どんなときもWi-Fiの解約ちょっと待った!違約金や更新月を知っておこう

どんなときもWiFiについて、

  • 更新月がいつか分からない
  • 違約金がどれだけかかるか知らない
  • 専用の乗り換えサポートを知らない
このうち1つでもよく分かっていない部分があれば、解約はちょっと待ったほうが良いでしょう。

実はどんなときもWiFiには、更新月や違約金を意識せずにスムーズに解約できるシステムが存在するんですよね。

そんなうまい話ほんとにあるのかしら...

そこでこの記事では、どんなときもWiFiの違約金・更新月・乗り換えサポートサービスについて詳しく紹介していきます!

どんなときもWiFiを解約する前に違約金と更新月を理解しておこう

どんなときもWiFiに限らず、インターネット通信サービスに申し込むと、

  • 定期契約なし
  • 定期契約あり

といった2通りの契約体系から好きな方を選ぶことができます。

ただし、定期契約なしは定期契約ありに比べて月額料金が割高なため、多くの人が「定期契約あり」で通信サービスに申しこんでいるのが実情です。

どんなときもWiFiは、このうち「定期契約あり」が基本的な契約体系となっているため、契約と同時に違約金や更新月が定められてきます。

では、どんなときもWiFiの違約金が発生する定義とはどんな条件なのでしょうか。

どんなときもWiFiの違約金とは契約期間中に解約した契約解除料のこと

どんなときもWiFiの契約は基本的に、2年間(24か月)の定期契約です。

どんなときもWiFiの最低利用期間

【引用】どんなときもWiFi -契約・更新・解約について

この2年間の契約期間中に解約を行うことで、契約解除料として発生するのがどんなときもWiFiの違約金です。

どんなときもWiFiの違約金の内訳は、契約期間の長さによって3段階に分けられます。

契約期間違約金(税抜)
0〜12ヶ月19,000円
13~24か月目14,000円
26か月目〜9,500円

まとめると、

  1. 契約から1年未満に解約すると最大19,000円、
  2. 1年以上2年未満の解約でも14,000円
  3. 2年目以降は9,500円

といった違約金が発生することが分かります。

さらに、通信サービス特有の解約時の注意点があります。

どんなときもWiFi端末の未返却による違約金に注意!

どんなときもWiFiを解約する際の注意点として、WiFi端末の未返却でも違約金が発生することです。

というのも、光回線サービスなどルーターをレンタルしているサービスでは、基本的に返却が前提となっており、どんなときもWiFiも例外ではないんですよね。

どんなときもWiFiの端末返却内容は、

  1. どんなときもWiFiの指定の宛先へ
  2. 端末一式
  3. 解約月の翌月5日までに返却する
といった内容です。

返却先住所返却期限
〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F
グッドラックサポートセンター宛
解約月の翌月5日まで

もし、返却内容に欠品があれば機器損害金として18,000円(税抜)が違約金と別に発生してしまうので注意が必要です。

えw 違約金以外にも損害金なんてあるんだ...!

「翌月5日までに返却」や「欠品」内容について、詳しく解説します。

解約月の翌月5日までに端末一式の返却が必要

どんなときもWiFiを解約する際の、端末一式の返却期限は「解約月の翌月5日まで」となっています。

というのも解約の受付は毎月25日までとなっており、例えば5月24日に解約したら返却先には

6月5日までに端末一式が着荷
していないと機器損害金が発生してしまう仕組みです。

システム〆日の都合上、解約受付は毎月25日(非営業日の場合、翌営業日 ※お電話で申請の場合のみ)までとなっており、解約月はご連絡いただいた当月となります。
26日以降はシステム〆日の都合上、解約受付を承ることが出来ません。翌月1日以降にご連絡いただきますようお願いいたします。

【引用】どんなときもWiFi -解約までの流れ

解約月の翌月5日までに返却を忘れずに行うように、カレンダーアプリなどにメモしておくと良いでしょう。

返却する端末一式の内訳を記します。

【返却必須の端末一式】

  • Wi-Fi端末本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書(重要説明事項、ルーターの設定方法等)
  • 個包装されていたパッケージ

