【2019年1月最新】NURO光のデメリットや悪い評判にくれぐれも注意!実際に使用して評価中

NURO光のデメリットや悪い評判にくれぐれも注意!実際に使用して評価中

今回の記事ではNURO光のデメリットや悪い評判を気合いを入れてまとめてみます。

管理人「とみっち」は、実際に「NURO光」を3年使用しています。
他にも現在は「auひかり」と「ドコモ光」も同時に利用していて、光回線を日常的にフル活用しています。

NURO光は他社光回線と比べても非常に優れたサービスだと言えますが、対応エリアが限定されていたり、工事に時間がかるといったデメリットがあります。実際に導入してみて、ここが良くなればいいのにな〜という点を随時更新していきます。

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年1月1日(火)~1月31日(木)】
あと 9

NURO光とは何か!?

光回線 NURO光 ロゴ

NURO光とは、業界最大手のプロバイダ「So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)」が提供中の光回線サービスです。

業界最速の下り2Gbps、上り1Gbpsと高速な光回線を利用することができます。

【利用料金】戸建タイプは4,743円

月額料金 4,743円
※G2Vタイプの場合
契約事務手数料3,000円
※利用開始月に請求
工事費キャンペーンで実質無料
契約期間2年間
※G2Vタイプの場合
キャンペーン35,000円
キャッシュバック
契約解除料9,500円

※料金は全て税抜き価格です。

NURO光には、2年間の継続契約が前提となる「NURO 光 G2 V」コースと、「NURO 光 G2」コース、そして加入できる条件が難しいのですが、「NURO光 マンション」があります。

NURO光 G2V4,743円
NURO光 G27,124円
NURO光 マンション1,900円〜
※3階建て以上で4人以上のエントリーが必要

※料金は全て税抜き価格です。

【対応エリア】関東、関西、東海地方

2019年1月現在、NURO光の最新対応エリアは以下となっています。

関東1都6県東京都神奈川県千葉県埼玉県群馬県栃木県茨城県
関西2府3県大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
東海4県愛知、静岡、岐阜、三重

※一部エリアを除きます
※市区町村別対応状況調査中

【メリット】抜群の速度と低料金、キャンペーンの充実度が魅力

今回の記事では、NURO光のメリットや悪い評判を中心にまとめますが、先にメリットを紹介します。申し込み前には、メリット、デメリットどちらも知っておいてほしいです。

NURO光のメリット
  • キャンペーンで35,000円キャッシュバック (2019年1月の金額)
  • キャンペーンで回線工事費4万円が実質無料
  • 業界最速 下り最大2Gbps
    ※有線LANは規格上1Gbps(3ポート)が最大で、無線LANと合わせてトータルで最大2Gbps
  • 月額4,743円(税抜)無線LANが使えるコミコミ価格
  • 有料セキュリティソフトのカスペルスキー(月額500円相当)がずっと無料
  • NTTの回線を利用しているので通信が安定している
  • 月額料金500円(税抜)で「NURO 光 でんわ」が使える
    ※NTT一般加入電話番号を持っている場合、電話番号、電話機もそのまま利用可能
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能 NEW!!
    ※特別価格、無制限プランあり
  • ひかりTV for NURO」が利用可能(関東限定)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)
  • SoftBankのおうち割対象
    ※1,008円〜2,000円割引

NURO光のメリットに関し、より詳しくは以下の記事にまとめています。

僕はこれかまで複数の光回線を使用してきたのですが、NURO光はコストパフォーマンスに優れた光回線であると常々感じています。

それでは、いよいよNURO光のデメリットや悪い評判をまとめてみます。

実際に使って感じたNURO光のデメリット8個

僕が実際に3年使って感じた、NURO光のデメリットを8個挙げてみます。

  • 1. 回線工事が2回必要【解決策あり】
  • 2. 期待するほどの速度は出ない!?【解決策あり】
  • 3. 最新でないONUが設置される場合がある【解決策あり】
  • 4. 提供エリアが狭い【エリア拡大】
  • 5. 集合住宅は「2階建て以下」【対応階数拡大】
  • 6. 関西と東海地方ではTVサービス未対応
  • 7. 解約時に費用がかかる
  • 8. 転居時の契約が面倒

