【爆速】回線速度が速い光回線ベスト3!スピードテストで本当の速度を確かめろ

【爆速】回線速度が速い光回線ベスト3!スピードテストで本当の速度を確かめろ

現在のネット回線で圧倒的な速度が出るのは、やはり「光回線」です。

かつて人気をほこったADSLも、2003年に家庭向けの光回線が登場し、徐々に全国に光ファイバーが張り巡らされたことでシェアを奪われ、2023年にサービス終了を発表しています。

光回線の普及によって、都会から地方まで高速なネット利用が気軽にできる社会が実現しましたが、いつでもどこでも快適な回線速度が出るとは限りません。

そこで、光回線の中でも爆速をほこるネット回線とその理由、さらには光回線の本当の速度(実測値)を、自分で測定する方法を紹介します。

伝書鳩
サブレくん
ネットの速度ってどうやって調べるのかな?
古墳の妖精
コフレちゃん
ちゃんと速度を測ることができれば、本当に速い光回線を見極めることができるわね!
So-net公式特典
\当サイトを見た人限定の特典です/

光回線のスピードランキング

光回線を選ぶポイントは、月額料金やキャッシュバック金額、サポート体制など様々ですが、やはり「回線速度の速さ」は欠かせない要素です。

まずはぜひ、今使っている回線の速度を測定(スピードテスト)してみましょう!

スピードテストができるツールを、評判くんサイト内で公開しました!

\ 【スピードテスト】ワンクリックで調査できます! /
【スピードテスト】誰でも簡単!ワンクリックで通信速度を測定してみよう!用語解説あり  
コフレちゃん
使用中の回線が、どのくらいの速度が出ているか測定してみてください。

インターネットで簡単な調べ物をする、メールチェックをする程度ならそれほど速度は必要ありません。

しかし、現代では多くの人が動画視聴やデータのダウンロード、アップロードなど容量の大きなデータの送受信を行っています。

普通にホームページを開いたり、SNSを利用したりするだけでも、一昔前と比較すると、凝った画面や自動再生の動画などがあるため、速い回線速度が必須となっています。

少しでも快適な回線速度を実現するために、数多い光回線の中で特に速い1位~3位までのスピードランキングを厳選しました。

全て僕が実際に契約して利用・検証している光回線です。

第1位【第1位】【NURO光】下り最大2Gbpsで業界最速

スピードランキング1位は、通信速度が下り最大2Gbpsと、個人向け光回線では国内最速の「NURO光」です。

NURO光は大手プロバイダ「So-net」が運営する光回線で、他の多くの光回線が下り最大通信速度1Gbpsなのに対し、その2倍の通信速度が理論上では出すことが可能です。

コフレちゃん
下りはダウンロード、上りはアップロードの通信速度を表します!

その理由は、独自の回線を利用しているためです(詳しい理由は後述します)。

回線速度が速いだけでなく、月額料金も手頃で、ソフトバンクユーザーにはスマホ向けのセット割もあります。

So-net自信が回線もサービスも提供しており、プロバイダを選ぶ必要はありません。

ただし、NURO光は対応エリアが限定されているため、利用できない可能性があります。

2020年7月現在、NURO光の最新対応エリアは以下となっています。

※緑色の都道府県がNURO光の対応エリアとなります。

市区町村別に対応エリアかどうかを細かく調査しました↓

北海道北海道
関東1都6県東京都神奈川県千葉県埼玉県群馬県栃木県茨城県
関西2府3県大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県
東海4県愛知県静岡県岐阜県三重県
九州2県福岡県佐賀県

