【絶対感激】無制限で使えるポケットWiFiのレンタルサービスはこれ!

【絶対感激】無制限で使えるポケットWiFiのレンタルサービスはこれ!

外出先でインターネットをしていると気になるのが、データの通信制限ですよね。

しかし、無制限で使えるポケットWi-Fiってあるのでしょうか?

コフレちゃん
本当に無制限で使えるポケットWi-Fiってあるのかな...

そこでこの記事では、各社のポケットWi-Fiを比較しながら本当に無制限で利用できるポケットWiFiサービス」を紹介していきます!

どんなときもwifi

無制限で使えるポケットWi-FiはどんなときもWiFiがオススメ

先に言っちゃいましょう。

データ容量無制限のポケットWi-Fiサービスは、「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFi端末

どんなときもWiFiって?
2019年3月にサービス開始が始まった新しいポケットWi-Fiサービスです。

僕も今実際に利用していますがどんなときもWiFiは、他社ポケットWi-Fiサービスの良いとこ取りをした、超画期的なポケットWi-Fiサービスなんです。

具体的にどんなところが画期的なのか、他社サービスと比較してみました!

↓すぐに裏ワザを見る

ポケットWi-Fi各社の通信上限を徹底比較!

ポケットWi-Fiサービスを提供している各社のデータ通信上限について、一覧にまとめました。

通信会社データプラン無制限プランの
速度制限
速度制限の時間
どんなときもWiFiプランなしデータ通信制限なし速度制限なし
UQ WiMAX+7Gプラン3日で10GB当日18時〜
翌日2時頃1Mbps
auポケットWi-Fi7Gプラン3日で10GB当日18時〜
翌日2時頃128Kbps
Yahoo!WiFi5Gプラン
7Gプラン
3日で10GB当日18時〜
翌日1時約1Mbps
ソフトバンク7Gプラン月に7GB128Kbpsに制限
Y!mobile5Gプラン
7Gプラン
3日で約10GB当日18時〜
翌日時約1Mbps
※表は横スクロールが可能です。

以上を見ると、どんなときもWiFiだけが

  • 通信制限に縛りがない
  • 速度制限にかからない
といったことが分かります。

公式サイトでもデータ容量無制限を堂々と打ち出しており

どんなときもWiFiデータ容量無制限のイメージ

【出典】どんなときもWiFiならデータ容量無制限

どんなときもWiFiは、本当に通信制限にかからない画期的なポケットWiFiサービスと言えるでしょう。

超大容量のアップロードや違法ダウンロードなどの場合、通信制限にかかる場合があるため注意が必要です。

しかし、データ容量無制限でも月額料金が高すぎたり、通信速度が遅すぎたらまったく使い物になりませんよね。

コフレちゃん
いくらデータ容量無制限でも、使いづらかったら意味ないよね〜

月額料金や通信速度を他社と比較!

そこでポケットWiFiサービス提供している各社を参考に、どんなときもWiFiを含めた月額料金と通信速度を以下にまとめてみました。

項目実質月額料金下り最大上り最大
どんなときもWiFi3,480円(1~24か月)
3,980円(25か月以降)
150Mbps50Mbps
UQ WiMAX+
(スピードWi-Fi NEXT WX06)
4,380円(3年契約)1.2Gbps75Mbps
auポケットWi-Fi
(スピードWi-Fi NEXT WX05)
4,380円(2年契約)440Mbps30Mbps
Yahoo!WiFi
(603HW)
3,696円(0~3か月)
4,380円(4か月以降)
612Mbps13Mbps
Y!mobile3,991円(3年契約)
月額割引△1,134円
972Mbps37.5Mbps
※表は横スクロールが可能です。

通信速度はUQ WiMAX+が上り下りとも一番速く、月額料金ではどんなときもWiFiが一番安いことが分かりますね。

じゃあUQ WiMAX+のほうが外出先で使うときは優れているのか、というと一概にそうとは限りません

どんなときもWiFiの通信速度は必要十分な速さ

Youtubeなどで、高画質動画を視聴する際に必要な通信速度についてGoogleが公表しています。

動画の画質推奨持続速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps
※表は横スクロールが可能です。

【参考】 インターネットとデバイス接続のトラブルシューティング

上記を見る限り、一番高画質な4K動画でも「通信速度が20Mbpsあればスムーズな視聴ができる」と記されていますね。

どんなときもWiFiの通信速度は

  • 上り最大50Mbps
  • 下り最大150Mbps

となっており、外出先でも十分に動画再生を楽しむことができることが分かります。

僕も試しに4K動画をiPhone + どんなときもWiFiで3時間連続で再生してみたものの、途切れたのは冒頭の1回のみでした。(しかも僕が再生を2度押ししたミス...)

