Wi-Fi繋いでるのに速度制限?GB(ギガ)を消費する原因3つの解決方法

Wi-Fiに繋いで通信しているのに、なぜいつも速度制限にかかってしまうのでしょうか。

コフレちゃん
自宅ではWi-Fi使ってるし、動画も外では我慢してるし...なんで?

この記事では、Wi-Fi通信を行っているのに「速度制限にかかってしまう原因3つと解決方法」について紹介します!

どんなときもwifi

Wi-Fi繋いでるのに速度制限にかかる3つの原因と解決方法

スマホでは、契約先の携帯電話会社回線を利用してインターネットすることを「モバイルデータ通信」と呼びます。

どこでもインターネットが使えとても便利なモバイルデータ通信ですが、ある一定の通信量を超えた途端、一気に通信速度制限にかかってしまいます。

こうした通信速度制限にかからないためには、Wi-Fi通信を行えば良いのですが、Wi-Fi環境にいても通信速度制限にかかってしまうことがあるんですよね。

実は思いもよらないところに原因があったんです。

↓絶対に通信制限にかからない解決方法

速度制限の原因1. ルーターの同時接続台数をオーバーしている

1つめに考えられるのは、ルーターの同時接続台数をオーバーしていることです。

というのもWi-Fiルーターは、同時に接続できる端末台数が決まっているんですよね。

ルーターの同時接続台数の表示

例として、最大接続台数が4台のルーターで、同時に4人がWi-Fiを利用してるとします。

ルーターの同時接続台数が4台の例

すると5台目のスマホを利用している人は、Wi-Fi通信することができません

ルーターの同時接続台数がオーバーしている例

そのため自宅なのに勝手にモバイルデータ通信となってしまい、大容量のデータ消費に繋がってしまうわけです。

コフレちゃん
ルーターの同時接続台数より多くなってるとWi-Fi通信できないのか〜...

昨今では、スマホ・タブレット・PC・家電などさまざま端末が、Wi-Fi通信を行います。

特に家族で利用していれば、気づかないうちにルーターの同時接続台数以上の端末が通信対象となっていることも、十分に考えられます。

解決方法. 管理画面から接続台数を確認する

まずは利用しているルーターの管理画面にアクセスして、実際にルーターと通信している端末の台数を確認してみると良いでしょう。

それでも、ルーターの同時接続台数がオーバーしてしまいそうであれば、

  • Wi-Fi通信の優先順が低いモノの電源は切っておく
などをオススメします。

たとえばPCとスマホは同時に使わなければ、どちらかの電源はオフにしちゃうとかですね。

僕の場合だと自宅では、

  • タブレット × 2台
  • 僕のスマホ × 1台
  • 妻のスマホ × 1台
  • PC × 2台
  • Wi-Fi通信できる家電 × 1台
といったように、常時Wi-Fi通信している端末は7台でした。

今のところはぜんぜん許容範囲内だったので、すべて電源オンのままですが ^^;

ただ、Wi-Fi対応のLED電球やスマートキー、ネットワークカメラ、オーディオ機器といった、さまざまな家電製品がWi-Fi通信の対象になります。

今後住居に新しく導入する家電によっては、スマホのWi-Fi通信が行えなくなることも考えられるため、ルーターの最大接続台数をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

速度制限の原因2. iOSはWi-Fiアシストによるモバイルデータ通信が進んでいる

2つめに考えられるのは、iOSのWi-Fiアシスト機能がオンになっていて「モバイルデータ通信」が進んでしまうこと。

Wi-Fiアシストのイメージ

iOSのWi-Fiアシスト機能とは、Wi-Fiの電波が不安定なときに、自動でモバイルデータ通信に切り替えてくれる機能のことです。

Wi-Fi環境が弱いと、

  • 動画視聴が途中で切れたり
  • インターネット接続が切れたり
といったことが起こるため、自然にLTE回線につなげて通信を補填してくれるんですね。

一見するとユーザビリティの高い機能に思えますが、実情はWi-Fi環境にいてもLTE通信が優先されてしまうこともあり、速度制限を気にする人にとっては、ありがた迷惑な機能であると言えます。

解決方法. Wi-Fiアシスト機能をオフにする

解決方法としては、Wi-Fi環境が安定して強い場所で利用するか、確実なのはWi-Fiアシスト機能をオフにしてしまうことでしょう。

そうすればたとえWi-Fi環境が弱い場所であっても、モバイルデータ通信はしなくなります。

まず設定アプリを開き、

設定アプリを選択

モバイル通信の選択をクリック。

モバイル通信を選択

一番下までスクロールすると「Wi-Fiアシスト」が表示されるので、ポインターをタップ。

Wi-Fiアシストがonのイメージ

以下画面になればWi-Fiアシスト機能がオフになってます。

Wi-Fiアシストがoffのイメージ

これで勝手にモバイルデータ通信されることがなくなりました

AndroidではWi-Fi安定制御機能をオフにする

実は、Androidにも「iOSのWi-Fiアシスト」と同じ機能があり、こちらは「Wi-Fi安定制御機能」といいます。

Wi-Fi安定制御機能をオフにする方法は、設定画面から「Wi-Fi」→「メニュー」→「詳細設定」と進み、Wi-Fi安定制御機能をオフにすればOKです。

速度制限の原因3. リパックアプリによる意図しないデータ通信

通信速度制限にかかる3つめの原因としては、リパックアプリによる意図しないデータ通信が増えること

リパックアプリとは、正規のアプリに不正なプログラムを埋め込んだニセモノのアプリのことです。

特徴として、リパックアプリをインストールしたスマホでは、

  • 不正なデータ通信が行われる
  • 個人情報を抜き取られる
  • ウィルス感染させられてしまう
といったことが起きてしまいます。

知らないうちにアプリが開いていたり、スマホ単体でテキストを打ち始めていたら、それはリパックアプリがインストールされていることを疑うべきでしょう。

コフレちゃん
もしかして勝手にスマホが動いてるの、リパックアプリかも...

