ソフトバンク光を導入した理由 【5つの光回線サービスから検討した結果】

SoftBank光を導入した理由 【5つの光回線サービスから検討した結果】

YouTubeで動画を見ていて気がついたのですが、

ADSL(Yahoo! BB 12M)を使用している私の家はネット速度が遅すぎ!

さらに、Amazonや楽天で買い物するときも画像が開くまで時間がかかっていました。

ニュースサイトですらも読み込みが遅いんですよね…。

それでも、遅い回線をずっと使い続けていると、その速度に慣れてしまい、それほど不便に感じなくなってしまうものだから不思議なものです。

しかし、その「慣れ」が吹き飛ばされる出来事が発生しました。

友達の家に遊びに行ったときなんですが、何気なくPCでYahoo!ニュースを見ていたんです。

そうしたら、速いのなんの!

サクっとWebページが開きます。なんでこんなにネット接続がサクサクなのか聞いたところ、友人の家は光回線を使っているとのことでした。

私の家はADSLです。ADSLと光回線の差ってこんなにあるということが驚きでした。

帰宅後、自分のPCでYahoo!ニュースを見たのですが、表示が遅すぎてPCをブン投げたくなってしまいました(笑)

人間って一度良いものを味わってしまうと、それを忘れることができなくなるのかもしれませんね…。

今回の記事では、ADSLを使用していた私がソフトバンク光を導入したお話です。

光回線について調べたらたくさんあって悩んだ

早く光回線に変えたい...

先ほど書いた理由で、ADSLから光回線に変えたいと猛烈に思うようになったのです。

しかし、いざ検索エンジンで光回線について調べてみると、たくさんの会社があって、どこを選べばいいのか分からない状態になってしまいました。

住んでいる地域によっては対応してない光回線があったり、調べるのが結構大変でした。

光回線はどこが1番安いのか?回線は速くなる方がいいけど、そもそも会社によって何が違うのか? 疑問点が次から次へと出てきました。

ネットでの口コミの多さや、評判の良かった光回線は以下の5つでした。それが、

auひかり、NURO光、So-net 光コラボレーション、SoftBank光、ビッグローブ光

となります。

これらを徹底的に調べて比較してみました。

初期工事費、料金体系、速度、工事費と解約金などの比較

auひかり

料金体系

戸建て、マンションタイプの利用料金ですが、一戸建てが5,100円(税別)マンションタイプが3,800円(税別)となっています。

auひかりを契約し、毎月500円(税別)のauひかり電話、そしてauスマホとセットを申し込むことで、auスマートバリューが適用され、家族のauスマホ利用料が2年間それぞれ最大2,000円割引になります。

auひかりではプロバイダを選ぶことができるのですが、2017年7月現在、私が調べた限り、料金やキャッシュバック、サービス面で一番オススメできるものはSo-netだと断言できます。

So-net光(au ひかり)キャンペーン
  • So-net公式45,000円キャッシュバックキャンペーン
    & 月額料金1〜30ヶ月目まで750円(税別)割引 ※初月無料
  • 3年間月額利用料金3,500円2,980円(税別)〜 ※初月無料

    (1)か(2)のどちらか好きな方を選択できるキャンペーンとなっています。

  • auひかり 電話サービスが30ヶ月無料(通常毎月500円)
  • au端末を利用してれば、スマートバリューで最大毎月2,000円割引

※2017年5月にさらに安くなりました!

地域

さすが、KDDIの光回線は全国に広く対応しています。もちろん私が住んでいる札幌も対応しています。

人口カバー率90%を越えると言われているNTTフレッツ光には敵わないものの、auひかりの回線網も人口カバー率は70%を超えていると言われています。

速度

auひかりはフレッツ光系より高速と言われているようですが、明確な違いはないようです。

工事費と解約金

初期工事費の37,500円(税別)は「初期費用相当額割引」により実質無料となっています。

解約の場合に必要となる解約金は、契約更新月以外で9,500円(税別)と、さらに毎月分割されている工事費残額を一括で支払う必要があります。

NURO(ニューロ)光

NURO光を実際に導入して情報発信中
NURO光は当サイト内に専門サイトを作り、詳しく説明しているので、検討中の方は是非読んでください。
→ 「NURO光 徹底レビュー

