「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」どっちがおすすめできるの!?

「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」どっちがおすすめできるの!?

どんなときもWiFiよくばりWiFiは、どちらも人気上昇中のポケットWi-Fiサービスです

しかし、どちらのポケットWi-Fiサービスの方が優れているのでしょうか?

そこで各ポケットWi-Fiサービスのメリットやデメリットについて、徹底比較してみました。

「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」徹底比較!

以下にどんなときもWiFiと、よくばりWiFiのスペックを一覧にまとめてみました。

項目どんなときもWiFiよくばりWiFi
契約期間2年契約2年契約縛りなし契約
選べる端末D1(U2s)D1(U2s)
通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
速度制限なしなし
利用回線ドコモ、au、ソフトバンクソフトバンク
月額料金1~24か月:3480円
25か月以降:3,980円
初月~2か月:0円
3か月以降:3,450円
4,880円
違約金0~12ヶ月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月25・49か月目:0円
0~12ヶ月:18,000円
13~24ヶ月:12,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月(25,49か月目):0円
違約金なし
※表は横スクロールが可能です。

※料金は全て税抜表示です。

どんなときもWiFi」も「よくばりWiFi」も

  1. 利用端末はD1(U2s)である
  2. 通信速度は同じ
  3. 速度制限はない
といった3点は共通していることが分かります。

異なるのは、月額料金や違約金といった利用料金の違いであり、特に「よくばりWiFi」のほうが利用料金が安い傾向にあります。

しかし、利用料金だけで選んでも使えなければ意味がありません

まずは、どんなときもWiFiの特徴と契約時の注意点について紹介します。

↓よくばりWiFiの特徴と注意点も見てみる

【どんなときもWiFi】の特徴や注意点

どんなときもWiFiのルーター

どんなときもWiFiの主な特徴は、

  1. 安定のトリプルキャリア!
  2. データ通信制限がない
  3. 海外でも利用OK
といった3つでしょう。

※ どんなときもWiFiの公式サイトが開きます。

特徴1. トリプルキャリアで安定した通信回線

どんなときもの特徴1つめ、それは

  1. ドコモ
  2. au
  3. ソフトバンク
といった通信会社大手3社のトリプルキャリアに対応していることです。

この3つのキャリアの中から、最も通信状況の良い回線を自動で選択して割り当ててくれるんですね。

たとえば、どんなときもWiFiはソフトバンク回線をつかむことが多いのですが、au回線を使って通信を行うことも確認できています↓

どんなときもWiFiがau回線につながっている画像

ソフトバンク回線でつながりづらい環境では、他社通信回線に自動的に接続されることが「どんなときもWiFi」の最大の特徴の1つと言えるでしょう。

コフレちゃん
ひとつの端末で3つのキャリアの電波が使えるのって、本当にすごい!

特徴2. データ通信制限にかからない

どんなときもWiFiの特徴2つめ、それは「データ通信制限がない」ということです。

たとえばWiMAXといったポケットWiFiサービスでは、〇GBを超えたら通信制限されるといった条件が付されています。

より多くのお客さまにWiMAX 2+を快適にご利用いただくために、短期間に多くのデータ通信をご利用の場合、ネットワークの混雑回避のため通信速度を制限させていただきます。

【引用】UQWiMAX -3日間で10GB以上ご利用の場合の速度制限について

しかし「どんなときもWiFi」は、通常の利用の範囲なら通信制限はありません

安心して動画視聴や、大容量のデータダウンロードができますね。

※ 違法ダウンロードなどを行った際は、通信制限にかかることもあります。

参考:どんなときもWiFiに速度制限や利用停止の条件があるって知ってた?

特徴3. 海外131か国で利用できる

「どんなときもWiFi」の3つ目の特徴は、海外でも使えることです。

というのも、海外でインターネット通信を行うには、現地で専用の通信SIMをレンタルする必要があります。

しかしどんなときもWiFiなら、いつも使っているルーターをそのまま海外に持って行けば利用できちゃうんですね。

さらに世界131か国に対応しているため、持っていて損はないポケットWiFiサービスといえるでしょう。

海外で利用できる国は日々増えているので、ぜひ一度公式サイトから確認してみて下さい↓

特徴4. 口座振替で支払い可能

どんなときもWiFiの特徴4つめは、

  • クレジット払い
  • 口座振替払い
といった両方に対応していることでしょう。
サブレくん
口座払いにも対応してるのは嬉しいね!
以下に支払い方法と月額料金についてまとめてみました。