基本的に受取時に梱包されていた一式を、そのまま返却すれば問題ありません。

解約時の送料は着払いではなく、利用者負担となります。
USBケーブルとか私物もあるから、一緒に入ってたのをちゃんと返却しないとね。

しかし返送中に機器が故障してしまった場合でも、機器損害金が発生することがあります。

返却時の故障や欠品は機器損害金が発生する

上記の返却期限内にWi-Fi機器を返却した場合でも、故障が確認されれば弁償金として18,000円が必要となることがあります。

ただしオプションサービスである、「あんしん補償」に加入している場合はこの限りではありません。

また端末返却時に故障が疑われる際は、基本的にはルーターU2sの製造メーカーで調査が行われるため、すぐに代償が発生するわけでもありません。

しかし、故障のトラブルに見舞われないよう返却の際は、緩衝材などを詰めて梱包しておくことをオススメします。

次に、どんなときもWiFiの更新月の期間について詳しく見ていきます。

どんなときもWiFiの更新月は契約から25ヶ月目のこと

どんなときもWiFiの更新月は、契約してから25か月目の1か月間を指します。

そもそも更新月とは、サービスの契約について

  1. 継続するか
  2. 解約するか
どちらかを検討する期間のこと。

例えば、ドコモでは2019年度から全通信サービスの更新月が2か月から3か月へ変わり、話題となりました。

サービスの継続を検討する期間が他サービスと比較して1か月と短いのは、どんなときもWiFiのデメリットと言えるべき部分でしょう。

ここまでどんなときもWiFiの違約金や更新月、機器損害金などいろいろな決まりを紹介しました。

しかし解約するサービスに

  1. 違約金で1~2万円
  2. さらに端末の返却漏れで18,000円
合計3万円以上を支払うと思うと、なかなかの痛手ですよね...

なんで解約するのに、こんなに多く支払わなきゃいけないの!

そこで違約金を払わずにどんなときもWiFiを解約する方法を2つ、紹介します。

違約金0円でどんなときもWiFiを解約する2つの方法

どんなときもWiFiを違約金0円で解約する方法は主に以下2つ。

  1. 25か月目の更新月を狙う方法
  2. いつでも解約サポート利用する方法
それぞれ説明します。

1. 更新月を狙って解約する

どんなときもWiFiでは契約から「25か月目となる更新月」の間に解約を行うことで、解約金を0円にすることができます。

ただ2年後の1か月間だけの更新月なんて忘れちゃいますよね。

更新月を覚えてる自信ないわ...

