【NURO光】IPv6に対応しているの?IPv4とIPv6との違いを解説

NURO光はIPv6に対応しているの?IPv4とIPv6との違いを解説 NURO光

NURO光はIPv6方式でのインターネット接続に標準で対応しています。

他社の光回線の場合IPv6に対応しておらず、IPv4でしか通信できない場合もありますが、NURO光なら問題なくIPv6で高速通信をすることが可能です。

この記事では、NURO光におけるIPv6の対応状況やIPv6のメリット・デメリットについてなるべくわかりやすく解説します。

NURO光はIPv6に対応している

NURO光はIPv6に対応している光回線サービスとなります。

フレッツ光など他社光回線の一部プロバイダではIPv6にまだ非対応なケースも見受けられますが、NURO光なら既に対応済みなので心配は無用です。

IPv4(動的)に加えてIPv6(動的)でのネットサービス利用が可能となるIPv4/v6デュアル方式※のご提供となります。IPv4アドレスはもとよりIPv6アドレスに対応したインターネット接続サービスをご利用いただけるようになります。

通信局のソフトウエアを順次バージョンアップの上、ご提供となります。通信局のバージョンアップ後は、IPv6対応機器をご利用のすべてのNURO光のお客さまがご利用いただけます。

【出典】NURO光公式サイト > IPv6対応

NURO光ではサービスを開始して間もない、2013年10月31日には対応が完了しているようです。

NURO光のIPv6/IPv4対応状況

  • 標準で利用可能で、申し込みなどの手続きは必要なし
  • 利用料金は無料
  • IPv6対応のページではIPv6、非対応のページではIPv4で自動的に通信可能

NURO光はIPv6が自動で利用される設定になっている

IPv6表示確認 IPv6で通信
IPv6表示確認 IPv4で通信

他社の光回線でIPv6を利用する場合、あらかじめプロバイダに利用を申し込んだり、自分でIPv6用の設定を行ったりしなければいけないケースもしばしばあります。

しかしNURO光の場合は、Windows・MacともにIPv6利用の際に特別な設定を行う必要はありません。標準でIPv6を使えるようになっています。

IPv6に対応したサイトを閲覧する際はIPv6で接続され、非対応のサイトでは通常通りにIPv4での接続が行われるしくみです。

自分であれこれ設定を行う必要はないので、誰でもすぐにIPv6接続を利用できるのがNURO光のメリットですね。

IPv6で接続できているかどうかは以下のページで確認できます。

IPv6で接続できていれば、以下のように表示されます。

IPv6表示確認

僕が使っているNURO光環境でアクセスしてみました↑

IPv6はIPv4よりも高速通信できる!?

IPv6を使えるNURO光ですが、IPv6というものがそもそも何なのかがピンと来ない人も多いですよね。IPv6はIPの方式のことです。

NURO光でIPv6接続を利用すれば、簡単に説明すると、

通信速度がIPv4接続を利用している通常時よりも速くなる可能性が高い

と言えます。

100%通常より速くなる保証はありませんが、多くの場合IPv6対応サイトの読み込みならIPv4よりIPv6を使っている時の方が速度は高速になります。

NURO光は下り最大2Gbpsという高速通信に対応している光回線サービスですが、IPv6接続を行えばさらにスピードの上昇が期待できます。

IPv6はIPv4よりもIPアドレスの数に大きな余裕がある

IPv4もIPv6も「インターネットプロトコル」、つまりIPと呼ばれるものの方式です。インターネットを利用する際は、それぞれの機器にIPを設定する必要があります。

IPv4では約43億個のIPアドレスを使えますが、インターネットの利用者が増えた現在ではそれでも足りなくなってきています。

IPv4は利用者が多いため、結果回線も混み合っていて速度が出にくいです。

IPv6は 「約340澗個」という、途方も無い数のIPアドレスを使えます。「かん」という桁はなかなか日常でも聞かないですよね。

命数法
僕は小学校の時に「命数法」を「一」から「無量大数」まで覚えましたw一(いち)、十(じゅう)、百(ひゃく)、千(せん)、万(まん)、億(おく)、兆(ちょう)、京(けい)、垓(がい)、?(じょ)/秭(し)、穰(じょう)、溝(こう)、澗(かん)、正(せい)、載(さい)、極(ごく)、恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由多(なゆた)、不可思議(ふかしぎ)、無量大数(むりょうだいすう)「澗」はとてつもない数字ですね…w