支払い方法事務手数料1~24か月25か月以降契約期間
クレジット3,000円3,480円3,980円24か月
口座振替3,000円3,980円4,410円24か月
※表は横スクロールが可能です。

※料金は全て税抜表示です。

どんなときもWiFiをクレジットカード払いで契約する特典として、基本料金4,410円が、

  • 2年間は3,480円(930円割引 / 月)
  • 3年目以降も3,980円(430円割引 / 月)
といった恩恵に授かることができます。

しかし、口座振替の場合は上記のような特典がなく、

  • 2年間は3,980円
  • 3年目以降は4,410円

といった月額料金の設定になっています。

とはいえ、多くのポケットWi-Fiサービスが「クレジットカード払い」のみであることに対し、どんなときもWiFiでは「口座払い」も用意されていることはメリットの1つと言えるでしょう。

どんなときもWiFi利用時の注意点

どんなときもWiFiを利用する時の注意点として、海外利用時は通常の通信料金と異なることです。

海外で利用する場所が以下2つに分かれており、

  1. 第1エリア
  2. 第2エリア
以上のエリアによって通信料金が違います。

また1日単位で通信料金がかかることも注意したいポイントです。

1日とは、日本時間の午前9:00~翌日8:59で、1日のLTE通信は1GBまでです。1GBを越えると、384Kbpsと通信速度に制限がかかります。

海外で利用できるエリアと料金について一覧にまとめました。

第1エリア料金(1日)国名
アジア・
オセアニア
1,280円韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・インドネシア・ベトナム・マレーシア・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・モンゴル・バングラデシュ・カザフスタン・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー
ヨーロッパオーストラリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・トルコ・スロベニア・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウエーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・リトアニア・アイルランド・ルクセンブルク・セルビア・ノルウエー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・アイスランド・ブルガリア・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島
北米アメリカ・カナダ
※表は横スクロールが可能です。
第2エリア料金(1日)国名
中米・南米1,880円UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン
アフリカコロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ
中東南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス
※表は横スクロールが可能です。

※料金は全て税抜表示です。

以上のとおり、

  • 第1エリアでは1,280円
  • 第2エリアでは1,880円
といった料金が1日の利用料金として設定されています。

海外でどんなときもWiFiを利用する際は、どちらのエリアに該当しているのかあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

なお電源を切っている日は、海外料金はかかりません。

どんなときもWiFi公式サイトで詳しく見てみる

【よくばりWiFi】の特徴や注意点は?

「よくばりWiFi」の特徴は主に以下3つです。

  1. 契約プランが2通りから選べる
  2. 契約期間の縛りがないプランも選べる
  3. 料金体系が安い
それぞれ詳しく解説します。

特徴1. 契約プランが2通りから選べる

よくばりWiFiはの特徴1つめは、契約プランが2通りあることです。

先に紹介しましたが、よくばりWiFiでは

  1. 2年契約
  2. 縛りなし契約
といった2つのプランから好きなプランを選択することが可能です。

項目どんなときもWiFiよくばりWiFi
契約期間2年契約2年契約縛りなし契約
選べる端末D1(U2s)D1(U2s)
通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
速度制限なしなし
利用回線ドコモ、au、ソフトバンクソフトバンク
月額料金1~24か月:3480円
25か月以降:3,980円
初月~2か月:0円
3か月以降:3,450円
4,880円
違約金0~12ヶ月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月25・49か月目:0円
0~12ヶ月:18,000円
13~24ヶ月:12,000円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月(25,49か月目):0円
違約金なし
※表は横スクロールが可能です。

※料金は全て税抜表示です。

特に2年契約の場合は、契約から最初の2か月は月額料金が0円となっています。

項目2年契約合計
どんなときもWiFi3,480円83,520円
よくばりWiFi3,450円75,900円
※表は横スクロールが可能です。

※料金は全て税抜表示です。

事務手数料は含めていません。

さらに3か月以降も3,450円で利用できるため、2年間の合計金額としては、どんなときもWiFiよりも7,620円ほど安く利用することが可能です。

また、どんなときもWiFiと比較しても

  • 利用できる端末
  • 通信速度
  • 通信制限がない
といった条件は全く同じなので、安く運用するのであれば「よくばりWiFi」を検討してみても良いでしょう。

