NURO光の電話サービス「NURO 光 でんわ」に乗り換えるメリット、デメリット

「NURO 光 でんわ」に乗り換えるメリット、デメリット

こんにちは。とみっちです。

NURO光に乗り換えて、早いもので1年10ヶ月が経過しました。

NURO光に乗り換える上で心配な点の一つとして、

固定電話をどうしようか...

ということがありますよね。

今回の記事では、NURO光で利用することのできる「NURO 光 でんわ」の説明をしていきます!

NURO光でんわ、フレッツひかり電話、NTTアナログ回線 電話料金の比較

光電話 イメージイラスト

NURO 光 でんわ」や「フレッツ ひかり電話」は、従来のNTTのアナログ電話回線とは異なり、光回線を利用したIP電話となります。

IP電話とは
従来のADSLや、光回線などのインターネット網を利用した電話サービスのことです。

IP電話はというと、「050」から始まる電話番号を利用することで通話料が安くなるイメージがありますが、「NURO 光 でんわ」などでは、従来のNTT電話番号が利用可能で、利用シーンにもよりますが、一般的には通話料金も安くなる可能性が高くなります。

電話回線月額基本料金通話料金
(国内一般・IP電話)
通話料金
(国内携帯)
通話料金
(PHS)
国際電話
(例: アメリカ本土・アラスカ・ハワイ)
NURO 光 でんわ500円7.99円/3分20円〜25円/1分10円/1分
+1通話10円
7.99円/3分
フレッツ ひかり電話500円8円〜10.8円/3分16円〜17.5円/1分10円〜17円/1分
+1通話10円
27円/3分
NTTアナログ1,700円8.5円〜640円/3分16円〜17.5円/1分10円〜17円/1分
+1通話10円
100円〜160円/3分
「0033-010」利用
※表は横スクロールが可能です。

※全て税別価格です。

「NURO 光 でんわ」は、同じくNTTのIP電話である「フレッツ ひかり電話」と比べても遜色のない低料金を実現していると言えます。

通話料金は、全国の一般固定電話どこへかけても7.99円(税別)/3分です!

家族にソフトバンク携帯電話利用者がいる場合、「ホワイトコール24」に申し込むことで、

  • 「NURO 光 でんわ」から全てのソフトバンク携帯への国内通話が無料
  • 登録したソフトバンク携帯電話から全てのNURO 光 でんわをはじめ、各社IP電話への通話が無料

※無料となるIP電話: NURO 光 でんわ、BBフォン、BBフォン(M)、ケーブルライン、ひかりdeトークS、ホワイト光電話

となります。

「NURO 光 でんわ」のメリット

料金が安くなる

「NURO 光 でんわ」を導入するメリットとして、先ほどの「基本料金が安い」、「通話料金が安い」、「ホワイトコール24」に対応しているといった点が挙げられます。

また、ソフトバンク携帯電話のパケット定額料金が、2年間毎月最大2,000円割引になる「おうち割 光セット」と組み合わせられることも、ソフトバンクユーザーとしては非常に大きなメリットとなります。

NTTの電話番号が引き継げる

番号ポータビリティで、従来のNTTアナログ電話で利用している電話番号を引き継ぐことができます。

ただし、以下の場合は番号を引き継ぐことができないので、注意が必要です。

  • NTT加入権のない「auひかり」や「フレッツ光」などの
    光電話サービスで取得した場合
  • NTT加入権が不要の「加入電話・ライトプラン」を利用していた場合

契約書が一つになる

NTTアナログ回線を利用している場合や、「フレッツひかり電話」で「おまとめ請求」を利用していない場合、光回線の利用料金と電話に関する利用料金の請求明細が分かれて郵送されてきます。

こうなると、毎月の通信料を把握しづらくなりがちですし、明細書も増えてしまい管理するのが億劫になってしまいます。

「NURO 光 でんわ」であれば、光回線の利用料金と、電話の利用料金が一つにまとまって請求書が発行されるので、料金を把握しやすくなり、明細書もスッキリします。

書面での発行
標準では紙での利用明細書や請求書は郵送されませんので、紙での発行を希望する場合のみ、手続きします。

我が家では、全てWeb上で料金を確認しています。家計の計算や、年度末の確定申告の際もこれで困ることはありません。

「NURO 光 でんわ」のデメリット

「ナンバーディスプレイ」などは有料

基本料金は安い「NURO 光 でんわ」ですが、「ナンバーディスプレイ」や「キャッチ電話」といったサービスは、有料のオプションサービスとなります。

また、初回利用には工事費がかかってしまいます。

NTTの「フレッツ ひかり電話」も同様に同額程度の工事費や、毎月の利用料がかかるので仕方のない点ですが、注意が必要です。

サービス内容工事費月額
番号表示1,000円400円
番号通知リクエスト1,000円200円
キャッチ電話無料300円
着信お断り1,000円600円
着信転送無料500円

※全て税別価格です。

NURO光公式のキャンペーンで、3万円をキャッシュバックしてくれるものがあるので、是非利用しましょう!

我が家ではNURO光を導入する際に過去2回、このキャッシュバックを利用した上で申し込みをしました。

キャッシュバックを賢く利用して、初期費用にかかる費用などを相殺したいものですね。

【So-net公式】申し込みはキャッシュバックを利用

Webでの申し込み限定特典があります!

NURO光 3万円キャッシュバックキャンペーン 申し込み
  • 30,000円キャッシュバック
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
  • 2017年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
  • 2017年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

導入ができなかった、エリア対象外だったという人に

NURO光は関東の一部のエリアが限定のサービスとなっています。So-net光(auひかり)であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

NURO光と同様にWebでの申し込み限定で下記の特典があります。
現在キャンペーン中の3年間月額利用料金2,980円は、戸建て向け光回線(auひかり)としてギリギリの低料金にチャレンジしているとのことです!

So-net光(auひかり)選べるキャンペーン
  • 45,000円キャッシュバック + 月額料金割引
    もしくは、3年間月額利用料金2,980円(税別)〜
  • 契約初月の料金無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が1年無料(通常毎月500円)
  • So-net安心サポートが1年間毎月1回無料
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が30ヶ月無料

本キャンペーンもSo-netが公式に行っているキャンペーンとなります↓

So-net 光 (auひかり)