この記事を公開したのが2016年の10月だったのですが、2019年1月現在では解決できているものもあります。

それぞれを以下で詳しく説明していきます。

デメリット1】 回線工事が2回必要 → モバイルWi-Fiレンタル開始

【2018年10月追記】
開通まで時間がかかると言われるNURO光ですが、モバイルWi-Fiを低料金でレンタルできるサービスが始まりました。

どんどん申し込みの障壁が解決されていますね。

やっかいなことにNURO光の回線工事は2回必要となります。

僕がこれまでに利用したことのある「NTTフレッツ光」、「auひかり」、「ドコモ光」はどれも1回の工事で済んだので、NURO光の工事は2回あって面倒だと感じます。

【NURO光】2018年7月 光回線屋外工事

以下がNURO光の工事の流れとなります。

工事の流れ

  1. 申し込み
    ※賃貸住宅の人は、事前に建物所有者(不動産、管理会社等)の承諾が必要

  2. 工事日調整の連絡
    ※NURO光開通センターから電話が来る

  3. 宅内工事(所要時間: 1〜2時間)
    ※立会いが必要

  4. 屋外工事(所要時間: 1〜2時間)
    ※立会いが必要

    【祝開通】インターネット利用開始!!!

工事の概要

【NURO光】工事の概要

【出典】NURO光公式サイト

賃貸アパートにNURO光を導入した際の工事は、

工事1回目宅内工事
So-netに委託された業者が、室内に入り配線を確認してONUを置いていった
→2018年7月に事務所で申し込みをした際は屋根の上での作業がありました。
工事2回目屋外の回線工事
NTTの業者とSo-netに委託された業者がそれぞれ来たが室内には入らなかった

このようになりました。

工事が2回も必要なのはNURO光くらいなんですよね
家にいなきゃいけないんだね!

予約が必要な工事は2回です。スムーズに進めば2回とも1時間前後で終わると考えられます。

一番最近では2018年7月にNURO光を導入しました。プランはG2V(戸建)ライプとなります。申し込みから2回の工事を終えて、無事に開通するまでは3週間でした。

1回目の工事は都合のつく日を申し込み時にオンラインで選択します。

NURO光の工事日予約フォーム

僕自身の都合がつかなかったので、1回目の工事が2週間後、そして1回目の工事の後10日後に2回目の工事が実施され、すぐに光回線を利用できるようになりました。

2018年7月に経験した工事

  1. 申し込み

  2. 宅内工事(所要時間: 1時間半)
    ※立会い

  3. 屋外工事(所要時間: 30分)
    ※立会い

    工事完了後、すぐにネットにつながりました!!!

デメリットとして、土日の工事は予約が取りづらい上に、追加派遣料3,000円(税抜)が請求されてしまうんですよね。。

NURO光 土日の工事は3,000円

調べたところ、auひかりやドコモ光など、他社光回線でも土日の工事は別途3,000円程度必要となるようです。平日の都合をつけづらい人にとってはデメリットですね。

例年、2月〜4月は工事が非常に混み合うので、余裕を持って申し込みしたいですね。

NURO光に関して不満を持つ人の多くは2回必要となる工事のようです。

開通工事に関しては、以下の記事で詳しくまとめています。

デメリット2】 期待するほどの速度は出ない!? → 出ました!

NURO光 期待していた速度は出ないの!?

【2017年3月追記】期待していた速度が出ました
ウィルスセキュリティソフトが原因で速度が低下していました。
カスペルスキーにソフトを変更したらかなり速くなりました!