特徴2. 契約期間の縛りがないプランがある

よくばりWiFiはの特徴2つめは、契約期間の縛りがないプランがあることです。

よくばりWiFiの契約期間なしプラン

【出典】よくばりWiFi -料金プラン

どんなときもWiFiでは、2年間の最低利用期間があるため、契約から半年後に解約といった場合必ず違約金が発生します。

しかし、よくばりWiFiでは、以上のとおり契約期間の縛りがないプランを選択することができるんですね。

例えば引っ越した後に、光回線サービスの開通工事まで時間がかかるといった場合、

よくばりWiFiを契約して光回線が開通したら解約
といった利用方法も考えられます。

ただ、契約期間の縛りがないプランでは、月額料金は4,880円と2年契約の時に比べ1,330円ほど値上がりします。

少し料金は割高になりますが、そこさえクリアできれば1か月ごとのレンタルで利用してみる価値はあるでしょう。

特徴3. 料金体系が安い

よくばりWiFiはの特徴3つめは、料金体系が安いことが挙げられます。

月額料金や違約金に絞って、どんなときもWiFiと比較してみました。

項目どんなときもWiFiよくばりWiFi差額
月額料金
(2年契約)
3,480円3,450円30円
違約金
(0-12か月)
19,000円18,000円1,000円
違約金
(13-24か月)
14,000円12,000円2,000円
違約金
(26か月目以降)
9,500円9,500円差額なし
※表は横スクロールが可能です。

以上のとおり、よくばりWiFiは月額料金・違約金のどちらとも、どんなときもWiFiよりも割安です。

さらによくばりWiFiの場合、契約初月から2か月目までは月額料金がかかりません。

こうした料金体系の安さも、よくばりWiFiの特徴の1つと言えますね。

注意点1. 口座振替に対応していない

よくばりWiFiを利用する際の注意点として、1つめは「口座振替に未対応」ということです。

Q. 口座振替も可能ですか?
A. 大変恐縮ですが口座振替でのご登録は承っておりません。

【引用】よくばりWiFi -よくある質問

どんなときもWiFiでは口座振替に対応しており、クレジットカードを持っていなくても申し込みが可能でした。

しかし、よくばりWiFiでは口座振替には対応していないため、クレジットカードを持っている必要があります。

以下は全てクレジットカード払いで申し込めるプランとなっています。

レンタル期間事務手数料1~2か月月額料金3か月以降の月額料金
1か月レンタル3,800円4,880円4,880円
24か月レンタル3,800円0円3,450円
※表は横スクロールが可能です。

思い立った時に口座振替で申し込みができない点は、注意するべき点と言えるでしょう。

注意点2. 使用回線はソフトバンクのみ

よくばりWiFiを利用する2つめの注意点は「使用回線はソフトバンク回線のみ」ということ。

Q. 利用可能エリアはどこですか?
A. 詳しくはサービスエリアにてご確認ください。
よくばりWiFiサービスエリアマップ

【引用】よくばりWiFi -よくある質問

どんなときもWiFiでは

  1. ドコモ
  2. au
  3. ソフトバンク
といった回線エリアが利用可能となっています。

しかし、よくばりWiFiの対応エリアはソフトバンクエリアのみ。

ソフトバンク回線が利用できない地域では、全く通信ができなくなってしまうんですね。

たとえば、どんなときもWiFiでは、ソフトバンク回線が弱い場所ではau回線につながることもよくあります。

ソフトバンク回線しか利用できないよくばりWiFiでは、au回線を使った通信はできないため、利用できるエリアは限られてしまうことに注意が必要です。

結論:長期利用なら【どんなときもWiFi】 短期利用なら【よくばりWiFi】

どんなときもWiFiとよくばりWiFiのメリットを比較すると、次の結論になりました。

    【どんなときもWiFiの特徴】

  • 特徴1. トリプルキャリアで安定した通信回線
  • 特徴2. データ通信制限にかからない
  • 特徴3. 海外131か国で利用できる
  • 特徴4. 口座振替で支払い可能
    【よくばりWiFiの特徴】

  • 特徴1. 契約プランが2通りから選べる
  • 特徴2. 契約期間の縛りがないプランがある
  • 特徴3. 料金体系が安い

僕自身が使ってみて、2年利用するのであれば「どんなときもWiFi」を、いつ解約するのか分からないのであれば「よくばりWiFi」を利用すると良いでしょう。

コフレちゃん
この記事が、モバイルWiFi選びの参考になれば嬉しいです♪
重要
2020年2月末より「どんなときもWiFi」で大規模な通信障害が頻発しています。
管理人が契約している端末も速度が著しく遅くて使いものになっていません。

速度制限がかかるような大容量通信は一切していないのに…。
2020年10月現在は、おすすめできない状況ですので、ご注意ください。

当サイトでは引き続き、実際に使ってオススメできる通信サービスを紹介していきます。