光回線で使われるG-PONとは何か!?GE-PONとの違いを解説

光回線で使われるG-PONとは何か!?GE-PONとの違いを解説

引越しなどで新たにインターネット光回線を引く時やプランを変更する時に、どのサービスを利用しようかとても迷いますよね。

たくさんのサービスがあるし、専門用語が多く調べてもよく分からない...

特に光回線について調べていると、「G-PONジーポン」や「GE-PONジーイーポン」といった用語が出てくることが多いと思います。

何となく通信速度は、G-PONがGE-PONより高速であるというイメージはあっても、詳しい意味は分からない人が多いのではないでしょうか。

今回はG-PONの意味と、GE-PONとの違いについて解説していきます!

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
あと 14

G-PON(ジーポン)とは!?

G-PONとは近年注目されている光ファイバーの伝送技術のことです。

「GTCフレーム」という独自の技術を使っており、従来の約2倍の通信速度を実現しているのが特徴です。

今までの光ファイバーで使用されていた技術「GE-PON」より高速な通信ができるので、今後普及していくことが期待されています。

G-PONは「ITU-T」という国際的な通信関連の組織で標準化されている仕様で、海外ではかなり普及している規格です。

しかし日本ではあまり普及しておらず、通信速度で劣るGE-PONが主流になっています。

そもそもPONとは何なのか

G-PONやGE-PONについてきちんと理解するためには、そもそも「PON」とは何かを知っておかなければなりません。

PONとは1本の光ファイバーを複数の人で分けて使う技術のことです。

Passive Optical Network」の頭文字をとってPON(ポン)と呼ばれています。

PONは、日本語で「受動光ネットワーク」と表現されることもあります。

1本の光ファイバーを1人で使えば通信速度が速くなりますが、それではコストがかかりすぎて採算が取れません。

月額数千円程度の使用料で光ファイバーを一般家庭に普及させるためには、PONの技術がどうしても必要なのです。

GE-PON(ジーイーポン)とは!?

GE-PONもG-PONと同じく、1本の光ファイバーを複数の人で使うための技術です。

建物内で使う有線LANの規格「イーサネット」の信号をそのまま使える便利さから、日本の光ファイバーの規格として広く普及しました。

G-PONに比べて以下のような長所があります。

  • 設備にお金がかからない
  • システムが複雑でない

これによって月額数千円程度でのサービス提供が可能となっています。

しかし通信速度はG-PONに比べて半分ほどで、将来的にはG-PONなどより通信速度の速い規格で置き換えられていく可能性があります。

G-PONとGE-PONの違い

G-PONとGE-PONの最大の違いは通信速度です。

規格上り速度下り速度
G-PON1Gbps2Gbps
GE-PON1Gbps1Gbps

GE-PONの通信速度が最大1Gbpsなのに対して、G-PONの通信速度は最大下り2Gbpsとなっています。

インターネットを利用する側の私たちにとっては、G-PONとGE-PONの違いは通信速度くらいかもしれません。

日本でG-PONが普及しない理由

基本的にはGE-PONに比べてG-PONの方がシステムが複雑であり、仕組みやシステム面などで設備にもお金がかかっています。

さらにG-PONを導入する時、ベース技術の違いからGE-PONの設備を流用することができないという問題があります。

PONの種類GE-PONG-PON
標準化団体IEEEITU-T
ベース技術イーサネット同期網

1度GE-PONでサービスを提供し始めた企業は、そう簡単にG-PONに切り替えることはできないのです。

これがG-PONの普及を遅らせる要因にもなっています。

「NURO光」がG-PONを導入できたのはなぜか!?

導入困難でお金もかかるG-PONをNURO光で使えるのはなんでだろう??

NURO光が光回線サービスとして後発であり、海外で普及した安価な設備を流用できたことが、大きな理由の一つだといえます。

先ほど解説したように、1度GE-PONでサービスを提供し始めた企業は、設備投資に莫大なお金がかかるので容易にG-PONに切り替えることはできません。

また、日本で普及していないG-PONによる光回線サービスを始めたSo-netの技術者(NURO光の提供元)が優秀だったのも、NURO光が実現した理由の一つといわれています。