そこで、どんなときもWiFiでは更新月の2か月前から、登録しているメールアドレス宛へメール通知を行ってくれます。

更新月の2ヶ月前より、ご登録いただいてるメールアドレス宛へメール通知を行います。

【引用】どんなときもWiFi -解約について

特にどんなときもWiFiの月額料金は、

  • 1か月目~24か月目は2年割が適用されて3,480円
  • 25か月目以降は長期割が適用されて3,980円

といったように2年目以降は月額料金が500円ほど上がる仕様です。

そのためメール通知により、2か月前から余裕を持って継続か解約か検討することができるのは、うれしい限りですね。

2. いつでも解約サポートを利用する

どんなときもWiFiの解約するときに違約金を0円にする、もう1つの方法が「いつでも解約サポート」を利用する方法です。

どんなときもWiFiいつでも解約サポート

【出典】どんなときもWiFi -いつでも解約サポート

どんなときもWiFiのいつでも解約サポートとは、どんなときもWiFiのサポートの元、違約金0円で他社ネット回線へ乗り換えることができる画期的なサービスです。

たとえば、

  • どんなときもWiFiの通信速度が満足できなかった
  • 実は固定回線の方が良かった

といった悩みに応じて、どんなときもWiFiが最適な通信サービスを紹介してくれます。

ただしいつでも解約サポートを利用すると、1年以内の再利用はできなくなります

それでも

  • 違約金なしで乗り換えできる
  • 契約後いつでも解約サポートを受けることができる
  • 自分にぴったりな通信回線を提案してもらえる

といったことを踏まえると、ぜひ解約の際に検討したいサービスと言えるでしょう。

2019年7月時点、乗り換え先の候補となる通信サービスは公表されていません。

どんなときもWiFiを解約する3ステップ

解約時の違約金や、Wi-Fi端末の返却が必要なことを理解した上で、それでもやはりどんな時もWi-Fiを解約したい場合は、以下の3つのステップに沿って解約手続きを行うことになります。

STEP1. 解約日を確認する

どんなときもWiFiを解約するにはまず、解約する日にちを確認します。

先述しましたが、どんなときもWiFiについては

  • 解約受付は毎月25日まで
  • 26日以降は翌月1日以降の解約受付
といった仕様になっています。

例えば、どんなときもWiFiの解約申請日が、月の26日〜31日に該当する場合は翌月以降に再度連絡しなければなりません。

また解約の申請を25日に行った場合、翌月の5日までに端末一式の返却(必着)が必要です。

端末の返却期間や申請が二度手間とならないよう、解約申請日は月の15〜20日頃に行うことをオススメします。

STEP2. 解約の申請を行う

次に、どんなときもWiFiの解約申請を行います。

申請方法は

  1. グッドラックサポートセンターへ連絡する
  2. 契約解除申請フォームから行う
といった2通りの方法があります。

グッドラックサポートセンターへ連絡して申請する方法

グッドラックサポートセンターの電話番号は以下のとおりです。

グッドラックサポートセンター受付
0120-048-277【受付時間】11:00〜18:00
【受付日】月〜土(年末年始は除く)

サポートセンターへ連絡したら、担当オペレーターへ解約の旨を伝えます。

どんなときもWiFiの契約内容を確認し、解約の処理が行われます。

電話連絡の場合は電話のみで解約の受付は完了します。

契約解除申請フォームから手続きする方法

どんなときもWiFiを契約解除申請フォームから解約を行う場合は、以下URLへログインします。

お客様ページログイン

次に契約解除申請フォームが表示されるので、必要事項を入力し送信します。

解約の受付完了メールが来て解約の処理が行われます。

例外として、

  • 入力内容に不備がある
  • 複数台契約をしている
といった場合、グッドラックサポートセンターから折り返し連絡がくることがあります。

※ご契約内容に不備がある場合や複数台契約の場合のみ、弊社よりご確認のお電話をいたします。

【引用】どんなときもWiFi -解除の受付をする

STEP3. 端末の返却を行う

最後にどんなときもWiFiの端末一式を以下宛先へ返却します。

返却先住所返却期限
〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F
グッドラックサポートセンター宛
解約月の翌月5日まで

基本的には、解約申請した後に届くメールに、レンタルしているWi-Fi端末の

  • 返却住所
  • 返却期限
  • 端末未返却時の違約金
について案内がくるので、一度目を通してから返却を行うと確実です。

特に何も考えずに解約を行ってしまうと

  • 更新月以外では契約解除料9,500~19,000円が発生すること
  • 端末未返却による機器損害金18,000円がかかること
  • 端末故障による弁償金18,000円がかかるかもしれないこと

など、思わぬ出費がかさむことにつながります。

想定外の出費を抑えるためにも、まずはどんなときもWiFiの解約日や更新月を把握して、解約申請をしたらすぐに端末一式を返却・発送すると良いでしょう。

記事のまとめ

今回はどんなときもWiFiの解約の前に知っておきたい、

  • 違約金の内訳
  • 更新月の期間
  • 専用の乗り換えサポートの詳細

について紹介しました。

2019年3月に発表された通信サービスではありますが、すでに解約を検討されている方に、本記事が参考になるとうれしいです ^^