解決方法. 公式インストールでないアプリを削除する

リパックアプリについて解決するには、公式のアプリストア以外でダウロードしたアプリを削除することです。

特にリパックアプリの判断がしづらいのであれば、アプリごとのデータ通信量で確認してみると良いでしょう。

アプリごとの通信量

もし使用頻度が高くないのに、データ通信量がかさんでいるアプリがあれば、疑うべきアプリです。

また新しくアプリをインストールするのであれば、必ず公式のアプリストアからインストールすることをオススメします。

補足
Web上で「このページからアプリをインストールすると特典付き!」といったWebページからの、アプリダウンロードは危険です。必ず公式アプリストアからインストールを心がけておくと良いです。

↓すぐにオススメの解決方法を見る

【番外編】その他の原因やオススメの解決方法

Wi-Fiを繋いでいてもGBを消費して、速度制限にかかってしまう原因は他にもあります。

特によくあるのが、

  • 何らかの理由でWi-Fiに繋がらなくなっているケースと
  • ファイアウォールなどのセキュリティソフトが接続を遮断してしまっているケース

といった2つです。

実はWi-Fiに繋がっていないことも

僕もよくやってしまうのですが、実はWi-Fi環境にいるのにWi-Fi設定をオンにしてなくて、

Wi-Fi通信がオフになっている画像
サブレくん
ずっとWi-Fi通信できてなかった...

ということがあります。

ほかにもOSが古い状態のまま利用していると、異常なデータ通信が発生してしまうこともありえます。

例えば2019年6月には「AndroidOSで25GBを超えていた」といった報告もあるため、

必ずスマホのOSのバージョンは最新版にしておくことをオススメします。

PCならファイアウォールによるWi-Fi通信の遮断

実はPCのセキュリティシステムである、ファイアウォールによってWi-Fi通信の遮断が行われていることもあります。

特にWindowsPCで無線LANを利用していると、発生が目立つ事象です。

PCの電源を立ち上げてからWi-Fi通信が思わしくない場合、一度ファイアウォールの設定をオフにしてWi-Fi通信を行ってみると良いでしょう。

ただし、ファイアウォールの設定はオフのままではウイルス感染に対して無防備すぎるので、必ず設定をオンに戻しておきましょう。

GB(ギガ)を購入するなら検討しているならこんなサービスも

スマホの通信速度制限はGB(ギガ)をチャージすることですぐに解決できますが、毎月1GBに1,000円払うのはちょっともったいないですよね。

そこで検討したいのが、データ容量無制限のポケットWi-Fiサービスに申し込んでしまうこと

どんなときもWiFiを持っている画像

オススメは「どんなときもWiFi」というポケットWi-Fiサービスです。

どんなときもWiFiをオススメする理由としては、

  • ドコモ・au・ソフトバンクの通信エリアが使えること
  • データ容量が無制限であること
  • 月額も3,500円以下で運用できること

といった、かなり画期的なポケットWi-Fiサービスであるからです。

他社のポケットWi-Fiサービスと比較しても、

通信会社データプラン無制限プランの
速度制限
速度制限の時間
どんなときもWiFiプランなしデータ通信速度制限なし速度制限なし
UQ WiMAX+7Gプラン3日で10GB当日18時〜
翌日2時頃1Mbps
auポケットWi-Fi7Gプラン3日で10GB当日18時〜
翌日2時頃128Kbps
Yahoo!WiFi5Gプラン
7Gプラン
3日で10GB当日18時〜
翌日1時約1Mbps
ソフトバンク7Gプラン月に7GB128Kbpsに制限
Y!mobile5Gプラン
7Gプラン
3日で約10GB当日18時〜
翌日時約1Mbps
※表は横スクロールが可能です。

データ通信が無制限なのはどんなときもWiFiだけなのが分かりますね。

もし毎月の通信速度制限にかかっていて、3,000円以上GB(ギガ)をチャージしているのであれば、こうしたポケットWi-Fiサービスの導入の検討もオススメです。

>どんなときもWiFiの公式サイトで詳しく

まとめ

Wi-Fi環境にいても思いがけないことが原因で、一気にデータ通信量が上がってしまうことが考えられます。

自宅にいてもWi-Fi通信がうまくいかないときは、

  • ルーターの同時接続台数以上に端末を使っていないか
  • Wi-Fiアシスト機能によるデータ通信が進んでいないか
  • リパックアプリなどを利用していないか
といったことを確認してみると良いでしょう。

もし毎月GB(ギガ)データを購入しているのであれば、思い切ってデータ通信無制限のポケットWi-Fiサービスを利用するのもアリではないでしょうか。

サブレくん
どんなときもWiFiを9月中に利用開始することで、消費税が改正される10月以降も税率8%のまま2年間利用できますよ♪

【どんなときもWi-Fi】速度制限、データ容量制限なし

他社モバイルWi-FIに比べ格安です!毎月の料金の支払いにクレジットカードを選ぶことで、2年間月額3,480円、2年目以降は月額3,980円で利用可能です!

どんなときもwifi
  • 月額3,480円〜
  • ドコモ・au・ソフトバンクから最適なエリアを自動選択
  • 最大通信速度150Mbpsと高速
  • データ容量無制限
  • 海外でもそのまま利用OK
  • 最短即日発送

速度制限、データ容量無制限で、3キャリアのクラウドSIMに対応した画期的なモバイルWi-Fiサービスである点に惹かれ、the Saibaseメンバーも申し込みました!

公式サイトはこちら