家でも外でもインターネットが無制限!内緒のポケットWi-Fi教えます

家はもちろん、外でもデータ容量を気にせず快適なインターネットはできるのでしょうか?

実はデータ通信が無制限にできる「ポケットWi-Fiサービス」があるんです。

コフレちゃん
そんなすごいポケットWi-Fiサービスがあるの?

この記事では、家でも外でも無制限にインターネット通信できるヒミツのポケットWi-Fiを紹介しちゃいます!

どんなときもwifi

家や外で使える内緒のポケットWi-FiはどんなときもWiFi

どんなときもWiFi端末先にネタバレしちゃいます。

家でも外でもデータ容量無制限に使えるのは、

といったポケットWi-Fiサービスです。

特徴1. データ通信量が完全無制限なポケットWi-Fi

どんなときもWiFiは、従来のポケットWi-Fiと一線を画する「クラウドSIM」を採用した次世代型のポケットWi-Fiサービスです。

なにが特徴的なのかというと、データ通信を無制限で利用できることが挙げられます

たとえば、

  • 3日で10GBまでしか使えない
  • 通信速度制限にかかってしまう

といった通信制限が設けられていません

通信会社データプラン無制限プランの
速度制限
速度制限の時間
どんなときもWiFiプランなしデータ通信制限なし速度制限なし
UQ WiMAX+7Gプラン3日で10GB当日18時〜
翌日2時頃1Mbps
auポケットWi-Fi7Gプラン3日で10GB当日18時〜
翌日2時頃128Kbps
Yahoo!WiFi5Gプラン
7Gプラン
3日で10GB当日18時〜
翌日1時約1Mbps
ソフトバンク7Gプラン月に7GB128Kbpsに制限
Y!mobile5Gプラン
7Gプラン
3日で約10GB当日18時〜
翌日時約1Mbps
※表は横スクロールが可能です。

以上を見ると、どんなときもWiFiだけが

  • 通信制限に縛りがない
  • 速度制限にかからない
といったことが分かりますね。

注意!
※ 違法ダウンロードや、ネットワークを占有するような大容量通信が確認された場合は除きます。

データ通信制限がないポケットWi-Fiサービスは、あまり類を見ない画期的なサービスと言えるのではないでしょうか。

>どんなときもWiFiの公式サイトで詳しく見る

特徴2. 3大キャリアの通信網でネット通信が可能

従来のポケットWi-Fiの場合は、

  • SIMカードの対応エリア
  • SIMカードのデータ容量
といったように、利用範囲が制限されてしまいます

しかし、どんなときもWiFiはなんといってもクラウドSIMを採用しているため、端末の利用場所に適したキャリア回線を、クラウドサーバーに用意した複数のSIMカード(ソフトバンク・ドコモ・au)の中から自動的に割り当ててくれるんですね。

どんなときもWiFiはトリプルキャリアに対応している

【出典】どんなときもWiFi公式サイト

クラウドSIMって?
クラウドSIMとはSIMカードをサーバー上で管理するシステムのこと。どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクのSIMをサーバー上で管理しています。

以下に、どんなときもWiFiを含め他社ポケットWi-Fiの通信エリアをまとめてみました。

各社ポケットWi-Fi月間通信容量対応エリア
どんなときもWiFiデータ容量制限なしドコモ・au・ソフトバンク
UQ WiMAX+5〜7GBプラン
無制限プラン
WiMAX回線のエリア外は
auの4G LTE回線
auポケットWiFi5〜7GBプラン
無制限プラン
WiMAX回線のエリア外はauの4G LTE回線
Y!mobile5〜7GBプランソフトバンクのLTE回線
(エリアによる)
docomo5~30GBプラン
スマホとシェア
ドコモのLTE回線
※表は横スクロールが可能です。

