【どんなときもWiFi】ルーターのスペックは?驚きの接続時間や周波数帯を大公開!

【どんなときもWiFi】ルーターのスペックは?驚きの接続時間や周波数帯を大公開!

どんなときもWiFiは、無制限でインターネット通信ができる驚異のWi-Fiルーターです。

しかし、

  • 外出先でバッテリーが切れてしまわないか
  • 本当にどんなときも使えるのか

疑問ですよね。

コフレちゃん
使いたいときにちゃんと使えるルーターなのか、不安なんだよね...

そこでこの記事では「どんなときもWiFiルーターのスペック」について、接続時間や周波数帯など交えながら詳しく紹介していきます!

どんなときもwifi

どんなときもWiFiルーターのスペック詳細

どんなときもWiFi端末どんなときもWiFiでは「Wi-Fiルーターのレンタルサービス」を行っており、機種は「D1」と呼ばれる1機種のみです。

以下にスペックを一覧にしてまとめました。

項目D1ルーターのスペック詳細
サイズ127x65.7x14.2mm
重量約150g
バッテリー容量3,500mAh
連続通信時間約12時間
最大下り通信速度150Mbps
最大同時端末接続数5台
ディスプレイなし
Wi-Fi規格IEEE802.11b/g/n
SIMカードスロットStandard SIM slot×1
Micro SIM slot×1
ポートUSB 2.0 port:Input
サブレくん
前までは「U2」「U2s」という名前だったけど、「D1」ていう名前に改名されたんだよね〜
コフレちゃん
ルーターの性能も変わってたら困るんだけど。
サブレくん
改名といっても、ルーターに使われている部品の実装内容は変わらないから大丈夫だよ

では、規格の内容について詳しく触れていきます。

Wi-Fi規格はIEEE802.11b/g/nに対応!

どんなときもWiFiのルーター「D1」は、※ 国際標準準拠規格の「IEEE802.11」に対応しています。

※ 国際標準準拠規格とは、電波のある周波数帯域を国際規格として定めることで、世界共通の標準規格として利用できる公正な基準のことを指します。

Wi-Fi規格は「IEEE802.11b/g/n」に対応しており、以下のとおりさまざまな周波数帯の電波を扱うことが可能です。

無線LAN規格通信速度(最大)周波数帯
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz帯域
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz帯域
IEEE802.11n300Mbps2.4 / 5GHz帯域
※表は横スクロールが可能です。

ドコモ・au・ソフトバンクといったトリプリキャリアの通信網が利用できるのは、ルーターのWi-Fi規格が対応しているからに他なりません。

また、どんなときもWiFiではクラウドSIMを採用しているため、2.4GHz帯と5GHz帯の両方へ自動切り替えしてくれる点も見逃せないポイントと言えますね。

項目2.4GHz帯5GHz帯
メリット 障害物に強い
屋内や屋外で利用可能
電波が強い
電波干渉が少ない
デメリット家電と干渉しやすい障害物に弱い
※表は横スクロールが可能です。

国際Wi-Fi規格「IEEE802.11b/g/n」に対応し、ドコモ・au・ソフトバンクの通信網をクラウドSIMで利用できる「どんなときもWiFi」であれば、日本全国どのエリアで利用しても安心してインターネット通信が行えることでしょう。

最大通信速度は下り150Mbps

どんなときもWiFiルーターの、最大通信速度は下り150Mbpsです。

平均して早いのか分かづらいので、他社ポケットWiFiサービスと比較してみました。

どんなときも
WiFi
WiMAXY!mobile
Pocket WiFi
NTT docomo
Wi-Fi Station
通信速度
(下り)
150Mbps1.2Gbps
(1200Mbps)
612Mbps1.2Gbps
(1288Mbps)

WiMAX2+の最大下り速度が1.2Gbps、Y!mobile Pocket WiFiが612Mbps、NTT docomo Wi-Fi Stationが1288Mbpsなので、他社と比べるとどんなときもWiFiはかなり遅いほうだといえます。

