【Amazonプライム・ビデオ】テレビで見る方法を紹介!

【Amazonプライムビデオ】テレビで見る方法を紹介!

Amazonプライム・ビデオは、様々な映画やドラマなどを楽しめるので、仕事や学校が終わってからテレビの大画面でじっくり楽しみたいですね。

しかし今までテレビで利用したことがないと、

サブレくん
そもそもテレビで見られるの?どの機器が必要なの?

など、テレビで見る方法がわからず困ってしまいますよね。

そこでこの記事では、Amazonプライム・ビデオをテレビで見る方法を紹介します。

最後まで読めば、テレビ画面でAmazon・プライムビデオを楽しむ方法がわかるので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

筆者が所有している機器は写真つきで掲載します!

【イチオシ】価格が安くFire TV Stickが一番のオススメ

テレビでAmazonプライム・ビデオを楽しむなら、真っ先に検討したいのは、Fire TV Stickの購入です。

Amazonプライム・ビデオを見るために作られた機器なので、やはり使い勝手がバツグンです。

次項で解説するAmazon Fire TVよりも取り回しがよく、価格も安価です。

【Fire TV Stickは安い】金額的な負担が少ない

2018年11月現在は、Fire TV Stickに以下の2種類がラインナップされています。

販売価格
Fire TV Stick4,980円
Fire TV Stick 4K6,980円

5,000円程度から環境を整えられるので、とても安上がりです。

僕は4K対応のFire TVを使っているのですが、4K対応動画はかなり少ないです。

フルHDまでに対応する4,980円のFire TV Stickで十分だと思います。

Fire TV Stickの接続方法は簡単

Fire TV Stickの視聴環境を整える方法はとても簡単です。

  • HDMIポートにFire TV Stickを接続
  • テレビやコンセントのUSB端子から電源を供給する
これだけ!

HDMIポートに直接挿さらない場合向けに、ケーブルの延長コネクタも付属していますよ。

リモコンの使い勝手がバツグン

Fire TV Stickを選ぶ上で見逃せないメリットは、リモコンの使い勝手が良いことです。

後ほど紹介するApple TVのリモコンはタッチ式で項目を選ぶ際の微調整が地味に面倒、PS4などのゲーム機はゲームのコントローラーで操作するので、文字入力が大変です。

操作方法操作性
Fire TVシリーズ音声認識&ボタン式
Apple TVタッチ式
ゲーム機(PS4など)コントローラ

他の類似製品と比較しても、Fire TV Stickにある音声認識機能がとても優秀。
動画を探すのが圧倒的に楽なんです。

サブレくん
音声入力ならリモコンでポチポチしなくてお手軽だね!

僕はApple TVも持っているんですが、リモコンが便利すぎるため、普段はFire TVで動画を楽しんでいます。

Fire TV Stick 4Kはアレクサ対応

Fire TV Stick 4Kは、リモコンがアレクサ対応になっているので、明日の天気などを聞けたり、対応するテレビの電源のオン・オフができたりするようです。

リモコンをさらに便利に使いこなしたいなら、2018年12月12日発売のFire TV Stick 4Kを選ぶのがオススメです。

【快適な操作性&安定性】Amazon Fire TVで視聴

僕も愛用しているFire TVは8,980円で販売されています。

2019年4月現在は、AmazonでFire TVが購入できません。

つまり、ケーズデンキなどの販売店にある在庫品でしか購入できないのでご注意ください。(今から買うなら、Fire TV Stick 4Kでも良いと思います)

Fire TVは高価格モデルであり、動作が快適

Fire TV シリーズの価格・4K対応状況・動作性能を比較してみました。

価格4K対応動作
Fire TV Stick4,980円
Fire TV Stick 4K6,980円
Fire TV8,980円

Fire TV Stickはたまに動作がカクつくことがありますが、Fire TVは高価格モデルだけあり、動作は常に快適です。

プライム・ビデオは4K対応動画がかなり少ない

Fire TVのメリットは、安定動作に加えて、4K動画に対応していることです。

ただし、Amazonプライム・ビデオの4K対応動画は皆無なので、Netflixなどを利用して4Kコンテンツを楽しむ割合が大きくなるのでご注意ください。

※4K動画に対応する動画配信サービスはそれほど多くないです。

4K動画とフルHD動画の差が僕にはわからなかったので、個人的には4Kを理由にAmazon Fire TVを選ぶ必要はないと思っています。

動作の快適さ目当てでFire TVを選ぶのは、大いにアリだと思います。

【iPhoneユーザー向け】Apple TVで視聴

Amazonプライム・ビデオは、Appleが展開しているApple TV経由でもテレビで楽しめます。

Apple TVにAmazonプライム・ビデオアプリをインストールすれば、利用を開始できますよ。

ただし、Amazonプライム・ビデオを第一に考えるのであれば、僕としてはFire TVシリーズがオススメです。

理由を解説するので、参考にしてくださいね。

動作はサクサク、ただしリモコンはちょっと使いづらい

Apple TVの動作は、Fire TVくらいサクサクです。

このサクサクさを理由にApple TVを選ぶ意義はあると思うのですが、リモコンはちょっと使いづらいと考えています。

使いづらかった点は、タッチセンサー部分を指で操作するとき、

  1. センサーが過敏で
  2. 動画名の検索やアプリ選択時に
  3. 思った場所を選択できない

引用:Amazon

僕は最近Apple TVを使い始めたばかりなのですが、けっこうイライラさせられるので、悩みつつも普段使う機器はFire TVに戻しました。

リモコンの快適さの関係で、Amazonプライム・ビデオで快適に動画を選んで視聴したいなら、Fire TVシリーズを選んだ方が、おそらく満足度が高いです。

本体価格が高めなのは難点

Apple TVは、4Kモデルの価格が19,800円(税抜)からで、ちょっと高いです。

Fire TV Stickの4倍近いので、ただ動画を楽しむだけならFire TV Stickを選んで、浮いたお金をAmazonプライムやNetflixの利用料金に宛てた方が満足できると思います。

