NURO光とSo-net 光コラボレーションの違いをまとめてみます!

So-netの光回線「NURO光」を2年4ヶ月使用した「とみっち」です。

NURO光はSo-net社が提供する下り最大2Gbpsの高速光回線サービスです。

So-netはNURO光以外にも複数の光回線サービスを運営しているんですよね。

今回の記事では、NURO光と、So-netが運営する「So-net 光コラボレーション」でどのような違いがあるのかをまとめみます!

So-net公式 キャンペーン
キャッシュバック金額増額中!
【2018年7月1日(日)~7月31日(火)】
あと 12

光コラボレーションってなに!?

最近、光コラボ(光コラボレーション)とよく聞くようになりましたよね。

光コラボとは、

NTT東日本とNTT西日本が提供している光回線「フレッツ(FLET'S)光」を各事業者に卸し、回線の速度や品質はそのままに独自のキャンペーンや施策を付与した新しい光回線サービス

のことです。

これまでのフレッツ光だと、回線利用料はNTTに支払い、別途プロバイダ料を各事業者に支払っていたのが、プロバイダと回線提供者が一緒になることで、契約や支払いを一本化できるようになった点が便利な点となっています。

さて、

あたしゃもう「NURO光」へ加入しようとしてんだから、もう迷いたなくないのよ!

というあなたに、最終的に「NURO光」と「So-net 光コラボ」のどっちを選ぶといいのかをアドバイスするのが今回の記事の趣旨なんです。

お節介にお付き合いください!

「NURO光」と「So-net 光コラボ」それぞれの特徴

「NURO光」と「So-net 光コラボ」それぞれの特徴をまとめてみると、以下の表のようになります。

サービス名月額利用料金 最大回線速度
下り/上り
特徴
NURO 光
戸建: 4,743円(税抜)
マンション: 1,900円~2,500円(税抜)
2Gbps/1Gbps
  • 提供エリアは関東、関西、東海地方のみ
    詳しくは: 【2018年最新】NURO光の対応エリア
  • 無線LAN利用無料
  • カスペルスキー無料
  • おうち割(Softbank携帯料金割引)
  • キャッシュバック35,000円円
  • 回線工事費実質無料
So-net 光 コラボ
戸建:4,800円(税抜)
マンション: 3,500円(税抜)
※30ヶ月限定の割引後の料金
1Gbps/1Gbps
  • 提供エリアは全国
  • ウィルスセキュリティソフト3ヶ月無料
  • スマートバリュー(au携帯料金割引)
  • フレッツ光回線からの転用が可能
  • 30ヶ月毎月(戸建て900円/マンション1100円)割引
  • キャッシュバック30,000円
  • 回線工事費実質無料
※表は横スクロールが可能です。

月額利用料金

NURO光のマンションタイプである「NURO 光 for マンション」はかなり低料金で利用できるんですけど、まだまだ対応しているマンションは少ないんじゃないかと予想されます。

導入されていない場合、4軒の導入希望を募ってエントリーすることになります。

ちょっと敷居が高いんですが、導入できれば低料金で利用することができます。

NURO光は7階建て以下の集合住宅の場合、戸建タイプのプランとなります。

光回線の月額利用料金は、戸建プラン、マンションプランともにNURO光が安いです。

キャッシュバックキャンペーンはNURO光が高額となっています。

最大回線速度

NURO光は下り最大2Gbps(上り1Gbps)の光回線とはいえ、これはONU兼ルーター全体での通信最大速度で、現在の規格上、有線LANは最大で1Gbps、無線LANは最大で1.3Gbpsの通信速度となります。

それでも、So-net光コラボの通信速度に比べると、かなり速い傾向にあると言えます。

NURO光とSo-net光コラボの通信速度

【出典】RBB SPEED TEST 2018年2月26日の最速値[ギガ]結果

So-net光(auひかり)のキャンペーン【2018年7月追記】

2018年7月時点で僕がオススメしている光回線は、NURO光かSo-net光(auひかり)となります。

この記事を公開した時点では、auユーザーなら「So-net 光 コラボ」がいいのではないかと書いていたんですが、So-net光(auひかり)がキャッシュバックキャンペーンや、月額割引サービスを始め、かなり魅力的となっています。

そもそも、光コラボは利用希望者が殺到していて、時間帯のよっては回線速度の低下が顕著なんですよね。。

auひかりはプロバイダが選べるんですが、So-netがプロバイダとなっているものがSo-net光となるようです。

auひかりは以前5年半使っていて、料金以外は満足していました。ギガタイプで下り1Gbpsですが、実測値はNURO光と並ぶ非常に高速な光回線だと言えます。

詳しくはSo-net光(auひかり)の公式キャンペーンページを見てくださいね↓

結論

光回線選びはスマホなどの端末と組み合わせていかに安くできるかが鍵となるので、SoftBankユーザーであればおうち割が使える「NURO光」、auユーザーであればスマートバリューが適用される「So-net 光コラボ」「So-net光(auひかり)」という結論になります。

2018年7月時点での僕のオススメ光回線
NURO光対応エリア
(関東、関西、東海)
NURO光エリア外、
auひかり対応エリア
NURO光auひかりともにエリア外、
ドコモ光対応エリア

の順にオススメです。

NURO光対応エリアに住んでいて、なおかつソフトバンクのスマホや通信機器を使っていれば、「NURO光」を選ぶのは大正解と言えます。

ちなみに僕はスマホはmineoを使っていて、特に割引が適用されるわけではないんですがNURO光を選びました。

auユーザーであれば、「So-net光(auひかり)」を選べば間違いはないと考えています。

ドコモユーザーなら割引が受けられるドコモ光がいいとは思うのですが、回線速度やキャッシュバックキャンペーンなどの魅力を考慮すると「So-net光(auひかり)」のほうがいいと考えているのですが、対応エリアかどうかもポイントとなりますね。

関東に住むソフトバンクユーザーは、是非NURO光の公式キャンペーンをチェックしてくださいね。

【So-net公式】NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討されている方は、キャンペーンが開催されているうちにぜひどうぞ。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2018年7月1日(日)~7月31日(火)】
終了まで残り 12

  • 35,000円キャッシュバック
    (2018年7月時点の金額)
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料
    (通常9,000円)
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位(価格.com)
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位(J.D. POWER)

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓


導入ができなかった、エリア対象外だったという人に

NURO光は関東、関西、東海の一部エリア限定のサービスとなっています。
So-net光(auひかり)であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

Webでの申し込み限定特典があります。
【2018年7月1日(日)~7月31日(火)】
終了まで残り 12

  • 【戸建】3年間工事費込み
    月額利用料金4,200円(税抜)
  • 【マンション】3年間工事費込み
    月額利用料金3,200円(税抜)
  • 【ソネットポイント】
    最大22,000円分プレゼント
  • 他社ネット回線の解約金を30,000円まで負担
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が60ヶ月無料
  • 【auスマートバリュー】
    毎月最大2,000円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。