Wi-Fi6に対応するスマホGalaxy S10のスペックは?

Wi-Fi6に対応するスマホGalaxy S10のスペックは?

Wi-Fi6(IEEE802.11ax)に対応した世界初のスマホとして、サムスンのAndroidスマホGalaxyS10シリーズが注目を集めています。

しかし本当にGalaxyS10シリーズのスペックは高いのでしょうか?

コフレちゃん
GalaxyS10の性能ってほんとに良いの...?

そこでこの記事では、GalaxyS10シリーズの特徴デメリットに迫ってみました!

\【2019年10月】工事費無料キャンペーン実施 /

Wi-Fi6対応のスマホGalaxy S10シリーズのスペック詳細

Galaxy S10のイメージ

【出典】Galaxy S10

Wi-Fi6のIEEE802.11axとは、High-Efficiency Wireless(HEW)と呼ばれている無線LANの規格のこと。

今まで使われていたWi-Fi4(IEEE802.11n)では最大通信速度が600Mbps程度でしたが、Wi-Fi6の最大通信速度はなんと9.6Gbps。

Wi-Fiの呼称使用電波帯域最大通信速度
(理論値)
Wi-Fi4
IEEE802.11n
2.4 / 5GHz帯600Mbps
Wi-Fi5
IEEE802.11ac
5GHz帯6.93Gbps
Wi-Fi6
IEEE802.11ax
2.4 / 5GHz帯9.6Gbps
※表は横スクロールが可能です。

Wi-Fi4に比べ16倍の速さでネット通信が可能になるスゴイ規格なんです。

しかし新しい規格のために、Wi-Fi6に対応している端末がまだまだ少ないのが正直なところ。

そんな時に発表されたGalaxyS10は、一足先にWi-Fi6に対応した期待のスマホというわけです。

サブレくん
これはかなり期待できるね!

Galaxy S10シリーズのスペック一覧

Galaxyのシリーズ10年目となるS10は、現在のGalaxy技術の集大成のスマホです。

シリーズのスペックを一覧にまとめてみました。

Garaxy S10Garaxy S10eGaraxy S10+Garaxy S10
5G
OSAndroid9
サイズ6.1インチ5.8インチ6.4インチ6.7インチ
ディスプレイQuad HD
+ Curved
Dynamic
AMOLED19:9
Full HD
+ フラット
Dynamic
AMOLED19:9
Quad HD
+ Curved
Dynamic
AMOLED 19:9
Quad HD
+ Curved
Dynamic
AMOLED19:9
解像度550ppi438ppi522ppi502ppi
BluetoothBluetooth5.0
RAMROM8GB6GB / 8GB8GB / 12GB8GB
ROM128GB / 512GB128GB / 256GB128GB / 512GB /
1TB
256GB / 512GB
ネットワークEnhanced 4x4 MIMO、7CA、LAA、LTE Cat.204GバンドLTE
5G対応
3Gバンド HSDPA 850 /
900 / 1700(AWS) /
1900 / 2100, Cat20
下り最大 /
上り最大
2.0Gbps / 150Mbps(海外仕様)
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax、VHT80、MU-MIMO、1024QAM、最大1.2Gbps
カメラ望遠、ウルトラワイド、
ワイドアングル、
フロントカメラ1個
ワイドアングル、
ウルトラワイド、
フロントカメラ2個
望遠、ワイドアングル、
ウルトラワイド、
3D深度カメラ、
フロントカメラ2個
望遠、ワイドアングル、
ウルトラワイド、
3D深度カメラ、
フロントカメラ2個
防水
防塵機能
IP68
生体認証顔認証とディスプレイ
埋め込み型
超音波方式
指紋認証センサー
顔認証と静電式
指紋認証センサー
顔認証とディスプレイ
埋め込み型
超音波方式
指紋認証センサー
顔認証とディスプレイ
埋め込み型
超音波方式
指紋認証センサー
バッテリー3,400mAh3,100mAh4,100mAh4,500mAh
幅×高さ×
奥行きmm
70.4×149.9×
7.8mm
69.9×142.2×
7.9mm
74.1×157.6×
7.8mm
77.1×162.6×
7.9mm
重量157g150gガラス175g
セラミック198g
198g
充電ワイヤレス充電
※表は横スクロールが可能です。

Galaxy S10シリーズすべての端末の無線LANでWi-Fi6(IEEE802.11/ax)に対応しているのが分かりますね。

サブレくん
全機種が最新の通信規格に対応しているのは、さすがだね!