NURO光は有線LANなら下り1Gbps、無線LANでは最新のONU兼ルーター「ZXHN F660A」か「EchoLife HG8045Q」であれば1,300Mbps(1.3Gbps)が最大通信速度となります。

僕がMacBook Air(2013年モデル)やWinodws10のノートPC、iPhoneXSで計測している限り、

  • 有線LAN: 下り 900Mbps 前後
  • 無線LAN: 下り 400Mbps 前後

の速度が出ています。以前賃貸アパートに住んでいた時は下り500Mbps前後だったので、現在は今までで一番の速度が出ています。

契約プランは戸建て型の個人契約(G2V マンションミニ)です。

光回線の速度調査結果です↓

【NURO光】下り948Mbps、上り605Mbps

賃貸アパートでは900Mbpsは滅多に出なかったんですが、現在の物件では有線LANで日常的に下り900Mbp前後出ています。無線LANだと下り500Mbps前後となっています。オンラインゲームなどで重要なping値が3ミリ秒というのは驚異的です。

僕のiPhone XSでもNURO光の無線LAN(Wi-Fi)で速度測定をしてみました↓
【NURO光】iPhone XSで速度測定 下り400Mbps、上り121Mbps、Ping6ミリ秒

下り400Mbps前後が出るようになりました!!!

回線状況や他の人に使用状況にも影響されるようなので、必ずしも高速な通信ができるとは限らないですが、もしも開通後に100Mbpsも出ていないという場合は、

  • ケーブル類を見直す(カテゴリ5e以上が必要)
  • ウィルスセキュリティソフトを見直す
  • PCや接続端末の性能は十分か
  • PCのLANポートが「1000BASE-T」に対応しているか
  • ONUの近くに電波障害となるものがないか

このような点を確認するようにしましょう。

ADSL回線と違って光回線は基地局からの距離は速度にほとんど影響がありません

デメリット3】 最新でないONUが設置される場合がある → 交換可能(小声)

So-netからレンタルで設置してもらえるONUですが、無線LANの最新規格である「11ac」に対応しているものとそうでないものがあります。

ZXHNF660THG8045jHG8045DZXHN F660AHG8045Q
有線LAN
ポート数
33333
無線LAN対応
対応規格11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n/ac
ダウンロード速度
(無線LAN 最大速度)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
アップロード速度1Gpbs1Gpbs1Gpbs1Gpbs1Gpbs
※表は横スクロールが可能です。

無線LANの規格が、最新の「IEEE802.11ac」に対応しているものは「ZXHN F660A」と「HG8045Q」となります。

「11ac」に対応していると、無線LANの最大速度は下り1.3Gbps、「11ac」に対応していない場合は450Mbpsとなります。

東京オリンピックに向け、光回線の速度がいかに速いか重要視される時代となっていきそうです。

テレビや動画データの高画質化
HD、4K、8Kの違い

YouTubeなどではファイルサイズが非常に大きな4K、8K動画もアップされ始めています。今年2018年12月1日からは新4K8K衛星放送が開始されました。

もし「11ac」に対応していないONUが設置された場合、光回線が開通後、サポートセンターに連絡することで無料で交換してもらえます。

僕自身、昨年2018年7月にNURO光を導入した際、11acに未対応のHG8045Dが設置されたので、HG8045Qに交換を依頼しました。

写真で左がHG8045D、右がHG8045Qなのですが、外観上の違いはありません。

HG8045DとHG8045Qの外観 HG8045DとHG8045Qの後ろ

交換を依頼した新しいONUは宅配で届き、使わないONUを宅配で送り返せばOKなので簡単です。

1回目の回線工事(宅内工事)でONUが設置されますが、この時にONUを指定することはできないので注意が必要です。工事担当者が持ち出してきたONUがランダムに置かれていくようです。

知らない人には古いタイプのONUを使ってもらう

こんな姿勢がちょっと嫌だなと感じるんですけど、古いONUを徐々に回収して最新版に置き換えている最中で、「11ac」対応のONUにどんどん置き換わってきているようです。

企業側の立場を考えると、一気に全てのONUを最新版に変更するのは、かなりのコストがかかると想像されるので、仕方がないことなのかな…とは思います。

NURO光が提供しているONUをまとめた記事を書いたので、自宅にONUが設置されたら確認してみてください。

デメリット4】提供エリアが狭い → 関西、東海地方へエリア拡大

NURO光が関西、東海地方へとエリア拡大しました!
NURO光対応エリア

2019年1月現在、NURO光の最新対応エリアは以下となっています。

関東1都6県東京都神奈川県千葉県埼玉県群馬県栃木県茨城県
関西2府3県大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
東海4県愛知、静岡、岐阜、三重

