【ドコモ光】タイプB対応プロバイダ6社のサービス内容や評判を比較

【ドコモ光】タイプB対応プロバイダ6社のサービス内容や評判を比較

ドコモ光は、実に20社以上の中から好きなプロバイダを選んで契約することができます。

そのうち6社は「タイプB」と呼ばれる月額料金が高いタイプです。

わざわざ料金設定が高いプロバイダを選ぶからには、その分サービスが充実していなければ意味がありませんよね。

料金が高いんだから、その分サービスは良いんだろうな…

そこで今回は、ドコモ光で選べるタイプBの6社のサービス内容や評判について比較してみました。

\ 6月の最新キャンペーン情報 /

ドコモ光タイプBのプロバイダは6種類

ドコモ光・タイプBプロバイダ

【出典】docomo -プロバイダ一覧

ドコモ光タイプBのプロバイダは2019年6月現在、以下の6種類です。

  1. OCN
  2. @TCOM
  3. AsahiNet
  4. WAKWAK
  5. @ちゃんぷるネット
  6. TNC

ドコモ光のタイプBプロバイダは、正直あまり聞き覚えのない名前が多いんですよね。

フレッツ光で利用している方は

  • OCN
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • @TCOM
といったプロバイダの名前はご存知かもしれません。

しかし、「@ちゃんぷるネット」や「* TNC」は一部地域を除き、知っている人はそこまで多くはないでしょう。

あんまり聞かないプロバイダの名前が多いな〜…
* TNCとは
TOKAIネットワーククラブ (TOKAI Network Club)の略で、静岡県のインターネットプロバイダのことを指します。

月額料金はどれを選んでも変わらない

ドコモ光タイプBの月額料金は戸建住宅でも集合住宅(マンション)でも、どちらの住環境でもタイプAより少し割高です。

 戸建住宅集合住宅
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円

※価格は全て税抜表示です。

月額料金にはプロバイダの利用料金も含まれているため、先の6社のうちどのプロバイダを選んでも料金は変わりません

月額料金がタイプAより200円上がる

ドコモ光タイプBの最大のデメリットは、月額料金がタイプAに比べて200円も上がってしまうことでしょう。

料金が上がるからには、当然その分サービス内容や速度の速さも充実していなければ納得できませんよね。

月額料金が高いなら、相応のサービスがあるはずだよね。

ドコモ光のタイプBプロバイダ6社の特徴

会社やビルが立ち並ぶドコモ光のタイプBプロバイダである6社について、それぞれ特徴を調査してみました。

調査してみて感じたのは、料金が高いからといって必ずしもサービスが充実しているわけではないということですね。

むしろタイプAの方がサービスが充実していることも…

タイプAの方が充実してるって残念…

※ドコモ光タイプAについては以下記事が詳しいです↓

OCNはサポートが充実・訪問サポートは初回無料

OCNは以前、フレッツ光を使っていた際に契約していました。

フレッツ光でOCNを選んだ理由としては、実家で使っていて特に速度に関する不満がなかったためです。

OCNの特徴としては、

  • 月額200円のホームネットセキュリティが12ヶ月無料
  • 無料Wi-Fiルーターレンタルができる(契約終了時に返却必要)
  • 開通時の初回訪問サポートが無料
  • 総合セキュリティサービス1ライセンスが12ヶ月無料
  • ネット会計簿が使える
  • gooブログが開設できる
などがあげられます。

ドコモ光タイプBの中でサービスが一番充実しているのが、OCNだと感じました。

※ドコモ光 × OCNについては以下記事が詳しいです↓

@TCOMは特に選ぶメリットがない!?

辛口で書いてしまいますが、@TCOMは選ぶメリットがあまり見つかりませんでした。

@TCOMの特徴としては、

  • 月額500円(税抜)でリモートサポートを受けられること
  • 総合セキュリティソフトが12ヶ月無料で使えること
  • ホームページエリアレンタルサービスでドメインが使えるようになること
などがあげられます。

しかし、ドコモ光そのものにも「ネットトータルサポート」というサービスがあります。

わざわざプロバイダ側でリモートサポートを利用するメリットは薄いでしょう。

メールアドレスやホームページのサービス、総合セキュリティソフトが12ヶ月無料という点も、他プロバイダでも行っており、そこまでメリットを感じるものではありません。

またTwitterなどでも口コミ自体が少なく、利用者が少ない印象です。

利用者の少なさはユーザビリティ向上に繋がりづらく、@TCOMへのこだわりがなければ、あえて選ぶ必要はないといえます。

AsahiNetは固定IPアドレスを使いたい人向け

AsahiNetを選ぶメリットは、固定IPアドレスを月額800円(税抜)の激安価格で使えることです。

固定IPアドレスを使うことで、

  • 外出先から自宅のPCへアクセスできる
  • 部屋にWebカメラを設置できる
  • ペットや子供の状況を確認できる
といったことでできるようになります。

固定IPアドレスをWAKWAKで利用すると月額4,500円(税抜)と、なんとAsahiNetの4倍以上の費用がかかってしまうんですね。

そのためおトクに固定IPアドレスを使いたい人は、AsahiNetを利用すると良いでしょう。

またAsahiNetが提供している格安SIMサービス「ANSIM」を契約することで、「ANSIM」を月額料金1,600円のところを1,300円で使うことができるようになります