料金体系

So-net社が提供する光回線サービスで、光コラボレーションの光回線サービスです回線使用料、プロバイダ料金、高速無線LAN、セキュリティサービス(カスペルスキー)が全部セットで月々4,743円(税別)となっています。マンションタイプは1,900円~2,500円(税別)となっていて、かなり安くなっています。ソフトバンクユーザーのスマホが、契約プランに応じて最大2,000円割引される「おうち割」が適用されます。

速度

NTTフレッツ光のダークファイバー(NTTが利用していない空き回線)を利用しています。光回線を構成するシステムにSo-netがGE-PONを採用していることで、NURO光では理論上フレッツ光の倍の速さ国内最速下り2Gbpsを提供しています。

地域

NURO光のサービス提供エリアは、

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県 (一部エリアを除く)

となっています。

私の住んでいる札幌は未対応だったので、残念ながら却下となりました。導入可能なエリアに住んでいる人であれば、回線速度、サービスともに、是非検討したい光回線です。

工事費と解約金

工事費用は40,000円(税別)となっているのですが、キャンペーンで実質無料になります。また、Webページからの申し込み限定で、So-net公式の3万円キャッシュバックキャンペーンが非常に魅力的です。解約金は契約更新月以外で9,500円(税別)と毎月分割されている工事費残額を一括で支払う必要があります。

So-net 光コラボレーション

料金体系

So-net光は光コラボレーションの光回線サービスです。戸建て、マンションタイプの利用料金ですが、一戸建てが5,700円(税別)、マンションタイプが4,600円(税別)となっています。「So-net光コラボレーション × auセット割」を利用すると最大1,700円の割引となります。

速度

光コラボレーションはフレッツ光系の回線なので、それに準ずる速さのようです。

地域

全国対応。私の住んでいる札幌も対応しています。

工事費と解約金

工事費は24,000円(税別)かかりますが、サービスキャンペーンにより実質無料になります。解約金は契約更新月以外で9,500円(税別)と、毎月分割されている工事費残額を一括で支払う必要があります。

SoftBank(ソフトバンク) 光

料金体系

ソフトバンク光は光コラボレーションの光回線サービスです。利用料金は一戸建てが5,200円(税別)、マンションタイプが3,800円(税別)となっています。

ソフトバンク端末とセットで最大2,000円割引される「おうち割」が適用されます。

速度

光コラボレーションはフレッツ光系の回線なので、それに準ずる速さのようです。

地域

私の住んでいる札幌も対応しています。

工事費と解約金

工事費は24,000円(税別)かかりますがサービスキャンペーンにより実質無料になります。解約金は契約更新月以外で9,500円(税別)と毎月分割されている工事費残額を一括で支払う必要があります。

ビッグローブ(BIGLOBE)光

料金体系

ビッグローブ光は光コラボレーションの光回線サービスです。戸建て、マンションタイプの利用料金ですが、一戸建てが5,180円(税別)、マンションタイプが4,080円(税別)となっています。「ビッグローブ光×auセット割」により、au端末とセットで最大1,200円割引されます。

速度

光コラボレーションはフレッツ光系の回線なので、それに準ずる速さのようです。

地域

全国対応。私の住んでいる札幌も対応しています。

工事費と解約金

工事費は30,000円(税別)かかりますがサービスキャンペーンにより実質無料になります。解約金は契約更新月以外で9,500円(税別)と毎月分割されている工事費残額を一括で支払う必要があります。

SoftBank光を導入

候補に挙がった5つの光サービスですが、最初にNURO光が脱落しました。理由は私が住んでいる地域に対応してなかったからです。

そして、次に考えたのがSo-net 光コラボレーション、ビッグローブ光、ソフトバンク光についてです。この3つはフレッツ光系の回線です。値段の違いもほとんどないし速度の違いもないようです。

ただ一つ違いがあるのが、ビッグローブ光では「ビッグローブ光 × auセット割」及び、So-net光コラボレーション「So-net光コラボレーション × auセット割」を利用すると、au端末と合わせてずっと毎月最大1,200円の割引。そして、ソフトバンク光ではソフトバンクのスマホとセットで割引となる「おうち割」が2年間毎月最大2,000円、それ以降は最大1,008円割引されます。

