【どんなときもWiFi】対応エリアの確認方法!エリア外だった時の対策3つ

どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの通信網に対応した画期的なモバイルWi-Fiの通信サービスです。

しかし、どんなときもWiFiの公式ページでは対応エリアのURLは公表されていないため、どのように対応エリアについて確認すれば良いのか分からないんですよね。

どんなときもWiFiって、どうやって対応エリアを調べれば良いのかしら...

そこでこの記事では、どんなときもWiFi対応エリアの確認方法や、エリア外だった時の対策3つを詳しく紹介していきます!

どんなときもWiFiで対応エリアを確認する方法

どんなときもWiFiでは、利用している場所に応じてドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアの中から、最適な回線を自動で選んで接続してくれます

というのも、クラウドサーバーと呼ばれるたくさんのSIMカードを用意した場所から、最適なSIMを割り当てる「クラウドSIM」という仕組みを採用しているから。

そのため、どんなときもWiFiの対応エリアはドコモ・au・ソフトバンク各キャリアの公式ページへアクセスし、調べたいエリアを検索すれば確認できます。

ドコモの通信エリアを調べる手順

ドコモの通信エリアは以下リンクから調べることができます。

「住所で検索」と「都道府県で検索」から調べたいエリアを検索します。

ドコモのサービスエリア検索

【出典】docomo -通信・エリア

住所で検索は、調べたい市や町の名前(一部でもOK)を入力すると、検索窓の下に候補となる住所が表示されるので、それをクリックすると対応エリアのマップが表示されます。

市や町の名前だけでなくもっと細かい地名でも検索できますし、施設や建物の名前でも検索できます。

今から出かける施設が対応エリア内か調べたいけど、住所が分からないという時でも検索できるので便利です。

都道府県で検索は、調べたい都道府県をクリックすると、その都道府県の県庁所在地など中心的なエリアが自動で表示されるので、調べたいエリアまで地図をスクロールして確認することが可能です。

ドコモ通信エリア都道府県から検索

【出典】docomo -通信・エリア

住所を検索して対応エリアマップを開くと、対応エリアがピンクやオレンジなどの色で塗られています。

またスマホ・iPhoneなど分けて調べることができ、PREMIUM 4G対応かどうかも確認することができ、非常に便利なサイトです。

auの通信エリアを調べる手順

auの通信エリアは以下リンクから調べることができます。

検索は郵便番号・住所・建物や施設名などを入力して調べます。

au通信エリアを郵便番号・住所・キーワードから確認する

【出典】au -エリア

施設名は例えば「東京駅」「草津温泉」などと入力すると、そこの住所が表示されます。

調べたいエリアの住所が分からない場合は、建物や施設名で検索するとよいでしょう。

都道府県検索はまず関東・関西などの地域名をクリックして、次に都道府県を選んでください。

au通信エリアを地図から確認する

【出典】au -エリア

エリアマップは4G LTE・WiMAX2+・3G対応エリアを見ることが可能です。

それぞれの対応エリアがピンクや黄色などに色分けされて表示され、

  • 3Gの場合はWIN HIGH SPEEDに対応しているか
  • 今後対応予定のエリアなども表示される
といったことを考慮すると、auサービスを利用している人は一度確認しておくことをオススメします。

ソフトバンクの通信エリアを調べる手順

ソフトバンクの通信エリアは以下リンクから調べることができます。

使い方ですが、

  1. 製品カテゴリーをスマホ・iPhoneなどから選択
  2. メーカーと機種名を選択
  3. 画面右の地図から検索したい都道府県を選択
といった手順で行います。

