【どんなときもWi-Fi】いつでも解約サポートで違約金が0円に?解約の新常識

どんなときもWiFiはいつでも解約サポートを利用することで、違約金0円で解約することが可能です。

しかし、サポートを受けるには規定の条件に従わなければなりません。

サポートを受けるための条件なんてあるの...?

そこでこの記事では、どんなときもWiFiのいつでも解約サポートがどんなサービスなのか、詳しく紹介していきます!

どんなときもWiFiのいつでも解約サポートとは?

いつでも解約サポートとは、どんなときもWiFiから

  • 無料で他のインターネットサービスへ乗換えできる
画期的な解約のサポートサービスのことです。

実際にどんな人が対象なのでしょうか。

どんなときもWiFiサービスに満足できない人へ向けたサービス

いつでも解約サポートは、どんなときもWiFiを契約したのに

  • 思っていたよりも通信速度がでなかった...
  • 実は固定回線のほうが自分の利用環境には合っていた...
といった、どんなときもWiFiの通信環境に満足できない人が対象のサービスです。

例えば2年契約を結んでしまったのに、実際にインターネットサービスを使ってみたら自分に合わず、がっかりしてしまうこともありますよね。

また、サービスそのものに不満があるわけではなく、ライフスタイルの変化により、モバイルルーターではなく固定回線に変更したいというケースも考えられます。

いつでも解約サポートは、そういった「どんなときもWiFi契約後の不満」を解消してくれるサポートサービスとも言えます。

ただし、いつでも解約サポートの恩恵に授かるには、窓口より指定されたインターネット通信サービスへ乗り換えることが条件となります。

いつでも解約サポートの乗り換え先は?

では、いつでも解約サポートが提案してくれるインターネットサービスは、どのようなものがあるのでしょうか。

とても気になるところではありますが、具体的なインターネットサービスの乗り換え先は正式には公表されていません

しかし運営元の株式会社グッド・ラックの事業内容から、乗り換え先として紹介される通信サービスを3つ、想定してみました。

1. NEXT mobile

1つめはNEXT mobileです。

NEXT mobileとは、どんなときもWiFiと同様のポケットWiFiルーターレンタルサービスです。

基本的に

  • 月額料金が最低2,760円(税抜)〜と安いこと。
  • 3日間で10GB制限がないこと
  • 月間容量を超えない限り速度制限が発生しないこと
といったメリットがあります。

ただし

  • ソフトバンクの通信網しか使えない
  • 月間容量を超えると通信速度制限が発生する

などデメリットを踏まえると、どんなときもWiFiから乗り換えるサービスとしてはオススメできません。

2. ONE MOBILE

2つめはONE MOBILEです。

ONE MOBILEも、ポケットWi-Fiルーターレンタルサービスです。

特徴としては、

  • docomo回線に対応している
  • 最短半年〜1年間利用できる
  • 月額料金も2,180~2,480円と格安
  • ディスプレイ付きルーターが使いやすい

といった内容が挙げられます。

ただし

  • 利用できる月間データ量が7GBと少ない
  • データ追加料金が0.5GB / 450円と割高
  • データ追加は月に6回までしか行えない
といったデータの扱いに伴う規制が厳しいサービスです。

どんなときもWiFiでは、

  • 最初の2年間は月額3,480円で
  • トリプルキャリアの通信網が使えて
  • データ容量無制限

といった条件であったことから、やはり乗り換え先としてはオススメできないサービスと言えます。

3. モバレコAir

3つめはモバレコAirというサービスです。

モバレコAirは、ソフトバンクと提携で生まれた商品のため、実質は「ソフトバンクAir」と同様の性能と想定できます。

そのためポケットWiFiサービスではなく、自宅コンセントに差し込んで利用する半固定ルーターのレンタルサービスと言えます。

特徴としては、

  • 開通工事が不要なこと
  • 契約2年間は割引により月額2,000円ほどで利用できること
  • データ容量制限がないこと

といったことが挙げられます。

ただし光ファイバーを利用した固定回線ではないので、

  • 環境によっては通信速度が速くない
  • 急に電波が繋がらなくなることがある

といった通信サービスとして致命的なデメリットもあります。

特にソフトバンクAirについては悪評が多く、

正直に言うと乗り換え先としてあまりオススメできないのが現状です。

ただしモバレコAir=ソフトバンクAirというわけではないので、もしかしたら通信性能が改善されているかもしれません...

