【爆速光回線】NURO光とeo光の通信速度はどちらが高速なの!?速度調査結果から分析

【爆速光回線】NURO光とeo光の通信速度はどちらが高速なの!?速度調査結果から分析

関西エリアで高い人気を誇る「eo光」。関西電力グループ「株式会社ケイ・オプティコム」が提供している光回線サービスですね。

関東で同じく絶大な人気を誇っているNURO光が、ついに今年2018年の春より関西、東海地方でサービスを開始しました。

回線速度でも高評価な両者だけに、どちらがより高速で通信できるか気になるところですよね。

今回の記事では、NURO光とeo光の通信速度を様々な口コミ評判をもとに検証します。
筆者は実際にNURO光を3年半利用しているので、我が家の通信速度も紹介しています!

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
あと 14

NURO光とeo光の回線速度

NURO光とeo光の回線速度の仕様と、実際の通信速度に関する評判をチェックしてみます。

仕様上はNURO光の方が圧倒的に有利ですが、実測値は概ね互角となっている印象です。
とは言え、ややNURO光が有利となっています。

コフレちゃん
その理由を紹介します!

NURO光が回線速度は速い

NURO光とeo光の回線速度の仕様は以下のようになります。

NURO光eo光
最大速度下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
下り最大1Gbps
上り最大1Gbps

下り最大速度はNURO光がeo光の倍となっています。
ただし、注意したい点が3つあるので、気をつけなければいけません。

【注意点1】端末側の制約

NURO光のONU背面

NURO光 無料レンタルONU背面

まず、NURO光は確かに下り最大2Gbpsに対応していますが、これは通信局から自宅のONUまでにおける最大速度です。

実際に2Gbpsまで対応するPC、スマホ、タブレットなどの端末はほとんどなく、10GBASE-Tに対応したLANカードもまだ少数で高額です。消費電力が高いことから、小型化にはもう少し時間がかかりそうですね。

そのため、実際には有線LAN接続だと上下最大1Gbps、無線は最大1.3Gbpsが仕様上の限界値と言えるので、2Gbpsが実際に出ることはまずありません。

サブレくん
10GBASE-Tが早く広まらないかなぁ!

【注意点2】eo光は契約プランによって速度が変わる

eo光の契約プラン

【出典】eo光公式サイト

2点目はeo光の最大速度はプランごとに異なることです。eo光をマンションのVDSL方式で契約すると、上下最大100Mbpsになってしまいます。

建物ごとに採用されている形式が異なり、場合によっては上下1Gbpsプランを契約できない可能性があるので気をつけましょう。

【注意点3】光回線の特性

3点目は先ほど表にまとめた速度はNURO光、eo光ともに、あくまで最大速度であることです。

光回線は自宅の場所や使う時間帯、環境などによって速度が変わる点に注意が必要です。

ただし光回線は以前のADSLのように、NTTの基地局から離れているといったことが、通信速度や品質の低下には繋がらないので、安心していいでしょう。

光回線の分岐方式の違い

NURO光は「G-PON」という高速通信を実現するための世界標準規格が使われていますが、eo光は従来の「GE-PON」です。

GE-PONはフレッツ光やauひかりでも採用されている一般的な規格ですが、NURO光では下り最大2Gbpsを実現するための世界標準規格が使われています。

より高速で通信するためにこだわられているのが、よくわかりますよね!

コフレちゃん
G-PONを導入することはコストがかかり、なかなか難しいことのようです

Twitterで見る回線速度

注意
Twitterで実際に速度測定した人達のつぶやきを引用しています。
信頼性は高いですが、必ずしも高速通信できることを保証するものではありません。

実際に使っている人達の声は、最大速度以上に重要ですね。実際の通信速度が遅かったら、いくら仕様上の速度が速くても意味がありませんよね。

NURO光とeo光の回線速度を、Twitterで調べてみました!

