【事業者比べ】ドコモ光・v6プラスに対応しているプロバイダ全6社を徹底比較!

インターネット通信を、「高速・快適・安全」に使うことができる次世代通信方式のv6プラス

ドコモ光では6つのプロバイダがv6プラスに対応していますが、

  • どこのプロバイダがどんなサービスを展開しているのか
  • 自分に合っているプロバイダはどこなのか
特徴が分からないと選びづらいですよね。

v6プラスに対応していても、
どんなサービスを提供しているか分からないと選べないよな〜...

そこでこの記事では「ドコモ光v6プラス対応のプロバイダ6社を徹底比較した内容」をお伝えしていきます!

\ 工事費無料期間残りわずか /
2019年5月6日(月)まで

ドコモ光のv6プラス通信に対応している全6社はコレ!

会社やビルが立ち並ぶv6プラスと呼ばれる通信方式は、

  • 従来から使われているIPアドレス「IPv4」
  • 新しいIPアドレス「IPv6」
といった両方のIPアドレスを、回線の混雑具合に応じて自動選択してくれる新しいインターネット通信サービスのことです。

そしてドコモ光では以下の6社が「v6プラスの通信方式」を採用しています。

  1. GMOとくとくBB
  2. So-net
  3. @nifty
  4. ic-net
  5. Tigers-net.com
  6. andline

上から順番にv6プラス対応プロバイダのメリット・デメリットを紹介していきます!

GMOとくとくBBで申し込むメリット・デメリット

GMOとくとくBBは、フレッツ光やドコモ光のプロバイダやWiMAXの提供を行っている事業者です。

GMOとくとくBBの特徴を一言でまとめると、v6プラスを利用開始する準備を整えやすいプロバイダですね。

GMOとくとくBBのメリットはルーター無料提供や速度保証があること

GMOとくとくBBは、ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにした人向けの特典が充実しています。

  • Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • 最大15,000円のキャッシュバック
  • 最大30,000ポイントのdポイントプレゼント
  • dカード GOLD申し込みで、5,000円分のAmazonギフト券プレゼント
  • 速度保証
この中で最大の特徴は、v6プラス対応ルーターを無料レンタルできること。

しかも37ヶ月間継続利用をすれば返却不要・つまり自分の所有物にできる太っ腹な取り組みなんですね!

ここまでできるプロバイダは実質的にGMOとくとくBBだけ。

そのためv6プラス対応ルーターを持ってない人は、GMOとくとくBBからドコモ光の申込み一択といえます。

※ GMOとくとくBB × ドコモ光(v6プラス)の公式ページが開きます。

もし速度が早くなかったらポイントがもらえる!

さらにGMOとくとくBBには速度保証があり、もしv6プラス環境で速度が100Mbpsを下回ってしまったら100円相当のポイントがもらえます

GMOとくとくBBのドコモ光※1をご利用の際、ご自宅のインターネット回線の速度が100Mbpsを下回った場合、100円相当のGMOとくとくポイントを差し上げます。

【引用】GMOとくとくBB -キャンペーンページ

他社ではもし遅くても何もお詫びの品などはもらえないので、v6プラスの速度に自信のある表れと言えるでしょう。

他にもGMOとくとくBBのサイト経由でドコモ光を申し込むことで、

  • キャッシュバックや
  • dポイントプレゼント
  • 5,000円分のAmazonギフト券がもらえたり

(dカード GOLDへの申し込み)