※一部エリアを除きます
※市区町村別対応状況調査中

2013年のサービス開始以来、NURO光のサービス提供エリアは関東1都6県のみとなっていました。提供エリアが非常に局地的だったことは、大きなデメリットでした。

しかし2018年1月下旬より順次、関西2府3県、東海4県でNURO光の提供エリアが拡大となっています。

ただし提供エリア内であっても、自宅の近くまで光回線が来ているかどうかや、住宅状況によっては工事が不可となり導入できない場合もあります。

残念なことに埼玉県本庄市内にある我が家も、NURO光の提供エリア外です。

ネット上で、NURO光にあわてて申し込んで提供エリア外だったという人を見かけます。

提供エリアなのかどうか、事前に確認しましょう!

NURO光の提供エリアか確認する方法

公式ページ「NURO光」にアクセスし、「新規お申し込み・エリア確認」欄をクリックした後で郵便番号を入力してエリア判定機能だけを利用することが可能です。

アクセスした後の画面を少しスクロールすると、以下のような画面が表示されます。

新規お申し込み・エリア確認

【出典】NURO光公式サイト

対応エリアかどうかを調べるだけの場合は、「選択エリア検索(提供状況の確認)」の画面から先に進まないようにしましょう。

エリア検索をする段階では個人情報を入力していないので、
So-netから電話が来たりするようなことはないので安心してくださいね!
申し込みの流れ

選択エリア検索」画面までであれば、申し込み手続きは実行されないので、エリア確認だけするのに便利です。

提供エリアかどうかを確認したい場合には、とりあえず「新規お申し込み」ボタンをクリックして確認することができます。

郵便番号を入力して、「住所を検索する >」ボタンをクリック。「住所を選択してください」から該当する住所を選択、続いて「住戸タイプを選択」から「アパート・マンション(7階建て以下)」か、「戸建住宅」かを選択しましょう。

NURO光 エリア検索 郵便番号入力 エリア判定結果
やった!「 」が表示されたよ!

アパート・マンション(7階建て以下)」を選択した場合、建物名の候補一覧が表示されます。

NURO光 提供状況の確認

提供状況を確認する」ボタンをクリックして、提供エリアかどうかを確認することができます。

2018年3月まで僕が住んでいた埼玉県川越市の賃貸アパート(積水ハウス シャーメゾン物件)は、提供エリア検索した際にリスト表示されなかったので、コールセンターに電話してNUROひかりが導入できるのかどうかを確認しました。

結果、NURO光を利用できるということで、キャンペーンページから申し込みをしました。以下からエリア検索が可能です。

なお正式に申し込みをする場合は、「ご契約者情報」や「NURO 光 設置先住所」、そして「お支払い情報」まで入力して進んでくださいね。

NURO光の提供エリアはなぜ関東限定と狭かったの!?

NURO光は2013年にサービスを開始し、2018年1月までは関東限定のサービスでした。

高速な光回線を実現するために大きなな資金が必要なことから、利用者数が見込めそうな都市近郊から順番に整備をしていたのだろうと予想されます。

2017年11月20日13時に、関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)、東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)のサービス提供開始が発表されました。
※一部エリアは除く

NURO光はこれまでの関東エリア、そして、関西や東海地方に進出が決定したのですが、残念ながら対応する都府県出あっても、実際には市区町村によって開通しないエリアも多くあるようです。

NURO光を導入できるエリアに住んでいたらラッキー!