こうした独自の仕様から、キャリアごとの通信範囲にとらわれない広範囲でのインターネット通信を可能としています。

さらに驚きなのが規制のないポケットWi-Fiサービスでありながら、どんなときもWiFiの利用料金は決して高くないことです。

特徴3. 月額料金も3,000円台から利用できる

どんなときもWiFiはなんと、3,480円(税抜)〜といった月額料金で利用することができます

ただし契約方法が

  • クレジットカード払い
  • 口座振替払い
といった場合で、月額料金は変わってきます。

契約期間24か月まで25か月以降
クレカ契約3,480円
(930円割引)
3,980円
(430円割引)
口座契約3,980円
(430円割引)
4,410円
(割引なし)
※表は横スクロールが可能です。

とはいえ、他社のポケットWi-Fiサービスと比較すると割高かというとそんなことは全くありません。

他社のポケットWi-Fiの月額料金を比較

各社月額料金契約期間
どんなときもWiFi
(クレカ契約)
① 3,480円
② 3,980円
① 1〜24か月
② 25か月以降
UQ WiMAX+4,380円3年契約
auポケットWi-Fi4,380円2年契約
Yahoo!WiFi① 3,696円
② 4,380円
① 0〜3か月
② 4か月以降
Y!mobile3,991円3年契約

※全て税抜き価格です。

※表は横スクロールが可能です。

データ通信量が無制限で、ドコモ・au・ソフトバンクの通信エリアが使えて上記の値段で利用できるのは、どんなときもWiFiしかないんですよね。

外出先でインターネット通信しすぎて、スマホのデータを都度購入しているようであれば、月額3,500円程度でデータ通信し放題などんなときもWiFiを検討してみるのもアリではないでしょうか?

>どんなときもWiFiの公式サイト

家の回線もポケットWi-Fiで良いの?

では家のインターネット回線もポケットWi-Fiでまかなえるのでしょうか?

結論から言うと、インターネットを使う用途によってさまざまです。

家族と一緒にネット通信するならポケットWi-Fiより固定回線が〇

外でも快適なインターネット通信を可能にするポケットWi-Fiサービスですが、自宅でメインのアクセスポイントとして利用するには正直なところNGです。

例えばドコモ光NURO光といった固定回線であれば、

  • 有線接続なら常時500Mbps以上
  • 無線接続でも最低200Mbps以上

といった通信速度が期待できます。

以下に、iPhoneXSでNURO光の通信速度を計測した結果を載せておきます↓

NURO光 iPhoneXS 速度調査 ping

しかしポケットWi-Fiは、光ファイバーを利用しているわけではないため、どうしても通信速度が固定回線に比べて不安定になりがちなんですよね。

特にタワー型PCといった据え置き型のパソコンを利用している家庭環境であれば、固定回線のほうが

  • 早く快適に
  • 多くの端末と同時接続できる

といった強みがあります。

また月額料金の面でも

ポケットWi-Fiと
固定回線の料金比較
月額料金
戸建てマンション
どんなときもWiFi3,480円〜4,410円
ドコモ光5,000〜5,200円4,000〜4,200円
NURO光4,743円2,500円

※全て税抜き価格です。

※表は横スクロールが可能です。

といったように、そこまで大きな差額はないんですね。

特にマンションに住んでいるのであれば、ポケットWi-Fiとほぼ同額で固定回線を利用することができちゃいます

また致命的なのが、家族の誰かがポケットWi-Fiを持って行ってしまうと自宅のWi-Fi環境がなくなってしまうことでしょう。

もし自宅の回線もポケットWi-Fiにしたい!というのであれば、家族のインターネット利用状況について確認しておくことをオススメします。

※固定回線の詳細ついては以下から確認できます↓

ポケットWi-Fiはアップロード作業には不向き

また、ポケットWi-Fiは動画などのアップロード作業にも向いていません。

なぜなら一般的なポケットWi-Fiの通信速度は、下りが速く上りが遅いからです。

項目下り最大上り最大
どんなときもWiFi150Mbps50Mbps
UQ WiMAX+1.2Gbps75Mbps
auポケットWi-Fi440Mbps30Mbps
Yahoo!WiFi612Mbps13Mbps
Y!mobile972Mbps37.5Mbps
※表は横スクロールが可能です。