先に結論を書くと、NURO光もeo光も高速であることは間違いありません。動画再生やゲームのダウンロードなど読み込み時間が長くなりがちな場面では、どちらも活躍できるのではないでしょうか。

ただし、評判を考慮すると「より速く通信できる」のはNURO光なので、速度を最重要視するならNURO光を選んだほうが満足度は高くなると考えられます。

eo光の速度に関するツイート

eo光の速度に関するツイート(つぶやき)を紹介します。

このつぶやきでは、他社光回線からeo光に乗り換えた結果速度が大幅に向上したことが説明されています。下り96.6Mbpsとなっていますね。

下り154.73Mbpsを記録しています。100Mbpsを超えていると、十分に速いと体感できますね。

こちらは下り200Mbpsとなっています。速度については、全体的に好評な意見が多く見られましたが、一部速度が遅いという意見もありました。

夜間に1Mbps台となってしまったということです。

1Mbps台だと動画再生やゲームソフトのダウンロードなどにおいて、読み込みが遅くて困ってしまいますよね。

eo光は関西地方限定の光回線サービスで、2002年から15年以上サービスが展開され続けています。

長期間サービスが続いていて信頼性は高いですが、言い換えれば、関西には契約者が多く、利用者が密集している地域では回線が混雑して速度が低下してしまいやすいと考えられます。

一方でNURO光は関西でのサービス提供を2018年1月に始めたばかりなので、まだ利用者はそれほど多くなっておらず、回線は混雑しづらい可能性はあります。

NURO光の速度に関する評判

続いてNURO光の通信速度に関する口コミ情報をチェックします。

と、その前に、僕は実際にNURO光を使っているので、速度調査結果を載せてみますね。

NURO光 下り536.82Mbps

このように、有線LAN接続でも、無線LAN接続でも、日常的に500Mbps前後の速度が出ています。ただし、僕のMacBookAir 2013年中期モデルでは、ウィルスセキュリティソフト「カスペルスキー」を起動すると400Mbps代に低下します。

2018年7月に小さな事務所を借りることになりました。もちろんNURO光を選び、プランは通常の「G2V マンションミニ」を契約しました。

速度調査したところ、有線LANだと下り900Mbps台という驚異的な速度が日常的に出るようになりました。

【NURO光】速度調査結果 900Mbps前後

無線LAN接続でも下り400Mpbs前後と高速です。

コフレちゃん
たまたま良かった測定結果を載せているわけではないので、安心してくださいね(笑)

それでは、NURO光の通信速度に関して、Twitterで調べた結果はどうでしょうか!?

下り779.6Mbpsという圧倒的な数値が出ています。eo光も十分高速に感じられましたが、NURO光は「高速通信」をイチオシしているだけあって、かなりの速度が出ています。

フレッツ光との比較でも、より高速な速度が出たというつぶやきを見かけます。

フレッツ光の下り98.8Mbpsから、下り535.1Mbpsは、かなりのスピードアップとなっていますね。もちろん上り速度も向上しています。

速度に悩んで、J:COMからNURO光に乗り換えたら高速化に成功したというつぶやきも多くみかけます。

僕の事務所と同様に、下り900Mbpsを超える速度が出たという人もいます。

NURO光のONUは有線接続で最大1Gbpsに対応しているので、ほぼ上限まで出ています。

NURO光の速度調査結果は高速な結果がほとんどでしたが、下り速度が20Mbpsに満たないというツイートも1つありました。

上り速度は800Mbpsを超えているので、何かトラブルが起きている可能性がありますが、一応速度が遅いという声も中にはあるので参考にしてください。

コフレちゃん
明らかに速度が遅いといった事例では、NURO光のサポートセンターに問い合わせてみることをオススメします。

今回の調査の結果、eo光もNURO光も速度は高速でしたが、より高速な結果が出ている傾向にあったのはNURO光でした。

設備をしっかり整えて使えば、どちらを選んでも速度に不満を感じるのは多くなさそうに思えますが、速度においてより満足できる結果を出したい人はNURO光を選ぶのはオススメです。

RBB SPEED AWARD 2017から見る平均速度

RBB SPEED AWARD 2017

【出典】RBB SPEED AWARD 2017

RBB SPEED AWARD 2017は、RBB SPEED TESTの測定データをもとに通信速度が優れているインターネット回線サービスを表彰するものです。

NURO光とeo光の平均速度を確認し、表にまとめました。

NURO光eo光
平均速度
(固定回線の部)
下り: 451.59Mbps
上り: 362.63Mbps
下り: 267.60Mbps
上り: 291.14Mbps
平均速度
(固定回線 Wi-Fi速度の部)
下り: 170.57Mbps
上り: 133.18Mbps
下り: 139.25Mbps
上り: 117.69Mbps

どちらも高速ですが、やはりTwitterの口コミと同様より高速なのはNURO光です。NURO光の平均速度は、対応エリア以外の地域を見ても、全国一高速となっています。

eo光には通信量制限がある!?

