NURO光の法人プラン【NURO Biz】個人向けとの違いを紹介!

NURO光では「法人向け」と「個人向け」といった2つのプランがあります。

うち法人向けプランは「NURO Biz」といいますが、個人向けプランと何が違うのでしょうか?

コフレちゃん
NURO光を個人で契約する時と、法人で契約するときって何か違うのかしら...

この記事では個人向けプランとのサービスの違いに注目しながら、法人向けプランのNURO Bizついて詳しく紹介していきます。

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

【NURO Biz】NURO光の法人向けプランと個人向けとの違いは何か!?

NURO光の法人向けプランと個人向けプランとの大きな違いは3つあります。

  1. 法人向けプランには複数のインターネット接続サービスがある
  2. 法人は、法人向けプランのNURO Bizだけでなく、個人向けのNURO光プランで契約することもできる
  3. 法人向けプランのNURO Bizには、個人向けプランにはない高性能なサービスがある

かんたんに言えば、法人向けプランは個人向けプランよりも特典やサービスが充実していることでしょう。

違い1. 複数のインターネット接続サービスを提供している

NURO光の法人向けプラン「NURO Biz」は、個人向けプランにはない複数のインターネット接続サービスを提供しています

具体的に以下4種類のインターネット接続サービスを展開中です。

  • NUROアクセス スタンダード
  • NUROアクセス プレミアム
  • NUROアクセス エントリー
  • NUROアクセス NEXT10G

一体どんなサービス内容なのでしょうか。

NUROアクセス スタンダード

NUROアクセススタンダードは、固定IP・SLA付きの帯域確保型インターネット回線です。

SLAとは
Service Level Agreement(サービスレベルアグリーメント)の略で、提供サービスの品質保証のことを指します。

NUROアクセススタンダードの月額料金は以下のとおりです。

費用料金
月額料金18,850円
初期費用150,000円
事務手数料3,000円
基本工事50,000円

後に紹介する法人向けプランの中では割安な料金設定となっています。

具体的なサービス内容として

  • 世界標準の通信規格G-PONの採用により、下り最大2Gbpsという超高速の通信速度
  • 最低10Mbps以上の帯域確保
  • 固定IPと稼働率99.9%のSLA(サービスレベル保証制度)を標準装備
  • 24時間365日のオンサイト保守
といった固定IP・SLA付きの帯域確保型サービスを利用できる点を踏まえれば、破格の料金設定と言えます。

たとえば固定IPを利用したSLAサービスであることこと、最低でも10Mbps以上の通信速度を約束してくれることなどを踏まえれば、法人で利用するにはかなりオススメなプランではないでしょうか。

NUROアクセス プレミアム

NUROアクセス プレミアムは、信頼性の高い帯域保証型インターネット回線です。

NUROアクセス プレミアムのイメージ

【出典】NURO Biz -NUROアクセス プレミアム

月額料金は30Mプランと50Mプランで異なり、法人向けプランの中も2番目に高い利用料金となっています。

費用30Mプラン料金50Mプラン料金
月額料金50,000円150,000円
初期費用150,000円150,000円
事務手数料3,000円3,000円
基本工事費50,000円50,000円
※表は横スクロールが可能です。

NUROアクセス プレミアムは一見すると高額な月額料金に見えますが、

  • 世界標準の通信規格G-PONの採用により、下り最大2Gbpsという超高速の通信速度
  • 混雑時にも通信速度の最低ライン(30M/50M)を保証する帯域保証をプラス
  • 固定IPと稼働率99.9%のSLA(サービスレベル保証制度)を標準装備
  • 24時間365日のオンサイト保守
以上のような特徴を持っており、特に回線混雑時でも30Mbps以上の帯域保証を行ってくれることを踏まえると、大規模サイトの運用を行っている事業にはなくてはならないサービスとも言えます。

コフレちゃん
リッチコンテンツなど、大容量データの配信サービスを提供している企業などでも安心して利用することができますね。

NURO Bizが誇る大容量バックボーンにより、信頼性の高いインターネット接続を、圧倒的なコストパフォーマンスにより実現するのがNUROアクセス プレミアムです。

NUROアクセス エントリー

NUROアクセス エントリーは、回線+ISP一体型の超高速インターネット接続サービスです。

月額料金は以下のとおりで、戸建てオフィス料金では個人向けプランと同額で利用することが可能です。

費用戸建てオフィス料金オフィスビル料金
月額料金4,743円6,190円
初期費用30,000円30,000円
事務手数料3,000円3,000円
基本工事費50,000円50,000円
※表は横スクロールが可能です。

