NURO光のONUは6種類、Wi-Fi機能内蔵ですぐに使える!

NURO光のONUは6種類、Wi-Fi機能内蔵ですぐに使える!

NURO光を申し込んで無料レンタルできるONUは、

  • 有線LANポートが3つ
  • 無線LAN(Wi-Fi)機能を搭載
  • ネット接続に必要な情報が書き込まれている

高性能な端末で、開通工事完了後すぐにインターネット通信ができるようになります

しかし2021年4月時点、NURO光で提供中のONUは6種類あり、無線LANを最高速で利用できるのはうち3種類だけとなっています。

今回の記事では、NURO光でレンタルできるONU、性能の違いについて詳しく解説していきます!

NURO光でレンタルできるONUは6種類

FG4023BZXHN F660AHG8045QZXHNF660THG8045jHG8045D
FG4023BZXHN F660AHG8045QZXHNF660THG8045jHG8045D
有線LAN
ポート数
333333
無線LAN対応
対応規格11 a/b/g/n/ac/ax11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n
ダウンロード
速度
(Wi-Fi
最大速度)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
アップロード
速度
1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
IPv6 FW
(ファイア
ウォール)
設定済設定可未対応設定可設定可未対応

IEEE802.11acに対応しているONUと、対応していないONUとの違いは、無線LAN(Wi-Fi)接続時の通信速度が異なる点となります。

\ 45,000円キャッシュバック /

NURO光公式特典を見る
サブレくん
高速通信規格「11ac」に対応していないONUがあるんだね…!
Wi-Fi規格通信速度
IEEE802.11ac対応最大1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE802.11ac非対応最大450Mbps

11acに対応しているONUに関して、詳しくは以前の記事で書きました。

NURO光とauひかりのONUの違い

光回線を利用する場合、ONUという機器が必要になります。

ONUとは
Optical Network Unit」の略称で、光回線終端装置と呼ばれ、電機信号を光信号に変換する役目があります。

NURO光のONUは、ルーター機能も備えていて、有線LANポートが3つ無線LAN機能も無料で使用できます。

無線LANルーターを別途用意せずに無線(Wi-Fi)接続ができるので大変便利です。

僕は実際に11acに対応した 「HG8045Q」と 「ZXHN F660A」を使った経験があるので紹介します。

HG8045Q

HG8045Q

機器の裏側はこのようになっています。

HG8045Q 裏

ZXHN F660A

ZXHN F660A

機器の裏側はこのようになっています。

写真だとちょっと見づらいですが、LAN3の下の黄色いラベルには「TA」と書かれています。

TAとは「テレフォニー・アダプター」のことです。IP電話ポート、つまり光電話を使用する際に接続するポートですね。

ZXHN F660A 取扱説明書

【出典】ZXHN F660A 取扱説明書

参考までに、KDDIが提供している「auひかり」の場合はONUとは別に、ルーター機能を持ったホームゲートウェイが必要です。

そのため2台分の電源コンセントと、機器を繋ぐLANケーブルも配線しなければなりません。

機器類と電源コンセント、LANケーブル1本はKDDIから提供(レンタル)されます。

【参考】auひかりのホームゲートウェイの例 NEC「Aterm BL1000HW」

[auひかり]ONUと、ホームゲートウェイ「NEC製 Aterm BL1000HW」

auひかりの場合はONUとホームゲートウェイが分かれています。

一般的な光回線では、ONUとルーターやホームゲートウェイといった複数の端末が必要です。

サブレくん
NURO光はONUとルーターが一体型で、スッキリしているね!

NURO光では、レンタル品のONUを必ず使用しなければなりませんが、ONUがルーターを兼ねていて1台で済むのでスペースがスッキリするのが特徴と言えるでしょう。

ただし、NURO光で光電話サービスを利用する場合、専用の機器「テレフォニー・アダプター」が必要となり、別途レンタルすることとなります。

NURO光に限らず、光電話を使う場合にはどうしても2台の端末が必要となります。

ONUは指定できない

NURO光は工事の際に、6種類のうちいずれかのONUが設置されます。

  1. FG4023B
  2. ZXHN
  3. F660A
  4. HG8045Q
  5. ZXHNF660T
  6. HG8045j
  7. HG8045D

上記のうちどのONUが選ばれるかは、その時の工事班が持ってきているものの中からランダムに決められます。

ただ最近は、11acに対応した新機種が設置されることが多くなってきています

サブレくん
NURO光のONUレンタルは、まるでガチャ

しかし、工事の際にONUを希望することはできないので注意が必要です。

11acに未対応の古いONUは、順次新しいものに置き換わってきています。

無線LAN接続(Wi-Fi)に関して、11acに未対応の最大450Mbpsのタイプでも高速ですが、より高速に通信したい場合は11acに対応したONUである「ZXHN F660A」か「FG4023B」を選びたいところですね。

【2020年6月追記】
筆者は「HG8045Q」を使っているのですが、IPv6接続においてファイアウォールの設定ができないことが分かりました。セキュリティに万全を期すなら、おすすめしづらい機種となりました。

【裏ワザ】NURO光のONUは交換できる

では、NURO光ONUの古いタイプが来てしまったら、諦めて利用し続けるしかないのでしょうか。

実はNURO光のサポートに電話して依頼することで、最新のONUに交換してもらうことができちゃいます

NURO光を申し込み、11ac非対応のONUが設置されている場合、もし無料で交換できるのであれば、お願いしてみるのもいいかもしれませんね!

参考までに僕は2021年現在、11acに対応したHG8045Qを使っており、NURO光によるインターネット通信を快適に利用できています↓

有線LAN接続の速度
Wi-Fi接続の速度

なお、NURO光の申し込み方法や特典は複数あって、どこから申し込もうかと頭を悩ませることになるでしょう…。

TV CMでは月額980円(税込)サービスをプッシュしています。

僕がとことん調べた結果、So-net公式のキャッシュバック特典が一番いいと思いました。(引っ越しなどですでに2回、以下窓口からNURO光を申し込んでいます)

記事のまとめ

今回の記事では、

  • NURO光で無料レンタルできるONUは6種類ある
  • Wi-Fiで1Gbps以上の高速通信ができるONUは3種類
  • レンタルONUは指定できないが、後日交換できる

などNURO光のONUには、3つの特徴があることを紹介しました。

11acに対応していないONUが設置されてしまったのであれば、NURO光サポートに連絡して11acに対応のONUに交換してもらうことをおすすめします。

あわせてNURO光の公式特典ページもチェックしてみてくださいね↓

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年4月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月550円
    ※戸建てタイプのみ
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※料金は全て税込表示となります。

So-net公式の特典で、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合
ドコモユーザーのための光回線

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【dポイント】2,000円分プレゼント
  • ドコモショップへの来店不要
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と1、2位を争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

  • 45,000円キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年4月時点
  • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    ※戸建てタイプ: 電話サービス同時加入時、
    マンションタイプ: ネットのみでOK
  • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
  • 【auスマートバリュー】
    ※毎月550円〜1,100円 スマホ・ケータイ割引、無線LAN利用永年無料

ネットのみの申し込みで高額なキャッシュバックが受け取れる点、
安心できる代理店であることが申し込んだ理由です↓