デメリット5】集合住宅は「2階建て以下」 → 「7階建て以下」に拡大(2017年2月)

NURO光 戸建てタイプ(G2 V)は7階建て対応

以前、NURO光を導入できる集合住宅(マンション・アパート)は「2階建て以下」と限定されていたのですが、2015年12月から「5階建て以下」、そして、2017年2月に「7階建て以下」に拡大しました。

2Gbpsの通信速度を実現するためには、建物の共用部から光回線方式で各家庭に回線を分配する必要があるらしく(1Gbpsのサービスでは光回線でなく電話線やLANケーブルで接続ができる)、そのため色々と制約があるのだそうです。

So-netは、これまでのNURO光の数々の開通工事によりノウハウを蓄積し、7階建て以下までの工事であれば対応できるということで、対応階数を拡大したとのことです。

ただし、実際に物件を見てみないと、開通工事ができるかどうかは判断できないですよね。

8階以上の建物に住んでいる場合
NURO 光 for マンション

【出典】So-net公式サイト

申し込みできるまでのハードルはちょっと高いのですが、「NURO 光 for マンション」を検討しましょう。

デメリット6】関西と東海地方ではTVサービス未対応

ひかりTV for NURO

【出典】NURO光 公式ページ - ひかりTV for NURO

2018年2月までNURO光にはテレビサービスがありませんでした。

しかし2018年2月1日、「ひかりTV for NURO」が関東地方でのみ利用できるようになるという発表がありました。ひかりTVの詳細は以下の記事でまとめてみました。

「ひかりTV for NURO」の注意点
現在のところ、関東地方限定のサービスなので注意が必要です。
関西、東海地方では未対応となっている点は引き続きデメリットですね。

地デジ、BSはもちろん専門チャンネル、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスも視聴可能となります。

NTTぷららの「ひかりTV」が提供しているものと同一なので、フレッツ光ユーザーや光コラボユーザーが利用している「ひかりTV」と変わらない、サービスを利用できるというわけです。

関西、東海地方でもテレビサービスが利用できるようになるといいですよね

デメリット7】解約時に「契約解除料」と「回線工事分割金残額」が必要

NURO光などの光回線サービスでは、毎月の利用料が安めになっている代わりに、契約解除料(解約金)がやや高めに設定されている印象があります。

以下は、もし今月僕が解約した場合にかかる費用をSo-netマイページで算出した金額です。NURO光のユーザーは、解約した場合にいくら必要となるかをSo-netマイページ上でいつでも確認することができます。

NURO光 違約金、基本工事費(残債)

契約解除料(解約金)

2年間の継続契約が条件となっているコース「NURO 光 G2 V(戸建/マンション)」だと、NURO光の月額基本料金は4,743円(税抜)と安くおさえることができるんですが、2年間の契約更新月以外に解約する場合は、

契約解除料: 9,500円(税抜)

が必要となります。契約解除料に関して、公式サイトの表を載せてみます。

NURO光 解約料金

【出典】NURO光公式サイト

回線工事分割金を一括で支払う必要がある

【NURO光】解約時の工事費残額支払い

工事費分割金の残額も一括で支払う必要があ理ます。1年間(12ヶ月)経過した後でも残額は、

40,000円 - (1,333円 × 12ヶ月) = 24,004円(税抜)

と、2万円以上も残っています。

解約金と工事費残額を合わせると、必要な金額は以下の例のようになります。

使用期間解約後支払う金額
使用期間1年33,504円(税抜)
40,000円 - (1,333円 × 12ヶ月) + 9,500円
使用期間2年
(解約更新月)
8,008円(税抜)
40,000円 - (1,333円 × 24ヶ月)
使用期間3年9,500円(税抜)
30ヶ月で工事費残額が0円

となります。工事費用の分割支払いは30ヶ月で終了します。

更新月に都合よく解約できる人は少ないと思うので、解約時には必要な金額となる点を覚えておきましょう。

長く使ってもらうために、料金体系を工夫してますよね…

もし契約更新月以外でNURO光を解約し、他社光回線に移行する場合、違約金分を負担してくれる場合があります。

auひかりへ移行する場合

auひかりスタートサポート(他社違約金を負担)

【出典】auひかり公式サイト

例えば2019年1月現在、NURO光をやめて「auひかり」へと光回線を変更する場合、「auひかりスタートサポート」で最大3万円還元してくれます。これはNURO光に限ったことではなく、別の光回線サービスの契約解除料も同様に負担してくれます。

auひかりの場合は電話と電話オプションパックへの加入が条件となっているのですが、このような違約金負担サービスがあるということを頭に入れておくと、いざという時に活用できるかもしれません。