※一部エリアを除きます

対応エリアは順次拡大中ですが、人口の多い地域が優先されているのが実状です。

僕も現在NURO光を事務所で使っているのですが、スピードテストすると以下のとおりの速度が出ます。

\ 【スピードテスト】NURO光の結果 /
 

当サイトで紹介している限定特典が実施されていることもあり、NURO光を選ぶメリットは以下のようになります。

NURO光のメリット
  • 【特典】45,000円キャッシュバック
    ※2020年7月の金額 減額になる可能性あり
  • 【特典】回線工事費4万円が実質無料
  • 業界最速 下り最大2Gbps (上りは最大1Gbps)
    ※有線LANは規格上1Gbps(3ポート)が最大で、無線LANと合わせてトータルで最大2Gbps
  • 月額4,743円無線LANが使えるコミコミ価格
  • 有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)がずっと無料
  • NTTの回線を利用しているので通信が安定
  • 月額料金500円で「NURO光 でんわ」が使える
    ※NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • ひかりTV for NURO」が利用可能
    ※関東と関西の一部エリア限定
  • ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※2019年 価格.com
  • 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※2019年 J.D. POWER
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで

※料金は全て税抜き表示となります。

NURO光を導入できるエリアであれば文句なしにおすすめできるのですが、そうでない場合は以下の光回線も通信速度は高速です。

第2位【第2位】【auひかり】日本全国地域選ばず高速

スピードランキング3位は「auひかり」です。

プロバイダは7社から選ぶことができ、契約方法も多彩です。

auひかりのプロバイダ7社

また、auスマホユーザーは、auスマートバリューの適用でスマホ月額料金が割引されます。

auひかりの通信速度は最大1Gbpsですが、NTTが提供するフレッツ光とは別の、auひかり独自の回線を利用しています。

そのため、回線が混雑しにくくなり、安定した回線速度が出るメリットがあります。

さらに、auひかりは次世代規格のv6プラスへの対応を進めており、ルーターがv6プラスに対応していれば、さらに速い回線速度が期待できます。

基本的に、auひかりは日本全国に対応しており、多くの地域で高速な回線速度が実現されていますが、対応が追いついていない地域もあります。

少し意外なのが、関西・東海エリアでauひかりの戸建てタイプが使えないことです。
これは、関西エリアでは関西電力が提供している光回線「eo光」との競合を避けるためです。

関西電力は、auひかりを提供しているKDDIと業務提携を結んでいることが、その理由です。

同様に、東海エリアではauひかりは使えません。

東海電力の子会社東海コミュニケーションズがKDDIに買収されたことにより、東海コミュニケーションズが運営する「コミュファ光」との競合をさけるためかと思われます。

ただし、集合住宅でマンションタイプに対応していれば、関西・東海エリアでもauひかりが使えます。

僕は自宅がNURO光のエリア外で利用することができなかっため、auひかりをプロバイダー「So-net 」で申し込みました。

実際に使ってみると、なんだかんだ実測値はNURO光に迫る通信速度がありますね。

[auひかり(So-net)] ping値
コフレちゃん
光回線業界では、NURO光とauひかりが通信速度で首位争いをしている印象です!
サブレくん
鳩の飛行速度は時速150kmを超えることもあるんだぞ!僕も負けないぞ…!

第3位【第3位】【ドコモ光】v6プラスに対応したWiFiルーターをレンタル可能

スピードランキング3位は、ドコモユーザーが多く利用している「ドコモ光」です。

コフレちゃん
ドコモユーザーのためだけの光回線と言っても過言ではありません。

ドコモ光は、NTTが提供するフレッツ光の光回線を利用する光コラボの一つです。

基本的に、光コラボであれば全て通信速度は同じ最大1Gbpsです。

実は、NTT東日本とNTT西日本を合わせると、日本全国に光コラボ事業者は500社以上もあり、それとともに光コラボの利用者も年々増加しています。

その中でもドコモ光は、契約回線数が550万回線を超えるほど、人気が高いです。

なぜ光コラボの中で、ドコモ光がおすすめなのか、それは利用料金の安さもさることながら、契約するプロバイダが無線LANの速度が速い「v6プラス」に対応しているからです。

ドコモ光では、20社以上のプロバイダから好きな会社を選ぶことができ、そのほとんどがv6プラスに対応していますが、契約するなら高性能な無線Wi-Fiルーターを、無料でレンタルしてくれるプロバイダを選びましょう。

