【不満をリセット】auの速度制限を解除するないしょの裏ワザ教えます

速度制限を受けるとインターネットの通信速度が一気に落ちてしまいます。

通信速度の制限を受けて読込が遅いジフ
動画の読込は遅くなり、少しの検索でさえ時間がかかってしまい、とてももどかしく感じるのは僕だけではないでしょう。

そこで今回はauの速度制限を解除するないしょの裏ワザをご紹介いたします。

\ 現金最大13,000円キャッシュバック /

auの速度制限が解除されるタイミングを知っておこう!

auでは、様々な原因で速度制限が発生しますが、基本的に通信量をたくさん使った時が、制限にかかりやすい要注意のタイミングです。

まずは、auの通信制限になってしまう理由や解除のタイミングを解説するので、ご覧ください。

auで速度制限になる2つの原因とは?

auでは2つの原因で速度制限がかかります。

  1. 月間データ通信量が契約している分を超えてしまった
  2. 直近3日間に6GB以上通信をした
auでは1GBや3GB、20GBなど、毎月契約しているプランごとの決められた通信量を使えますが、使い切ってしまうと速度が128kbpsに制限されてしまいます。

auピタットプランは使っている通信量分の利用料を毎月支払うしくみですが、上限が20GBに決まっているので、20GBになったタイミングで速度を制限されますよ。

auにおいて注意したいのは、前日までの直近3日間の通信量が6GBを超えてしまっていると、13時頃から速度が制限されることです。

例えば20GBプランを契約していて、たまたま1日に7GB通信したら、もれなく3日間の通信量上限が原因で速度を制限されてしまうので、注意してくださいね。

3日制限は翌日になれば解除されるの?

3日間の通信量が6GBを超えたせいで速度制限になった場合は、翌日になって直近3日間の通信量が6GB未満になれば制限が解除されます。

1日に10GBなど膨大な通信をしてしまった場合は数日の間制限が続く可能性もあるので、ご注意ください。

速度制限を解除するには追加チャージ?

auで契約している通信量を使い切ってしまった場合は、追加チャージをすることで速度制限を解除できます。

データの追加チャージ料金は以下のとおりです。

追加チャージ容量チャージ金額
0.5GB550円
1GB1,000円

追加チャージしたデータは62日間有効、月間データ容量から先に消費されるしくみです。

翌月にまた契約している通信量を使い切った時も、前月の追加チャージ容量が余っている場合は、追加チャージをしなくても大丈夫ですよ。

追加チャージはMy auやデジラアプリから行えるので、いつでも追加チャージできるように環境を整えておいてくださいね。

毎月1日は速度制限が解除されるタイミングなの?

通信量を使い切ってしまった時も、毎月1日になれば速度制限が解除されるので、再び高速通信ができますよ。

例えば残り1~3日くらいで1日になるなら、無理に追加チャージをせず、しばらく駅やコンビニなどの無料Wi-Fiスポットを活用して、やり過ごすのがオススメです。

通信量到達メールを設定してデータ容量0を回避しよう!

auで通信量をうっかり使い切ってしまうのを防ぐ手段としてオススメなのが、通信量が5%や1%以下になった時に知らせてくれるメールを設定しておくことです。

合わせてスマホの設定アプリで当月の通信量もチェックすれば、うまく通信量をやりくりして、速度制限の発生を防げますよ。

1日になっても速度制限が解除されないケースって?

auでは稀に1日になったのに速度制限が解除されないケースがあります。

しばらく待てば勝手に高速通信が復活する場合もありますが、速度制限が解除されない場合はどうすれば良いのでしょうか?

速度制限が解除されない時のないしょの裏ワザ

1日になったのに通信速度が高速に戻らない時は、以下の3つの方法を試してみることをオススメします。

  1. 一度電源を切り再起動する
  2. モバイルデータをオフにして5分ほど待ってオンに
  3. SIMカードを外して入れ直す

上記を行ってもどうしても速度が速くならない時は、以下の故障窓口へ問い合わせてみてください。

auお問い合わせサポート
TEL:0077-7042
受付時間:9:00~20:00

ここまではauの速度制限について解説してきました。

しかし実はauの速度制限後の速度はとても遅いといえます。頻繁に容量を使い切るのであれば、

  • au回線を使っていて
  • 速度制限後でもなお速い通信ができる

格安SIMへ乗り換えてしまった方が、コスパの面でもオススメです。

制限速度対決!auよりUQモバイルのほうが速い?

