愛知 / 岐阜 / 三重 / 静岡
  • 【中国】 島根 / 鳥取 / 岡山 / 山口 / 広島
  • 【近畿】 兵庫 / 京都 / 大阪 / 滋賀 / 和歌山 / 奈良
  • 【四国】 香川 / 徳島 / 愛媛 / 高知
  • 【九州】 福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

対応エリア

FLET’S光 / フレッツ光とNURO光が対応しているエリアを比べると、以下となります。

FLET’S光 / フレッツ光

日本全国
※一部エリアを除く

地域によっては未開通となっているエリアもありますが、日本全国を幅広くカバーしているのがFLET’S光 / フレッツ光ですね。

開通エリアに関して、詳しく調べたい方はNTTの公式ページを参考にしてください。

NURO光

2021年11月現在、NURO光の最新対応エリアは以下となっています。

※緑色の都道府県がNURO光の対応エリアとなります。

市区町村別に対応エリアかどうかを細かく調査しました↓

北海道北海道
関東1都6県東京都神奈川県千葉県埼玉県群馬県栃木県茨城県
関西2府3県大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県
東海4県愛知県静岡県岐阜県三重県
中国2県広島県、岡山県
九州2県福岡県佐賀県

※一部地域を除きます

このエリアであっても、未だにNURO光に申し込むことのできないエリアは多く存在します。

下り最大2Gbpsを誇るNURO光ですが、申し込める人がかなり限られたプレミアムなサービスと言えますね。

FLET’S光 / フレッツ光に比べると、NURO光は提供エリアがかなり狭いですね。

ただし、So-netはNURO光に力を入れているので、今後他の地域にも拡大していく可能性はあります。

提供エリアでは劣ってしまうNURO光ですが、NTTの回線(ダークファイバー)を利用し、回線の品質はNTTと同様に高いと考えられます。

NURO光が導入できない場合、他の光回線を検討することとなりますので、参考までに情報を載せます。

NURO光が導入できない場合

【ドコモ光】ドコモユーザーのための光回線

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度を1週間計測してみたのですが、こんなに速いの!?という印象です → 計測結果

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • GMOとくとくBB限定の特典多数実施中
  • 【無料レンタル】
    高性能Wi-Fiルーターが無料
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラスで夜でも高速安定通信

※表示料金は全て税込です


【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」は日本全国のカバー率が約70%とかなり広くなっています。

NURO光の対応エリア外で、通信速度を重視する人にもおすすめです。

  • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年11月時点
    ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
  • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
  • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
  • 【auスマートバリュー】
    ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

サービス

FLET’S光 / フレッツ光 の特徴

  • 最新規格のホームゲートウェイ(IEEE 802.11ac)に対応
  • 「インターネットセットアップ」は3,300円(税込)
  • リモートサポートサービス月額550円(税込)

「FLET’S光 / フレッツ光」のサービス内容に関して、詳しくは公式サイトを見てください。

NURO光の特徴

NURO光のメリット
  • 【特典】戸建て: 45,000円、マンション: 25,000円キャッシュバック
    ※2021年11月時点で実施されている金額
  • 【特典】回線工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 下り最大2Gbps / 上り最大1Gbps
    ※一部エリアでは6Gbps・10Gbps・20Gbpsプランあり
  • 戸建て: 月額5,200円Wi-Fiも使える
  • 戸建てプランはセキュリティソフト「カスペルスキー」(月額550円相当)がずっと無料
    ※戸建てタイプのみ
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円 最大10端末まで
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 【NURO光 でんわ】月額基本料金が北海道・関東550円 / 東海・関西・中国・九州 330円
    ※NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、
    NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※料金は全て税込表示となります

また、パソコン1台の設定に限り1回無料となっている「So-net設定サポートサービスが無料」の内容は下記になります。最初の設定が不安な人にはありがたいですね。

  • 接続設定(ブロードバンド接続に必要なネットワーク設定)
  • Webブラウザと電子メールソフトの設定
  • 「NURO 光 でんわ」接続設定(IP電話対応機器1台)
  • So-netが提供するセキュリティサービスの設定
  • 無線LANの設定(親機・子機一式)

無線LANはどちらも最新規格の(IEEE 802.11ac)に対応していて、高速で通信できます。

「NURO光」は特典として「インターネットセットアップ」がリモート・訪問のどちらか1回が無料となります。

光回線の通信速度

下り速度上り速度
FLET’S光 / フレッツ光最大1Gbps最大1Gbps
NURO光最大2Gbps最大1Gbps

下り最大1GbpsのFLET’S光 / フレッツ光に対して、NURO光は下り最大2Gbpsとなります。

NURO光は有線LANの最大通信速度は下り1Gbpsで、無線LANなども合わせて同時使用時の通信速度の最大値が下り最大2Gbpsなので、FLET’S光とNURO光をどちらも使ったことのある僕からすると、正直、どちらもそこまで速度は変わらない印象です。

人によって異なるから一概に言えないのですが、何度か測定したところ、僕はどちらも下りで平均200Mbps代での通信速度を記録しています。

「FLET’S光」のWiFiを使ったiPhone6で速度調査した結果

「NURO光」のWiFiを使ったiPhone6で速度調査した結果

iPhone6は無線LANの通信速度の限界がどちらも300Mbps前後とされているので、十分に高速ですね!

正直、スマホは数十Mbps程度の速度で十分ですので、ここまでの速度は必要ないかもしれません(笑)

続いて同様に、2013年モデルのMacBook Airで速度調査した結果です。

「FLET’S光」のWiFiを使ったMacBook Airで速度調査した結果

キャプチャ画像を取り損ねてしまいました。。

結果は平均して300Mbps前後でした。

「NURO光」のWiFiを使ったMacBook Airで速度調査した結果

フレッツとNURO光、どちらもセキュリティソフトや不要なソフトを立ち上げずに、測定した速度です。

NURO光の方が高速な値を計測しています。

ただし、200Mbps以上という速度が出ていれば、動画視聴や大きなファイルのダウンロードでも必要十分に高速と言えます。

NURO光の場合は、下りの提供速度が最大2Gbpsとなっているので、複数の端末で利用しても、通信速度が落ちづらいという特徴があります。

フレッツ光とNURO光、どちらがいいのか!?

NURO光の対応エリアであれば、わざわざFLET’S光を選ぶ理由はありません。

NURO光が利用できないエリアに住んでいて、「auひかり」やそれ以外の光回線のサービスが使えない場合に、初めて「FLET’S光 / フレッツ光」を検討するのが良いのではないでしょうか。

【追記】
NTTは今後光コラボに力を入れていくそうで、これから新規でフレッツ光を申し込むメリットはなくなりました。
NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用
【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

NURO光が導入できない場合
【ドコモ光】とにかくドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

    • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
      ※ネットのみの申し込みでOK、2021年11月時点
      ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
    • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
    • 【auスマートバリュー】
      ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

※表示料金は全て税込です

タイトルとURLをコピーしました