NURO光で提供中のONUは5種類!無線LANルーターが不要ですぐ使える

NURO光で提供中のONUは5種類!無線LANルーターが不要ですぐ使える

NURO光を申し込んで無料レンタルで使用できるONUは、ルーター機能も備えていて有線LANポートが3つ、そして無線LANが使用できる便利なものになっています。

また、ルーターにはIP情報が書き込まれているので、工事が完了すればケーブルを繋いですぐに使うことができます。

基本的な機能は一緒ですが、NURO光で提供中のONUは5種類となっています。

無線LANを最高速で利用できるのは5種類のうちの2種類だけとなっています。今回の記事では、ONUの違いを説明します!

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2018年7月1日(日)~7月31日(火)】
あと 12

NURO光で提供中のONUは5種類

ZXHNF660THG8045jHG8045DZXHN F660AHG8045A
有線LAN
ポート数
33333
無線LAN対応
対応規格11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n/ac
ダウンロード速度
(無線LAN 最大速度)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
アップロード速度1Gpbs1Gpbs1Gpbs1Gpbs1Gpbs
※表は横スクロールが可能です。

無線LANの規格が、最新の「IEEE802.11ac」に対応しているものは「ZXHN F660A」と「HG8045Q」となります。

IEEE802.11acに対応しているものと、そうでないものの違いは、無線LAN(Wi-Fi)接続時の通信速度が異なります。

IEEE802.11ac対応最大1300Mbps(1.3Gbps)
IEEE802.11ac非対応最大450Mbps

11acに対応しているONUに関して、詳しくは以前の記事で書いたので読んでみてくださいね。

NURO光で提供中のONU兼ルーターは、5種類とも市販の数千円クラスのルーターよりも高機能となっています。

「HG8045j」をのぞく4機種では「簡易NAS機能」なども利用できます。

これは、無線LANや有線LANに接続された機器同士(家庭内のネットワーク)で、ファイル共有ができたりする便利な機能です。

家族全員がテレビをはじめ、PCやスマートフォン、ゲーム機器、タブレット、プリンターといった様々な機器を同時接続し、合計最大2Gbpsというスピードで快適に通信できるというのが、NURO光のONUの特徴となっています。

NURO光とauひかりのONUの違い

光回線を利用する場合、ONUという機器が必要になります。

ONUとは
「Optical Network Unit」の略称で、光回線終端装置のことになります。

NURO光のONUは、ルーター機能も備えていて、有線LANポートが3つ無線LAN機能も無料で使用できます。別途無線LANルーターを用意することがなく無線(Wi-Fi)接続ができるので大変便利です。

NURO光 ONU 「HG8045A」

HG8045A

機器の裏側はこのようになっています。

Huawei (HG8045D / HG8045Q) 裏

NURO光 ONU 「ZXHN F660A」

ZXHN F660A

機器の裏側はこのようになっています。

写真だとちょっと見づらいですが、LAN3の下の黄色いラベルに書かれている文字は「TA」です。IP電話ポート、つまり光電話を使用する際に接続するポートですね。

ZXHN F660A 背面ポートとボタン

【出典】ZXHN F660A 取扱説明書

さて、auひかりの場合はONUとは別に、ルーター機能を持ったホームゲートウェイが必要となるので、2台分の電源コンセントと、機器を繋ぐLANケーブルも別途必要になります。機器類と電源コンセント、短いLANケーブル1本はKDDIから提供(レンタル)されます。

auひかり ホームゲートウェイ「BL190HW」

BL190HW

auひかりの場合はONUとホームゲートウェイが分かれています。

スペースはとりますが、ルーターのみどうしても市販品を使いたいという場合は、auひかりなどのONUとホームゲートウェイ・ルーターが分かれている光回線サービスを利用することとなります。

ONUは指定できない

NURO光は工事の際に、5種類のうちいずれかのONUが設置されます。どのONUが選ばれるかは、その時の工事班が持ってきているものの中からランダムに決められるようですが、最近は11acに対応した新機種が設置されることが多くなっているようです。

工事の際にONUを希望することはできないので注意しましょう。

また、11acに未対応の古いONUも、順次新しいものに置き換えていっているようです。

11acに非対応の最大450Mbpsのタイプでも十分高速ですが、より高速に通信したい場合は11acに対応したONUである「ZXHN F660A」かHG8045Q」を選びたいところですね。

【裏ワザ】NURO光のONUは交換できる!

NURO光を申し込み、11ac非対応のONUが設置されている場合、実はNURO光のサポートに電話して、最新のONUに交換してもらうことができるんですよね。

2015年9月以降に開通した人は無料、それ以前の人は交換に10,000円かかるようです。

もし無料で交換できるのであれば、お願いしてみるのもいいかもしれませんね!

ちなみに我が家では11acに対応した「ZXHN F660A」を使用しています。NURO光は噂通り高速で、本当に快適です。

NURO光 下り536.82Mbps

なお、NURO光の申し込み方法やキャンペーンは複数あって、どこから申し込もうかと頭を悩ませることとなります。。僕が調べた結果、So-net公式のキャッシュバックキャンペーンが一番いいと思ったので、2回利用して申し込んだので参考になれば幸いです。

2018年7月、またNURO光を申し込んでしまいました!これで3回目!

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討されている方は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2018年7月1日(日)~7月31日(火)】
終了まで残り 12

  • 35,000円キャッシュバック
    (2018年7月時点の金額)
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
    (通常9,000円)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

【管理人厳選!】NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年6月29日(金)〜 】

  • 5,500円キャッシュバック
    (ひかりTV同時申し込みで最大15,000円キャッシュバック)
  • dポイント最大10,000ptプレゼント
  • 工事費18,000円が無料(2018年9月30日まで)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応 BUFFALO製Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料(通常毎月500円)
  • インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。