【2018年10月更新】NURO光のメリットや良い評判をまとめてみます!

NURO光のメリットや良い評判をまとめてみます!

今回の記事では、国内最速下り2Gbpsが魅力の「NURO光」を2年9ヶ月実際に使用している管理人「とみっち」が感じたメリットや良い点を紹介し、実際に使っているユーザーの良い評判などもまとめてみます。

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2018年10月1日(月)~10月31日(水)】
あと 8

NURO光に関しては、良い部分だけではなく「NURO光のデメリットや悪い評判」といった記事も書いているので、ぜひ合わせて読んでくださいね。

悪い部分も把握し、納得した上でぜひ申し込んでほしいです!

NURO光のメリット一覧

冒頭の目次と重複してしまうんですが、NURO光のメリットを僕なりに挙げると以下となります。

NURO光のメリット
  • キャンペーンで35,000円キャッシュバック (2018年10月の金額)
  • キャンペーンで回線工事費4万円が実質無料
  • 業界最速 下り最大2Gbps
    ※有線LANは規格上1Gbps(3ポート)が最大で、無線LANと合わせてトータルで最大2Gbps
  • 月額4,743円(税抜)無線LANが使えるコミコミ価格
  • 有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)がずっと無料
  • NTTの回線を利用しているので通信が安定している
  • 月額料金500円(税抜)で「NURO 光 でんわ」が使える
    ※NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能 NEW!!
    ※特別価格、無制限プランあり
  • ひかりTV for NURO」が利用可能(関東限定)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)
  • SoftBankのおうち割対象
    ※1,008円〜2,000円割引

それぞれの項目を詳しく説明してみます。

【下り最大2Gbps】業界最速の光回線

下り最大2Gbpsの通信速度は世界最速!

ただし誤解されがちなんですが、NURO光は2Gbpsの速度で通信できるようにするサービスではないんですよね。

事務所でNURO光を使っているので、何回か速度測定してみました↓

【NURO光】下り948Mbps、上り845Mbps

どういうことかというと、PCだったり、スマホ、タブレット、ゲーム機など、特定の1機種で下り2Gbpの通信速度は出ないということです。

国際標準規格である「GPON」というのを使用することで、WAN側から光回線終端装置(ONU)へ上り2Gbpsを提供するサービスを実現しているのであり、有線LANの場合は規格上1Gbps(1000BASE-T)が最高の通信速度となります。

NURO光のONUには、有線LANポートが3ポート、そして標準で無線LAN機能がついています。

僕の自宅で使用していたNURO光のONU兼ルーター「ZXHN F660A」です。

【NURO光】ONU兼ルーター 正面 【NURO光】ONU兼ルーター 背面

有線LANと無線LANを全て合わせて、同時使用時の合計速度が最速2Gbpsということになるのです。

無線LANでどのくらいの速度まで対応できるかは、家に届けられたONUによって異なり、最大450Mbps最大1,300Mbpsのどちらかで通信できることとなります。

So-netから未だに最大450Mbpsの古いONUが届くことがあります…

無線LANの最新規格であるIEEE802.11acが使えるかどうかで変わってくるのです。

ただし、どのONUが届くかはランダムで、「IEEE802.11ac」が使える最新機種を指定することはできないのです。

レンタルから返却されたONUを最新機種に変更するのにもコストがかかるし、無線LANの下り通信速度が最大450Mbpsでも、普通の人にとっては十分高速なものだからでしょう。

詳しくは以前書いた記事を読んでください。

ここまで書くと、2Gbpsのサービスとは言っても、通信の速度でそこまでの速度は出ないからムダなんじゃないかと思われるかもしれません。

が、しかし!1Gbpsのサービスで複数台利用するのと、2Gbpsのサービスで複数台利用するのだと、やはり後者の2Gbpsの方がより高速に通信できる可能性が高いと言えるのです。