私はソフトバンク端末を利用しているので、ソフトバンク光の「おうち割」に魅力を感じたため、So-net光とビッグローブ光を却下しました。

最後にauひかりとソフトバンク光が残りました。ネット情報によるとau光の方が回線は速いという書き込みもチラホラ見かけたのですが、2年間毎月最大2,000円割引される「おうち割」の魅力には勝てませんでした。

Softbank光の料金や速度などはこうなった

このような結果からソフトバンク光にしました。

私は一戸建てに住んでいるので、毎月の使用料金がファミリータイプの5,200円(税別)です。初期費用は基本工事費が24,000円(税別)でしたが、キャンペーンで実質無料となりました。

それに、ソフトバンクスマホと合わせて最大2,000円割引される「おうち割」も適用されました。あとは諸々のオプションに加入しました。

さて、気になるのはネットの回線速度ですが、まずは楽天市場を開いてみました。そこでいろんな商品のランキングを開いたりしたのですが、驚くぐらいスムーズです。

依然とは比べ物にならないぐらい回線速度が速くなったことを実感しました。

ソフトバンク光 回線速度 下り415Mbps 上り88Mbps

光回線の速度を計測すると、大体、

下り415Mbps、上り88Mbps

となっています。

ソフトバンク光にした当初の感想はこんな感じです。

次に使い始めてから現在の感想を良かった点と悪かった点で詳しく書いてみます。

Softbank光を利用してみて良かった点

Softbank光を取り扱っている店頭に行き申し込みをしました。対応してくれた店員さんはとても丁寧に説明してくれました。工事の日にちもスムーズに予約できました。

申し込みをしてから回線が開通されるまではわずか2週間弱でした。このスピーディさは本当に嬉しいところでしたね。

一番の重要ポイントである、光回線の速度。地域や場所によって差が出る可能性があるようですが、私は問題がなかったように思えます。

光回線から光回線に乗り換えたのではなくて、ADSLからの乗り換えのため、あまり比較にはならないかもしれないですけど…。

そして、なんといってもスマホで最大に2,000円割引される「おうち割」が嬉しい特典ですね。家族にも適用されるので、ソフトバンクの携帯やスマホを利用している人数が多ければ多いほどお得です。

3人(3台)以上ソフトバンク端末を利用している人がいれば、光回線の利用料金が実質無料とも考えられるほどの割引額になりますよ。(最大2,000円の割引 × 3台)

Softbank光を利用してみて悪かった点

店頭に行って契約をしたのですが、その際にたくさんのオプションサービスに加入してしまいました。あの雰囲気で「初月無料です!」とか言われて勧められました。

店員さんの人柄も良かったので、言われたものをすべて契約してしまいました。家に帰って冷静になってから、必要ないオプションはすぐに解約しました。

オプションの解約は簡単に出来るのでそこは大きな問題ではありませんでした。

もし解約を忘れていたら、たくさんのオプションサービスを毎月払っていたかもしれません。このようなところはちょっとイヤなところでした。

契約後、さらにじっくりと調べたらWeb申し込みで2万円もの現金がキャッシュバックされるキャンペーンを知りました。

オプションの加入の必要もなく、店員さんからあれこれ勧められることもないので、今となってはこちらで申し込むのが良かったななどとも思っています。

参考にしてもらえたら嬉しいです↓↓↓

なお、肝心の光回線の速度ですが、不安定なときがたまにあります。月に数回ですが、急に重くなります。ネットで検索してみると、そういう症状の方がいるようです。

ただ、これはソフトバンク光だからという理由ではないみたいですね。auひかりでもビッグローブ光でも現れる現象のようです。サービス提供側での、さまざまな理由が考えられるようです。

まとめ

長年お世話になってきたADSL回線。

ソフトバンク光に変えたときの心境ですが、ガラケーからスマホに変えたときのような感動がありました。変更してからサクサクになった我が家の光回線は、私以外の家族も利用する頻度が上がりました。

ストレスフリーって大切なことですね。

私は新規で回線を引いたのですが、フレッツ光系を利用している人の乗り換えはとても楽なようです。他社から乗り換えをするとサービスも受けられてお得なようようですよ。

今はインターネットを調べればだいたいの情報が出てきます。私も多くのサイトを参考にさせてもらいました。とても重宝しました。

このサイトも光回線に変えようとしている人のお役に立てればと思います。この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

SoftBank光を導入した理由 【5つの光回線サービスから検討した結果】

ABOUTこの記事を書いた人

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景