Galaxy10年目の集大成!Galaxy S10シリーズの特徴


Galaxy S10シリーズの大きな特徴は
  • Wi-Fi6・5Gに対応していること
  • 超音波指紋認証センサーを搭載していること
  • トリプルレンズカメラを搭載していること
といった3つでしょう。

HDR10 +とは?
HDR=High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、暗い所や逆光でも写真がキレイに撮れる機能のこと。HDR10 +はHDRをさらに強力にした機能。

1・最新通信規格Wi-Fi6と5G通信に対応

Galaxy S10がWi-Fi6と5G通信に対応するイメージGalaxy S10では、Wi-Fi6と5G通信に対応しています。

Wi-Fi6については冒頭で次世代のWi-Fi規格であることを紹介しましたが、特に注目なのは5G。

5Gとは4G通信に代わる次世代の携帯通信規格のことです。

特にデータ通信速度では100倍に、データの最大転送容量は1000倍になる通信規格です。

5Gのデータ通信容量は4Gの1000倍

5G提供はまだ実用化には至っていませんが、2019年9月にはドコモでプレリリースすることが発表されています。

Galaxy S10を持っていることで、いち早く5G通信の恩恵を受けることができますね。

ネット通信が速い!最大通信速度は2.0Gbps

Galaxy S10(海外仕様)の最大通信速度は、下り最大2.0Gbps / 上り最大150Mbpsです。

auの場合は、下り最大1.0Gbps、上り最大75Mbps、docomoの場合は下り最大1576Mbps、上り最大75Mbpsです。

「Gbps」や「Mbps」とは、1秒間に送受信できるデーター量を示す単位のこと。

たとえば、

  • 動画を高画質で見るには下り3Mbps
  • 大容量データゲームを利用するには下り10Mbps
が通信速度の目安とされています。

Galaxy S10であれば日本のキャリア製品でも下りは1Gbps(1000Mbps)なので、動画もゲームも超高速通信で使うことができますね。

コフレちゃん
高画質の動画でも速く見られるようになるのね!

2・超音波指紋認証センサーを搭載している

Galaxy S10超音波式 指紋認証センサーの画像Galaxy S10とGalaxy S10+には、「超音波式の指紋認証センサー」がディスプレイに内蔵されています。

この超音波式の指紋認証センサーはスマホ初搭載の機能で、特徴としては、

  • 認証速度が高く速いこと
があげられます。

たとえば今までの指紋認証センサーは「光学センサー」と呼ばれ、

  1. 指に向かって
  2. 光を当てて
  3. センサーで指紋情報を読み取る
といった段階を踏んで認証していましたが、超音波式の指紋認証センサーでは、
  1. 音波を発射して
  2. 指の3Dデータを取得して指紋情報を読み取る
といった高速認証を実現しています。