【要注意!】eo光の通信量制限

ご利用のコースの月間データ通信量の上限を3カ月連続で超えた場合に、ご利用を制限することがあります。

【出典】eo光公式サイト - eo光ネットに関するよくあるご質問

実のところeo光には通信量制限があるのです!

コースデータ利用量
1ギガコース5TB
100Mコース
100Mライトコース
2TB

月間データ利用料が、1ギガコースだと5TB100Mコースや100Mライトコースでは2TB、3ヶ月連続で越えてしまうと速度に制限がかかるので、要注意です。

どちらも、一般的なフルHDやHD以下の画質の動画再生やネットサーフィン、オンラインゲームなどの用途では、まず引っかかることはありません。

例えばeo光の1ギガコースだと、

3TBのハードディスクがいっぱいになっちゃった
クラウドストレージに全部移動させようっと!

こんなことを月に2回行う生活が3ヶ月続くとアウトですが、なかなか現実的な使い方ではありませんよね。

1日中家でネットを使う生活が続いたとしても、月5TBや2TBを超えてしまうことは稀でしょう。

ただし、高画質な動画をストリーミング再生する際は、2TBや5TBを超えてしまう可能性は無きにしもあらずです。

8K動画なら、1分間で67GBという大容量になるため、5分見ればで13.4GB消費します。8K動画を6時間見れば、あっという間に5TBに到達します。

また、4K動画でも1分1GB程度と考えると、83時間程度で5TBです。1日2時間程度4K動画を見る生活が続くなら、1ヶ月で5TBになります。

高画質動画を楽しむ機会が多い人は、eo光の速度制限に注意が必要ですね。

コフレちゃん
今年2018年12月1日から、「新4K8K衛星放送」が始まります。
動画のファイルサイズはどんどん大きくなっていくかもしれませんね。

続いてNURO光とeo光の特徴をまとめてみます。

NURO光の特徴

まずはNURO光の特徴を簡単に紹介します。

NURO光のメリット
  • 【キャンペーン】35,000円キャッシュバック (2019年7月の金額)
  • 【キャンペーン】回線工事費4万円が実質無料
  • 業界最速 下り最大2Gbps (上りは最大1Gbps)
    ※有線LANは規格上1Gbps(3ポート)が最大で、無線LANと合わせてトータルで最大2Gbps
  • 月額4,743円無線LANが使えるコミコミ価格
  • 有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)がずっと無料
  • NTTの回線を利用しているので通信が安定している
  • 月額料金500円で「NURO光 でんわ」が使える
    ※NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能 NEW!!
    ※特別価格、無制限プランあり
  • ひかりTV for NURO」が利用可能(関東限定)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで

※料金は全て税抜き表示となります。

【NURO光公式】35,000円キャッシュバックキャンペーン

2019年7月現在、NURO光では35,000円という高額なキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

ここまで高額なキャッシュバックをサービス提供会社が実施しているのはかなり珍しいです。
もしも他社のネットサービスを解約する際、違約金の支払いにあてることができますね。

僕自身、2回もキャッシュバックキャンペーンを受け取っているので、安心して利用できることは確認済みです。

しかも、光電話サービスや、TVサービスなどのオプション加入なしで利用できるキャンペーンだということが嬉しいところです。

コフレちゃん
NURO光の申し込みを検討している人には、ぜひ活用してほしいです!

