【NURO光のONU】IPv6のセキュリティに問題!?HG8045Qで検証・対策方法を考えてみた

【NURO光のONU】IPv6のセキュリティに問題!?HG8045Qで検証・対策方法を考えてみた
本記事は2020年6月9日に公開しました。

2020年6月初旬、NURO光に関して以下のエントリが話題となりました。

参考記事
Qiita - NURO光はセキュリティ的にやばいって話 (安全に使うための方法)

※残念ながら現在は閲覧できなくなっています。

NURO光でIPv6接続した際、一部のONUではセキュリティに問題という内容になっています。

僕もNURO光を使っているので心配になり、使用中のONU「HG8045Q」で検証してみました。

一部のONUはIPv6でファイアウォールが設定できないようですが、今回の記事ではあわせて対策方法も紹介します。

【NURO光】IPv6のファイアウォールをオンにできない

NURO光の通信方式は、従来のIPv4だけではなく、IPv6での通信も可能となっています(IPv4/v6デュアル方式)。

IPv4(動的)に加えてIPv6(動的)でのネットサービス利用が可能となるIPv4/v6デュアル方式のご提供 となります。IPv4アドレスはもとよりIPv6アドレスに対応したインターネット接続サービスをご利用いただけるようになります。

【出典】NURO光 - IPv6対応

光回線事業者からレンタルできるホームゲートウェイやルーターは、通常IPv6用のファイアウォール(IPv6 FW)が実装されていて、外部からの接続をブロックすることができます。

しかし、NURO光の一部のONUではファイアウォールが未対応となっているようです…。

レンタルできるONUのIPv6ファイアウォール(FW)対応状況です。

FG4023BZXHN F660AHG8045QZXHNF660THG8045jHG8045D
FG4023BZXHN F660AHG8045QZXHNF660THG8045jHG8045D
有線LAN
ポート数
333333
無線LAN対応
対応規格11 a/b/g/n/ac/ax11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n
ダウンロード
速度
(Wi-Fi
最大速度)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
アップロード
速度
1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
IPv6 FW
(ファイア
ウォール)
設定済設定可未対応設定可設定可未対応
※表は横スクロールが可能です。

高速無線LAN規格である「IEEE802.11ac」に対応しているものは「ZXHN F660A」、「FG4023B」、「HG8045Q」となります。

僕が使っている「HG8045Q」も未対応とのことで、そんなバカな…!?と思い、色々と試してみました。

IPv6接続でping送信テスト

【6月12日追記】
IPv6の場合、ファイアウォールが設定されていてもpingは通る場合もあり、セキュリティ上すぐに問題にはならないということです。

pingコマンドでテストした結果は以前のまま残します。

まずは本当に外部から接続できてしまうのかテストしてみます。

ターミナル(コマンドプロンプト)を起動してIPv6のIPアドレスを調べ、pingコマンドを実行してみます。

IPアドレスは以下のサイトでも調べることができます。

外部からのアクセスを遮断するのが本来は望ましい挙動です。

以下の記事を参考にしながら、僕が使用しているNURO光とドコモ光それぞれで、IPv6でネットに接続してpingを受信できるかどうか試してみます。

僕は仕事柄、光回線はドコモ光(プロバイダはGMOとくとくBB)、auひかり(プロバイダはSo-net)、NURO光の3つを使用しています。

どの光回線もIPv6通信が可能です。

pingコマンド
WindowsやMacには、コマンドを入力して様々な処理を実行できる「ターミナル」というソフトウェアが搭載されています。俗に言われる黒い画面のあいつです。

ターミナル - pingコマンドの画面pingコマンドは、ターミナル上で実行できるネットワークに接続できるかどうかをテストできるコマンドです。

念のため、IPアドレス部分にはボカシを入れています。ご了承ください。

ドコモ光

まずはドコモ光で検証します。

プロバイダはGMOとくとくBBを使用していてIPv6(v6プラス)で通信ができます。

ONUはNTTの「GE-ONU」、ルーターは無料レンタルしているNECの「Aterm WG1900HP2」です。

【ドコモ光】IPv6 ping受信テスト

pingコマンドを実行したのですが、タイムアウトとなり接続されない当然の結果となりました。

NURO光(ONUはHG8045Q)

いよいよNURO光で検証してみます。

他の光回線と同様にタイムアウトされれば、「IPv6のセキュリティに問題がある」という内容をくつがえすことができるのですが、結果は…

NURO光】IPv6 ping受信テスト

pingが通りました…!

