NURO光の月額利用料金はどうして安いの!?その秘密を探る

NURO光の利用料金はどうして安いの!?その秘密を探る

NURO光は月額4,743円(税抜)と安価ながらも下り最大2Gbpsでの高速通信を行える光回線サービスです。

フレッツ光やauひかりなど他の光回線サービスと比べても圧倒的に高速なので、

サブレくん
なんでこんなにやすいの?何か問題はないのかなぁ?

と不安になってしまう人(鳩)もいるでしょう。

利用料金が安いのには、もちろんいくつか理由があるんですよね。

例えば、NTTが所有する使われていない回線を使うということや、展開エリアをしぼるなどコストを抑えているであろう部分はあります。

今回の記事では、NURO光の利用料金が安い理由に探ってみます。

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
あと 14

NURO光の利用料金が安い理由

それでは早速、NURO光の利用料金がなぜこんなに安いのか理由に迫っていきましょう。

僕が3年半使ってきて、NURO光の使用料金が安いのは、こういった理由があるんじゃないかなと考えています。

それぞれ、チェックしてみましょう。

NTTのダークファイバーを使っている

光回線のイメージ

NURO光は、NTTのダークファイバーを利用しているため回線費用を削減できています。

NTTといえばフレッツ光で有名ですよね。NTTの回線を借りているため、自分で回線設備を展開する必要がないので月額料金がむやみに高くならずに済んでいるわけです。

ダークファイバーとは何かというと、普段使われていない回線のことです。

いわばNTTが余らせている回線を借りて運営しているのがNURO光です。

展開エリアをしぼっている

NURO光は、いきなり日本全国で大々的に展開するような戦略をとっていません。

まずは関東エリアでのみ展開開始され、2018年より東海地方や関西地方にもエリアが広がりました。

さらに2019年3月には九州地方の一部エリア(福岡県、佐賀県)へのエリア拡大が発表されました。

日本全国ですぐに展開するとなると、宣伝や設備投資にかかるコストは膨大ですよね。そうなると月額料金も、必然的にもっと高額になってしまう可能性が高いでしょう。

日本全国でサービスを提供せずにあえて当初は関東のみに絞り、徐々に広げていくという手堅いサービス展開をしているのがNURO光です。

徐々に展開していく戦略を用いているために、今提供しているエリアで月額料金を高額にせずに済んでいると考えられます。

Web集客を中心にして、宣伝費を節約

フレッツ光やauひかりなど他の光回線サービスは、ネットはもちろんですが、日本各地の家電量販店等での宣伝に積極的ですよね。

過去に店舗で光回線を契約した経験を持つ方も多いでしょう。結果的にそこでなんとなく選んだ光回線がイマイチだったこともあるかもしれません。

僕の実家の光回線は、ヤマダ電機でノートPCを安く購入するために、フレッツ光の有料オプションに複数加入して申し込みをすることとなりました。

結局、ノートPCの割引金額以上に、フレッツ光の有料オプションの利用料金が上回ってしまい、オプションの解約手続きもわずらわしく、苦い思い出となってしまいました。

コフレちゃん
有料オプションは途中で解約すればいいですが、年配の方には難しいですよね…。

NURO光は、まだ対応エリアが限られていることも理由と考えられますが、他に比べると実店舗での積極的な宣伝はおこなわれていません。

NURO光を体験できる店舗自体は「PCデポ」や「nojima(ノジマ)」、「e☆イヤホン」などいくつか存在していますが、メインはネットでの宣伝です。

個人ブログや評価サイトなどで利用者の声を調査すれば、NURO光がどれだけ快適なのかはすぐにわかりますよね。

さらにそういったサイトにNURO光の広告が表示されればそこから自然と契約者も増えていきますし、広告がなくても検索を通してNURO光を契約する人がどんどん現れます。

So-netは、公式ホームページはもちろん、個人のホームページやブログなどからも集客できるような戦略を取っています。気づけば結果的に当ブログも、NURO光の宣伝サイトの一つとなっていました(笑)

通信速度や料金など、ユーザーの満足できるサービスを提供しつつ、良さを理解できる人=「ネットに詳しく、調査能力もある人」をうまく呼び寄せる

このような形で、宣伝などにかかる人件費も削減できているのがNURO光を運営するSo-netが他社と異なるところです。

また、「なぜNURO光が良いのかをわかっている」ようなある程度ネット知識のある人向けの展開を行うことで、サポートサービスにかかる費用なども多少は抑えられていると考えられますね。

回線事業者とプロバイダともにSo-net

So-net ロゴ

サービスの提供にたくさんの会社が絡んでくると、どうしても中間でたくさん費用がかかってしまうため月額料金も高額になってしまいます。

例えばフレッツ光は、光回線はNTTですがインターネットを使うにはプロバイダを別途契約しなければいけないので、二重にお金がかかりますよね。

しかし、NURO光は回線事業者もプロバイダもSo-netです。間に他の会社が入ってくることがありません。

これもまた、結果としてNURO光の月額料金がむやみに高くならない理由の一つと考えられます。

以前、NURO光のプロバイダーに関して記事を書きました↓

安くないと利用者が増えない事情もある

当然ですが、フレッツ光やauひかりといった他社の光回線が日本全国に展開されている都合上、「安くないなら誰も契約してくれない」という事情も料金設定に反映されているでしょう。

NURO光は月額料金が安いことに加えて、キャッシュバックや工事費無料など他社から乗り換える際に助かるキャンペーンも積極的に展開されています。

多くの人が他社回線を利用している関係上、利用者が増えるためにはどんどん他社から乗り換えてもらう必要があります。

プロバイダ「So-net」と言えば、業界第3位の満足度、知名度がありますが、NURO光は後発の光回線サービスです。So-netは、圧倒的な回線速度、そして月額料金を抑えることで勝機を見いだしたのかもしれませんね。

NURO光の利用料金は安くても、速度は国内最速!

光回線はNTTのダークファイバーを利用していますが、GPON(ジーポン)という高速通信に対応した国際標準規格を用いつつ独自のホームゲートウェイ(回線終端装置)を用いることで速度は国内最速の最大2Gbpsを実現しています。

サブレくん
ぜんぜんわからないけど、ジーポンってなんかすごそう

料金設定は安価ですが、速度は最速。様々な場面でコストダウンを行いつつサービスの充実に全力を注いでいるのが、NURO光の魅力です。

NURO光 G-PON

【出典】NURO光公式ページ

まとめ

NURO光は国内最速の通信速度の他にも、月額料金の安さも魅力です。

NTTのダークファイバーを使ったりネット中心の宣伝を行ったりと様々な場面でコストダウンを行うことで料金を安く抑えていると推測できます。

最大2Gbpsで通信できるNURO光は利用者からの評判も上々です。場合によっては他社から乗り換えることで、月額料金が下がることもあるでしょう。

NURO光のエリアは、2017年11月20日にこれまでの関東地方から、関西や東海地方への拡大がアナウンスされたばかり。

対応エリアに居住している場合、利用を検討してみるのもいいかもしれません。

NURO光を実際に3年半利用している僕が大いにオススメできる光回線の一つです。

ちなみにですが、我が家の場合、過去に導入してよかったなーと思えた光回線は「auひかり」です。

コフレちゃん
「NURO光」も「auひかり」もどちらも満足しています

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,680円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,280円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