標準画質であれば、外出先でも全く途切れずスムーズに視聴することができます

車で移動中、データ通信量を気にせず子どもに動画を見せられるのってほんとに便利ですよ〜 ^^

どんなときもWiFiの月額料金が安い理由

また、どんなときもWiFiの月額料金が安い最大の理由は、端末レンタルを前提としたサービスであることでしょう。

端末の購入代金が月額料金に含まれないため、無制限でネット通信を行う最低利用金額だけで済んでいることが大きなポイントと言えます。

さらに契約時に受け取る端末一式を解約時に全て返却する取組みを行っているため、材料費もかなり抑えているのでしょう。

無駄な費用が発生せず、ランニングコストを抑えて利用できるのは本当にうれしい限りですね。

でも、どんなときもWiFiの画期的なポイントはそれだけじゃないんです。

無制限に3大キャリアの通信網が利用できる!

僕が、どんなときもWiFiを本当にオススメしたいポイントは

  1. ドコモ
  2. au
  3. ソフトバンク
といった、なんと3大キャリアの対応エリアで無制限のインターネット通信ができることです。

サブレくん
ほんとにいいとこ取りなポケットWi-Fiサービスなんだよね〜

この仕様こそ、キャリアの通信網に依存する他社ポケットWi-Fiサービスと一線を画する仕組みなんですよね。

クラウドSIM採用でトリプルキャリアに対応

ドコモ・au・ソフトバンクといった、トリプルキャリアの通信網が使えるどんなときもWiFi。

しかし、なぜ1つのキャリアに依存しない通信環境を提供できるのでしょうか。

そのヒミツは「クラウドSIM」といった、SIMカード自体をクラウドサーバーで管理する通信技術を使っているからです。

どんなときもWiFiのクラウドSIMイメージ

【出典】どんなときもWiFi 公式

クラウドサーバーでは、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアの全SIMカードが管理されています。

そのため、どんなときもWiFiを利用している環境に応じて、最適なキャリアのSIMを選択して通信を行ってくれるんですね。

今までのWi-Fiルーターのように、1枚のSIMカードの規定容量や品質に縛られず広いエリアで無制限に利用できるポケットWi-Fiサービスは、どんなときもWiFi一択と言えるでしょう。

おトクに使い続ける裏ワザを見てみる↓

利用者が増えたら遅くならないのか

ただ気になるのは、どんなときもWiFiの利用者が増えたら通信速度が遅くならないのか、ということですよね。

大丈夫です、どんなときもWiFiは利用者が増えても遅くなりません。というのもクラウドSIMでは、一人に対して複数のSIMを割り当てることが可能だから。

例えば1つのSIMで通信が遅くなっても、代わりに別のSIMで通信をまかなうことができるんですね。

そのためクラウドSIMの環境が壊れない限り、利用者が増えても通信速度が遅くなることはないと言えます。

海外でもそのまま利用することができる

クラウドSIMの優れている点として、どんなときもWiFiを海外でもそのまま利用できることでしょう。

具体的には海外用のオプションをつけずとも、海外でどんなときもWiFiをそのままアクセスポイントとして利用することが可能です。

内訳利用国エリア①
69か国
利用国エリア②
37か国
対応国韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー・オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島・アメリカ・カナダUAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン・コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ・南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス
利用料金
(非課税)
1,280円 / 日1,880円 / 日
※表は横スクロールが可能です。

利用できる国は全107カ国で、電源をオンにした日だけ1日1,280円と1,880円の定額料金が発生します。

ちなみにどんなときもWiFiにはSIMカードスロットが搭載されているため、現地でSIMカードを購入して利用することもできます。

どんなときもWiFiのSIMカードスロット

どんなときもWiFiでは通常、海外利用時は1日1GBまでのデータ容量制限があるため、別途SIMカードを挿して利用できるのは嬉しい仕様ですね。

1GBを超えると、以降は384Kbpsの通信速度で利用し続けられます。

※ どんなときもWiFiの公式サイトが開きます。

最大で5台同時にWi-Fi通信が可能

どんなときもWiFiでは同時にインターネット通信ができる台数は5台までです。
どんファイが5代目以降繋がらないイメージ
一見少なく感じますがポケットWi-Fiの用途として考えれば、

  • PC
  • スマホ
  • タブレット
といった端末が同時接続できれば、十分でしょう。

実際に外出先で利用していて、5台同時に接続できなくて困ったことは今のところありません ^^;

ずっとおトクに利用するための裏ワザ

今までのポケットWi-Fiサービスと一線を画する「どんなときもWiFi」。

どんなときもWiFiを持っている画像月額料金が2年目以降は値上がりしてしまうのですが、実はずっとおトクに利用するための裏ワザがあるんです。

更新月に解約して新規契約する

どんなときもWiFiは契約から2年間は、

  • 口座振替
  • クレジットカード払い

ともに、通常の月額料金よりおトクに利用することができます。

契約期間24か月まで25か月以降
クレカ契約3,480円
(930円割引)
3,980円
(430円割引)
口座契約3,980円
(430円割引)
4,410円
(割引なし)
※表は横スクロールが可能です。

しかし、どちらとも25か月目以降は月額料金が値上がりしてますよね。

そこで裏ワザ!