ONUやPCの設定はなにも変更していません。

先に紹介した記事を鵜呑みにするのなら、なんとなくNURO光はセキュリティがゆるいのかなーと思ってしまう気持ちも分かります。

ちなみにIPv6アドレスは128ビット、つまり128桁の2進数からなります。すなわち2の128乗、約340澗(1澗は1兆×1兆×1兆)個という膨大な数になります。

IPv6のIPアドレス数
IPv4では約43億個のIPアドレスを使えますが、IPv6では「約340かん個」という、途方も無い数のIPアドレスを使えます。
澗は2の128乗、10進数でいうと「10000000000000・・・・・・・・・」と0が36個もつくとてつもない数です。

ランダムな攻撃で、自分が使用しているIPv6アドレスがヒットしてしまう可能性は限りなく低いと言えます。

【6月12日追記】auひかり

auひかりもIPv6に対応しています。

僕はプロバイダにSo-netを使用しています。

ホームゲートウェイはNECの「Aterm BL900HW」です。

【auひかり】IPv6 ping受信テスト

auひかりもpingは通りました。

Twitterで指摘されたのですが、IPv6でファイアウォールの設定有無に限らず、pingが通る設定になっているサービスもあるようです。

つまり、今回検証したpingコマンドの送信で、NURO光だけダメという検証はできませんでした。

ポートが空いているかどうかを外部からチェックする「ポートスキャン」という方法もあるようなので、後日検証します。

NURO光のIPv6は危ない!ということがイマイチ実証できないのですが、どなたか詳しい人に具体的に説明してほしいですね…!

【対策1】ONUでIPv6を使用しない方法

IPv6のファイアウォールをオンにできない場合、対策をするならIPv4に切り替えて使うという方法が考えられます。

僕はNURO光をIPv6をオンにして使っていますが、気になる人はIPv4のみでネットが使えることを覚えておいてください。

HUAWEI社製のONU(例: HG8045Q)

僕が使っているONU「HG8045Q」を例に手順を紹介します。

HUAWEI社製のONUであれば、手順は大体同じかと思います。

【NURO光】ONU(HG8045Q)管理画面
  1. NURO光を利用している回線で「http://192.168.1.1/」にアクセス
  2. 管理画面にログイン
  3. IPv6」タブを選択
  4. リソース割り当て情報」から「ルータ広告を有効にする」「DHCPv6サーバを有効にする」をチェックをそれぞれオフに変更

この手順で簡単に、NURO光のIPv4/v6デュアル方式からIPv4だけ使った接続に切り替えることが可能です。

以下のSo-netのページでIPv4に切り替わったかどうか確認できます。

IPv4で通信している場合↓
IPv6表示確認 IPv4で通信

あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。」で調べてみても、IPv6がオフになったことが確認できます。

あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。

IPv4接続でping送信テスト

NURO光がIPv4接続となったことで、先ほどと同様にping送信テストを実行してみます。

IPv6のIPアドレスがなくなったので、IPv4のIPアドレスにpingコマンドを実行します。

NURO光 IPv4 IPアドレス ping送信

IPv4アドレスなので、当然タイムアウトします。

IPv4のみで接続している間は、IPv6のIPアドレスは発行されないので安心です。

IPv4接続のみでネットは問題なく使える?

