【ドコモ光 単独タイプ】自分の好きなプロバイダを自由に選ぶ方法、詳細と申し込み方法を解説

【ドコモ光 単独タイプ】自分の好きなプロバイダを自由に選ぶ方法、詳細と申し込み方法を解説

ドコモ光は契約内容が4つのタイプに分かれていて、

  1. タイプA
  2. タイプB
  3. タイプC(CATV)
  4. 単独タイプ
この中から好きなタイプを選んで契約することができます

特に「単独タイプ」はプロバイダも自分で選択できるんですね。

しかし単独タイプは自分でプロバイダを選べる反面、注意点が多くあります

自分で好きなプロバイダ選べるのに、デメリットがあるの?

そこで今回は「ドコモ光・単独タイプの内容詳細や申し込み方法、注意点」について解説します!

\ 工事費無料キャンペーン開始 /
【2018年12月1日(土)〜】

ドコモ光の単独タイプを契約してできること

planのイメージドコモ光のタイプAやタイプBは、フレッツ光の光回線と特定のプロバイダがセットになっているサービスです。

またケーブルテレビの回線を使ったサービスで、契約できる地域は限られていますが、タイプCも存在します。

しかし人によっては、

使いたいプロバイダがタイプA、B、Cの中にないよ〜!

なんてことがあるかもしれません。

自分の好きなプロバイダを選ぶなら単独タイプ一択!

大手プロバイダのSo-netやBIGLOBEは、ドコモ光のラインナップに含まれているのですが、「まねきねこ」といったマイナーなプロバイダは、ドコモ光セット契約の対象外です。

また中にはドコモ光の対象プロバイダであっても、途中でサービスを終了してしまうプロバイダもあります。

そこで利用したいのが「単独タイプ」です。

独自で好きなプロバイダと契約して、ドコモ光回線を使うことができるようになります。

単独タイプの申込方法は通常プランと変わらない

ドコモ光を単独タイプで申し込む場合も、契約手続きの流れは通常のタイプAやタイプBと変わりません。

  1. ドコモ公式サイト
  2. ドコモインフォメーションセンターへの電話
  3. ドコモショップでの手続き
で契約できます。

ただしタイプAやタイプBと違い、別途自分でプロバイダも契約する必要があるので注意しましょう。

単独タイプのドコモ光の開通後、ルーター等に別途契約したプロバイダのユーザーIDやパスワードの情報を入力・適用すれば通信を開始できます。

単独タイプでもドコモスマホのセット割に対応!

ドコモ光を単独タイプで契約する場合も、ドコモスマホの「セット割」に対応しています。

ドコモ光のセット割に魅力を感じるものの、使いたいプロバイダがラインナップになかった場合は単独タイプを選ぶと良いでしょう。

ただしプロバイダの月額料金が高い場合は、スマホのセット割引を考慮しても割高になってしまう場合があるので要注意です。

注意!ドコモ光に対応しないプロバイダもある

単独プランはドコモ光とセット契約に対応していないプロバイダを選んで使うことができますが、プロバイダによってはドコモ光の単独タイプだと組み合わせて利用できない場合もあります。

事前に問い合わせて、利用できることを確認したうえで申し込みましょう

単独タイプとタイプA・Bの料金比較

通常のプラン(タイプA・B)と単独タイプの月額料金に大きな差があれば、より契約するメリットは大きくなりますよね。

しかし残念ながら単独タイプに料金を節約できるメリットはありません

タイプ別の月額料金一覧

以下の表にタイプごとの月額料金をまとめました。

タイプA、タイプCタイプB単独タイプ
戸建住宅(税抜)5,200円5,400円5,000円
+プロバイダ料金
集合住宅(税抜)4,000円4,200円3,800円
+プロバイダ料金
※表は横スクロールが可能です。

以上のとおり、単独タイプは安価なタイプAより200円(税抜)ほど安価です。

しかしプロバイダ料金が別途かかってしまうため、あっという間にその差は埋まってしまいます(泣)

単独タイプを選んでも、結局割高になるんだね...

例えばインターネットプロバイダである「まねきねこ」を契約すると、月額2,000円(税抜)のプロバイダ料金がかかります。

回線利用料は200円割引とはなるものの、結果的にタイプAより1,800円(税抜)も価格が上乗せになってしまい、月々の料金が割高になってしまうのです。

どうしてもプロバイダにこだわりがある場合は単独タイプを選ぶ必要がありますが、安さを求めて単独タイプを選ぶメリットは薄いですね。

単独タイプからタイプA・Bへの変更は無料

プロバイダを後からドコモ光のセット契約に対応するものに変更する場合は、料金なしで変更ができます。

ドコモインフォメーションセンターへの電話やドコモショップでの手続きでプロバイダを契約すれば、プランがタイプAやタイプBに切り替わるしくみです。

本人確認書類も不要ですぐに手続きができるので、単独タイプからタイプA・タイプBへ変更する際はドコモに問い合わせすると良いでしょう。

タイプA・タイプBから単独タイプ移行は手数料が発生する

ドコモ光ではタイプAやタイプBを廃止して「単独タイプ」に変更する場合、3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。比較的高額な費用がかかってしまうので、注意しましょう。

事務手数料が負担に感じられる場合は、無理に単独タイプにせずそのままタイプAやタイプBで契約を続けるのがオススメです。

【まとめ】ドコモ光はプロバイダ付きのプランがオススメ

結局のところドコモ光を申し込むのなら単独タイプでなく、タイプAかタイプBで契約するのが良いでしょう

どうしてもセット契約対象外のプロバイダを使いたい!というこだわりがなければ、特に単独タイプを契約するメリットはありません。

今なら他のどのプロバイダよりも高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」でドコモ光を契約するのがオススメです!

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 7

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能