【爆速】NURO光の通信速度が遅い!?200Mbpsから500Mbps以上になった方法

NURO光を導入したけれど通信速度が意外に遅い!?200Mbpsから500Mbps以上になった方法

So-netのNURO光を導入して4年の月日が経過しました。

なぜこんなに時が流れるのは速いんでしょう…

コフレちゃん
光陰光回線の如し

一瞬一瞬を大切に日々を過ごしたいものですね。

さてNURO光なんですが、僕の自宅ではこれまでおよそ下り200Mbps台の通信速度で利用してきました。十分に満足していました。

Mbpsとは!?
Mbpsとはメガビーピーエスと読み、1秒に何ビットダウンロードできるかという数値です。
1MB(メガバイト) = 8Mb(メガビット)となるので、例えば200Mbpsは、1秒間に25MBのデータがダウンロードできるということになります。
hoge

しかし、先日ふとセキュリティソフトをオフにしてNURO光の速度計測をしたところ、なんと、下り500Mbps以上の速度を叩き出したのです!

Twitterで他のNURO光ユーザーのつぶやきを見ていて、我が家では到底出ない思っていた夢のような数値。

サブレくん
夢だけど、夢じゃなかった!

今回はNURO光を導入したけれど、意外と速度が出ていないという方向けに記事を書いてみます。

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
あと 15

セキュリティソフトが回線速度を低下させているかも!?

先に結論を書くと、僕がメインで使用しているMacBook Air(Mid2013モデル)では、回線速度はこれまで(2017年3月まで)平均下り200Mbpsという速度でした。

コフレちゃん
下り200Mbpsは十分速い速度なのですが、業界最速のNURO光はもっと高速なはず…

NURO光としては若干速度が遅かった原因はウィルスセキュリティソフトでした。

具体的にどんなウィルスセキュリティソフトを使用して、速度がどのくらいだったのかを以下で説明してみます。

アバスト(AVAST)

アバスト for Mac

無料版でもウィルス検知力が高いと評判の「アバスト無料アンチウイルス for Mac」を僕のMacで使用していました。

無料な点とwebブラウジングが軽快な感じに惹かれ、長いこと使ってきました。

アバストを起動して保護機能を有効にした状態でNURO光の回線速度をチェックするとこんな感じになります。

NURO光 無線LAN MacBook Airでの速度調査

「BNR スピードテスト」を使用して何度か計測して平均値を出すと、無線LAN、有線LANともに下り 平均250Mbps前後でした。

必要十分に高速なんですが、

とみっち
世界最速光回線をうたうNURO光の速度はこの程度か…

と少しがっかりもしたものです。実はこの速度はアバストによって低下した値でした。

もしかするとアバストの設定を変更することで解決できたかもしれないんですけど、次に紹介する「カスペルスキー セキュリティ」に乗り換えることにしました。

カスペルスキー セキュリティ

カスペルスキー セキュリティ

【出典】カスペルスキー セキュリティ

当ページでも紹介している「So-net公式 35,000円キャッシュバックキャンペーン」からNURO光を申し込むと、通常は月額500円程度するカスペルスキー セキュリティ」が永年無料で使用できるライセンスが付属します。

このライセンスは、PCやスマホ、タブレットを組み合わせて5端末までインストール可能なものなのです。

カスペルスキー セキュリティと言えば、ロシアのカスペルスキー博士が開発した、業界No.1の検知率を誇るとも言われる高機能ウィルスセキュリティソフトです。

カスペルスキー博士

【出典】https://www.kaspersky.com/about

実は我が家でNURO光を導入したての昨年2016年1月に、カスペルスキーをMacにインストールしたところ、随分と動作がもっさりしているような印象を受けて、すぐにアンインストールしてしまい使っていなかったのです。

しかし、カスペルスキーも随分と進歩しているらしいので、2017年版はどんな感じかなと思い、つい先日MacBook Airにインストールしてみました。

結果的には以前よりもだいぶ軽快になっていて、アバストから乗り換えて使っても問題なさそうな印象です。

もしかすると光回線の速度にも影響が出ているんじゃないかと思い、アバストからカスペルスキーに変更してすぐに回線速度調査を実行してみました。

さて、その結果は…

NURO光 カスペルスキー 下り380Mbps

「RBB SPEEDTEST」を実施してみると、無線LAN、有線LANともに平均して下り300Mbps後半を計測するように!!

NURO光を導入して1年以上が経つんですが、ウィルスセキュリティソフトで光回線の速度がこんなに変わるとは知りませんでした。

MacのOSをクリーンインストールし直したり、ケーブル類を見直したり、電波障害となるものがないかなどあれこれと速度アップに繋がりそうなことを実践してきたんですけど、セキュリティソフトが原因だったんですね。。

「OOKLA SPEED TEST」でも速度測定を実施してみました。

NURO光 カスペルスキー 下り380Mbps

こちらも無線LAN、有線LANともに400Mbps近いです!

ではカスペルスキーも保護機能を無効にして、回線速度調査をしたらどうなるんでしょうか。

ウィルスセキュリティソフトなしで回線速度調査

カスペルスキーをオフにした状態で、無線LANで計測してみました。

セキュリティソフトなし 無線LAN 下り410Mbps セキュリティソフトなし 無線LAN 下り536.82Mbps

計測するサイトによって速度差が大きくなったのですが、下りが平均400Mbpsを超えています!