IPv6ならIPアドレスの数にとても余裕があるので、たくさんの機器にIPアドレスを割り振ってもまだまだ余裕があるため速度も出やすいのです。

ここまで聞いても、あまりピンと来ないかもしれません。道路に例えるのが一番わかりやすいので、道路を例に説明します。

IPv4

IPv4

IPv4は、これまで長い間使われてきたIPで、現在は利用者が多いため渋滞している夏休みの道路のようなものです。

IPv6

IPv6

IPv6は混雑に伴い開発された新しい道路のようなものです。道が非常に広くて混み合わないため、スイスイ移動できます。

IPv4よりも速度が改善される可能性が高いIPv6を使える環境にいるなら、使わない手はありません。

【IPv6のメリット】高速通信できる可能性が高くなる

高速な光回線のイメージ

IPv6を利用するメリットは、やはり高速な通信速度が出やすくなることでしょう。

インターネットの通信速度が変化する理由は様々であるため100%速度が改善されるとは限りませんが、IPv4からIPv6に切り替えれば速度が改善されるケースはしばしばあります。

他には地味なメリットですが、ルーターの負荷が軽減されることも挙げられますね。
効率的にデータを送信できるので、ルーターに負荷がかかって調子が悪くなる事態を抑えられます。

【IPv6のデメリット】IPv4のみ対応するサービスを利用する場合

IPv6のデメリットは、IPv4にしか対応していないサービスでは利用できないことでしょう。

NURO光の場合IPv6に非対応のサービスへは自動でIPv4接続が行われる仕様となっています。

しかし、他社の場合はサイトが閲覧できず手動でIPv4に切り替えなければいけない場合もあります。

現時点ではまだまだ普及が進んでいないため、IPv6を活かせない場面もあります。

v6プラスとの違いは!?NURO光はv6プラスではない

各社光回線サービスを調べていると「v6プラス」に対応しているかどうかという説明を見かけることがあるでしょう。

v6プラスはNTT東西のフレッツ網で提供されるインターネット接続サービスとなります。「NTTフレッツ光」や「光コラボ」に関係します。

NURO光とv6プラスは関係ないと考えて問題ないでしょう。なお、v6プラスに対応した光回線以上に高速通信できる傾向にあるのがNURO光となります。

実際、速度面を優先すると、2021年現在はNURO光かauひかりに辿りつくと言えます。

参考までにv6プラスの情報も記載します。

v6プラスは日本ネットワークイネイブラー株式会社の登録商標となります。公式サイトを確認すると以下の図と解説が見られます。

v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービスのサービス概要

【出典】日本ネットワークイネイブラー – v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)

「v6プラス」は、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用しインターネット接続を提供するISP事業者が、IPv6及びIPv4の設備を持たずに、インターネット接続をお客さま(エンドユーザ)にご提供いただくためのサービスです。

【出典】日本ネットワークイネイブラー – v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)

プロバイダの設備を経由しないことで、通信の混雑を回避できる可能性が高くなるようですね。

NURO光には関係ありませんが、「ドコモ光」といった光コラボ系の光回線を選ぶ際には、v6プラスに対応しているプロバイダを選ぶかどうかがポイントとなるでしょう。

 ドコモ光の体験談サイトも運営中です

ドコモ光評判くん

記事のまとめ

今回の記事のまとめです。

  • NURO光はIPv6に対応している
  • IPv6に対応していれば高速通信できる
  • 申し込みや設定をする必要はなく、ユーザーが特別意識する必要はない

NURO光ではIPv6方式でのインターネット接続に対応しており、対応するサイトの閲覧時などは自動でIPv6接続が行われます。

利用料金は無料で、申し込みを行う必要もありません。

通常の通信速度自体が下り最大2Gbps(上りは最大1Gbps)もあり、さらにIPv6方式での通信にも対応しているのがNURO光です。

幸いにも導入できるエリアに住んでいるなら光回線選びの第一候補としてもいいのではないか、NURO光を3回導入している管理人は考えています!

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用
【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

NURO光が導入できない場合
【ドコモ光】とにかくドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

    • 45,000円最短翌月末キャッシュバック
      ※ネットのみの申し込みでOK、2021年10月時点
      ※申し込み時の振込先の確認だけでOK!
    • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
    • 【auスマートバリュー】
      ※毎月最大1,100円 スマホ・ケータイ割引、ホームゲートウェイレンタル永年無料

※表示料金は全て税込です

タイトルとURLをコピーしました