利用料金が割安で、高速な無線Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれるプロバイダは以下などです。

  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • プララ
  • DTI
  • BIGLOBE

それぞれ、オプションサービスやサポートなどに特徴がありますが、一番おすすめのプロバイダは、「GMOとくとくBBです。

なぜなら、GMOとくとくBBでドコモ光と契約すると、3種類のWi-Fiルーターから好きな機種が無料レンタルでき、その全てが最大1,733Mbpsと、非常に速い無線速度が出せるからです。

V6プラスが利用できれば、回線が混雑しやすい夜間でも、快適にインターネットを利用することが可能です。

ドコモ光は18,000円相当の工事費が今だけ無料!

ドコモ光は期間限定で18,000円相当の工事費が、2020年7月時点では無料となっています。

というのも僕自身は2018年の11月にドコモ光に申し込んでしまい、タッチの差で工事費が無料にならなかった苦い思い出があります(泣)

ドコモ光工事費請求書

僕のなかではデメリットだったのですが、今だけ期間限定で無料で工事してくれるので文句なしにメリットと言えるでしょう。

これからドコモ光を申し込もうと思っている人が本当に羨ましいです…。

\ ドコモ光 × GMOとくとくBB /

公式サイトで見る

※ 7月4日時点、ドコモ光では18,000円相当の開通工事費が無料です。

なお、僕は事務所でNURO光と一緒にドコモ光も引いているのですが、GMOとくとくBBプロバイダーで以下の速度が出ています。

朝8時台昼12時台夜18時台平均値
有線ドコモ光有線LAN速度の計測結果・朝8時ドコモ光有線LAN速度の計測結果・昼12時ドコモ光有線LAN速度の計測結果・夜18時

有線LANの平均値

  • 上り:586Mbps
  • 下り:436Mbps
無線ドコモ光無線LAN速度の計測結果・朝8時ドコモ光無線LAN速度の計測結果・昼12時ドコモ光無線LAN速度の計測結果・夜18時

無線LANの平均値

  • 上り:537Mbps
  • 下り:370Mbps
※表は横スクロールが可能です。

NURO光だけが最大2Gbpsな理由

個人向けのインターネット固定回線のうち、約7割がすでに光回線だと言われていますが、そのほとんどの回線速度は、最大1Gbpsです。

しかし、スピードランキングで1位にランクインしたNURO光は、なんと回線速度が最大2Gbpsもあり、さらに、対応エリアは絞られるものの、最大10Gbpsや6Gbpsの爆速な回線速度を実現したプランもあります。

なぜNURO光だけが、通常のプランでも最大2Gbpsの超高速な回線速度が実現できているのか、他の光コラボやauひかりなどはなぜできないのか、その疑問に答えましょう。

理由1ダークファイバーを利用しているから速い

一つ目の理由は、NURO光がダークファイバーを利用しているからです。

ダークファイバーとは、NTT東日本・西日本が提供する光ファイバーのうち、使われていない光ファイバーを指します。

光ファイバー網は、すでに日本中の地下や電柱に張り巡らされており、1本の光ファイバーのキャパシティは最大1Tbps、つまり1Gbpsの1,000倍にもなると言われています。

その中で、実際に利用されているのは一部なので、光ファイバーを設置してから使われていないダークファイバーはたくさんあり、そこに目をつけたのがNURO光を運営するSo-netです。

コフレちゃん
設置されてるけど使われてない「ダークファイバー」を使うことで高速を実現してるのよ!