NUROアクセス エントリーの特徴として、

  • 下り最大2Gbpsという超高速の通信速度を低価格で利用可能
  • 高速無線LAN機能とルータ機能を搭載し、追加費用なしで最大通信速度450MbpsのWi-Fi環境を構築
  • 回線とプロバイダが一体型のサービスなので、トラブル時のサポート窓口もひとつ
といったように、ルーター一体型のONU機器を利用してすぐにNURO光の高速なインターネット環境を構築することができます。

インターネットを活用したビジネスを行うSOHOや小規模法人の方も安心して利用することができるサービスと言えるでしょう。

SOHOとは
PCやインターネットを活用して、自宅や小規模オフィスでビジネスを行う形態のことを意味します。

簡単&低価格でネット環境を改善できるSOHO・小規模オフィス向けのインターネット接続サービスが、NUROアクセス エントリーです。

NUROアクセス NEXT10G

NUROアクセス NEXT10Gは、通信速度が下り最大10Gbpsの次世代型超高速インターネット接続サービスです。

NUROアクセス NEXT10Gの月額利用料金は以下のとおりで、法人向けプランの中では一番高い料金となっています。

費用料金
月額料金180,000円
初期費用150,000円
事務手数料3,000円
基本工事費50,000円
※表は横スクロールが可能です。

NUROアクセス NEXT10Gの最大の特徴は、

  • G-PONの次世代規格、XG-PONの採用による下り最大10Gbpsという超高速インターネット接続を実現
  • 固定IPと稼働率99.9%のSLA(サービスレベル保証制度)を標準装備し、オプションで固定IPアドレスの追加も可能
  • 24時間365日のオンサイト保守
といった最大10Gbpsという超高速回線を従量制ではなく、定額で利用することができることでしょう。

例えば現在、最大通信速度が1Gbps通信の光回線サービスを利用しているのであれば、理論値ですが10倍の通信速度でネット通信できる環境が構築できます

コフレちゃん
10倍の通信速度ってスゴ...!

XG-PONを採用した下り10Gbps回線によりネット環境を一新できるサービスが、NUROアクセス NEXT10Gです。

違い2. 個人向けのNURO光プランを法人でも契約可能

NURO光は、法人でも個人向けNURO光プランの契約をすることができます

ただし、オフィスビルでは個人向けプランを利用することはできません

そのため法人向けのNURO Bizを利用することになります。

違い3. NURO光個人向けプランにはない高性能サービスがある

法人向けのNURO Biz には、個人向けプランにはない高性能なサービスが揃っています。

便利なクラウド型サービスが揃っている

NURO Biz には、ビジネスには欠かせない、15ものクラウドサービスが用意されています。

クラウドサービス名称サービス概要
OneLoginID管理やセキュリティ向上を実現する、クラウド型ID管理サービス
inSyncITガバナンス領域をカバーする、クラウド型データ保護ソリューション
yarai脆弱性やマルウェアの検知・防御に特化した、セキュリティサービス
G Suiteウェブベースのクラウド型グループウェアサービス
Office 365最新Officeソフトのクラウド型サービス
Microsoft 365セキュリティ統合型のクラウドサービス
Active! gate SSOffice 365・G Suiteと簡単に連携可能な、クラウド型メール誤送信防止サービス
BizMobile Go!スマホやタブレットなどのデバイスを、遠隔から簡単に一元管理可能なクラウドサービス
MaLionCloud社内PCや外部デバイスなど情報漏洩を防ぐ、IT資産管理型のクラウドサービス
Boxファイル共有やアプリとの連携可能な、オンラインストレージサービス
Dropbox
Business
法人向けのクラウドストレージサービス
ESET軽快な動作でウイルス対策できる、クラウド型サービス
Chatworkクラウド型コミュニケーションツール
Netskope従業員が個人的に利用しているクラウドサービスなど、全ての可視化・制御できるクラウドサービス
カギカン鍵をスマートフォンで操作可能な、オフィス向け合カギ管理システム

特に「Office 365」やGoogleの提供している「G Suite」など業務上必須なツールを、すぐに利用できるようになるのはNURO Bizで申し込むメリットと言えます。