といった契約時の特典が満載です。

GMOとくとくBBのデメリットはリモートサポートがないこと

GMOとくとくBBでは出張にて設定サポートを初回無料で利用できますが、リモートサポートはとくに用意されていません

つまりv6プラスサービス利用開始後のトラブル時に、電話を使った遠隔サポートを受けることはできないので注意が必要です。

So-netで申し込むメリット・デメリット

So-netはフレッツ光やauひかり、NURO光など様々なインターネット回線でプロバイダ事業を行っています。

So-netもGMOとくとくBB同様に、ドコモ光の申込み特典が充実しています。

So-netはルーター無料レンタルやセキュリティソフト無料が魅力

So-netの主な特典は以下4つ。

  • v6プラス対応ルーターの無料レンタル
  • 15,000円キャッシュバック
  • セキュリティソフト・カスペルスキーを最大24ヶ月無料で利用可能
  • dポイント最大20,000ポイントプレゼント+関西限定で10,000ポイントプレゼント
ただし、v6プラス対応ルーターはあくまで契約期間中に無料レンタルできるだけ。

GMOとくとくBBのように最終的に自分の所有物にできるわけではないんですね。

その代わり、PCのセキュリティソフトが2年間無料(GMOは1年間)で使うことができます

本来1年利用で6,000円程度かかるセキュリティソフトなので、2年間で合計12,000円程度おトクに使えるのはかなりメリットと言えるでしょう。

※So-net × ドコモ光(v6プラス)の公式ページが開きます。

So-netの評判や契約の細かい制限に注意

So-netのデメリットとして主に挙げられるのは、以下の3点です。

  • 評判がイマイチ
  • 18歳以上でなければ契約できない
  • 契約できるのは個人のみで、法人は不可
So-netの評判をSNSや掲示板などで調べてみると、「速度が遅い」「サポートが悪い」などの評判がちらほら見受けられます。

速度については、

  • v6プラスを導入している人の口コミは基本的に問題なし
  • v6プラスを利用していない人の口コミにおいて不評

という評価結果でした。

サポート内容については「窓口の担当者が強引に手続きをしようとする」などの声が見受けられました。

問い合わせの際は注意が必要ですね。

契約内容はSo-netは18歳以上での申し込みが必須、申し込めるのは個人のみです。

光回線を18歳未満が申し込むことはあまりないと思うので問題ないとして、法人としてオフィスなどにドコモ光を導入予定の方はSo-net以外のプロバイダを検討すると良いでしょう。

@niftyで申し込むメリット・デメリット

@niftyはフレッツ光などで長年サービスを展開している大手プロバイダです。

@niftyでv6プラスを利用する場合、対応するルーターを前もって契約または購入しておく必要があります。

@niftyは法人契約可能・ファミリープランなら家族全員メールが使える

@niftyでドコモ光を使う場合のメリットは、以下4つです。

  • メールアドレスを家族それぞれが持てるファミリープラン
  • セキュリティソフト「常時安全セキュリティ24」が12ヶ月無料
  • リモートサポートが初回無料
  • 法人契約ができる
@niftyユーザー向けには家族にも@niftyのIDを発行して、メールアドレスもそれぞれが個別に利用できる「ファミリープラン」が提供されています。

ドコモユーザーならドコモメールなど、あまり使わない場合もあるかもしれませんが、プロバイダのメールアドレスを家族1人1人に使わせたい場合は@niftyがおトクです。

その他のメリットとして、

  • 通常500円(税抜)のセキュリティソフトが1年間無料になる
  • リモートサポートが初回無料
など、パソコンの設定に関してサポートが手厚いことが挙げられます。

リモートサポートを初回限定で使えるので、インターネット接続後の設定でわからないことがあれば聞いてみるのも良いでしょう。

法人でドコモ光をオフィスに導入したい場合も@niftyなら安心です。

@niftyのv6プラス対応ルーターは基本的に有料

@niftyではルーターの無料レンタルがありません。

そのため、

  1. ドコモ光電話契約で設置されるv6プラス対応ホームゲートウェイのレンタル
  2. 9,590円で販売されているドコモ光ルーター01を購入
以上2つのどちらかの方法で、ルーターを用意する必要があります。