キャンペーンで回線工事費4万円が実質無料

【NURO光】工事費用実質無料

工事費4万円という費用は、キャンペーンで実質無料となっています(消費税分は除きます)。

月額利用料4,743円(税抜)の「NURO光 G2V」プランは2年間の使用が前提で、工事費用は毎月分割払い、その金額はキャンペーンで無料となります。 2年間経たずに解約する場合は、工事費残額を全額支払う必要があるのと、違約金9,500円(税抜)が発生するので注意が必要です。

NTTの回線を利用しているので通信が安定している

光回線のイメージ図

イメージ写真

NURO光は、NTT東日本の光ファイバー設備(ダークファイバー)を利用しています。

ダークファイバーというのは、通信事業者が敷設している光回線のうち、未使用の状態となっている回線のことです。

やはり、NTTの回線なので安定している印象がありますね。

SoftBank端末は「おうち割」で毎月最大1,000円割引

NURO光 ソフトバンク おうち割

【出典】NURO光公式サイト

SoftBank端末を利用している人は、「おうち割光セット」で毎月最大1,000円ずっと割引となります!

SoftBankのスマホを利用している人はさらに、SoftBank携帯電話との通話が24時間無料になる「ホワイトコール24」に申し込むことができます。

NURO光の対応エリアで、SoftBank端末を使用しているのであれば、光回線はNURO光に申し込むのが安く使えていいですよね!

eo光の特徴

eo光

【出典】eo光ネット

続いて、eo光の特徴をまとめます。

eo光はセットサービスや割引が充実しているので、関西地方にこれからも長く住み続ける人にとって頼りになる光回線です。

eo光は関西地方で展開されている

eo光は関西電力グループの株式会社ケイ・オプティコムが手がける光回線です。格安SIMの「mineo」もケイ・オプティコムが展開しているので、名前を聞いたことがあるかもしれません。

フレッツ光やauひかりと違い、eo光は関西でのみ展開されています。対応エリアは以下となります(一部エリアを除く)。

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県

eo光はプロバイダがセットになった光回線サービス

eo光は、光回線とプロバイダがセットになった光回線サービスです。NURO光と同様ですね。

別途プロバイダを契約する必要がないので、支払いが回線とプロバイダで分かれたり、インターネットに関する問い合わせ先が複雑化したりすることもありません。

光電話やテレビサービスをセットで契約可能

eo光 テレビサービス

【出典】eo光公式サイト

eo光ではインターネットだけでなく、光電話や光テレビサービスもセット契約できます。

ネット、テレビ(地デジ+BS+CS31チャンネル)、電話を戸建住宅でまとめて契約するなら1年間は月額4,978円(税抜)2年目からは月額8,239円(税抜)となります。

コフレちゃん
うーん、、正直2年目から結構高いので、テレビサービスのセットはあまりオススメできないですね...

auスマートバリューでauのスマホ代が割引に!

eo光×au「auスマートバリュー」

【出典】eo光公式サイト

eo光はauのセット割「auスマートバリュー」に対応していて、家族も含めてau回線最大10回線までに2年間毎月最大2,000円(税抜)3年目以降は最大月額1,000円(税抜)の割引を適用できます。

NURO光はソフトバンクスマホ最大10回線に毎月最大1,000円(税抜)の割引を適用できるしくみで、始めの2年間の割引額についてはeo光の方が大きいです。

なお、eo光でauスマートバリューを適用するためには、ネットに加えて月額286円(税抜)の光電話サービスの契約が必要です。

電気とのセット割引も

【出典】eo光公式サイト

eo光には、電気とのセット割があります。

「eo電気」とeo光ネットを同時に申し込めばもれなく1年間500円の割引を適用し、ネット料金を抑えられます。

電気をこれから契約する際は、eo電気を選びつつeo光ネットを同時に申し込み、割引を受けるのがオススメとなりますね。

初期設定サポートが全て無料

eo光では、初期設定サポートが全て無料になります。

  • 電話と遠隔操作でのリモートサポート
  • 専門スタッフによる訪問サポート
  • 電話のみでのサポート

以上3つの初期設定サポートをすべて無料で利用できるので、インターネット設定が苦手でもeo光なら安心です。

まとめ

NURO光・eo光ともに通信速度は高速ですが、より高速なのはNURO光です。
実測の口コミ評判を調べてみても、NURO光は確かにeo光よりも高速な結果が数多く確認できました。

速度を最重視する場合は、NURO光のほうが満足度は高いと考えられますね。

ただし、今回紹介した速度の計測結果はあくまで利用者それぞれの環境における計測結果なので、実際に契約してからの自宅での速度は異なってくる点はご了承くださいね。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年7月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年7月1日(月)~7月31日(水)】
終了まで残り 14

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,680円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,280円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