すでに使われている光ファイバーは、フレッツ光や、フレッツ光の回線を利用した光コラボなどですが、ダークファイバーはそれらとは全く別の通信網となるため、NURO光がほぼ独占しています。

しかし、ただ単にダークファイバーを利用しているだけだと、回線速度に劇的な違いはありません。

NURO光の回線速度が速いのは、ダークファイバーを活用した通信設備や通信方式に秘密があります。

理由2 G-PONを利用しているから速い

二つ目の理由は、NURO光が「G-PON」を利用していることです。

まず、「PON」とは通信を分岐する技術のことで、PONがあるから1本の光ファイバーを複数の家庭に割り当てることが可能になっています。

フレッツ光やauひかりは、GE-PONという、仕組みが単純で低価格な方式を使っています。

このGE-PONの理論上の最大回線速度は、1,25Gbpsで、ほとんどの家庭用の光回線の最大速度とほぼ一致します。

しかも、実際にはその回線を複数の契約者で共用しているため、実際の回線速度はかなり遅くなります。

それに対し、NURO光は仕組みが複雑で、高価格なG-PONを採用しました。

G-PONだと、理論上の最大回線速度が2.48Gbpsで、2倍以上の速さが実現できます。

従来のGE-PONはイーサネットという通信技術を使っており、一般の家庭の光回線は、ほとんどがイーサネットですが、G-PONはGTCフレームという全く別の通信技術です。

フレッツ光がこのGTCフレームを使おうとすれば、現在の機器を全て交換することになるため、莫大なコストが発生してしまいます。

それに対し、NURO光はそもそも使われていなかったダークファーバーを独占して使えるからです。

理由3 高速ONUレンタルだから速い

NURO光で提供中のONUは5種類!無線LANルーターが不要ですぐ使える

三つ目の理由は、NURO光からレンタルできる高速ONUです。

ダークファイバーやG-PONの活用で最大2Gbpsが実現できるとしても、基地局から自宅までの速度を、家庭内に効率よく伝えるには、ONU(光回線終端装置)の性能が鍵となります。

NURO光と契約すると、ルーター機能も搭載したONUが無料レンタルできます。

もちろん、このONUによって、G-PONの技術で高速通信できます。

ONU一台で、有線LANが3ポート分と、無線Wi-Fiが使えるため、とても便利です。

光回線の本当の速度を知る方法

光回線の最大の回線速度は、実際の速度とは異なり、あくまで理論値です。

最大1Gbpsや2Gbpsなどの理論値は、「ベストエフォート」と呼ばれ、理論上はこの速さが出るということで、実測値はそれよりもかなり遅い速度になります。

加えて言うと、パソコンやスマホなどの端末によってはそれだけの回線速度を出すことがそもそも不可能な場合もあり、無線LANになると壁などの障害物の影響でさらに速度が出にくくなる可能性が高いです。

そこで、光回線を使ってもあまり速くないと感じたら、自分で実際に回線速度を測り、本当の速度を見破りましょう。

方法1 自分の回線はスピードテストで測定

自分で光回線の速度測定をする方法は、意外と簡単です。

無料で光回線の回線速度を測定できる方法はたくさんあります。

有名なのは、フレッツ速度測定ソフト、USEN、RBBなどが有名ですが、 使えるブラウザや端末が限定されていたり、アプリのダウンロードが必要だったりと、特徴があります。

先ほども紹介したのですが、当サイトで簡単にワンクリックで速度測定ができるようにしているので、ぜひ使ってみてくださいね。

スピードテストができるツールを、評判くんサイト内で公開しました!

\ 【スピードテスト】ワンクリックで調査できます! /
【スピードテスト】誰でも簡単!ワンクリックで通信速度を測定してみよう!用語解説あり  

このスピードテストで分かるのは、PING・JITTER・DOWNLOAD・UPLODADの4つで、それぞれの意味は以下の表の通りです。

PINGサーバーの応答速度のことで、「ピン」と読みます。LATENCY(LATENCY)と呼ばれることもあります。単位はms(ミリ秒)で、数値が小さいほど応答速度が速いです。
JITTER電気信号の揺れや揺らぎ、つまり回線速度の安定性を意味し、「ジッター」と読みます。単位はms(ミリ秒)数値が小さいほどスムーズに接続できます。
DOWNLOAD最も重要な値がダウンロードで、「下り」と呼ばれることもあります。インターネット回線が快適に利用できる指標となります。
UPLODADアップロードは「上り」とも呼ばれ、メール送信や投稿などを指します。数値が高いと写真や動画なども快適に送信できます。

