UQモバイルの契約ちょっと待った!契約期間の縛りなど事前に確認するべきデメリット

UQモバイルの契約、

ちょっと待ってください。

あなたはUQモバイルのデメリットについて

2年目以降の月額料金の変化 

選べる回線の種類

テザリングの制約
などきちんと理解していますか?

1つでも不安に思う部分があれば後悔しないためにもぜひ、この記事を読み進めてみてください。

\ 現金最大10,000円キャッシュバック /

UQモバイルのデメリットを知っておかないと後が大変?

UQモバイルのデメリットを知らずに申し込みを行うと最悪の場合、契約できない可能性があります。

そこで先ずはUQモバイルについての、

料金面のデメリット
契約時のデメリット
機種選択時のデメリット

など各項目でまとめましたのでご参照ください。

UQモバイル料金面でのデメリット2つ

UQモバイルは料金に関してデメリットがあります。

① 基本料金が他格安SIMより高め!

UQモバイルが他社の格安SIMと比べるとやや高めの料金設定です。

実際にUQモバイルの基本料金が「高い」と感じている意見がネット上では複数見受けられました。

UQモバイルの価格が高いというつぶやき

しかし実際にどれくらい価格が違うのでしょうか。

UQモバイルとmineoの月額料金を比較してみた

同じau回線を使っている「mineoAプラン」と「UQモバイルの3GBプラン」の月額料金を比較してみました。

契約年数mineo
Aプラン・3GB
UQモバイル
おしゃべりプランS
差額(月額)
1年目1510円1980円470円
2年目1510円2980円1470円

UQモバイルとmineoの料金比較グラフ

2年目はUQモバイルのほうが1000円以上も高いじゃん!
これには理由があるんだ。

見てのとおりmineoに比べてUQモバイルの方が、

  • 1年目は470円
  • 2年目以降は1,470円
割高です。

ただしmineo Aプランの標準料金プランには、UQモバイルのおしゃべりプランSで含まれる5分かけ放題が搭載されていません

mineoには10分かけ放題のオプションが月額850円(税抜)で展開されています。そのためオプション料金を足した状態で考えると差は縮まります。

UQモバイルとmineoを同じオプションで料金比較してみた

mineo
Aプラン・3GB
UQモバイル
おしゃべりプランS
月額料金(税抜)1,510円1年目:1,980円
2年目:2,980円
かけ放題オプション
月額料金(税抜)
850円(10分かけ放題)×(5分かけ放題が標準搭載)
合計(税抜)2,360円1,980~2,980円

かけ放題の分数はmineoの方が2倍ですが、1年目の月額料金はmineoよりUQモバイルの方が安くなりました。2年目の月額料金も、620円(税抜)にまで差額が縮まっていますね。

以上のとおり、基本料金は確かに他社の格安SIMの方が安上がりな傾向にあります。

しかしUQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランは通話オプションが標準搭載なので、電話をかける機会が多いなら差はそれほど大きくありません。

またUQモバイルではかけ放題なしの3GBプラン「データ高速+音声通話プラン」が月額1,680円(税抜)で展開されています。

そのためほとんど通話しないのであれば、さらに価格差は縮まります。

② UQモバイルは2年目以降の料金が増える?

UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランは、2年目以降の月額料金が1,000円(税抜)アップします。

1年目と2年目以降の月額料金の違いを表にまとめました。

プランSプランMプランL
1年目月額料金
(税抜)
1,980円2,980円4,980円
2年目以降月額料金
(税抜)
2,980円3,980円5,980円

以上のとおり、UQモバイルのおしゃべりプラン、ぴったりプランはどのプランを選んでも2年目から月額料金が上がります。

ただしその他のプランである「データ高速プラン」や「データ無制限プラン」などは一切料金が変わらないので、途中で料金が変わるのが面倒に感じる方は検討してみてくださいね。

3年目以降の通信量の変化にも注意!

UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランでは、3年目から月々の通信量が減ります。

理由は、初めの2年間だけデータが指定の容量分増量される月額500円(税抜)の「増量オプション」が無料で使えるからです。

2年目までと3年目以降の通信量の変化を表にしてみました。

プランSプランMプランL
2年間の
最大通信量
3GB9GB21GB
3年目以降の
標準通信量
2GB6GB14GB

UQモバイル3年目以降の料金の変化

ただし月額500円(税抜)を支払えば引き続き最大3~21GBでの通信ができます。

通信量を2年目までと3年目以降で変わらないままにしたい場合は「3年目からは月額料金が+500円」と覚えておけば良いですね。

UQモバイル契約時のデメリット4つ

UQモバイルは契約時に必ず知っておきたいデメリットがあります。

とくに契約期間には注意が必要です。

① 選択プランの数が少ない!

UQモバイルでは、選べる料金プランが限られています。

  1. 5分かけ放題を搭載するおしゃべりプランS(最大3GB)、M(最大9GB)、L(最大21GB)
  2. 最大60~180分の無料通話ができるぴったりプランS(最大3GB)、M(最大9GB)、L(最大21GB)
  3. 3GBの高速通信ができるデータ高速プラン(データ高速+音声通話プラン)
  4. 500kbpsで使い放題のデータ無制限プラン(データ無制限+音声通話プラン)
大きく分けて、以上の4種類のみです。

他社の場合データ容量について、たくさんの選択肢があります。5GBなどで月額のデータ容量を使い切りたい人にとって、UQモバイルの選択プランは少なく感じるかもしれません。

実際UQモバイルのプランの数が少ないという意見を述べている人もいます。

例えばmineoなら、

  • 500MBという少ない通信量
  • 30GBの大容量
のプランも選べます。

ただしUQモバイルは現在データ増量キャンペーンを行っており、今申し込めば月に使えるデータ容量が2年間2倍になります。

プランの選択肢は少ないのですがおトクなキャンペーンやキャッシュバックが充実しており、トータルでは他格安SIMサービスと料金は変わらない所感です。
[UQモバイル(代理店)_ボタン広告 txt="キャッシュバックを確認する"]

② 更新月以外の解約では違約金がかかる

UQモバイルの「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」は2年の縛りがあります

2年後の契約更新月以外に解約すると9,500円(税抜)の契約解除料がかかってしまうので注意しましょう。

2年間は他社へ気軽に乗り換えられないのはちょっと不便ですよね。

またデータ高速+音声通話プランや、データ無制限+音声通話プランには1年間の契約期間があります。

UQモバイルにおける全てのプランの契約期間と違約金を表にまとめてみました。

UQモバイル全プランの契約期間と発生する違約金

契約期間契約解除料(税抜)無料で解約できるタイミング
おしゃべりプラン
ぴったりプラン
2年間(自動更新)9,500円課金開始月を1ヶ月目として26ヶ月目(2018年1月に契約したら2020年の3月)
データ高速+音声通話プラン
データ無制限+音声通話プラン
1年間9,500円契約から13ヶ月目以降(2018年1月契約なら2019年1月以降)
データ高速プラン
データ無制限プラン
なしなしいつでも

おしゃべりプランやぴったりプランは自動更新です。

そのため契約更新月の1ヶ月間で解約しなければ再度2年契約がスタートしてしまいます。3年目に他社に乗り換える予定の方は注意が必要ですね。

「データ高速+音声通話プラン」や「データ無制限+音声通話プラン」は自動更新ではないので、1年間契約を続ければあとはいつでも無料で解約できます。

データSIMの「データ高速プラン」などは、そもそも契約期間自体が設定されていません。

UQモバイルを契約する際は後からトラブルが発生するのを避けるためにも、選んだプランの契約期間や契約解除料をしっかり確認しておきましょう。

③ 通信回線はauの4GLTEのみ!

UQモバイルの通信回線はauの4GLTE回線のみです。

auの3G回線には対応していないので、3G回線を使用しているスマホはUQモバイルでは使えません

そしてドコモやSoftBank回線もUQモバイルでは対応していないので、以下3点に注意が必要です。

  • 端末を使い回す場合SIMロックを解除しなければいけない
  • ドコモ、SoftBankとauでは通信で使う「周波数」が異なるので、相性が悪く使えない端末もある
  • ドコモ、SoftBankとauは通信エリアが異なるので、今まで使えていた場所で通信・通話できない場合がある

UQモバイルが扱っている周波数については詳しくはコチラの記事をご確認ください↓

UQモバイルのバンド(周波数)はあの回線!

