【徹底調査】容量シェアはUQモバイルでできるのか!?家族間とUQユーザー同士での違いを解説!

UQモバイルを家族で使ったり、周りの友だちとともに使ったりするにあたって、容量シェアを利用して費用を抑えられれば便利ですよね。

しかし結論から言うとUQモバイルで容量シェアは利用できません。

とはいえUQモバイルは月額料金が安価だったり、家族割があったりするので、キャリアから乗り換えれば安くスマホを使えるようになるため心配はありませんよ。

この記事では、UQモバイルで容量シェアはできるのか、そして容量シェア以外の通信量活用方法について解説します。

\ 現金最大13,000円キャッシュバック /

徹底調査!UQモバイルでデータシェアはできるの?

まずは、UQモバイルでデータ容量のシェアができるのか調べた結果から紹介します。

ドコモや他社格安SIMなどで容量シェアを活用していて、UQモバイルでも同じことができるのか知りたい方は参考にしてくださいね。

UQモバイルにはデータシェアサービスがない

UQモバイルには、データシェアサービスが提供されていません。

データシェアとは1つのパケット契約を複数枚のSIMカードで利用するサービスで、例えば3回線契約するうちの主回線で5GBプランを契約すれば、残り2回線でも同じ5GBのパケットを共有して使えるしくみです。

大手キャリアの場合、ドコモでは家族利用者向けに容量シェアのプランが積極的に展開されているので、UQモバイルに乗り換えてからも同じようにデータシェアを使いたいと感じる方は多いかもしれませんね。

しかし、残念ながら、UQモバイルでデータシェアサービスは用意されていません。

家族間でもUQユーザー同士でも容量シェアは不可?

UQモバイルでは、家族間でなくUQモバイルを使うユーザー同士であっても容量シェアはできません。

楽天モバイルやmineoでは同じユーザー同士で容量シェアをできるサービスが多数展開されていますが、UQモバイルには残念ながらありません。

容量シェアをどうしても活用したい方は、他社格安SIMへの乗り換えを検討することとなるでしょう。

しかしながら、容量シェアサービスは本当に必要でしょうか?

データシェアって本当に必要?

データシェアサービスを利用したい理由が「料金が下がるから」だったのであれば、UQモバイルで容量シェアができないことは全く問題ありません。

UQモバイルは格安SIMであるため、データをシェアできなかったところでキャリアより料金は割安ですよ。

UQモバイルの毎月最大9GB使える「おしゃべりプランM」を3回線契約する場合と、ドコモの「ベーシックシェアパック」において最大15GBを共有できる「ステップ3」を3回線で利用する場合の料金を比較表にまとめてみました。

各プランUQモバイル・おしゃべりプラン×3回線ドコモ・ベーシックシェアパックステップ3×3回線
かけ放題(5分、税抜)1年目:2,980×3=8,940円

2年目~:3,980×3=11,940円

1,700×3=5,100円
データ容量(税抜)12,000円

シェアオプション500×2=1,000円

SPモード(税抜)300×3=900円
割引(税抜)家族割:-500×2=-1,000円なし
合計(税抜)1年目:7,940円

2年目~:10,940円

19,000円

以上のとおり、およそ8,000~11,000円ほどUQモバイルの方が割安なうえに、使える通信量もUQモバイルの方が12GB多くなります。

ここまで料金設定に違いが出るなら、容量シェアがなくてもそれほど気にならないのではないでしょうか。

UQモバイルには最大3GB使えて月額1,980~2,980円(税抜)の「おしゃべり/ぴったりプランS」や、月3GB・かけ放題なしで月額1,680円(税抜)の「データ高速+音声通話プラン」もあります。

家族や同じUQモバイルを使う仲間のそれぞれが自分に合う容量を契約すれば、料金を徹底的に節約できますよ。

「子供の使いすぎを防ぐために、容量シェアで通信量を制限したかった」といった場合でも、スマホの機能で通信量の上限を設定したり、月額380円(税抜)の家族みまもりパックで子供のスマホ利用をチェックしたりすればOKですよ。

覚えておきたいデータシェアのデメリット

データシェアには、デメリットもあります。

1人がたくさん使いすぎて通信制限にかかってしまうと、容量をシェアしている他のユーザーも巻き添えで通信制限にかかってしまうことです。

家族の誰かが使いすぎて、他の家族もみんな通信制限にかかった経験がある方も多いのではないでしょうか。

UQモバイルならデータシェアがないので、「速度制限の巻き添え」というデメリットが解消されますよ。

そしてシェアサービスのないUQモバイルですが、実は家族で申し込む決定的なメリットがあるので、引き続き解説します。

家族間でUQ同士だったら「UQ家族割」がオススメ!

UQモバイルには、家族で契約する場合2回線目以降は月額500円(税抜)の割引を受けられる「UQ家族割」が用意されています。

1回線目は割引を適用できないことに注意が必要ですが、複数の回線をUQモバイルで契約している場合、もれなく2回線目以降は割安で使えるので、おトクです。

ただし、家族割を適用できるのはおしゃべりプランまたはぴったりプランに限られることに注意してくださいね。

契約者が同じでも2回線目以降は500円(税抜)引きで使える

UQ家族割は、契約者が同じ回線複数個であっても割引を適用できます。

一人でスマホを仕事用・プライベート用などで運用している方や、親権者名義で契約した回線を子供に使わせる方でも、割引を利用しておトクにUQモバイルを使えるので安心ですね。

2018年12月から基本データ容量が2倍に増える

UQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプランは、元々月々最大2~14GBだったので、人によっては通信量が足りないこともありました。

しかし、2018年12月からは基本データ容量自体が2~14GBとなり、さらに2年間無料の増量オプションにより、+1~7GBで合計毎月最大3~21GBも使えるようになります。

通信量が大きく増えるので、大容量プランの容量シェアなどを行えなくても、通信量に困ってしまうことは減りますよ。

なお、2018年11月までにUQモバイルを使う場合でも、無料でデータチャージできる容量を増やすことにより、12月以降と同じく毎月最大3~21GB通信できるようになっているので、今から契約するとしてもたくさん通信できます。

パケットが余っても繰り越せるから大丈夫

UQモバイルで使うプランの容量が多いと感じる場合でも、パケットを繰り越せるので心配ありません。

基本データ容量は翌月末まで、追加チャージを行って増やした容量は最後の追加チャージから90日間使えるので、パケットを無駄にしづらいのもUQモバイルの魅力ですよ。

まとめ

今回は、UQモバイルにおける容量シェアサービスの有無について解説しました。

  • UQモバイルには、家族やユーザー同士で容量をシェアできるサービスがない
  • UQモバイルは料金設定が安価なので、容量シェアがなくてもスマホ代は下がる
  • 家族割を利用すれば、2回線目以降の月額料金を500円引きにできる
  • UQモバイルでは、2018年10月現在基本データ容量の3倍通信可能、12月以降も同容量を使える
UQモバイルの料金プランをチェックして、家族や同じくUQモバイルを使う人それぞれが自分に合う容量を選択・活用してみてはどうでしょうか。