どんなときもWiFi契約から

  1. 25か月目の更新月に一度解約し
  2. 再度新規申し込みを行う
といった手順を踏むことでずっと2年間の割引価格を適用したままで利用することが可能です。

ただ解約と同時に、端末一式も返却する手間がかかります。

それでも

  • トリプルキャリアの通信網を
  • データ容量無制限で
  • 月額3500円程度で使える

ことを踏まえれば、返却の手間を惜しむ理由はないでしょう。

※ どんなときもWiFiの公式サイトが開きます。

無制限でおトクに利用するための注意点

どんなときもWiFiのルーターここまで、どんなときもWiFiのメリットについて述べてきましたが、利用に関しては注意点もあります。

データ制限にかかる条件がある

データ容量無制限が売りのどんなときもWiFiにも、通信制限にかかる条件があるんですよね。

具体的には以下2つ。

  1. 大容量のデータ通信を頻繁に行ったとき
  2. 違法ダウンロードを行ったとき

というのも、どんなときもWiFiではネットワークの公平性を重要視しており、以上のようなインターネット通信が認められた場合は※通信速度の制限を行っています。

※ 制限後の通信速度は384Kbpsに落とされます。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。

【引用】どんなときもWiFi公式-どんなときもWiFiが 選ばれる5つの特徴

大容量のデータ通信とは100GBといったファイルの送受信です。

特にFacebookやLINEといったSNSなどの共有ファイルへのアップロードは、大容量になりがちなので注意したほうが良いでしょう。

違法ダウンロードにも注意

また違法ダウンロードとは、違法と知りながら著作権のある音楽や映像などダウンロードすることです。

私的使用の目的であっても、有償著作物等(Q2 参照)の場合には、著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信(Q3、Q6 参照)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画(Q4 参照)を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害(問Q5参照)した者は、2 年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされています(平成 24 年 10 月 1 日施行)。

【出典】文化庁 -違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A

違法なコンテンツと知らずにダウンロードした場合はファイルを削除すればOKですが、保存したままにすると上記で記した刑罰の対象となります。

そのため著作権のあるコンテンツのダウンロードには、

  • エルマークの表示の確認
  • コンテンツ販売の登録番号の確認
といったように、違法サイトから行っていないか十分な注意が必要です。

解約時は端末一式の返却が必須

どんなときもWiFiは、完全レンタルのポケットWi-Fiサービスです。

解約時には契約時に届いた

  • Wi-Fi端末本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書(重要説明事項、ルーターの設定方法等)
  • 個包装されていたパッケージ

といった端末一式を一括で返却する必要があります。

どんなときもWiFi端末一式の展開

どんなときもWiFi端 D1末一式

返却は解約月の翌月の5日までに、送料自己負担で下記の住所に返却します。

【どんなときもWiFiの端末一式の返却先】
〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F
グッドラックサポートセンター宛
※ 遅れた場合でも機器損害金18,000円が請求されます。

※どんなときもWiFiの解約については以下記事が詳しいです↓

まとめ

今回はデータ容量無制限で利用できる、とっておきのポケットWi-Fiサービスをご紹介しました。

現状では、

  • ドコモ・au・ソフトバンクの通信エリアに対応
  • データ容量が無制限である
  • クラウドSIM採用で海外107か国で使える
  • 月額3,500円から利用できる

といったポケットWi-Fiサービスは、どんなときもWiFiだけでしょう。

本当に無制限で利用できるポケットWi-Fiサービスを、ぜひ一度体験してみてください ^^

コフレちゃん
スマホがデータ通信制限にかかっても、どんなときもWiFiがあれば怖いものなしね♪

【どんなときもWi-Fi】速度制限、データ容量制限なし

他社モバイルWi-FIに比べ格安です。毎月の料金の支払いにクレジットカードを選ぶことで、2年間月額3,480円、2年目以降は月額3,980円で利用可能です!

どんなときもwifi
  • 月額3,480円〜
  • ドコモ・au・ソフトバンクから最適なエリアを自動選択
  • 最大通信速度150Mbpsと高速
  • データ容量無制限
  • 海外でもそのまま利用OK
  • 最短即日発送

速度制限、データ容量無制限で、3キャリアのクラウドSIMに対応した画期的なモバイルWi-Fiサービスである点に惹かれ、the Saibaseメンバーも申し込みました!

公式サイトはこちら