ちなみに自宅等でUQモバイルのSIMカードを使って通信できるか心配な場合は「Try UQ mobile」のサービスにより、15日間端末やSIMカードを借りられます。

au回線のスマホを使ったことがないのであれば、「Try UQ mobile」を申し込んで試してみるのもオススメですね。

④ 申込み画面が分かりづらい?

UQモバイルを申し込むには以下の方法があるのですが、

インターネットからの申込み
UQスポットでの申込み
家電量販店などのUQモバイル取扱店舗での申込み
UQ公式サイトの申込み画面は仕様がわかりづらく、お世辞にも見やすいとは言えません。

UQモバイルの申込みページ↓(キャプチャ)
UQモバイル申込み画面のキャプチャ
なんだか細かくて見づらいな……

ネット契約の場合、キャリアのようにお店で担当者の方が手続きを進めてくれるわけではありません。実態がない状態で契約が進むことに抵抗がある人もいるでしょう。

そのため使い勝手が悪い申込み画面ではなかなか契約に進むことができないため、致命的なデメリットであるといえます。

UQモバイルの申込みづらさを解決!活用したいサービス

ネットからUQモバイルを申し込む場合、分からないことがある場合はUQ公式サポートからチャットを使って質問すると良いでしょう。

チャットで質問できるのか!
ロボットか、UQモバイルスタッフのチャットサポートがあるんだ。
でもチャットじゃ返信遅いんじゃない?
それが高速通信、いや高速返信なんだ。かなり細かい質問にもしっかり答えてくれるよ。

ロボットにチャット相談する手順

UQモバイルのロボットチャットは、24時間相談を受け付けてくれます。

手順1・UQお客様センターの画面を開く

UQお客様センター(UQmobile)

手順2・チャットで相談するをクリック
UQモバイルチャット相談申込み画面のキャプチャ
手順3・質問次項を記入して送信

以下画面が別ウィンドウで表示されるので、

UQモバイルチャット相談申込み画面のキャプチャ2

質問内容を入力して送信を押せばすぐに回答してくれます。

UQモバイルロボットチャットのGif

UQサポート窓口にチャットする手順

手順1・UQモバイルの申込みページを開く
手順2・画面の右下(か左下)に表示される下記画面をクリック。
UQモバイルサポートへのチャット案内のキャプチャ
手順3・チャット画面が表示されるので質問する

実際に質問してみると、かなりの速さで返信がありました。

UQモバイル問合せチャット対応GIF
5秒くらいで返信きた!はやっ!

実店舗で問い合わせができなくても素早い返信があれば、安心して問合せができますね。

UQモバイルをもしWEB上で申し込むなら正規代理店経由が超オススメ!

ネットで申し込むならUQモバイルの正規代理店から申し込むのが断然オススメです。

その理由はなんといっても

事務手数料(3240円)が無料に!
最大10,000円のキャッシュバックがもらえる!
というおトクな特典がついているから。

さらに操作画面が本当に分かりやすくほぼ迷いなく契約を進められます

というのも、画面表示が大きくプランを選択すれば自動で次のステップへ遷移してくれるから。

UQモバイル正規代理店申込みGIF

UQモバイルの公式ページより、

圧倒的に見やすく
申込みしやすいうえ
事務手数料やキャッシュバックもついてくる

ので理屈抜きでおトクです。

正規代理店の申込み画面を見てみる↓

UQモバイル端末のデメリット2つ(追記あり)

UQモバイルで扱っている端末関連のデメリットについてもまとめました。

また注意点もあります。

① 選べる機種が少ない!

2018年9月現在、UQモバイルでは以下の種類の端末が販売されています。

iPhone SE(4インチの小型端末)
iPhone 6s(4.7インチのiOS端末)
P20 lite(縦長大画面・コスパの高い性能・機能)
DIGNO A(防水・頑丈)
nova 2(インカメラ2,000万画素、カメラ性能充実)
AQUOS sense(防水、おサイフ対応、実質100円の激安端末)
arrows M04 PREMIUM(防水、おサイフ、ワンセグ対応)
DIGNO Phone(ガラケー)

以前は10種類以上のラインナップがありましたが、だいぶ少なくなりました。

おそらく選択肢が多すぎるとどれを選んでいいかわかりづらくなる、発売から日が経ったなどの理由で、ラインナップが少なくなったのでしょう。

選択肢は少ないですが手持ちの端末や、Apple Storeなどで市販されている端末をUQモバイルで使い回すことも可能です。

①の追記(2018年10月22日)選択できる機種が大幅に増えた!

