【設定かんたん】NURO光にはフレッツ光のようなPPPoE接続設定は必要ないの!? 

NURO光にはフレッツ光のようなPPPoE接続設定は必要ないの!?  NURO光

フレッツ光やフレッツADSLでは、PPPoE接続設定が必要となります。

PPPoE接続設定とは、プロバイダから通知される「ユーザ名」と「パスワード」をインターネット接続の際に入力することですが、ちょっと面倒だったりしますよね。

今回の記事では、NURO光を利用する場合にPPPoE接続設定が必要かどうかをまとめてみます。

PPPoE接続設定

【設定かんたん】NURO光でPPPoE接続設定をする必要はない!

NURO光ではPPPoE接続設定を行う必要はありません。

auひかりのホームゲートウェイなどと同様、NURO光ではONU(兼ルーター)に必要な情報が登録済みとなっています。

PPPoE接続設定とは簡単に書くと、「インターネット接続設定」のことです。

NURO光の工事は2回

他社の光回線の工事は1回というところもあるのですが、NURO光の工事は宅内工事と屋外工事の2回が必要となります。在宅が必要なため、これが結構面倒なんですよね。。

NURO光の工事の流れは以下のようになります。

  1. 申し込み
    ※賃貸住宅の人は、事前に建物所有者(不動産、管理会社等)の承諾が必要

  2. 工事日調整の連絡
    ※NURO光開通センターから電話が来る

  3. 宅内工事(所要時間: 1〜2時間)
    ※立会いが必要

  4. 屋外工事(所要時間: 1〜2時間)
    ※立会いが必要

    【祝開通】インターネット利用開始!!!

引越しシーズンなど、工事が込み合う際には2、3カ月かかることもあるようなので注意してくださいね。

2回の工事が終わると、光回線にONU(ルーター)が繋がった状態となります。
LANケーブルでPCとONUを接続すれば、すぐにネットに繋がります。

【出典】So-net契約内容のご案内(冊子)

我が家で実際に使っているONUの背面写真です。

無線LAN接続も、ルーターの背面や側面に記載されている暗号化キーを使ってすぐに接続することができます。

NURO光 ONU HG8045Dの場合は、機器背面のシールにSSID(5GHzと2.4GHz)と暗号化キーが記載されています。

NURO光 ONU HG8045D

【出典】So-net契約内容のご案内(冊子)

フレッツ光、フレッツADSLの場合はPPPoE接続設定が必要

参考

NURO光ではなく、フレッツ光やフレッツADSLの場合に、
PPPoE接続設定がどのように必要か説明してみます。

NTTのフレッツ光やフレッツADSLでは、PPPoE接続設定が必要となります。

プロバイダから発行された「ユーザ名(ID)」と「パスワード」を初回のインターネット接続設定時に登録します。

【出典】フレッツ 光ネクスト サポート情報

一度登録しておけば、2回目以降は登録作業は必要ありません。

パソコンで通信をする際に、PPPoE接続設定で入力した情報を元に、プロバイダ側で認証をおこなっています。

PPPoE接続とは一体なんなのか!?

NURO光 PPPoE設定

PPPoEはピーピーピーオーイーと読みます。読み方を見て、なんとなく笑えるのは僕だけではないはず。

ドラゴンボールで、ウーロンがブルマから与えられた「PPキャンディ」を連想します。

さて、そんなPPPoE接続設定は先ほど説明したように、プロバイダから発行されたユーザーIDとパスワードなどの情報をPCに登録する作業が必要なので、一手間かかるとも言えます。

特に初回のネットワーク接続設定でつまづきそうな初心者の方には、LANケーブルを繋いですぐにネットに繋げられる方式のネット回線がかんたんですね。

そう言えば、僕の親は以前フレッツ光を導入してネットに接続するために、わざわざ電気屋の店員さんを呼んでいました。

分からない人には、無線LANやメールソフトの設定など、難しい作業かもしれませんね。

NURO光は、PPPoEの設定は必要ないので設定がちょっとかんたんになっています。

記事のまとめ

今回の記事のまとめです。

  • NURO光でPPPoE接続設定をする必要はない

NURO光は光回線プロバイダともにSo-netとなります。

プロバイダを選ぶことができない代わりに、月額料金が5,200円(税込)と分かりやすい金額となっています。

下り最大2Gbpsという高速な光回線であることを考慮すると、案外安いですね。

無線LANも無料で利用できるし、ONUと兼用のルーターまで月額料金でレンタルできます。

工事が完了してすぐに、有線LANでも無線LANでも接続できるのは魅力ですね。

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用
【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

NURO光が導入できない場合
【ドコモ光】とにかくドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

    • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
      ※ネットのみの申し込みでOK、2021年10月時点
      ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
    • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
    • 【auスマートバリュー】
      ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

※表示料金は全て税込です

タイトルとURLをコピーしました