NURO光を申し込んでから開通するまでにかかる期間【実体験】

NURO光を3回も申し込んだことがあるとみっちです。賃貸アパートで2回導入し、現在は小さな貸事務所で使っています。

NURO光を申し込んで開通するまでの期間に関し、僕の実体験から書いてみます。


NURO光の開通工事は、宅内工事と屋外工事で計2回行われます。


どちらも工事日を調整して、当日は自宅で待機していないといけないんですよね。。

国内最速下り2Gbpsを提供するためにいくつかの作業が必要となっており、NTTのフレッツ光ほどサクッと工事が完了しない点は残念ですが、コストパフォーマンスに優れたNURO光を利用できるようになるまで、辛抱強く待ちましょう

【朗報】2018年10月追記
開通まで利用可能なモバイルWi-Fiのレンタルサービスが開始されました!
So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年6月1日(土)~6月30日(日)】
あと 5

NURO光の申し込みから開通までの流れ


NURO光を運営するSo-net側の工事と、光回線を提供するNTTの回線工事があります。

  1. 申し込み
    ※賃貸住宅の人は、事前に建物所有者(不動産、管理会社等)の承諾が必要

  2. 工事日調整の連絡
    ※NURO光開通センターから電話が来る

  3. 宅内工事(所要時間: 1〜2時間)
    ※立会いが必要

  4. 屋外工事(所要時間: 1〜2時間)
    ※立会いが必要

    【祝開通】インターネット利用開始!!!

余裕を持って早めに申し込むようにしましょう。

【参考画像】開通までの流れ

我が家の場合は、1回目にNURO光を申し込んだ際はわずか3週間で開通しました。(2015年11月に申し込み、12月に開通)

2回目にNURO光を申し込んだ際には少し時間がかかったんですが、1ヶ月10日程度で無事に利用開始できました。(2016年7月に申し込み、8月に開通)

光回線の工事が混雑する3月、4月は2ヶ月〜2ヶ月半程度かかる場合もあると見込んだ方が良いかもしれません。

ネットが使えなくて困るという人は、NURO光のレンタルWi-Fiを活用しましょう。

工事に時間がかかることがある場合として、以下の理由が挙げられます。

  • 土日の工事は予約が取りづらい

    ※土日だと別途工事費用が3,000円(税抜)必要

  • 在宅工事が2回なので、仕事などスケジュールを調整しなければいけない
  • 自宅の近くまで光回線が来ておらず、NTTの工事が難航することがある
  • 自宅のMDF(主配線盤)に空きスペースがない
  • 屋外から室内に光ケーブルを引き込むのが困難

NTT側で時期によって回線工事に関するルールが変わり、工事が難しくなることもあるそうです。

例えば、

地上○○メートルよりも高い位置に光ケーブルを設置できるルートを
確保しなければならない

など、様々なルールがあります。

NTTとSo-netで工事が分かれていることもあり、工事期間は少し長めになってしまう印象もありますね。

また、賃貸物件の場合、大家さんの許可が降りない光回線の工事が不可能といった理由で、NURO光の提供エリアであっても申し込みができなくなることがある点は考慮しておきましょう。

我が家は賃貸物件ですが、不動産に確認をしたところ2回とも現状復帰できれば工事をおこなっていいとのことでした。

幸い1回目は退去時に現状復帰しなくて大丈夫でした。

賃貸物件では通常、退去時にNURO光の光回線と光コネクタなどはそのままとなります。

ONUはレンタル機器なので回収されます。

電柱から引き入れた光回線のケーブルを元どおりにしないといけない場合は、NURO サポートデスクに問い合わせ、撤去費用10,000円(税抜) で工事する必要があります。

工事担当者の人が自宅のMDF(主配線盤)を開けて初めて状況が確認できるという場合もあります。

【積水ハウスシャーメゾン】MDF(主配電盤)の例

賃貸物件やマンションで、複数の住宅の電話や光回線などをMDFで各戸へと分配するんですが、鍵がかかっていて通常は中を見ることができないことが多いでしょう。

工事に関して詳しくは以下の記事に書きましたので、気になる方は合わせて読んでくださいね。

申し込みのキャンセル方法

もしも途中でNURO光の申し込みをキャンセル・解約する場合は、NUROサポートデスクにすぐに連絡しましょう。

※問い合わせタイミングによっては、キャンセルが間に合わない場合があります。

ひかり電話も合わせて申し込む

NURO光でんわ 通話料無料となるサービスあり

【出典】NURO光公式サイト - NURO光でんわとは

これまでNTTの固定電話を使っていた人は、そのままの電話番号でNURO光の「ひかり電話」サービスに加入することができます。

もちろん新規で申し込むことも可能です。

月額500円(税抜)、通話料金は全国の一般固定電話どこへかけても7.99円(税抜)/3分

となります。

ホワイトコール

ホワイトコール24

NURO光なら、ソフトバンク携帯電話とひかり電話間の国内通話が24時間無料となるホワイトコールに申し込むことも可能です。

申し込み、定額料ともに無料なので、家族にソフトバンクユーザーがいれば、おうち割と合わせて是非利用したいサービスとなりますね。

記事のまとめ

今回の記事でポイントとなる点をまとめます。

  • NURO光の工事は宅内工事と屋内工事の2回ある
  • 申し込みから開通まで通常は1ヶ月程度
  • 3月、4月の工事は混み合うので早めに申し込む
  • ネットが使えなくて困る人はレンタルWi-Fiを検討

NURO光の申し込みにおいて、参考になると幸いです!

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年6月1日(土)~6月30日(日)】
終了まで残り 5

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年6月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年6月1日(土)~6月30日(日)】
終了まで残り 5

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

【この記事だけ読んで!】管理人がオススメする光回線

管理人が実際に使っている光回線や、実際の評判情報などをもとに、オススメできる記事を1記事に凝縮しました。

【2019年最新】光回線使用歴10年管理人「とみっち」がオススメする光回線サービスを厳選!

当サイトにはたくさんの記事があります。情報が多すぎて迷ってしまう、じっくり読むのが面倒、そんな人にはこの記事だけは読んでもらえたら嬉しいです。 >> 記事を読む