【2018年10月最新】 実際の測定速度

ネット回線の通信速度測定サイト「RBB SPEED TEST」では、前日の測定ランキングを公開しています。NURO光がランクインしているか時々調べてみるのも面白いですね。

2017年12月25日の固定回線 最速値[ギガ] ランキング

RBB SPEED TEST 固定回線 最速値[ギガ]TOP10
1位auひかり下り836.6Mbps上り699.7Mbps
2位NURO光下り720.5Mbps下り726.4Mbps
3位auひかりホーム下り535.9Mbps下り452.8Mbps

NURO光がランクインしていることは多いのですが、auひかりも下り最大1Gbpsに関わらず速いですね!どちらも僕自身使っているので、自身を持って家族や友人にもオススメできる光回線です。

2018年10月現在、NURO光はオフィスで、auひかりは自宅(戸建)で使用しています。auひかりのサイトも作りました(笑)

auひかり 評判くん

RBB SPEED AWARD 2017から見るNURO光の回線速度

RBB SPEED AWARD 2017

【出典】RBB SPEED AWARD 2017

NURO光は通信速度測定サービス「RBB SPEED TEST」が実施した「RBB SPEED AWARD 2017」において、固定回線の部と固定回線 Wi-Fi速度の部でそれぞれ関東最優秀賞を獲得しています。

【NURO光】RBB SPEED TEST 2017 - 固定回線の部 - 回線事業者(契約プラン)部門 - 関東最優秀賞
【NURO光】RBB SPEED TEST 2017 - 固定回線 Wi-Fi速度の部 - 回線事業者(契約プラン) Wi-Fi部門 - 関東最優秀賞

【出典】RBB SPEED AWARD 2017

実際にユーザーが計測したデータの平均値なので、信憑性は高いと言えます。

NURO光の回線速度の平均値は、有線LANで下り平均432.0Mbps無線LANで下り平均142.12Mbpsとなっています。

僕が2018年3月まで賃貸アパートで使用していた時は、有線LAN、無線LANともに大体500Mbps前後でした。

NURO光 回線速度調査 536.82Mbps

2018年7月にオフィスで導入したのですが、有線LANで900Mbps前後、無線LANで400Mbps前後となっています。

【NURO光】速度調査結果 900Mbps前後
どちらも一般的なNURO光の戸建タイプ(G2V)を使用しています

NURO光公式サイトの注意書きに、

NURO光の無線LAN最大速度は450Mbpsです(技術規格上最大値)

とあるんですが、先ほど書いたように、現在は11ac対応のONUが届けば無線LANで1,300Mbpsの通信速度が最大となっています。

月額料金は4,743円(税抜)

戸建てタイプで、無線LANを使用する前提で各社の光回線の料金をまとめてみました。

各社光回線 月額料金表(戸建タイプの場合)

※表は横スクロールが可能です。
ネット
料金
電話基本
料金
ネット+
電話実質
料金
最大速度
下り
上り
無線LAN割引、
キャッシュバック等
4,743円500円5,243円2Gbps
1Gbps
無料1,008円〜2,000円
(SoftBankおうち割)

35,000円
(キャッシュバック)
3,500円
(割引時)

5,100円
(通常時)
無料
(60ヶ月)
3,500円1Gbps
1Gbps
無料934円〜2,000円
(auスマートバリュー)

最大50,000円
(月額料金割引未選択時 キャッシュバック)
5,200円500円5,700円※11Gbps
1Gbps
無料800円〜1,100円
(ドコモセット割)

最大15,000円
(キャッシュバック)
最大2万円分
(dポイントプレゼント)
eo光
関西地方
4,953円無料4,953円1Gbps
1Gbps
286円934円〜2,000円
(auスマートバリュー)
コミュファ光
1ギガホーム

東海地方
3,940円
(割引時)

5,550円
(通常時)
無料※33,940円1Gbps
1Gbps
無料934円〜2,000円
(auスマートバリュー)
5,200円
500円6,575円※21Gbps
1Gbps
300円1,008円〜1,522円
(SoftBankおうち割)
フレッツ光
ネクスト
ギガファミリー