auの速度制限時の通信速度は128kbpsですが、実はau回線の格安SIM・UQモバイルの方がさらに速く通信できます。

もちろん月額料金自体が安いので、プラン自体を今より大きな容量に変更するのも可能です。

速度制限を受けた状態の、auとUQモバイルの通信速度を比較してみました。

通信制限を受けた速度をauとUQで比較!

auもUQモバイルも、契約している通信量を使い切れば速度制限にかかります。

制限中の通信速度をまとめたので、ご覧ください。

項目auUQモバイル
プラン種全プランデータ高速プランかけ放題プラン
通信速度(最大)128Kbps200Kbps300Kbps

今回比較して驚いたのは、速度制限中の通信速度に至ってはauよりUQモバイルの方が「2倍以上速い」ことです。

quとUQモバイルの速度制限中の通信速度比較グラフ

ネットサーフィンやSNSといった用途では、普段遣いと変わらない速度で操作できます。

動画再生もYouTubeを低画質(240px)で再生すると、全く途切れずに視聴が可能でした。

UQモバイルの通信制限モードで低画質youtubeを見たジフ

格安SIMでありながら速度制限中のUQモバイルの通信速度は、親元のauよりもかなり高速といえるでしょう。

UQモバイルなら速度を抑えて通信量の消費を防げる!?

UQモバイルでは、高速通信のデータ容量を使い切っていなくても、専用アプリを使って速度を最大300kbpsに変更できます。

300kbpsで通信している間は、高速通信量は消費されません。

あえて速度を絞って使うことで無駄な通信量の消費を防ぎ、動画再生やアプリのダウンロードなど速度が必要な場面で高速通信を効率よく使えます。

UQモバイルのデータは翌月に繰り越せるの?

UQモバイルの余ったデータ容量はauと同じく繰り越せますが、auは繰越分を当月のデータ容量を使い切ってからでなければ使えないのに対し、UQモバイルは先に繰越分を消費します。

繰越分を無駄にすることがないのも、UQモバイルの魅力です。

UQモバイルはau回線で高品質で速い!?

UQモバイルは3GBで月額1,980~2,980円(税抜)など、月額料金がauより安い格安SIMですが、回線はau回線が使われています。

auユーザーなら、今使っているスマホをそのまま使えます。

しかもUQモバイルは速度が速く、体感速度はauとほとんど変化がありません。もちろんau回線が使えるエリア内であれば問題なくUQモバイルは使えます。

UQモバイルでau電波が拾えているキャプチャ

UQモバイルは快適な通信をおトクに利用できて、さらに速度制限中も含めて速度は高速なので、至れり尽くせりですね。

3日間に6GBの制限はauもUQも共通

UQモバイルでもauと同じく3日間に6GB以上通信すると速度が制限されます

UQモバイルに乗り換える場合も3日間に6GB以上の通信はしないように気をつけてくださいね。

まとめ

この記事では、auの速度制限について解説しました。

  • auでは、契約している通信量を使い切ると月末まで速度が128kbpsになる
  • 直近3日間に6GB以上通信した場合も、終日制限がかかる
  • 追加チャージをすれば高速通信の残量が増えるので、再び高速通信できる
  • 1日に通信量高速に戻らない時は、再起動やSIMカードの抜き差しなどで対応できる
  • UQモバイルなら、速度制限中も速度が300kbps出るので、快適
auを活用する際は、速度制限にかからないよう気をつけながら使ってください。

必要に応じて、UQモバイルへ乗り換えるのもオススメですよ。

【UQモバイル】キャッシュバックキャンペーン実施中

総務省の要請で現金キャッシュバックなどの特典が廃止される可能性があります。
1〜2ヶ月でキャッシュバックが受け取れます。ご利用はお早めにどうぞ!

データ増量キャンペーンや、他者格安SIM事業者を軒並み上回る通信速度など、メリットが多いうちに利用を開始するのがオススメです。

現金最大13,000円キャッシュバックキャンペーン実施中
【予告なく終了する可能性があります】

  • 現金最大13,000円キャッシュバック
  • 今ならデータ増量オプションが2年間無料!
  • 通信速度が断トツに速い
  • 料金設定がわかりやすい&安い
  • 家族割でさらに安くできる
  • データ繰り越し可能
  • 【無料】WiFiスポットが使える
  • 選べる端末が豊富
  • 2018年 格安SIM 通信速度満足度ランキング 関東光回線 第1位 (価格.com)
  • 2018年 格安スマートフォンサービス 総合満足度 第1位 (J.D. POWER)

時間帯によっては1Mbps以下に速度が落ちる格安SIMサービスが多い中で、快適な通信速度を維持できる点が僕の決め手でした↓