以上のようにポケットWi-Fiサービス各社ともに、下りよりも上りの方が通信速度がかなり遅いことが分かります。

仕事の都合で、外出先で動画をアップロードしなければならない

といった状況を除き、基本的には固定回線の環境でアップロード作業を行うことが望ましいと言えるでしょう。

自宅で快適に使うなら光回線がベスト

以上より、自宅でより快適にインターネット通信を行うのであれば、ポケットWi-Fiより固定回線(光回線)のほうが便利に使えることが分かります。

ただし、

  • 家族と一緒には利用しない
  • よく引っ越しや転勤をする
といった背景があれば工事を必要とせずインターネット通信ができるポケットWi-Fiサービスも視野にいれておくと良いでしょう。

というのも光回線は導入に「光ファイバーの敷設」といった宅内工事が必要になるからです。

そのため、

  • 家族と共同で長く快適に使うなら光回線
  • 安く一人で自由に使いたいならポケットWi-Fi
といった選び方で検討してみてはいかがでしょうか。

外でポケットWi-Fiを使わずにWi-Fiを利用する方法2つ

実はポケットWi-Fiを持っていなくても、外でWi-Fi環境を利用する方法もあります。

1. 公共のWi-Fiスポットを利用する

Wi-Fiスポットは、公共のものもたくさんあるのをご存じでしょうか?

市役所や駅、公園、カフェやコンビニなど、さまざまな場所に設置されています。

しかし自分でそのような場所を、インターネット検索して探すのも面倒ですよね。そこでオススメがフリーのWi-Fiスポットを探すアプリです。

タウンWiFiは35万箇所以上あるフリースポットに自動接続してくれるアプリで、WiFiプロテクトを使うことでセキュリティも担保してくれます。

またマップ機能も備わっており、近くのWi-Fiスポットをすぐに確認することが可能です。

  • アップデートが頻繁に行われていること
  • 500万ダウンロードされている実績

といったこともふまえ、スマホに入れておくべきアプリと言えるでしょう。

2. キャリアのWi-Fiスポットを利用する(オススメ)

外でWi-Fiスポットを利用するもう1つの方法は、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアが提供しているWi-Fiスポットを利用することです。

以下のリンクから、キャリアによる全国のフリースポットを探すことが可能です。

キャリアスマホを利用していれば、SIM認証によって自動的に接続してくれるのでとても便利なんですよね。

また、なんといってもキャリア提供のWi-Fiスポットなのでセキュリティ面でも安心です。

キャリア提供のWi-Fiスポットは、どれも原則有料にはなっていますが、

  • docomo Wi-Fi:月額300円
    (契約プランによっては無料)
  • au Wi-Fi SPOT:月額300円
    (au契約端末は無料)
  • ソフトバンクWi-Fiスポット:月額467円
    (契約プランによっては無料)

対象の料金プランに入っていることで、無料で利用できるケースがほとんどです。

外でインターネット通信を利用することが多い人は、ぜひ確認してみると良いでしょう。

まとめ:家でも外でもWi−Fiで快適なネットライフを

今回は、

  • 家でも外でもインターネット通信ができるポケットWi-Fiや
  • 外出先でWi-Fiスポットを利用する方法

についてご紹介しました。

車の中で子どもに動画を見せる機会が多い人に、データ通信無制限のどんなときもWiFiは、ほんとにオススメなポケットWi-Fiサービスです。

コフレちゃん
ぜひこの機会に検討してみてください♪

【どんなときもWi-Fi】速度制限、データ容量制限なし

他社モバイルWi-FIに比べ格安です。毎月の料金の支払いにクレジットカードを選ぶことで、2年間月額3,480円、2年目以降は月額3,980円で利用可能です!

どんなときもwifi
  • 月額3,480円〜
  • ドコモ・au・ソフトバンクから最適なエリアを自動選択
  • 最大通信速度150Mbpsと高速
  • データ容量無制限
  • 海外でもそのまま利用OK
  • 最短即日発送

速度制限、データ容量無制限で、3キャリアのクラウドSIMに対応した画期的なモバイルWi-Fiサービスである点に惹かれ、the Saibaseメンバーも申し込みました!

公式サイトはこちら