NTT東日本(戸建)
4,600円※4
+ プロバイダ料金500円〜
500円〜5,600円〜1Gbps
1Gbps
無料
フレッツ光
ネクスト 隼

NTT西日本(戸建)
4,300円※5
+ プロバイダ料金500円〜
500円〜5,300円〜1Gbps
1Gbps
無料
J:COM 320MB
ケーブルテレビ
回線
6,000円1,000円7,000円0.32Gbps / 0.01Gbps500円934円〜2,000円
(auスマートバリュー)
※表は横スクロールが可能です。

2018年10月調査時点の情報で、料金は税抜表示
※1 工事費用負担 2年間の分割払い時: 750円 × 24か月
※2 工事費用負担 2年間の分割払い時: 875円 × 24か月
※3 ギガデビュー割(光回線と光電話のセット割引)適用、プロバイダ「コミュファ光」の場合
※4 通常料金5,700円 「ギガ推し!割引」で300円、「にねん割」で700円、「フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント」で100円それぞれ割引された金額
「ギガ推し!割引」は30ヶ月間適用
※5 通常料金5,400円 「光はじめ割(1・2年目)」で1100円割引された金額

各社の料金を比べると、NURO光は通信速度が業界最速な上に、利用料金も安いことが分かります。

ただし、auユーザーでスマートバリューの適用を受けられるのであれば、auひかりの利用料金が最安値となりますよね。

有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)が無料

カスペルスキー セキュリティ

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ(Windows、Mac、Androidに対応)が最大5台までインストール可能です。

カスペルスキーが提供するサービス一覧は、So-netのサイトにまとまっています。

カスペルスキーの有料版が無料で使えるのはかなりのメリットじゃないでしょうか。

カスペルスキーを利用するには、NURO光が開通した後、So-netのマイページ上からソフトをダウンロードします。

So-netマイページ → サービスご利用状況 → 「オプションサービス・コンテンツサービスご利用状況」の欄

インストール手順に従って、ソフトをダウンロードして、インストール・設定しましょう。

NTTの回線を利用しているので通信が安定している

NURO光は、NTT東日本の光ファイバー設備(ダークファイバー)を利用しています。

ダークファイバーというのは、通信事業者が敷設している光回線のうち、未使用の状態となっている回線のことです。

やはり、NTTの回線なので安定している印象がありますね。

SoftBank端末を利用している人は「おうち割」で毎月最大2,000円割引

おうち割 光セット

【出典】https://www.nuro.jp/hikari/phone/sb.html

SoftBankのスマホ、ガラケーやタブレットを利用している人は、2年間毎月最大2,000円、3年目以降も毎月最大1,008円の割引を受けることができます!

おうち割」は新名称のようなので、旧名称の「スマート値引き」でピンとくる人がいるかもしれません。

ホワイトコール24

【出典】https://www.nuro.jp/hikari/phone/sb.html

SoftBankのスマホを利用している人はさらに、SoftBank携帯電話との通話が24時間無料になる「ホワイトコール24」に申し込むことができます。

NURO光の対応エリアで、SoftBank端末を使用しているのであれば、光回線はNURO光に申し込むのが安く使えていいですよね!

【2018年10月】キャンペーンで35,000円キャッシュバック

【NURO光】35,000円キャッシュバック

【出典】NURO 光 キャッシュバックキャンペーン

NURO光公式のキャッシュバックキャンペーン経由でNURO光に申し込めば、オプションなどに強制加入させられることもなく、35,000円(2018年10月)のキャッシュバックをもらうことができます!