販売価格
Fire TV Stick4,980円
Fire TV Stick 4K6,980円
Apple TV19,800円 ※税抜

Apple TVはコンセント必須

僕がApple TVを使ってみて、リモコンに次いで不便に感じているのが、Apple TVはコンセントで電源を供給することです。

Fire TVならテレビのUSB端子やスマホなどで使う複数の端子を備えたACアダプターを利用して電源を供給できるので、わざわざAmazonプライム・ビデオ再生機器に1つコンセントを消費しなければいけないのは面倒に感じてしまいます。

以上の通り、Apple TVは動作が快適なもののちょっとデメリットも多いので、これから再生機器を購入する場合は、僕としては他の機器を選んだ方が満足度は高いと思っています。

【ゲーム機】PS4、PS3、Wii Uとの組み合わせで視聴

Amazonプライム・ビデオは、PS4やPS3、Wii Uなどのゲーム機でも見られます。

専用アプリをインストールするだけでOKで、僕もPS4で再生できる状態にしています。

[光回線] PS4のオンラインゲームでもping値は重要

ゲーム機とAmazonプライム・ビデオ再生機器が1台にまとまるので、Apple TVのように再生のためだけにコンセントを消費しないのが嬉しいですね。

ゲーム機はコントローラー操作がちょっと大変

ゲーム機でAmazonプライム・ビデオを見る場合は、見る動画の検索や選択、一時停止などの操作を全てゲームのコントローラーで行います。

物理ボタンがあるので、Apple TVより操作方法は楽ですが、やっぱりFire TV Stickの操作性がバツグンに良いです。

操作性: Fire TV Stick > ゲーム機コントローラー > Apple TV

また、PS4やPS3のコントローラーはけっこう早くバッテリーが切れてしまいます。

頻繁に動画を見たり、ゲームをしたりする場合は、「見ようと思ったらコントローラーがバッテリー切れで、充電しなければいけない」という事態に陥ってしまうことが多々あるのも気になるポイントですね。

【テレビ購入時に検討】スマートテレビで視聴

テレビの中には「スマートテレビ」と呼ばれる、Amazonプライム・ビデオ対応のものも販売されています。

テレビの動画配信サービス一覧からAmazonプライム・ビデオを選択すれば、動画を楽しむことができます。

リモコンにAmazonプライム・ビデオボタンがある機器もあるので、かなり手軽に動画を見られるのが良いですね。

ソニー SONY KJ-49X9000F 液晶テレビ BRAVIA(ブラビア) 4K液晶テレビ [49V型 /4K対応][KJ49X9000F テレビ 49型]
パナソニック 液晶テレビ 49インチ(49型) 4Kビエラ EX850シリーズ ハイレゾ対応スピーカー搭載ハイスペックモデル TH-49EX850
【送料無料】東芝 49C310X ブラック REGZA(レグザ)[49V型地上・BS・110度CSデジタル 4K対応 LED液晶テレビ]
【最大1200円OFFクーポン配布中!4/1日(月)〜4月8日(月)9:59迄】シャープ 45V型 液晶テレビ 4K対応 アクオス US45ライン LC-45US45【送料無料】【KK9N0D18P】
コフレちゃん
Amazonプライムビデオ機能を内蔵していないテレビでも、
Fire TVなどを用意すれば、Amazonプライム・ビデオを見ることができますよ!

【Chromecast】PCの組み合わせで視聴

ChromecastはAmazonプライム・ビデオに非対応です。

ただし、パソコンの映像をキャストする設定にして、パソコンでAmazonプライム・ビデオを再生すれば、テレビでAmazonプライム・ビデオを楽しめるのでご安心ください。

↑キャストするアイコンはこれ!

正式にアプリなどを利用できないので、これから機器を購入するなら普通にFire TVなどを選んだ方がいいのですが、既にChromecastを持っているなら、パソコン経由で動画を視聴しましょう。

まとめ

今回は、Amazonプライム・ビデオをテレビで楽しむ方法を解説しました。

最後に、記事の要点をまとめます。

  • Fire TV Stickシリーズはリモコンが使いやすいので、これから買うなら断然オススメ
  • Apple TVは動作が快適・リモコンの使いづらさやコンセント必須という難点あり
  • PS4などのゲーム機はゲーム機1台で動画も楽しめるのが便利
  • スマートテレビは対応機器でなければAmazonプライム・ビデオを見られないので注意
  • ChromecastはPC経由での再生に対応

これからテレビでAmazonプライム・ビデオを再生する機器を購入するなら、オススメはFire TV Stickですね。

お金に余裕があるなら4K対応モデル、費用を抑えたいなら通常モデルを選んでみてください。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年12月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