NURO光でIPv6接続をオフにして心配となるのが、ネットが問題なく使えるかどうかです。

スピードテストしてみたのですが、速度は変わらず問題ありません。

【NURO光】IPv4のみでスピードテスト

Wi-Fi(無線LAN)でも400Mbps前後が出ています。速度がちょっと遅くなったかな?という時でも200Mbps以上は出ていました。

Webサイトの閲覧ですが、若干IPv4/v6デュアル方式のほうが軽快な場面があるような気はしますが…、正直僕には体感できませんでした。

YouTubeやVODなどの動画視聴も問題ありませんでした。

NURO光はIPv4接続のみでも問題なく使えるという結果になりました!

【対策2】外部ルーターを接続する方法

NURO光のONUは、ホームゲートウェイとルーターが一緒になっている端末です。

ルーター機能を停止させることも、ブリッジモードにすることも不可なので注意しましょう。

このONUにセキュリティの不安があっても、外部ルーターを使用しセキュリティを設定すれば、それより先への不正アクセスは防止できます。

設定が面倒なのでこの方法は試していませんが、外部ルーターを使用する人は以下の記事が参考になりそうです。

【対策3】ONUを交換する

参考までに、現在NURO光で設置されるONUの情報を載せておきます。

機種を選ぶことはできず、宅内工事の際にランダムで設置されます。

FG4023BZXHN F660AHG8045QZXHNF660THG8045jHG8045D
FG4023BZXHN F660AHG8045QZXHNF660THG8045jHG8045D
有線LAN
ポート数
333333
無線LAN対応
対応規格11 a/b/g/n/ac/ax11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n
ダウンロード
速度
(Wi-Fi
最大速度)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
アップロード
速度
1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
IPv6 FW
(ファイア
ウォール)
設定済設定可未対応設定可設定可未対応
※表は横スクロールが可能です。

高速無線LAN規格である「IEEE802.11ac」に対応しているものは「ZXHN F660A」、「FG4023B」、「HG8045Q」となります。

IPv6のファイアウォールが設定でき、かつ高速通信11acに対応しているものは「ZXHN F660A」一択となります。

開通後にONUの交換をお願いすることができます。公式には案内されていない裏情報です。

【NUROテクニカルセンター】
電話番号:0120-300-260
受付時間:9時~18時

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い縮小運営中です。非常につながりにくいようです。

So-netマイページからならオンライン問い合わせが可能です。

(機器に関する問い合わせ先がどのページかまでは発見できませんでした…。)

サポートセンターに問い合わせたところ、既に無線LANの高速通信企画11acに対応しているONUが既に設置されている場合は交換不可、11acに未対応の場合でもメーカーをまたいでの変更はできないとのことです。

ONUが交換可能な例

【NURO光】ONU HG8045DとHG8045Qの外観

僕の場合の例ですが、宅内工事の際に11acに未対応の「HG8045D」が設置されました。

開通後、11acに対応したONUに変更したいと連絡したところ、「HG8045Q」と交換してくれました。

同一メーカーだとアップグレードOKのようですね。

交換前交換後
HG8045D
※11ac未対応
HG8045Q
※11ac対応
ZXHNF660T
※11ac未対応
ZXHN F660A
※11ac対応

ONUが交換不可能な例

メーカーを変更しての交換依頼や、既に11acが使えるONUが設置されている場合には交換できないようですね。

交換前交換後
HG8045Q
※11ac対応
ZXHN F660A
※11ac対応
HG8045D
※11ac未対応
ZXHN F660A
※11ac対応

 
11ac、IPv6のファイアウォール両方に対応している「ZXHN F660A」が設置されるかどうかは運に任せるしかないという、なんともやるせないシステムではあります。

まとめ

今回はNURO光でIPv6接続する際のセキュリティに関して触れました。

  • 一部のONUはIPv6用のファイアウォールを設定できない
  • IPv6をオフにしてIPv4のみで通信可能
  • どのONUが設置されるかはランダム

今回の記事がNURO光を使っている人や、これから使ってみようと検討している人の参考になれば嬉しいです。