docomo回線を使っており音声通話も可能なため、子供用回線としてお試しで申し込みするのもアリですね。

WAKWAKは無料で2個目のメールアドレスを使える

WAKWAKのメリットは、強いて言えば無料で2個目のメールアドレスを使えることです。

とはいえ、ただメールアドレスが欲しいだけなら「Gmail」などを利用すれば無料で済んでしまうんですよね。

プロバイダのメールアドレスでしか登録できないサービスも減っているため、あえてプロバイダのメールアドレスを2個も作る意味は薄いのが事実です。

@ちゃんぷるネットは沖縄県民向け・訪問サポート対応

@ちゃんぷるネットは、名前からも推測できるとおり沖縄県民向けのプロバイダです。

沖縄に住んでいるなら

  • 訪問サポートを無料で受けることができる
といった特典があるため、もしネットの初期設定などが不安であれば検討したいプロバイダの1つと言って良いでしょう。

しかし@ちゃんぷるネットについて、ドコモ光向けサービスは情報が少なく、僕としては沖縄に住んでいない限りはあえて選ぶ理由はないと感じました。

TNCは静岡県内のみでサービスを提供

TNCは、公式サイトを覗いてみると「提供エリアは静岡県内のみ」と書かれています。

TNC×ドコモ光提供エリア

【出典】TNC接続サービス

また静岡県内のシェアはNo.1とも謳われていました。

つまり静岡に住んでいない限りは選べず、またシェアNo.1というと利用者が多い=回線が混雑して速度が低下してしまうのではないかという懸念もあります。

またタイプBプロバイダなので月額料金もタイプAより200円高額です。

静岡県民の人で、さらに必ず通信速度が速くなる!と分かっている人でなければ、オススメできないプロバイダです。

特徴を比較するとタイプBでオススメできるのはOCNかAsahiNet

ここまで主な特徴を比較しましたが、現時点でタイプBのプロバイダの中からオススメできるのは「OCN」か「AsahiNet」です。

基本的にはOCN、AsahiNetは固定IPアドレスを使ってインターネットを活用したい人向けと考えられます。

他のタイプBプロバイダは

  • 地域限定に特化していること
  • 提供しているサービス内容が月額料金が割安なタイプAプロバイダに劣る
など、あえて選ぶ意味が感じられず厳しい結果となりました。

OCNとAsahiNet以外はホームページの作りも古く、あまり気合が入っていないようにも感じられます。

各社の具体的なサービス内容について、メールアドレスやホームページ容量、IPv6への対応状況などを表にまとめてみました。

ドコモ光タイプB、6つのプロバイダの主な違いを比較

比較イメージドコモ光のタイプBに対応する、6社のサービス内容について表にまとめました。

違いが出やすいメールアドレスの数やホームページ容量、そして気になるIPv6接続による高速通信への対応状況を含めて記載しています。

また参考のため、月額が200円おトクなタイプAから「GMOとくとくBB」の情報も抜粋しています。

メール・ホームページ容量IPv6対応状況主な特徴
OCN・メールアドレス1個・訪問サポート初回無料
@TCOM・メールアドレス1個
・ホームページ20MB
まで無料
・サポートサービス
FOR YOU対応 月額500円(税抜)
AsahiNet・メールアドレス1個
・ホームページ100MB
まで無料
・固定IPアドレスを
月額800円(税抜)で使える
WAKWAK・メールアドレス2個
・ホームページ50MB
まで無料
・固定IPアドレスを
月額4,500円(税抜)で使える
@ちゃんぷる
ネット
不明・無料出張サポート
サービス(沖縄本島のみ)
TNC・メールアドレス1個
・ホームページ20MB
まで無料
初回登録料500円(税抜)
・静岡限定
GMOとくとくBB (参考)・メールアドレス15個
・ホームページ350MB
まで
最大15個
・無料レンタルルーター
・最大20,000円のキャッシュバック
GMOとくとくBBホームページからの申込みで訪問サポート無料
※表は横スクロールが可能です。

全てのプロバイダがIPv6に対応!