キャンペーンで回線工事費4万円が実質無料

【NURO光】2018年7月 光回線屋外工事

工事費は実質無料となっています。

月額利用料4,743円(税抜)の「NURO 光 G2 V」プランは2年間の使用が前提で、工事費用は毎月分割払い、その金額はキャンペーンで無料になるんですが、2年間経たずに解約する場合は、工事費残額を全額支払う必要があるのと、違約金9,500円(税抜)が発生するので注意が必要です。

NURO光の良い評判

Twitterで調べたNURO光の良い評判をまとめてみます。

Twitter

NURO光は高速な上に、ping値が低いのが特徴です。一般にping値が10ms以内だと、どのようなオンラインゲームも快適にプレイできるとされています。

我が家のping値は5ms〜8ms程度となっていますね

仮に800Mbps出ていれば、1秒間に100MBダウンロードできます。

1GBのデータをダウンロードするのに10秒程度でダウンロードできる計算となりますね。

Mbps(メガビーピーエス)とは?
bpsという表記は、1秒間に何bit(ビット)送受信できるかを表します。

8bit(ビット) = 1B(バイト)

であるため、

8bps = 1MB/s
100Mbps = 12.5MB/s

となります。「ps」や「/s」は「毎秒」のことです。

実際のところ、NURO光の下り速度の平均値は300Mbps〜500Mbpsの範囲なんじゃないかなという印象があります。

光回線の状況が良ければ1Gbps近く出ることもあるんですけど、そこまで出る人は全体の1割いるのかな。。あ、これはメリット言えるのかどうなのか…w

モバイルWi-Fiだと、通信制限があったりする点が不便ですよね。。

僕もWi-Fiルーターを光回線が使えない際の代替として自宅で少し使ってたんですが、快適にネットを利用するのであれば、やはり光回線を使いたいところですね。

僕は最初にNURO光を申し込んだ時は3週間で開通しました。その後、今住んでいる家に引っ越した際にNURO光を導入した時には、1ヶ月と数日くらいで開通しました。

平日に工事の立会いができれば、比較的早く開通するかと思います。

初月の請求は無料なので、2016年12月に申し込んでいたら、2017年1月が初回請求無料になるはずですよ!

キャッシュバック申請をしてからの振込までの対応が早いなと思っていましたが、30秒で振り込まれたのはすごいですね。

そういえば僕も、Web上でのキャッシュバック申請後3分で振込を確認しました。

ネット回線満足度ランキング、顧客満足度調査

「価格.com」が実施した「ネット回線満足度ランキング2017」および、権威ある顧客満足度(CS)調査・コンサルティングの専門機関「J.D.パワー」が実施した「2017年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」において、NURO光はどちらも関東地区1位を取得しました。

価格.com - ネット回線満足度ランキング2017

【出典】価格.com - ネット回線満足度ランキング2017

J.D.パワー - 2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査

【出典】J.D.パワー - 2017年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査

NURO光は2013年のサービス開始以降、着実に利用者数を伸ばしていて、顧客満足度も年々向上しているように思われます。

2018年1月からは関西地方や東海地方へとエリア拡大しました。

2018年10月現在、NURO光の最新対応エリアは以下となっています。

関東1都6県東京都神奈川県千葉県埼玉県群馬県栃木県茨城県
関西2府3県大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
東海4県愛知、静岡、岐阜、三重

※一部エリアを除きます
※市区町村別対応状況調査中

そんな、NURO光を提供するSo-netが、web限定で公式に35,000円キャッシュバックサービスを実施しています。

キャッシュバックなしで申し込むと明らかに損をする内容になっているため、申し込み前には必ずキャンペーンの内容を確認してみてくださいね↓

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討されている方は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年10月1日(月)~10月31日(水)】
終了まで残り 8

  • 35,000円キャッシュバック
    (2018年10月時点の金額)
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    (特別価格、無制限プランあり)
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
    (通常9,000円)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

【管理人厳選!】NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

web限定申し込み特典が多数あります。
【2018年10月1日(月)〜 】
終了まで残り 8

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大20,000ptプレゼント
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料(通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年10月1日(月)~10月31日(水)】
終了まで残り 8

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,400円(税抜)
  • 【キャッシュバック】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。