これだけ高速な通信速度を実際に見るのは始めてでした(笑) 正直驚いています。

ONU兼ルーターに直接LANケーブルを挿して、有線LANの速度も計測してみました。

セキュリティソフトなし 有線LAN 下り558.91Mbps

平均して下り500Mbps以上になりました!

以上から分かることとしては、ウィルスセキュリティソフトが通信速度を遅くしている場合があるのではないかということです。

恐らくMacに限らず、Windowsでも同じことが言えるんじゃないですかね。

さすがに、セキュリティソフトをオフにして日常的に使用するのは怖いので、今後は「カスペルスキー セキュリティ」で保護機能を有効にした状態で使用していきたいと考えています。

コフレちゃん
NURO光はやっぱり速いです!

身をもって知ることができました。

【2019年最新】NURO光の速度

2018年7月に埼玉県本庄市で小さな事務所を借りました。光回線はもちろんNURO光を導入しています。

PCもMacBook Proの2018年モデルを購入したので、速度計測をしてみたところ…

【NURO光】速度調査結果 900Mbps前後

セキュリティソフトをオフにした状態ですが、有線LANで下り900Mbps台、無線LANでも下り500Mbps前後出るようになりました。

ネットを利用していてファイルアップロードにしても、Netflix (ネットフリックス)やYouTubeなどの動画閲覧にしても、様々な場面で快適です。

光回線の通信速度を速くする方法

So-netの公式サイトにも掲載されている、一般的な回線速度を速くする方法を紹介してみます。

LANケーブル

LANケーブルには「カテゴリー」と呼ばれる種類があり、対応する通信速度が異なっています。

NURO光など、1Gbps以上の通信速度に対応するものでは「5e」以上を選ぶと良いでしょう。

LANケーブルのカテゴリ

【参考】https://www.nuro.jp/speedup/speedupStep2.html

カテゴリ「5」では100Mbpsまでにしか対応できず、カテゴリ「7」は10Gbpsまで対応しますが、現状は有線LANでは1Gbpsが規格上の最大速度となるため、料金が割り高で性能も過剰となります。2019年現在では、カテゴリ7を選ぶのもオススメです。

LANケーブル
種類
CAT5
カテゴリー5
CAT5e
カテゴリー5e
CAT6
カテゴリー6
CAT6A/6e
カテゴリー6A/6e
CAT7
カテゴリー7
CAT7A
カテゴリー7A
CAT8
カテゴリー8
最大通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps10Gbps10Gbps40Gbps
適合する
イーサネット
10BASAE-T
100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
40GBASE-T
伝送帯域100MHz100MHz250MHz500MHz600MHz1000MHz2000MHz
ギガタイプの
光回線利用
通信速度低下適合適合適合
※オススメ
適合
※オススメ
適合適合
※表は横スクロールが可能です。
【2018年3月更新】
この記事を書いた時から状況が変わってきました。技術の進歩は早いですね…。これから購入するならカテゴリー7もオススメです。auひかりやNURO光で、10Gbps、6Gbps、5Gpbsといった光回線サービスが順次開始となります。

今後東京オリンピックに向けて8Kテレビや8K動画なども普及していき、映像コンテンツのさらなる大容量化が予想されるので、カテゴリー7を購入しておくのもよいでしょう。

使用しているLANケーブルに、速度低下となる原因がないかどうか確認してみてください。

ONU(ルーター)とPCを接続するLANケーブルはもちろんのこと、別に無線LANルーターを使用している場合は、ONUと接続している部分のケーブル、また、建物の壁の中にLANケーブルが埋め込まれていたりすると、案外そのケーブルが速度低下の原因となっているかもしれません。

また、適合するケーブルであっても、内部で断線していたり、接触が悪かったりする場合も通信速度に影響を与えることがあります。

【要確認】LANポートの規格は「1000BASE-T」対応のものを使用

USB 有線LANアダプタ

僕自身で体験したことなんですが、最近のノートPCでは有線LANアダプタがついていないことも多くなってきています。

そのため、USB端子を有線LANに変換できるアダプタ(端子)を使用している人も多いのではないでしょうか。

有線LANアダプタの写真を撮ってみました。USBに挿さっている、黒い部品になります。

ロジテック 有線LANアダプタ ギガビット対応 USB 3.0 LAN-GTJU3

これも、注意しないと100Mbpsまでしか対応していない「100BASE-TX」などだったりすることがあります。

NURO光を導入して、「100BASE-TX」のアダプタで有線LAN接続したところ、どんなに頑張っても下り60Mbps程度が最高速度でした。

しばらく経ってからこのアダプタに問題があると気がつき、1Gbpsまで対応できる「1000BASE-T」規格のアダプタを購入しました。

僕のMacBook Airではこのアダプタを使っています↓

アダプタを変更し、ウィルスソフトを見直した今は、下り500Mbpsという速度まで出るようになっています。

PCのLANポート

PCのLANポートに直接有線LANケーブルを差し込んで使う場合は、LANポートが「1000BASE-T」規格に対応しているか確認してみましょう。

記事のまとめ

NURO光に限らず、「光回線で思ったほど速度が出ていない気がする」といった場合には、ウィルスセキュリティソフトを一時的に停止するなどして速度調査してみてください。もしかすると、影響があるかもしれませんよ。

今回の検証で改めて感じたことは、NURO光は本当に速いということでした。

これまで我が家では下り200Mbps台がNURO光の速度だと思っていたので、なかなかNURO光の速さを声を大にして言えなかったんですが、今は自信を持って言えます。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 15

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年11月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 15

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