ソフトバンクで利用している製品を選択する

【出典】SoftBank -サービスエリア

するとエリアのマップが表示され、SoftBank 4G / SoftBank 4G LTE・SoftBank 3G対応エリアが色分けされて表示されます。

ソフトバンクの通信エリアをMAPで確認

【出典】SoftBank -サービスエリア

以上のように、ソフトバンクの通信エリア検索は、機種ごとに細かく調べられるので非常に便利なんですよね。

ソフトバンクユーザーは、一度利用してみることをオススメします。

どんなときもWiFiがエリア外だった時の3つの対策

ここまで、どんなときもWiFiの対応エリアを確認する方法について紹介しました。

しかしトリプルキャリアの通信網に対応しているとはいえ、電波が繋がらなくなることも。

そこで、どんなときもWiFiがエリア外だった時に行いたいオススメの対策を3つ紹介します。

1. ルーターの再起動を行う

どんなときもWiFiの電波が入らない時の対策として、ルーターの再起動をオススメします。

というのも、どんなときもWiFiを再起動することで再び電波の最適化を図ることができるからです。

外出先でルーターの再起動を行う方法

どんなときもWiFiのルーターは、電源ボタンを18秒間押し続けることで再起動ができます。

具体的には、

  • 電源ボタンを3秒押すと電源オン
  • 5秒押すと電源オフ
  • 18秒押すと再起動
といった長押しの秒数の違いで、ルーターを操作することが可能です。

どんなときもWiFiルーターU2sの電源ボタン

【出典】GLOCALNET-U2s

ちなみに電源ボタンはルーター本体の側面にある細長いボタンで、隣の小さいボタンは初期化ボタンです。

ルーターを再起動する方法は、自宅でWi-Fiがつながらなくなった時にもよく使える手なので覚えておくとよいでしょう。

自宅でルーターを再起動する手順

自宅でどんなときもWiFiのルーターを再起動する場合、

  1. 一度電源を切ってACアダプターを抜く
  2. しばらく(10秒くらい)待ってから再起動する
といった手順を踏むことで、電波の入りが良くなりやすいです。

理由として、

  • 一旦電源を切ることで熱が放出されるから
  • アクセスログが消去されることで不調が解消される

といったことが考えられます。

もしどんなときもWiFiのルーターが非常に熱い時は、電源を切って端末を冷ますことをオススメします。

その場合はルーターをいきなり再起動するのではなく、一旦電源を切ってしばらく置いて熱を放出してから、あらためて起動し直すとよいでしょう。

2. 同時接続台数を減らす

対策の2つめは同時にWi-Fi接続する台数を減らすこと。

どんなときもWiFiの同時接続台数は最大5台です。

ただしどんなときもWiFiのルーターU2sにはディスプレイがないため、同時接続台数が見えないんですね。

特に自宅で光回線サービスの代わりに利用すると、多くの端末と同時接続することが考えられます。

また外出先でもPCやタブレット、スマホやゲーム機など同時接続を行うとあっという間に最大接続台数に達してしまいます。

そのため使わないタブレットはWi-Fi通信をオフにしておくなど、利用する端末の頻度で設定を変えておくこと良いでしょう。

3. Wi-Fiのフリースポットを利用する

どんなときもWiFiが通信できないときの対策として3つめは、Wi-Fiのフリースポットを利用することです。

以下画像のようなイメージが貼り付けられている場所が、フリースポットとして提供されています。

FREE Wi-Fiスポットのイメージ

フリースポットは全国のカフェやコンビニ、公共交通機関などに設置されており、同時にパスワードなども表示されているので探してみると良いでしょう。

Wi-Fiのフリースポットを検索する方法

しかし、Wi-Fiのフリースポットのマークがあるお店を1つ1つ回って確かめるのは現実的ではありません。

そこで裏ワザ。

実はフリースポットは、各キャリアの公式サイトから検索することが可能です。

上記サイトでは、全国でフリースポットまでの地図も表示されており、すぐに活用することが可能です。

各キャリアのフリースポットがすぐに分かるので、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

Wi-Fiフリースポットにつながるアプリを活用する

各キャリアのWi-Fiフリースポットを検索するのが面倒であれば、Wi-Fiのフリースポットに自動接続してくれるアプリを利用すると良いでしょう。

タウンWiFi

タウンWiFiは35万箇所以上あるフリースポットに自動接続してくれるアプリで、WiFiプロテクトを使うことでセキュリティも担保してくれます。

またマップ機能も備わっており、近くのWi-Fiスポットをすぐに確認することが可能です。

  • アップデートが頻繁に行われていること
  • 500万ダウンロードされている実績

といったこともふまえ、スマホに入れておくべきアプリと言えます。

外出時の緊急のWi-Fiスポットを探すときに、きっと役に立ってくれることでしょう。

フリースポットを設置してほしい場所があれば、タウンWiFiからWi-Fi設置のリクエストを送ることもできます。

Wi-Fiフリースポットを利用するときの注意点

ただしWi-Fiのフリースポットは、飲食店やコンビニで提供していることが多いため出費がかさむことがあります。

また

  • 無料の会員登録やログインが必要
  • 接続時間に制限がある

といった条件や規制が設けられていることもあり、利用の際には注意が必要です。

中には

  • Wi2 300(月額362円)

といった有料のWi-Fiフリースポット提供サービスもあるので、外出が多いときは利用してみると良いでしょう。

まとめ

どんなときもWiFiはドコモ・ソフトバンク・auの回線を使っているので、対応エリアも各キャリアに準ずることになります。

もしどんなときもWiFiの電波がエリア外になってしまったときは、

  • ルーターを再起動を試す
  • 同時接続台数を減らす
  • Wi-Fiのフリースポットを利用する

といったことを行ってみると良いでしょう。

ぜひどんなときもWi-Fiを利用して、快適なインターネット通信を楽しんでください。