コフレちゃん
So-netが光回線事業者として後発組だったのがよかったのですね!
需要を見ながら的確に設備を増やしているように感じます

PONの未来

ここまでGE-PONとG-PONについて見てきましたが、PONの規格はこの2つだけではありません。

通信速度と標準化された年で並べるとこのような感じになります。

過去には「ATM-PON」「B-PON」など様々な規格が登場し、さらに「XG-PON」など新しい規格が次々に登場しています。

さらに2020年には最大通信速度100Gbpsを誇る新規格「100G-EPON」が登場予定で、PONの技術は未来に向けてまだまだ進歩していくと思われます。

進歩し過ぎて、ついていけない…

XG-PON 下り10Gbpsという速度を実現

100G-EPONは先の話になりますが、2019年現在すでに実現しているサービスとして注目されているのが「XG-PON」です。

XG-PONは最大10Gpbsの通信速度が可能で、NURO光が2015年に「NURO光10Gs」としてサービス提供を開始しています。

最大通信速度10Gpbsは世界的に見ても最高クラスの通信速度で、より高速な通信を利用したい方には見逃せないサービスです。

料金プランも月額基本料金が5千円台と、GE-PONやG-PONと変わらない価格を実現しています。

プランNURO 光G2V
(G-PON)
NURO 光10Gs
(XG-PON)
月額基本料金4,743円5,743円

2019年現在NURO光10Gsの対応エリアは関東、関西などの大都市圏のみで、さらに6階建て以上のマンションでは使えないなどの制限があります。

しかし東海エリアなども順次対応予定となっており、今後広く普及していくことが期待されます。

まとめ

今回の記事ではPONの規格について解説しました。

通信速度にこだわる人はNURO光のようなG-PONによる光回線サービスを利用すると、満足のいく速度を体感できるでしょう。

大都市圏に住んでいる人は、より高速通信が可能なXG-PONを利用する選択肢もあります。

料金もG-PONとそれほど変わりません。

僕自身は、埼玉県の最北部本庄市に住んでいるため、10Gという光回線が利用できるのはまだ先になりそうな印象です…(笑)

NURO光の通常プランで、下り900Mbps台が出ていて、十分に満足して使っています。

【参考】各社光回線速度、料金の比較

おまけとなりますが、各社光回線の通信速度や料金の比較表を掲載してみます。

G-PONを採用したNURO光のみが下り2Gbpsを実現し、料金的にもリーズナブルである点が分かります。

各社光回線 月額料金表(戸建タイプの場合)

※表は横スクロールが可能です。
ネット
料金
電話基本
料金
ネット+
電話実質
料金
最大速度
下り
上り
無線LAN割引、
キャッシュバック等
NURO光4,743円500円5,243円2Gbps
1Gbps
無料500円〜1,000円
(SoftBankおうち割)

35,000円
(キャッシュバック)
auひかり
(So-net)
3,680円
(割引時)

5,100円
(通常時)
無料
(60ヶ月)
3,680円1Gbps
1Gbps
無料934円〜2,000円
(auスマートバリュー)

最大50,000円
(月額料金割引未選択時 キャッシュバック)
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
5,200円500円5,700円※11Gbps
1Gbps
無料800円〜1,100円
(ドコモセット割)

最大5,500円
(キャッシュバック)
最大2万円分
(dポイントプレゼント)
eo光
関西地方
4,953円無料4,953円1Gbps
1Gbps
286円934円〜2,000円
(auスマートバリュー)
コミュファ光
1ギガホーム

東海地方
3,940円
(割引時)

5,550円
(通常時)
無料※33,940円1Gbps
1Gbps
無料934円〜2,000円
(auスマートバリュー)
5,200円
500円6,575円※21Gbps
1Gbps
300円1,008円〜1,522円
(SoftBankおうち割)
フレッツ光
ネクスト
ギガファミリー

NTT東日本(戸建)
4,600円※4
+ プロバイダ料金500円〜
500円〜5,600円〜1Gbps
1Gbps
無料
フレッツ光
ネクスト 隼

NTT西日本(戸建)
4,300円※5
+ プロバイダ料金500円〜
500円〜5,300円〜1Gbps
1Gbps
無料
J:COM 320MB
ケーブルテレビ
回線
6,000円1,000円7,000円0.32Gbps / 0.01Gbps500円934円〜2,000円
(auスマートバリュー)
※表は横スクロールが可能です。

2019年7月調査時点の情報で、料金は税抜表示
※1 工事費用負担 2年間の分割払い時: 750円 × 24か月
※2 工事費用負担 2年間の分割払い時: 875円 × 24か月
※3 ギガデビュー割(光回線と光電話のセット割引)適用、プロバイダ「コミュファ光」の場合
※4 通常料金5,700円 「ギガ推し!割引」で300円、「にねん割」で700円、「フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント」で100円それぞれ割引された金額
「ギガ推し!割引」は30ヶ月間適用
※5 通常料金5,400円 「光はじめ割(1・2年目)」で1100円割引された金額

今回の記事が光回線選びの参考になれば嬉しいです!

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,680円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,280円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