オンラインツールを検索して利用するよりも、先に提案されているサービスを導入するだけで良いのは便利ですね。

セキュリティサービスが充実している

また、標的型攻撃・不正アクセスなどの脅威から守るネットワークセキュリティサービスも充実しています。

次々に出てくる新種のマルウェアやゼロデイ攻撃などから情報資産を守るために、セキュリティは重要です。

NURO Bizのセキュリティサービスは、UTM(統合脅威管理)やクラウド型サンドボックスといった最新機器やサービスによって、セキュリティに対する負担を大幅に削減してくれます。

セキュリティサービスはオンライン上で運用されるため、常に最新版のセキュリティ管理がなされるのも特徴の1つでしょう。

データ通信容量をシェアできる

NURO Biz には法人企業向けモバイル通信サービスとして、nuroモバイルもあります。

nuroモバイルは、データ通信容量を企業でパケットシェアすることができます。

また、オプションで固定IPアドレスも利用可能です。

NURO光の法人プラン【NURO Biz】のデメリットは?

こんなにも充実したサービスのNURO Biz ですが、デメリットはないのでしょうか?

提供エリアが限定されている(個人向けと同じ)

NURO Biz のいちばんのデメリットといえば、個人向けプラン同様に提供エリアが限定されているところでしょう。

NURO光の地方のカバーエリアが少ない点はデメリットと言えます。

2019年12月現在、NURO光の最新対応エリアは以下となっています。

【NURO光】対応エリア 2019年
関東1都6県東京都神奈川県千葉県埼玉県群馬県栃木県茨城県
関西2府3県大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県
東海4県愛知県静岡県岐阜県三重県
九州2県 NEW!!福岡県佐賀県

※一部エリアを除きます
※市区町村別対応状況調査中

しかし、首都圏および関西の主要都市を中心に提供エリアは徐々に拡大されており、これからNURO Bizを利用できるエリアもどんどん拡大されていく見込みです。

まずは公式サイトで自分の地域が提供エリア内なのかどうか、確認してみると良いでしょう。

各種料金が個人向けよりも高額

料金について、やはり個人向けプランと比べると高額になってしまうという点はデメリットと言えます。

法人向けプランには提供されるサービスが充実しているため、どうしても料金は高額になってしまうんですね。

もし、戸建てオフィスでそれほど充実したサービスは不要だということであれば、法人であっても個人向けプランで契約できるので無理に法人向けプランを導入しなくても良いでしょう。

キャッシュバックが少ない

NURO光の法人向けプランではキャッシュバック特典が少ない点はデメリットでしょう。

NURO Bizで行われているキャンペーンをご紹介すると、次のようなものがありますが、

【NURO Biz申し込み時のキャンペーン】

  • オフィス移転またはオフィス新設による導入の場合に基本工事費が50% OFFになる
  • メールセキュリティの導入でメール誤送信防止サービスやメールアーカイブサービスの初期費用が無料になる
  • 他社担当者を紹介して契約に至るとソニーポイントが20,000円分もらえる

NURO光の個人向けプランと比べてしまうと、特典としてはちょっと物足りないですね。

例えばNURO光の個人向けプランでは、以下のような高額なキャッシュバックなど契約特典が充実しています

NURO光公式サイトから個人向けプランを申し込むことで、35,000円のキャッシュバックを受け取ることができるんですね。

仕事の場所が自宅兼オフィスといった作業環境であるなら、無理に法人向けプランで契約せずに、個人向けプランの契約も視野に入れておくのもアリでしょう。

まとめ〜「法人プラン」が本当に必要か見極めよう

コフレちゃん
正直に言うと、数人の会社なら個人用で十分ね。
サブレくん
確かに数人なら、個人プランの契約でも問題なさそうだね!

法人プランのNURO Bizの詳細やNURO光個人プランとの違いについて、紹介しました。

NURO Bizには、仕事の効率をアップしてくれて強固なセキュリティを実現できるサービスが充実しています。

反面、個人プランに比べると料金が高く、キャッシュバックなどの特典も少ないというデメリットがあります。

そのためビジネスの規模によっては個人プランの方が適しているケースもあるでしょう。

本記事を参考に、本当に法人プランでの契約が必要かどうか見極めつつ、NURO光をビジネスにもお役立ていただければ幸いです。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年12月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は月額料金の割引や、キャッシュバックなど様々なキャンペーンを積極的におこなっている「So-net」を選びました。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2019年12月1日(日)~12月31日(火)】

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金3,500円(税抜)
  • 【マンション】2年間工事費込み
    月額利用料金2,100円(税抜)
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料
  • 【セキュリティソフト】カスペルスキーが1年無料(通常毎月500円)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