光電話を契約する予定がなく、ドコモ光ルーター01を購入するのが負担に感じられる場合は、GMOとくとくBBやSo-netを選ぶと良いでしょう。

IC-netで申し込むメリット・デメリット

IC-netはNTT東日本エリアで展開されているプロバイダ事業者ですが、ドコモ光については西日本も含めた日本全国でサービスを展開しています。

サポートやセキュリティ対策が充実しているので、インターネット初心者の人は要チェックですね。

ただし全体的な評価はイマイチな部分も多く、あえて選ぶ必要性はないといえます。

IC-netならセキュリティソフトやリモートサポートが3年無料

IC-netでドコモ光を申し込むメリットは以下のとおりです。

  • 相互セキュリティソフトが36ヶ月間無料
  • リモートサポートが36ヶ月間無料
  • 訪問サポート初回無料(36ヶ月間)
  • 法人契約ができる
  • Wi-Fiルーターの無料レンタルあり

(ただし、v6プラスの動作保証対象外で最大300Mbps)

IC-netはサポート対応が充実していて、訪問サポート初回無料に加えてリモートサポートは3年間無料なので、ネットが苦手な人も安心して使えますね。

セキュリティソフトがSo-netの2年間よりさらに長い3年間無料なのもなかなか魅力的です。

Wi-Fiルーターを契約中に無料レンタルできるのも嬉しいのですが、注意したいのはv6プラスに対応していると明言されていないことです。(動作保証対象外と公式サイトに記載がありました)

つまりIC-netでv6プラスを確実に使いたい場合は、

  • ドコモ光ルーター01や
  • ドコモ光電話契約時に提供されるホームゲートウェイなど
v6プラスに対応するルーターの購入が必須と考えた方が良いでしょう。

せっかく無料でルーターを貸してくれるのに、性能がイマイチでIC-netの実力を発揮できる可能性が低いのは惜しいところです。

※v6プラス対応ルーターについては以下記事が詳しいです↓

IC-netは18歳以上限定で通信速度の評判が皆無

IC-netのデメリット・注意点は、

  • 18歳以上でないと申し込めないこと
  • 通信速度に関する評判が見受けられなかったこと
の2つです。

特に気になるのはドコモ光におけるIC-netの通信速度に関する評判が、Twitterなどでは全く見つからなかったことですね。

「あまり使っている人がいないため爆速」という可能性もありますが、反対に設備が整っていなくて速度が遅い可能性も無きにしもあらずです。

快適に使えるか判断する上での目安となる評判が見当たらないのは、心配な要素であります。

Tigers-net.comで申し込むメリット・デメリット

Tigers-net.comは、その名の通りタイガースファン向けのプロバイダですが、実はv6プラス対応です。

フレッツ光やADSL、ドコモ光でプロバイダサービスを展開していますが、選ぶべきかどうかは自分がタイガースファンかどうかで判断すると良いでしょう。

カスペルスキーが永年無料&タイガースファン限定コンテンツが使える

Tigers-net.comのメリットは、以下の3点です。

  • カスペルスキーを永年無料で使える
  • 阪神タイガースファン向けの、専用コンテンツが充実
  • 法人契約ができる
Tigers-net.comでは、PC向けセキュリティソフトである「カスペルスキー」を期限なし・無料で使うことができます

本来高額なセキュリティソフトをずっと無料で使えるのは、なかなか魅力的ですよね。

そしてタイガースファン向けに、以下のようなコンテンツを利用できます。

  • 甲子園球場での公式戦をライブ中継で見られる
  • 会員向けの応援チャット
  • ファンレターの配達
  • 試合速報メールが届く
  • タイガースグッズやAmazonギフト券などへ交換できるポイントを貯められる
タイガースファンにはかなり魅力的なコンテンツではないでしょうか。

また法人契約OKなので、法人のタイガースファンな人にはうってつけなプロバイダと言えるでしょう。

速度の評判は悪くルーターレンタルもなし

タイガースネットのデメリットは以下の3点です。

  • ルーターレンタルは無し
  • 通信速度の評判がイマイチ

(ただしv6プラス利用時の評判かはわかりませんでした)