回線撤去工事が必要な場合は1万円必要

解約時に回線撤去工事が必要な場合は、別途1万円(税抜)が必要です。

撤去工事は強制ではなく、解約時に回線撤去工事が必要かどうかを自分で判断した上でSo-netに連絡します。

戸建の人は解約後も光ケーブルはそのままにしておく人が多いようです。賃貸物件場合も、NURO光の光回線をそのまま残しておいても問題とならない場合もあるようです。

退去する際、大家さんや不動産に、

光ケーブルを残しておけば次の人も申し込んで利用することができます!

などと伝えることで回線工事の撤去を強制されないこともあります。

賃貸物件の場合は、念のためNURO光の導入前に、退去時に光ケーブルの撤去が必要かどうか確認をしておくと良いでしょう。

この辺りはデメリットというか、どんな光回線を導入する場合でも留意すべき点と言えますね。

光回線撤去に関する交渉
もしトラブルが起きても当ブログでは責任は負い兼ねます。
ご自身の判断の元、くれぐれも慎重に交渉してくださいね。

デメリット8】転居時の契約が面倒

NURO光を利用していて、引越し後再度NURO光を申し込む場合は、一旦解約をして再度NURO光を新規で申し込みすることになります。

引っ越しの際は、またキャンペーンキャッシュバックを受け取れば違約金や工事費残額の支払いにあてられるんですが、イチイチ手続きするのが面倒ですね…

引越し後、NURO光のキャンペーンページから申し込んだ場合、35,000円がキャッシュバックされるので、「契約解除料」と「回線工事分割金残額」の支払いにあて、オトクに引っ越すことはできます。

ただ、オトクに引っ越せるとは言っても、一旦解約に関する支払いは全て済ませ、そして新規で契約をしたり、キャッシュバックの申請手続きなどを行ったりする必要があり、手間はかかってしまいます。

So-netには、ぜひとも引越し後もNURO光を利用する場合に、工事残額の支払いは不要、契約解除料も不要としてほしいです!

auひかりの場合は、以前、KDDIのコールセンターに問い合わせたところ、引越し後も継続して利用するなら別段料金はかからないという回答でした。



ここまでが僕自身がNURO光を利用して感じたデメリットとなります。

NURO光の申し込みページを確認したい人は以下からどうぞ(記事はもう少し続きます)↓↓↓

webでの申し込み限定特典があります!
【2019年1月1日(火)~1月31日(木)】
終了まで残り 9

  • 35,000円キャッシュバック
    (2019年1月時点の金額)
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    (特別価格、無制限プランあり)
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
    (通常9,000円)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

 

ここから先では、ネット上やTwitterなどで調べたNURO光の悪い評判を僕なりにまとめてみます。

Twitterで見られるデメリットや悪い評判(2018年11月更新)

NURO光 Twiterで調べた悪い評判

気になる実際の回線速度

ユーザーの平均速度を表彰する「RBB SPEED AWARD 2017」を参照すると、NURO光の速度平均値が451.59Mbpsとなっています。下りが約400Mbps程度出ていれば十分に高速です。

【NURO光】RBB SPEED TEST 2017 - 固定回線の部 - 回線事業者(契約プラン)部門 - 関東最優秀賞

出典】RBB SPEED AWARD 2017

PING値も1桁台と小さく、オンラインゲームには最適です。また、家族で複数端末を使用する場面でもNURO光は心強いです。

NURO光の料金に関して

たしかにNURO光の工事費用4万円は他社よりもやや高いですね…。

auひかりは戸建てタイプの工事費が37,500円、そしてフレッツ光ネクスト、ドコモ光ともに戸建てタイプの工事費は18,000円程度となっています。

ただし、NURO光はキャンペーンで申し込むと工事費が実質無料となります。

40,000円 (1,333円×30ヶ月)

を毎月So-net側で負担してくれる感じです。

NURO光 for マンションは申し込みができれば利用料金が安いようなんですが、同じマンション内で4人以上申し込み希望者がいないとダメなため、申し込みができないのです。