2018年10月時点で再度調べ直したところ、選択できる機種が大幅に増えておりました。

アンドロイド端末について,

地震速報受取可否
カメラ画像数
バッテリー

などスペックを下記まとめました。

UQスマホ一覧のPDF

機種のスペックによってかなり画素数などに違いがあるので、ぜひ参考にしてください。

② テザリング非対応の端末がある

UQモバイルはオプション料金無しでテザリングを使えますが実はテザリング非対応の端末もあります

例えばiPhone XやiPhone 8シリーズ、iPhone 7シリーズは、テザリングに対応していません。

最新のiPhoneでテザリングが使えないことを知り、がっかりしている意見もありました。

テザリングをしたい場合は対応端末を用意する必要があるため、注意が必要です。

②の追記(2018年10月22日)iPhone7が公式でテザリング対応!

2018年10月以降、iPhone7とiPhone7 PlusがUQモバイルにて公式にテザリング対応しました。

iPhone7テザリング可

iPhone7 UQモバイルテザリングOKキャプチャ

iPhone7 Plusテザリング可

iPhone7Plus UQモバイルテザリングOKキャプチャ

iPhone7シリーズを持っている人は待望のテザリング対応ではないでしょうか?

また先のPDFに記載しましたが、UQスマホはすべての機種でテザリングが可能です。

しかも機種によっては月額100円(税抜き)から購入できるため、Wi-Fiルーターを別途準備しなくてもすぐにテザリング環境を整えることもできます。

さらに今のタイミングで契約すると、最大1万円以上のキャシュバックももらえます。

詳細はキャッシュバックキャンペーンから確認してください↓
[UQモバイル(代理店)_ボタン広告 txt="キャッシュバックはこちら"]

UQモバイルの端末は分割払いで購入できる!

UQモバイルの端末は24回の分割払いでも購入できます。

UQモバイルで動作確認済みの端末を必ず調べよう

UQモバイルでは手持ちの端末を使い回せますが、すべての端末が問題なく通信に対応しているとは限りません。

手持ちの端末をUQモバイルで使いたい場合は、必ず公式サイトの「動作確認端末一覧」から対応状況を確認しましょう。

僕が持っているdocomoのGalaxy Note 8で対応状況を調べてみた結果、以下の情報を知ることができました。

  • 申し込み時はマルチSIM(nano)を選択する
  • 動作確認されているOSはAndroid 7.1.1
  • データ通信、通話、SMS、メールサービス、テザリングに対応している
  • 使うにはSIMロック解除が必要
なお動作確認端末一覧に記載がないスマホは、通信や通話ができない可能性があります(できることもあります)。

確実に通信・通話できるとわかっていないと、後から対応するスマホを購入しなければいけないなど面倒なことになってしまいます。

必ず手持ちの端末が動作することを確認した上で契約するのがオススメです。

まとめ

UQモバイルのデメリットについて特に注意したいのは以下の3点ですね。

  • 契約更新月以外は解約時に9,500円(税抜)かかる!
  • おしゃべり・ぴったりプランは2年目以降は月額1,000円アップ!
  • おしゃべり・ぴったりプランは3年目から最大通信量が減る!
  • iPhone8以降はテザリングできない!

注意点や対処法を踏まえた上で、UQモバイルへの乗り換えをじっくり検討してみてくださいね。

今なら1ヶ月に使える容量が2倍以上に!?データ増量キャンペーン実施中!

【UQモバイル】キャッシュバックキャンペーン実施中

総務省の要請で現金キャッシュバックなどの特典が廃止される可能性があります。
1〜2ヶ月でキャッシュバックが受け取れます。ご利用はお早めにどうぞ!

データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

現金最大10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中
【予告なく終了する可能性があります】

  • 現金最大10,000円キャッシュバック
  • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
  • 通信速度が断トツに速い
  • 料金設定がわかりやすい&安い
  • 家族割でさらに安くできる
  • データ繰り越し可能
  • 【無料】WiFiスポットが使える
  • 選べる端末が豊富
  • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
  • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