【NURO光 10G】上り下り10Gbps/6Gbpsの新プラン受付が2019年3月より開始!

【NURO光 10G】上り下り10Gbps/6Gbpsの新プラン受付が2019年3月より開始!

NURO光はこれまで下り最大2Gbpsのプランを中心に展開していたのですが、2019年3月末より最大10Gbpsや6Gbpsの新プランを順次提供することを発表しました。

NURO光を10Gbpsや6Gbpsで契約すれば、複数端末で高速でデータのやり取りが可能となるため、大容量データのダウンロード時間を短縮することができます。

今回の記事では、NURO光の新プランの特徴や、利用上の注意点・準備するものを解説します。

Mbpsとは!?
Mbpsとはメガビーピーエスと読み、1秒に何ビットダウンロードできるかという数値です。

1MBメガバイト = 8Mbメガビットとなります。

例えば200Mbpsは、1秒間に25MBのデータがダウンロードできるということになります。

【NURO光】10Gbpsと6Gbpsサービスの通信速度

NURO 光 10Gs・6Gs

【出典】NURO 光 10Gs・6Gs

NURO光は下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsで通信できます。

また一部エリアでは下り最大10Gbps、上り最大2.5Gbpsの「NURO光10G」も展開中です。

今回追加された2つのプランは、「上下最大10Gbps」と「上下最大6Gbps」の通信速度となっています。

速度そのものも高速化されているんですが、下りと上りで通信速度が共通しているのが大きな違いですね。

従来の「NURO光10G」と新プランの10Gbpsでは、上りも10Gbpsに設定されているため新プランのほうが有利です。

  • 動画や音楽などのファイルをdropboxやGoogleドライブといったクラウドストレージにまとめてアップロードする
  • 4Kやそれ以上の高画質な動画コンテンツを視聴や配信する

こんな時は、新プランの高速通信を活用できるでしょう。

今後8Kテレビ放送や、動画の8K対応により、動画の大容量化がさらに進んでいくと予想されます。HD画像が高画質と騒がれたのがつい最近のことのようですが、もうHD画像程度では、テレビの大型ディスプレイでは粗い画質となってしまいます。

HD、4K、8Kの違い

2018年12月1日から、ついに新4K8K衛星放送が始まりました。

YouTubeでも、以下の画面キャプチャのように8K動画で再生できるものを見かける機会も増えてきました。

サブレくん
8K動画は5分で67GBものファイルサイズが必要なんだって!

4K動画や8K動画を家庭内のネットワークで視聴したり、動画ファイルをインターネットからダウンロードしたり、アップロードしたりするのには高速な光回線サービスの利用が必要となりそうですね。

なお最大10Gbpsや最大6Gbpsという回線速度は有線接続を行った場合の速度なので、無線接続時は概ね「1.7Gbps」が最大値となることには注意しなければいけません。

もっとも無線通信時における「1.7Gbps」でも、フレッツ光の最大1Gbpsなどに比べれば圧倒的に高速です。

コフレちゃん
遅いと感じることはないでしょう。

現状、快適にネットサーフィンをしたい、オンラインゲームをしたい、HD画質程度の動画サービスを観たいという一般的な用途であれば、NURO光の従来の下り最大2Gbpsサービスでも必要十分です。

10Gbpsと6Gbpsサービスの料金

10Gbpsプランと6Gbpsプランの通常月額料金を表にまとめました。

参考用に、通常のNURO光や「下り10Gbps/上り2.5Gbps」の「NURO光10G」における料金も合わせて記載しています。

NURO光のプラン月額料金(税込)
新プラン 10Gbps6,317円
新プラン 6Gbps5,767円
NURO光 G2V
(下り最大2Gbps/上り最大1Gbps)
5,217円
NURO光 10G7,128円
※表は横スクロールが可能です。

新登場したプランは「NURO光10G」より安価な料金設定です。

通常のNURO光に550円プラスで6Gbps1,100円プラスで10Gbpsと比較的少ない金額差で高速化できるので、通常のNURO光で遅いと感じられるなら必要に応じて新プランを選ぶのも良いでしょう。

高速通信する際の注意点

NURO光の10Gbpsや6Gbpsプランは、ただ契約するだけでは速度を出せません。

機器をすべてこれらの高速に対応できるものにしなければ、高速通信はできないのです。

  • LANケーブルのカテゴリは適切か
  • 10Gbps対応のLANポートを選んでいるか
  • 端末側で高速通信に対応しているか

以上3点をしっかり確認しましょう。

LANケーブルはCAT7が必須

パソコン等の機器とNURO光のONUを繋ぐLANケーブルが高速対応のものでなければ、速度は大幅に制限されます。例えば「CAT6」では最大1Gbpsでしか通信できません。