しかし平均して「下り10Mbps」といった通信速度があれば、

  • Youtube
  • Hulu
  • Amazonプライム
といった動画視聴サービスは快適に視聴することが可能です。

通信速度快適性
1Mbps以下動画ダウンロードが止まる、もうしくは困難。
1~5Mbps高画質が画像のダウンロードが遅い。チャットなどレスポンスが少し遅れる。低画質動画の視聴は可能。高画質動画は視聴困難。
5〜10Mbps高画質画像でもダウンロードは早い。チャットのレスは早い。通常の動画再生は問題なくできる。高画質動画はやや途切れがち。
10~35Mbps動画再生は高画質でも問題なく視聴可能。複数の大容量データのダウンロードでは、若干もたつく。
40Mbps〜高画質動画の動画視聴は快適。複数の大容量データのダウンロードもかなり早い。

実際に僕自身、どんなときもWiFiで「4KのYoutube動画を3時間再生しっぱなし」にしてみたのですが、うち途切れたのは再生直後の1回のみでした。

最大通信速度が下り150Mbps(上りは50Mbps)とはいえ、十分に実用的なポケットWiFiルーターと言えるでしょう。

どんなときもWiFiの公式サイトで詳しく見てみる

連続使用可能時間は驚異の12時間

どんなときもWiFiのバッテリー容量は3,500mAhで、連続使用可能時間は12時間となっています。

項目規格
連続通信時間約12時間

これは他社のルーターと比べても、かなりの大容量です。

例えばWiMAX2+の連続使用可能時間は9時間、Y!mobile Pocket WiFiとNTT docomo Wi-Fi Stationが6時間となっています。

どんなときも
WiFi
WiMAXY!mobile
Pocket WiFi
NTT docomo
Wi-Fi Station
連続使用
可能時間
12時間9時間6時間6時間

ソフトバンクやドコモのポケットWi-Fiルーターと比べると、およそ倍の時間使えるというわけですね。

どんなときもWiFiのルーターであれば、外出先でバッテリーが切れて困る心配はありませんね。

同時接続台数は5台まで

どんなときもWiFiの同時接続台数は5台までとなっています。

モバイルルーターの中には10台以上同時接続できるものもあり、5台というのは決して多いほうではないんですよね。

しかし、外出先で5台以上の端末を同時に使うことは少ないので、不便さを感じることあまりないでしょう。

もちろん5台以上の機器を同時に接続する場合、6台目以降はインターネット通信ができない状態に陥ります

※どんなときもWiFiのネット通信環境については以下記事が詳しいです↓

ただ僕自身、外出するときは「PC・スマホ・タブレット」しか持ち歩かないため、実質5台同時接続というスペックで十分に事足りていますよ

どんなときもWiFiルーターの拡張性

どんなときもWiFiのルーターは無線LAN機能もさることながら、

  • USBポート
  • SIMカードスロット
といった拡張機能があります。

USB2.0ポートはinputのみ

どんなときもWiFiのUSB2.0ポートはinputのみです。

どんなときもWiFiのmicroUSB挿入口

outputには対応していないため、どんなときもWiFiルーターのUSB2.0ポートは充電の用途で利用します。

※ どんなときもWiFiではクレードルといった卓上ホルダはなく、有線LAN接続に非対応です。

ルーターを充電するためのケーブルは、1mほどのmicroUSB(マイクロUSB)を利用します。

どんなときもWiFi付属のmicroUSBケーブル

microUSBケーブルは、どんなときもWiFi契約時に端末一式として同梱されているので、すぐに充電することが可能です。

どんなときもWiFi端末一式の展開

別途購入する必要がないのはうれしいかぎりですね。

ただ注意点として、どんなときもWiFiはルーターの返却時に端末一式をすべて返却しなければならないこと。

USBケーブルに関しても例外ではないため、紛失や破損を防ぐためにもmicroUSBを自前で用意して、どんなときもWiFiルーターの充電に利用することをオススメします。

注意!
返却時に部材の漏れがあると、機器損害金として18,000円が発生します。

SIMカードスロットが2つある

どんなときもWiFiはSIMカードを挿入せず、すぐにインターネット通信ができますが、実はSIMカードのスロットが2つも用意されています。

どんなときもWiFiのSIMカードスロット
SIMカードスロットのサイズは、

  1. 標準SIM(Standard SIM slot×1)
  2. マイクロSIM(Micro SIM slot×1)
といった2つのSIMカードのサイズに対応していて、別途自分で購入したSIMカードを挿入して利用することが可能です。

たとえば、どんなときもWiFiを海外利用しようと思っても、もしかしたら接続できない場所があるかもしれません。

しかし、その国で海外プリペイドSIMを購入し、どんなときもWiFiへ挿入することでインターネット通信ができるようになるわけです。

SIMカードのスロットがあらかじめ搭載されていることで、いざという時に使い方の幅が広がることでしょう。

ルーターの操作性がイマイチ?

