NURO光のルーターで簡易NAS機能を利用してみる!

NURO光のルーターで簡易NAS機能を利用してみる!

NURO光のルーターは簡易NAS機能を持ったものが用意されています。

通常、簡易的なNAS機能を備えた無線LANルーターは1万円以上はしますが、なんとNURO光のルーターには無線LAN機能だけでなく、NAS機能も備えているという優れもの。

今回はNURO光のルーターが備えているNAS機能を紹介します。

我が家で使用しているNURO光のルーターは「F660A」なので、これを例に記事を書いてみます。

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年5月1日(水)~5月31日(金)】
あと 11

NAS機能とは

NURO光 ルーター 簡易NAS samba

NASとは、「Network Attached Storage」の略称で、家庭内LANなどのネットワークに繋いで利用する記録装置(HDDやUSBメモリ)のことを指します。

ネットワークに接続できるデータドライブ(HDD、USBメモリなど)であり、主に企業のデータ管理や家庭でのメディア共有に利用されています。

例えば、家庭内のネットワークに接続されていれば、写真や動画をNASに保存しておくことで、いつでもどの端末でも家族で共有することができます。

テレビで見ていた映画の続きを、スマホやタブレットで見るといった使い方ができますね。

NURO光の場合は、無線LANルーター機能を搭載したONU兼ルーターに、簡易的なNAS機能が備わっています。

要するに、NURO光のONU兼ルーターのUSB端子にHDDやUSBメモリなどを差し込み、ネットワーク利用が可能になるということです。

NURO光のNAS機能

NURO光でNASを利用できるONU兼ルーターは、「F660T」や「F660A」、「HG8045Q」、「HG8045D」になります。

利用できる機能は、

  • DLNA(メディア共有機能)
  • Samba(ホーム共有機能)
  • FTP(ファイル転送プロトコル)

となります。

HG8045j
「HG8045j」もNAS化に対応しているんですが、FTP接続だけしか使えないようです。

NURO光では非公式なサービスですが、実はONUを最新のものに交換してもらうことができるので、興味がある人はサポートセンターに連絡してみましょう。

続いて、各機能について説明してみます。

DLNA(メディア共有機能)

DLNA

DLNAとは、「Digital Living Network Alliance」の略称で、家電、モバイル、PCといった機器の相互接続を容易にするために、2004頃に始まった「ガイドライン」のこととなります。

通常異なる各メーカー、各機器のデータを、他の製品でも取り扱えるようにするにはルールが必要となります。そこで、DLNAというガイドラインが登場したわけです。

Samba(ホーム共有機能)

NURO光 Samba
ブラジル!?
そっちのサンバじゃないぞ!

SambaとはマイクロソフトのWindowsネットワークを実装したフリーソフトウェアのこととなります。

Unix系OSを用いて、Windowsのファイルサーバーなどを提供できるます。

小難しいですが、ほとんどのONUは、システムにUNIXを採用しているため、ファイルサーバーとして利用する際には、Sambaが必要になるのです。

Sambaを使うことで、ONUに接続したHDDやUSBメモリなどのデータを、Windowsのパソコンに保存したデータと同じように編集ができるようになります。

ONUに接続された記憶媒体のデータを、Sambaを利用することで、PCのファイルと同様に扱えるメリットがあります。

FTP(ファイル転送プロトコル)

FTPとは「File Transfer Protocol」の略称です。

主にファイル転送に用いられるインターネット通信技術のため、ホームページ運営などをされている方は、もしかすると知っているかもしれませんね。

FTPを利用することで、高速なデータ送受信が可能となります。

Sambaのように、PCと同様なデータの利用や編集はできないのですが、大容量データを送受信する際には重宝します。

これらの機能は、通常は1万円以上はする高額な無線LANにしか搭載されていません。

ONUに搭載されるのはかなりレアケースとなっています。

NURO光ユーザーであれば、これらの機能を通常の利用料金範囲内で利用できるので、興味がある人は是非活用してみてくださいね。

ONUの取扱説明書(マニュアル)

ONUの取扱説明書がアップされているのでファイルを紹介します。

F660Aの取扱説明書

NASを利用するなら専門機器を買うのがラク

2018年に入って、NASの専用機器を欲しくなり、「BUFFALOのLS210シリーズ 3TB」をAmazonで購入しました(笑)

NAS専用機器ならWindowsやMac、iOS端末やAndroid端末用のソフトウェアが用意されているので、本格的にNASを使いたいのならこちらをオススメします。

特に、NURO光のONUは、Macで様々な設定を試みるのはなかなか難儀な印象です。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年5月1日(水)~5月31日(金)】
終了まで残り 11

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年5月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 【dポイント大幅増額中】新規20,000円、転用10,000円分プレゼント
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年5月1日(水)~5月31日(金)】
終了まで残り 11

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