  • タイガースファンでなければタイガース系コンテンツのメリットが薄い

タイガースファンなら選ぶメリットは十分ありますがそうでない人には、

  • ルーターレンタルがなかったり、
  • SNS等での速度の評判が芳しくなかったり
するので、あえて選ぶ必要は無いと考えられます。

Tigers-net.comnoの評判

Tigers-net.comについてTwitter上のつぶやきを集めてみました。

例えば上記の口コミでは、速度が夜間に降り2Mbpsしか出ていないと不満の声が上がっています。

2つ目の口コミでは、速度が安定しやすい有線接続なのに500kbpsも出ていないと言われています。

v6プラス利用時かどうかはわかりませんが、ここまで遅いとせっかく光回線を契約しても何もできないので厳しいですよね。

速度重視の方は、念のため他プロバイダを検討することをオススメします。

andlineで申し込むメリット・デメリット

andlineはドコモ光向けのプロバイダで、オプションサービスの存在やセキュリティソフト1年無料などが特徴です。

口コミは少なく、さらに口コミ内でも賛否が分かれていたので、じっくり検討して選ぶ必要があると考えられますね。

メリットはセキュリティソフトが1年無料&オプションサービスの充実

andlineでは以下の4つのメリットを得られます。

  • セキュリティ対策ソフトが1年無料&メール系のセキュリティは永年無料
  • リモートサポートを利用できる
  • 法人契約ができる
  • 5つのオプションから1つを選んで、無料で使える
セキュリティ対策は他社だともっと長期間無料で使えるものもあるので、あえてセキュリティのためにandlineを選ぶ必要は薄いですね。

andlineはリモートサポートや法人契約ができるので、それぞれ必要な方は検討してみてください。

選べる5つのオプションサービスは以下のとおりです。

  1. Wi-Fiルーター(30ヶ月継続利用なら1Gbps対応、通常は300Mbps対応)
  2. Android用スマホ対応TVミラーリングレシーバー
  3. iOS用スマホ対応TVミラーリングレシーバー
  4. スマホ対応防水スピーカー
  5. スマホ対応プリンター
全体的に具体的な商品名などがないのでちょっと不安が残りますね。

またレンタルできるWi-Fiルーターは、

  • 1Gbps対応機種も
  • 300Mbps対応機種も
v6プラスに対応しているとは明言されていないのでご注意ください。

v6プラス対応GMOとくとくBBのキャンペーンサイト

訪問サポートはなく速度は賛否あり

andlineのデメリットは、

  • 訪問サポートがないこと
  • 速度に賛否の意見があること
この2つです。

訪問サポートを利用したい場合は、GMOとくとくBBやSo-netなどを選ぶのがオススメといえます。

andlineの評判

速度については2つの口コミを見つけましたが、意見が両極端でした。(ただし、v6プラスを使っているとは説明されていません)

上記の口コミでは、夜間に速度が1Mbpsを切ってしまっていると説明されています。

反対に上記の口コミでは、速度が好評です。

以上の通り、速いという人と遅いと感じている人で分かれています。

2つの口コミはそれぞれ計測時間が異なるので、「昼間は高速、夜間は極端に遅くなる」可能性もありますね。

速度重視の方は要注意です。

まとめ

今回は、ドコモ光のv6プラス対応プロバイダをそれぞれチェックしました。

  • GMOとくとくBBは特典充実、WiFiルーターを無料レンタルできるのも魅力
  • So-netもWi-Fiルーターを無料レンタル可能、ただし解約時に返却必須
  • @niftyはルーターを自分で用意する必要あり
  • IC-netやTigers-net、andlineは評判が少なく要注意ポイント
全体を比較して推薦できるのは、
  • 特典が充実していて
  • Wi-Fiルーターを3年使えば自分のものにできる
GMOとくとくBBでドコモ光のv6プラスを利用するのが懸命と言えるでしょう。

その他のプロバイダはサービス内容をしっかり確認し、自分の環境に本当に合っているのか納得した上で申し込むことをオススメします。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
2019年5月6日(月)まで
終了まで残り 4

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能