どんなときもWiFiのルーターには、実はディスプレイがありません。

どんなときもWiFiの表側
どんなときもWiFiの裏側
また基本的に電源ボタン1つで端末の起動や終了の操作を行うため扱いづらく、視認性や分かりやすさに欠けるのが残念なポイントです。

どんなときもWiFiの電源ボタン
実際にルーターを手に取って感じたことを紹介します。

どんなときもWiFiの重さはiPhone8と同じくらい

どんなときもWiFiのルーターの重さは約150gです。

どんな重さかというと、少し厚めの文庫本1冊に相当する重さです。

スマホのiPhone8が148gなのでほぼ同等の重さだとすると、約スマホ1台分の重さに匹敵するイメージですね。

持っていて重く感じることはなく、バッグなどに入れて利用する分にはそこまで気になる重さではないでしょう。

僕の場合、普段はケースに入れて利用しています。

どんなときもWiFiをケースに入れてる画像

ルーターのサイズは少し大きめ

どんなときもWiFiのルーターのサイズは、縦127mm・横65.7mm・厚さ14.2mmです。

項目規格
サイズ127x65.7x14.2mm

どの程度のサイズかというと、iPhone7とだいたい同じくらいです。

サイズ縦幅横幅厚さ
どんなときもWiFi127mm65.7mm14.4mm
iPhone7138.3mm67.1mm7.1mm

縦幅や横幅は1cm弱、どんなときもWiFiルーターの方が小さいですね。

ただ厚さに関しては、iPhone7のおよそ倍の14mmです。

そのため少しかさばるんですよね。

実際に女性用ポケットに入れてもらったところ、以下のような感じではみ出てしまいました。

あまっちのおしりにどんなときもWiFiを入れた画像サイズが大きいことで、

  • 湾曲したり
  • 落下の衝撃が大きく破損してしまう
可能性もあるため、ルーターの大きさや厚さはデメリットと言えます。

ただし、以上のようなデメリットを踏まえても、それを補いあまるメリットが多いのがどんなときもWiFiの特徴と言えます。

どんなときもWiFiの公式サイトを見る

まとめ

この記事では、どんなときもWiFiルーターのスペックについて、利用した感想を交えながら詳しく紹介しました。

どんなときもWiFiルーターのスペックについてまとめると、

  • IEEE802.11b/g/nに対応している
  • 長時間利用できる

といったメリットの一方で、

  • ディスプレイがない
  • USBポートはinputのみ

というデメリットもあります。

どんなときもWiFiルーターの総評としては「性能は文句ないけど、操作性があまり良くない」という感じですね。

それでも

  • ドコモ・au・ソフトバンクの通信網が利用できて
  • データ容量制限がないこと

を踏まえると、どんなときもWiFiは利用者にメリット抜群なポケットWi-Fiサービスと言えるのではないでしょうか。

【どんなときもWi-Fi】速度制限、データ容量制限なし

他社モバイルWi-FIに比べ格安です。毎月の料金の支払いにクレジットカードを選ぶことで、2年間月額3,480円、2年目以降は月額3,980円で利用可能です!

どんなときもwifi
  • 月額3,480円〜
  • ドコモ・au・ソフトバンクから最適なエリアを自動選択
  • 最大通信速度150Mbpsと高速
  • データ容量無制限
  • 海外でもそのまま利用OK
  • 最短即日発送

速度制限、データ容量無制限で、3キャリアのクラウドSIMに対応した画期的なモバイルWi-Fiサービスである点に惹かれ、the Saibaseメンバーも申し込みました!

公式サイトはこちら