補足
紹介した3つの通信サービスが、必ずしも案内されるとは限りません。

いつでも解約サポートを利用する流れ

次に、いつでも解約サポートを利用した解約・乗り換え手続きについて紹介します。

STEP1 どんなときもWiFiサポートへ連絡する

初めに、どんなときもWiFiサポートへ電話連絡します。

電話番号備考
0120-320-146
(通話無料)
【営業時間】 10:00~19:00
日曜日休み

いつもで解約サポートの電話番号はフリーダイヤルとなっており通話料が無料です。

いつでも解約サポートを利用するための最低利用期限はないため、いつでも気軽に相談できるのがうれしいですね。

電話で解約したい事情を話すと、相談者の環境に応じた乗り換え先を提案してくれます。

相談のうえ提案された乗り換え先のインターネットサービスに同意できたら、株式会社グッド・ラックによる乗り換え手続きが開始されます。

STEP2 どんなときもWiFiから乗り換える手続きを行う

次に、どんなときもWiFiからの乗り換える手続きを行います。

乗り換え先が、

  • モバイルルーターサービスか
  • 固定回線サービスか
で手続き内容が少し異なります。

モバイルルーターサービスへ乗り換える場合

別のモバイルルーターサービスへ乗り換える場合は、新しいサービスの開通が確認できた段階で、どんなときもWiFiのモバイルルーターサービスが解約されます。

なお、いつでも解約サポートを利用したモバイルルーターサービスへの乗り換えであれば、2年以内であっても契約解除料となる違約金は発生しません。

固定回線サービスへ乗り換える場合

固定回線サービスに乗り換える場合は、

  1. どんなときもWiFi解約の申請を行って
  2. 固定回線へ申し込んで
  3. 開通工事が終わったら
  4. どんなときもWiFiが解約される

といった流れで行われます。

申し込んだ固定回線が開通したら、次の電話窓口(いつでも解約サポート窓口)へ解約したい旨の電話をしてください。

電話番号備考
0120-320-146
(通話無料)
【営業時間】 10:00~19:00
日曜日休み

固定回線の開通が確認でき次第、どんなときもWiFiの解約手続きをしてくれます。

STEP3 どんなときもWiFiの端末等を返却

最後に、どんなときもWiFiの解約手続き完了後、端末一式の返却を済ませます。

【返却必須の端末一式】

  • Wi-Fi端末本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書(重要説明事項、ルーターの設定方法等)
  • 個包装されていたパッケージ
どんなときもWiFi端末一式の展開
返却先住所返却期限
〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F
グッドラックサポートセンター宛
解約月の翌月5日まで

気をつけたいのは端末や電源ケーブルなど、一部でも欠品することで機器損害金として18,000円が発生してしまうこと。

漏れがないよう、しっかりと確認して返却するよう注意が必要です。

いつでも解約サポートを利用する際の注意事項

違約金0円で、他回線サービスへ乗り換えることができるいつでも解約サポート

すでにいくつか紹介していますが、サポートの利用には注意すべきポイントもあります。

解約違約金免除のみ!事務手数料は発生する

いつでも解約サポートで解約時に0円になるのは、どんなときもWiFiの契約解除料(違約金)のみです。

契約期間違約金(税抜)
0〜12ヶ月19,000円
13~24か月目14,000円
26か月目〜9,500円

そのため、乗り換え先の新規サービス申込みのために発生する事務手数料や初期費用は免除されません

また違約金の免除は、どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート窓口」にて申込みした場合に適用されます。

いつでも解約サポート後の1年間はどんなときもWiFi契約に戻せない

どんなときもWiFiの解約・乗り換えに、「いつでも解約サポート」を利用した場合は、その後1年間は元々契約していた「どんなときもWiFi」に戻ることはできません

つまり、いつでも解約サポート利用後の1年未満に「どんなときもWiFi」をもう一度利用したい場合は、新規契約をし直す必要があるんですね。

新規契約の場合、2年定期契約として利用することになるので、よく考えてから申し込むことをオススメします。

乗り換え後の初期契約解除やエリアキャンセルはNG

どんなときもWiFiのいつでも解約サポートで乗り換えた先で、

  • 初期契約解除
  • エリアキャンセル
といったことがあると、免除された契約解除料が請求されてしまいます

本制度を利用して新たに契約したサービスを、初期契約解除またはエリアキャンセルにてキャンセルした場合、お乗換え時に免除した違約金を請求させていただきます。

【引用】 いつでも解約サポートお申し込み時のご注意

乗り換え先のインターネットサービスを利用することが、どんなときもWiFiの契約解除料を免除する条件です。

安易に乗り換え先を決めず、いつでも解約サポート窓口にて、

  • 通信速度
  • 通信エリア
  • データ容量制限
  • 通信障害の有無
  • サポートの詳細
といった、乗り換え先の回線サービス詳細をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

解約までに未開通の場合は一度違約金が発生する

どんなときもWiFiの解約までに、新しいインターネットサービスが開通しない場合は、一度契約解除料を負担する必要が出てきますのでご注意ください。

ただこの場合は、開通を確認できさえすれば、負担した契約解除料はキャッシュバックされます。

乗り換え先のサービスがポケットWiFiやモバレコAirなどであれば、開通工事は不要のため違約金の支払いはしなくて済むでしょう。

補足
基本的に新規光回線サービスに申し込んでから開通工事が始まる期間は約2週間程度です。

サポート利用時も端末一式の返却が必要

先述しましたが、いつでも解約サポートを利用して解約する場合も、必ず返却期日までに端末一式を返却する必要があります

忘れてしまわないよう、解約手続きが済んだらすぐに端末の返却を済ませてしまうと良いでしょう。

特に注意してほしいのは、

  • 端末を返却しなかった
  • 返却物に不足があった
  • 返却した端末が故障していた

以上のようなケースでは、機器損害金18,000円を請求されてしまいます。

さらに機器損害金は、いつでも解約サポートのサービス対象ではありません。

解約で無駄な出費をしないためにも注意が必要です。

まとめ

今回は、どんなときもWiFiのいつでも解約サポートについて、詳しくご紹介しました。

契約期間に縛りがあると、うっかり自分に合わない契約をしてしまった場合に、がっかりしてしまいますよね。

自分に合うか合わないかは、実際に使い始めてみないとわからないことも多いのではないでしょうか。

そんなとき、いつでも解約サポートのようなサービスがあると救われます。

どんなときもWiFiを解約する前に、いつでも解約サポートの窓口に相談してみてはいかがでしょうか。