タイプAだとIPv6接続による高速通信に非対応なケースがありますが、タイプBは6社全てがIPv6対応です

どれを選んでも高速通信に対応するのは嬉しいですが、タイプAにもIPv6対応のプロバイダはたくさんあるので決め手になるとは言えません。

※IPv6については以下記事が詳しいです↓

タイプAの「GMOとくとくBB」が最も充実していました

各社のサービス内容を比較してみると、参考のために調査した「GMOとくとくBB」が一番充実していることがわかりました。

タイプBのプロバイダは

  • 無料のメールアドレスが1~2個
  • ホームページも無料で使える容量が最大で100MB
対してタイプAの「GMOとくとくBB」なら
  • メールアドレス15個
  • ホームページも350MBまで無料で使える
といった特徴があり、タイプBのサービス内容を越えているんですよね。

さらにGMOとくとくBBでは訪問サポートも、「GMOとくとくBBのホームページからドコモ光を契約する」という条件はあるものの無料で行っています。

またドコモ光プロバイダの中で一番高性能なルーターを、無料レンタルできるのはGMOとくとくBBだけなんですよね。

※無料レンタルルーターについては以下記事が詳しいです↓

つまりサービス内容の充実度を重視するならタイプAのGMOとくとくBBで問題ないため、速度の評判がよほど良くなければタイプBを選ぶ必要はないでしょう。

次項ではタイプBのプロバイダ6社における評判をチェックします。

はたして各社の評判はどうなのでしょうか?

タイプB対応プロバイダの速度に関する評判をチェック

比較,評価,評判のイメージドコモ光タイプB対応のプロバイダにおける評判は、OCNを除いて少なめでした。

そしてプロバイダのサービスについて賛同の意見も見受けられたのは、OCNのみです。

なお速度については「IPv6対応」「通信設備をしっかり整えている」などの条件が記載されていません。

実際に契約した場合は評判よりも高速で通信できる可能性がありますし、反対にさらに遅くなってしまう可能性もあります。

OCNは速度に賛否あり

OCNでドコモ光を利用している人からの声は、賛否それぞれの意見がありました。

上記のツイートでは、最大1Gbpsの回線で814Mbpsという驚異的なスピードが出ていることがわかります。しかも高速なIPv6ではなく、通常のIPv4接続です。

上記の口コミでも、ドコモ光+OCNで200Mbpsなどの高速通信ができています。

一方、速度に不満を持っている人の声もいくつか見受けられました。

具体的な接続の条件がわからないためなんとも言えませんが、WiMAXの速度制限中と変わらないような速度しか出ないと、せっかくの固定回線の意味がないので困ってしまいますね。

こちらの意見では、スマートフォンにおける速度制限中とほとんど変わらないスピードしか出ていません。

OCNは利用者が多いため、地域によっては回線が混雑・速度が下がりやすいことに注意が必要となるでしょう。

WAKWAKは速度に関する不評な意見が目立った

WAKWAKの口コミ情報はOCNに比べて少なく、速度については不評な意見が目立ちました。

WiMAXの速度制限時(概ね1Mbps)とあまり変わらない結果で、なかなか厳しい状況です。

地域によってはWAKWAK利用者が多く、混雑しやすいと考えられますね。

ドコモ光はプロバイダを自由に変更できるので、もしも上記の口コミのように速度に悩まされている場合は変更するのも手です。

3つ目の口コミもやはり速度に対する不満の声です。

WAKWAKをこれから利用する場合、速度が遅い可能性について考慮したほうが良いでしょう。

また上記の口コミではIPv6を使用していると明記されていないので、IPv6を利用していないと仮定すると、利用すれば速度が高速になる可能性はあります。

@TCOM、AsahiNet、TNCは速度が不評、口コミ情報が少ない

@TCOMの口コミ情報は、かなり少なめでした。

1つ目の口コミ情報は速度が一昔前のスマホの回線と同程度です。

2つ目の口コミ情報はさらに厳しい結果です。@TCOMの評判はイマイチですね。

そしてTNCの評判は、以下の1つです。静岡限定なので、利用者が少ないため評判も少ないと考えられますね。

夜間に速度が下がると言われていて、さらに速度は1Mbpsと低速であるとされています。

AsahiNetの評判は2つほど見つかりました。

2Mbps台を切ってしまっていて、速度はかなりイマイチな結果です。

2つ目の口コミ情報は1つ目よりはマシであるものの、それでも5Mbpsを切ってしまっていてイマイチな結果でした。

ちゃんぷるネットの評判は見つからなかった

ちゃんぷるネット利用者の声は、1つも見つかりませんでした。

全体的に評判が少ないタイプBのプロバイダですが、1つも口コミ情報が見つけられなかったのはちゃんぷるネットのみです。

【まとめ】タイプBはOCNを利用したい人向け

今回はドコモ光で選べるタイプB6社のサービス内容や評判について、比較検証した内容をお伝えしました。

  • タイプBはタイプAより月額料金が200円高い
  • タイプAの方がサービスが充実しているケースが多い
  • AsahiNetなら固定IPが使えるが評判がイマイチ
  • @ちゃんぷるやTNCは県民以外メリットがない
  • WAKWAKは速度の評判が悪い
  • ドコモ光のタイプBを利用するならオススメはOCNのみ

ドコモ光なら手数料3,000円(税抜き)のみで、後からプロバイダの変更が可能です。

いま契約しているプロバイダサービスがイマイチであれば、タイプAのプロバイダなどに切り替えてみても良いでしょう。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年6月1日(土)~6月30日(日)】
終了まで残り 12

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年6月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