方法2 最大速度と実質速度の違いを理解しよう

上記のスピードテストなどで回線速度を測定すると、契約時にうたっていた最大速度よりはるかに遅いのでは?と疑問に思われるかもしれません。

しかし、「最大○Gbps」などの最大速度はあくまでベストな環境下で出せる理論値で、実質速度とは違うことを理解しましょう。

最大速度と実質速度が違う理由は、以下のような環境に左右されるからです。

  • 光回線の配線方式
  • プロバイダによる接続サービスのキャパシティー
  • 天候や気象条件
  • 時間帯や利用者数などによる光回線の混雑

そもそも、それだけ速い回線速度が仮に実現したとしても、宝の持ち腐れです。

個人が家庭で、ストレスなく快適にインターネットを楽しむのに必要な実質速度は、20Mbpsと言われています。

目安として、下記のようなインターネットの利用用途で必要な回線速度は以下のとおりです。

利用用途必要な最大速度の目安
SNS・メール1Mbps
HD画質動画再生10Mbps
4K動画再生、オンラインゲーム25Mbps

方法3 契約前には、口コミを念入りにチェック

このように、最大速度と実質速度は必ず違いがあります

しかし、光回線と契約した後に、実質速度を測定して思ったほどの回線速度が出なかったとしても、多くの光回線では2年縛りなどの制約があるため、簡単には解約できません。

そこで、光回線の契約前に、ネットに広がる口コミをチェックしましょう。

中には、ただ単に不満をそのまま文章にしているだけの口コミもありますが、契約業者やプロバイダ、地域性、居住形態ごとにオススメの光回線が見つかるはずです。

とはいえ、ネット上には様々な口コミがあふれているので、比較的多くの口コミが寄せられていて、信頼性の高い以下のようなサイトの口コミを参考にすると良いでしょう。

  • みんなのネット回線速度…回線速度が詳細に書かれ、グラフ表示もされている。
  • 価格.com…回線速度やその他の条件で、項目ごとにわかりやすく評価されている。
  • 5ちゃんねる…悪い口コミが多く信頼性にやや欠けるが、情報量が豊富。

【まとめ】光回線が速いのには理由がある!

光回線は、その他の回線と比較して回線速度が速く、快適にインターネットが利用できますが、光回線の中でも、契約する会社やプロバイダによって差があります。

おすすめの契約方法は、「NURO光」、「auひかり」、「ドコモ光」です。

それぞれの特徴を以下の表にまとめました。

NURO光auひかりドコモ光
最大速度2Gbps1Gbps1Gbps
利用回線ダークファイバー独自の回線光コラボ(フレッツ光と同じ回線)
プロバイダSo-net8社20社以上
対応エリア北海道・関東・東海・関西・九州全国(関西・東海・沖縄は非対応の場合あり)全国

ただし、最大速度と実質速度は違うため、スピードテストで自分で回線速度を測定する必要があります。

コフレちゃん
このサイトでは、エリア内ならNURO光、エリア外の方にはauひかりかドコモ光を特におすすめしてるわ!
【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバック特典やモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、特典が開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!

  • 45,000円キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2020年7月時点
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2020年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-net公式の特典で、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合
ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)※【期間限定】2020年7月現在実施中
  • 【新型コロナ対策】ドコモショップへの来店不要
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大2,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

Webでの申し込み限定特典があります!

  • 45,000円キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2020年7月時点
  • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    ※戸建てタイプ: 電話サービス同時加入時、
    マンションタイプ: ネットのみでOK
  • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • 【auスマートバリュー】
    毎月500円〜1,000円 スマホ・ケータイ割引、無線LAN利用永年無料

ネットのみの申し込みで高額なキャッシュバックが受け取れる点、
安心できる代理店であることが申し込んだ理由です↓