さらに光学センサーでは指の写真でも認証することができましたが、音波式では3Dデータの取得が前提となるため写真認証は不可能です。

コフレちゃん
指紋の写真でもスマホの画面を開くことができないなら、セキュリティ対策も万全ね♪

スマホを紛失したときに、他人がすぐに画面を開くことができない仕様なのはGalaxy S10を持つメリットと言えるでしょう。

Galaxy S10eは内蔵の超音波センサーはなく、右側面に静電式指紋センサーがついています。

3・トリプルレンズカメラを搭載している

GalaxyS10シリーズ3つめの特徴として、背面に「トリプルレンズカメラ」を搭載していること。

トリプルレンズカメラとは、超広角・広角・望遠の3つのレンズを装備しているカメラのこと。

具体的には、

  • 最大で123度(超広角:1,600万画素)
  • 最小でも45度(望遠カメラ:1,200万画素)
の写真幅で撮影することができます。

超広角で撮影することで、パノラマに近い撮影が可能になったんですね。

望遠で撮影

Galaxy S10望遠レンズで撮影

【出典】Galaxy S10 | S10+ -公式紹介映像

超広角で撮影

Galaxy S10 超広角レンズで撮影

【出典】Galaxy S10 | S10+ -公式紹介映像

またHDR10 +を搭載したことで、撮影した画像の解析を行って、自動で最適な設定を反映してくれるのでイメージ通りの写真を撮ることが容易になっています

そもそもGalaxy S10はカメラの性能がかなり高く、イン・アウトカメラともに解像度はiPhoneXsを上回っているんです。

解像度iPhoneXsGalaxy S10
インカメラ700万画素1000万画素
アウトカメラ1200万画素1600万画素
※表は横スクロールが可能です。

もちろんGalaxy S10は防塵・防水機能付き。

海や旅先で何気なく撮影しても自動で良い写真として残せるため、旅行やイベント好きな人には、うってつけのスマホと言えますね。

サブレくん
意識しなくてもキレイな写真が残せるのは、とっても便利だね!

Galaxy S10のデメリット

auひかりのデメリットここまでGalaxy S10のスペックやメリットについて紹介しましたが、デメリットについても触れておきます。

デメリット1・ディスプレイが大きすぎる

Galaxy S10のデメリット1つめは、ディスプレイが大きすぎることでしょう。

画面占有率は脅威の91.6%(Galaxy S10+は93.1%)で、ベゼルが極端に狭くなっています。

Galaxy S10 画面が大きい

【出典】galaxymobile.jp - Galaxy S10

スマホを持つときに片手で操作がしづらいのは、手が小さい人が操作する際にデメリットに感じるでしょう。

また電源ボタンが右の側面についているため、大きめのモデルであるGalaxy S10+や、Galaxy S10 5Gでは電源の操作がしづらいことも懸念されます。

ただしGalaxy S10シリーズでは、アプリは下半分のボタンのみで操作できるようになっています。

画面が大きいことで得られるメリットもあるものの、片手での操作性が悪くなってしまうのは残念な部分でもありますね。

サブレくん
大きすぎると落とすリスクも高いもんね...

デメリット2・端末の値段が10万円を超える

Galaxy S10のデメリット2つ目は端末の値段が高額ということ。

Galaxy S10の基本モデルでも750ドルで、上位モデルのGalaxy S10 5Gでは1,600ドルの値段がつけられています。

ドコモやauで発売される価格も、やはり10万円を超えています。

端末キャリア値段発売日
GalaxyS10 SCV41au102,000円2019年5月23日
GalaxyS10 SC-03Lドコモ89,424円2019年6月1日
GalaxyS10+SCV42au114,960円2019年5月23日
GalaxyS10+SC-04Lドコモ101,088円2019年6月1日
GalaxyS10+SC-05Lドコモ114,696円2019年7月下旬
※表は横スクロールが可能です。

スマホに10万円払うというのはかなり高額な気がしますが、Galaxy S10のスペックを踏まえると妥当な値段なのかもしれません。

コフレちゃん
しかし10万円超えるのはちょっと高いわ...

まとめ

今回はGalaxy S10シリーズのスペックについて紹介しました。

【Galaxy S10のメリット】

  • Wi-Fi6や5G通信に対応している
  • 超音波指紋認証センサーを搭載している
  • トリプルレンズカメラを搭載している
【Galaxy S10のデメリット】

  • ディスプレイが大きすぎる
  • 端末価格が10万円以上と高額

超音波指紋認証センサーや他端末へシェア充電ができるなど、Galaxy技術の集大成が詰まったGalaxy S10シリーズ。

高額なことを除けば確実に購入して損はしないスマホであると言えるでしょう。

ドコモ光などと組み合わせて、セット割を活用した購入もアリではないでしょうか。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年10月1日(火)~10月31日(木)】
終了まで残り 17

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年10月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