ONU兼ルーターに関して

僕はスッキリと置けるしいいなと思ってたんですが、ONU、ルーターが一体型となっていることに不満を感じる人もいるんですね。

NURO光のグローバルIPアドレスは固定みたいなものです。NURO光のIPアドレスに関する記事も書きました。

対応エリアに関して

千葉県富津市金谷はNURO光のエリア外となっているようです。

関東はNURO光が対応していると言っても、実際は、さらに限られた一部エリアでの提供となっているようです。

僕は2018年4月に埼玉県本庄市に引っ越したのですが、自宅ではNURO光が利用できなくなってしまいました。同じく本庄市内に借りた事務所では申し込みができたのでNURO光を使っています。さらなるエリア拡大が望まれますね。

なお、キャンペーンサイトから郵便番号を入力して、対応状況を確認することが可能です。

強引な営業!?

So-netではなく代理店の営業ですね。

一部悪質だった代理店の強引な営業をSo-netが取り締まり、だいぶ改善したとのことですが、まだ強引な勧誘をしているところがあるのでしょうか。。

基本的には、So-net公式キャンペーンから申し込むのが得策です。

工事、開通時期に関して

工事当日にならないと、回線を導入できるかどうか判断できないことがあります。

2018年1月現在、未だに2回目の工事の手配の状況はよくないようですね。。これは僕も悪い印象を持っているので、So-netにはなんとかしてほしいです。

開通まで4ヶ月かかったという人を見かけました。

きっと申込者の都合もあるとは思うんですが、So-netから提示される候補日は、混雑している時期だとかなり少ないこともあるから辛いですね。

平日の工事の都合をつけられるかにもよりますが、早く開通するかは運とも言えますね。

理由があれば、多少時間がかかるのは我慢するにしろ、So-net側には誠実な対応をしてもらいたいというのが本音です。

工事費は40,000円となっていて、光回線サービス各社の中でもダントツに高額となっています。

公式キャンペーンを利用すれば、工事費が実質無料な上に35,000円キャッシュバックが受け取れるので、ぜひ活用したいところです。

【まとめ】デメリットが着実に解決されている

今回の記事では悪い評判をまとめてみました。

悪い印象を持つ人もいるNURO光なんですが、僕の場合は最初の工事の日程調整で腹を立てた以外は特に不満がないです。

デキが悪い?という噂も多少聞くONU兼ルーターですが、標準で無線LAN機能も内蔵している上に、Wi-Fiルーターの上位機種でないとなかなか搭載されていない簡易NAS機能もあって満足していますし、開通後にコールセンターに問い合わせなどをした場合にも丁寧な対応をされているのでかなり満足しています。

web上の評判を徹底的にチェックして、これだけ短期間で改善していくSo-netの姿勢には好感が持てます。

とは言うものの、NURO光のデメリットや悪い評判などがあれば、引き続きこのページにまとめていきたいと考えています。

NURO光は良い面ばかりではなく、悪い面も調べ、申し込む前にぜひ一度慎重に判断してもらえれば幸いです。

なお、webからの申し込み限定のキャッシュバックキャンペーンページは以下となります↓↓↓

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります!
【2019年1月1日(火)~1月31日(木)】
終了まで残り 9

  • 35,000円キャッシュバック
    (2019年1月時点の金額)
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    (特別価格、無制限プランあり)
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
    (通常9,000円)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 9

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

webでの申し込み限定特典があります。
【2019年1月1日(火)~1月31日(木)】
終了まで残り 9

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,400円(税抜)
  • 【特典】月額料金割引 or
    最大50,000円キャッシュバック
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

【この記事だけ読んで!】管理人がオススメする光回線

管理人が実際に使っている光回線や、実際の評判情報などをもとに、オススメできる記事を1記事に凝縮しました。

【2019年最新】光回線使用歴10年管理人「とみっち」がオススメする光回線サービスを厳選!

当サイトにはたくさんの記事があります。情報が多すぎて迷ってしまう、じっくり読むのが面倒、そんな人にはこの記事だけは読んでもらえたら嬉しいです。 >> 記事を読む