【NURO光】IPv6に対応しているの?IPv4とIPv6との違いを解説

NURO光はIPv6に対応しているの?IPv4とIPv6との違いを解説

NURO光は、IPv6方式でのインターネット接続に標準で対応しています。

他社の光回線の場合IPv6に対応しておらず、IPv4でしか通信できない場合も多いですが、NURO光なら問題なくIPv6で高速通信をすることが可能です。

この記事では、NURO光におけるIPv6の対応状況やIPv6のメリット・デメリットについてなるべくわかりやすく解説します。

IPv6ってなんだかむずかしそうだけど、対応していることはわかったっ!
So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2018年10月1日(月)~10月31日(水)】
あと 8

NURO光はIPv6に対応している

NURO光は、IPv6に対応している光回線サービスとなります。

フレッツ光など他社回線の一部のプロバイダではIPv6にまだ非対応なケースも見受けられますが、NURO光なら既に対応済みなので心配は無用です。

IPv4(動的)に加えてIPv6(動的)でのネットサービス利用が可能となるIPv4/v6デュアル方式※のご提供となります。IPv4アドレスはもとよりIPv6アドレスに対応したインターネット接続サービスをご利用いただけるようになります。

通信局のソフトウエアを順次バージョンアップの上、ご提供となります。通信局のバージョンアップ後は、IPv6対応機器をご利用のすべてのNURO光のお客さまがご利用いただけます。

【出典】NURO光公式サイト > IPv6対応

2013年10月31日に対応が完了しているようです。

NURO光のIPv6/IPv4対応状況

  • 標準で利用可能で、申し込みの必要はなし
  • 料金は無料
  • IPv6対応のページではIPv6、非対応のページではIPv4で自動的に通信可能

NURO光では、IPv6が自動で利用される設定になっている

他社の光回線でIPv6を利用する場合、あらかじめプロバイダに利用を申し込んだり、自分でIPv6用の設定を行ったりしなければいけないケースもしばしばあります。

しかし、NURO光の場合は、Windows・Mac共にIPv6利用の際に特別な設定を行う必要はありません。標準で、IPv6を使えるようになっています。

IPv6に対応したサイトを閲覧する際はIPv6で接続され、非対応のサイトでは通常通りにIPv4での接続が行われるしくみです。

こちらからあれこれ設定を行う必要はないので、誰でもすぐにIPv6接続を利用できるのがNURO光のメリットですね。

IPv6とは

IPv6を使えるNURO光ですが、IPv6というものがそもそも何なのかがピンと来ない方も多いですよね。IPv6はIPの方式のことです。

NURO光でIPv6接続を利用すれば、簡単に説明すると、

通信速度がIPv4接続を利用している通常時よりも速くなる可能性が高い

と言えます。

100%通常より速くなる保証はありませんが、多くの場合IPv6対応サイトの読み込みならIPv4よりIPv6を使っている時の方が速度は高速になります。

NURO光は元々最大2Gbpsという高速通信に対応している光回線サービスですが、IPv6接続を行えばさらにスピードの上昇が期待できます。

IPv4とIPv6は何が違うのか

IPv4もIPv6も「インターネットプロトコル」、つまりIPと呼ばれるものの方式です。インターネットを利用する際は、それぞれの機器にIPを設定する必要があります。

IPv4では約43億個のIPアドレスを使えますが、インターネットの利用者が増えた現在ではそれでも足りなくなってきています。

IPv4は利用者が多いため、結果回線も混み合っていて速度が出にくいです。

IPv6は 「約340澗個」という、途方も無い数のIPアドレスを使えます。「」という桁はなかなか日常でも聞かないですよね。

命数法
僕は小学校の時に「命数法」を「一」から「無量大数」まで覚えましたw

一(いち)、十(じゅう)、百(ひゃく)、千(せん)、万(まん)、億(おく)、兆(ちょう)、京(けい)、垓(がい)、𥝱(じょ)/秭(し)、穰(じょう)、溝(こう)、澗(かん)、正(せい)、載(さい)、極(ごく)、恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由多(なゆた)、不可思議(ふかしぎ)、無量大数(むりょうだいすう)

「澗」はとてつもない数字ですね...w

「澗」という単位が「億」よりもだいぶ大きいことはわかったっ!

IPv6ならIPアドレスの数にとても余裕があるので、たくさんの機器にIPアドレスを割り振ってもまだまだ余裕があるため速度も出やすいのです。

ここまで聞いても、あまりピンと来ないかもしれません。道路に例えるのが一番わかりやすいので、道路を例に説明します。

IPv4

IPv4

IPv4は、これまで長い間使われてきたIPで、現在は利用者が多いため渋滞している夏休みの道路のようなものです。

IPv6

IPv6

IPv6は混雑に伴い開発された新しい道路のようなものです。道が非常に広くて混み合わないため、スイスイ移動できます。

IPv4よりも速度が改善される可能性が高いIPv6を使える環境にいるなら、使わない手はありません。

IPv6を利用するとこんなメリットが!?

IPv6を利用するメリットは、やはり通信速度が出やすくなることでしょう。

インターネットの通信速度が変化する理由は様々であるため100%速度が改善されるとは限りませんが、IPv4からIPv6に切り替えれば速度が改善されるケースはしばしばあります。

他には、地味なメリットですがルーターの負荷が軽減されることも挙げられますね。効率的にデータを送信できるので、ルーターに負荷がかかって調子が悪くなる事態を抑えられます。

IPv6を利用する際のデメリット

IPv6のデメリットは、IPv4にしか対応していないサービスでは利用できないことでしょう。

NURO光の場合IPv6に非対応のサービスへは自動でIPv4接続が行われる仕様ですが、他社の場合はサイトが閲覧できず手動でIPv4に切り替えなければいけない場合もあります。

現時点ではそこまで大々的に普及が進んでいないため、IPv6を生かせない場面もまだまだあります。

まとめ

NURO光ではIPv6方式でのインターネット接続に対応しており、対応するサイトの閲覧時などは自動でIPv6接続が行われます。

利用料金は無料で、申し込みを行う必要もありません。

かんたんに導入できますね

通常の通信速度自体が下り最大2Gbps(上りは最大1Gbps)もあり、さらにIPv6方式での通信にも対応しているNURO光。通信速度を重視する人には、見逃せない選択肢と言えるでしょう。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討されている方は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります!
【2018年10月1日(月)~10月31日(水)】
終了まで残り 8

  • 35,000円キャッシュバック
    (2018年10月時点の金額)
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    (特別価格、無制限プランあり)
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
    (通常9,000円)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

【管理人厳選!】NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

web限定申し込み特典が多数あります。
【2018年10月1日(月)〜 】
終了まで残り 8

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大20,000ptプレゼント
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料(通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年10月1日(月)~10月31日(水)】
終了まで残り 8

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,400円(税抜)
  • 【キャッシュバック】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。