「CAT7」のLANケーブルは最大10Gbps対応なので、NURO光で6Gbpsや10Gbpsプランを利用するならCAT7と書かれているものを使いましょう。

10Gbps対応のLANポートは1箇所

NURO光の新プランにおいて利用できるONUには4つのLANポートが搭載されていますが、10Gbpsに対応しているLANポートは1つのみ、3つは最大1Gbpsでの通信にしか対応していません。

10GBASE-T」と呼ばれる、10Gbpsでの通信に対応したLANポートと機器をつなぎましょう。

無線LAN接続時は概ね「1.7Gbps」が最大値となります。

端末が対応していなければ、高速通信はできない

例えばパソコンの場合、搭載されているLANカードが10Gbpsに対応していなければ、せっかく10Gbpsプランを契約してもその速度は出せません。

最大10Gbpsに対応するのは、「10GBASE-T」という規格です。もし手持ちのパソコンなどが対応していないなら、対応するパーツと交換したり機器そのものを買い替えたりする必要があるでしょう。

また、PS4は有線でも最大1Gbpsまでにしか対応していないですし、スマートフォンなどの無線通信機器も基本的に6Gbpsや10Gbpsでは利用不可能なので注意しましょう。

10Gbps/6Gbpsの対応エリア

NURO光は2Gbpsの通常プランは今のところ、北海道・関東・東海・関西・九州(一部エリアを除く)となっています。

10Gbpsや6Gbpsプランは 通常の2Gbpsサービスよりもさらに限られたエリアで提供が開始されます。

具体的な該当エリアは以下となります。

関東(東京、神奈川)、東海(静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)
※一部エリアを除く

2Gbpsのプランよりも対応エリアが狭いため、注意しましょう。

NURO光(下り最大2GbpsのG2Vプラン)の特徴やメリット

従来のNURO光の2Gbpsのプランであっても、現在も国内で最高速度を誇る光回線です。

僕自身5年半使用しているのですが、日常的に有線LANで下り900Mbps台、Wi-Fiで300Mbps台の速度が出ていて非常に満足度は高いです。

有線LAN接続の速度
Wi-Fi接続の速度

まとめ 〜2Gbpsサービスでも必要十分に高速〜

これまでも最高速度の光回線だったNURO光ですが、値段をおさえつつ上り・下り共に最大10Gbpsや6Gbpsというより優れたプランがついに登場しました。

ただし利用できる機器が対応するLANカード搭載のパソコンなどごく僅かなものに限られてしまいますし、対応エリアも大幅に限定されるため、まだ万人向けのサービスとは言えません。

今回の記事の要点は以下となります。

  • 10Gbps/6Gbpsの新プランはごく一部の地域で先行リリースされる
  • 10Gbps/6Gbpsの新プランを必要とする人は限られる
  • 通常プランでも下り最大2Gbps、上り1Gbpsと圧倒的に高速

まだPCなどの端末側で1Gbpsよりも大きい速度の通信にはあまり対応していないというのが現状ですが、東京オリンピックに向けて映像配信はますます大容量になることが想像できるので、新プランが広く必要とされるかどうか見守りたいと考えています。

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年4月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月550円
    ※戸建てタイプのみ
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※料金は全て税込表示となります。

So-net公式の特典で、安心できるという点が決め手でした↓

NURO光が導入できない場合
ドコモユーザーのための光回線

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【dポイント】2,000円分プレゼント
  • ドコモショップへの来店不要
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
auユーザーなら「auひかり」

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅で2018年4月から使用しています。

実際に何度もスピードテストをしていますが、NURO光と1、2位を争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。管理人は「So-net」を使っています。

  • 45,000円キャッシュバック
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年4月時点
  • 【KDDI公式】3万円以上の工事費が実質無料
    ※戸建てタイプ: 電話サービス同時加入時、
    マンションタイプ: ネットのみでOK
  • 【KDDI公式】他社ネット回線の解約金を33,000円まで負担
  • 【auスマートバリュー】
    ※毎月550円〜1,100円 スマホ・ケータイ割引、無線LAN利用永年無料

ネットのみの申し込みで高額なキャッシュバックが受け取れる点、
安心できる代理店であることが申し込んだ理由です↓