【断然おトク】ソフトバンク光からドコモ光(So-net)に乗り換える3つのメリット

【断然おトク】ソフトバンク光からドコモ光(So-net)に乗り換える3つのメリット
So-netのドコモ光サービス終了について

ドコモ光プロバイダSo-net(So-net forドコモ光)は、2019年7月1日を以って株式会社NTTぷららへ事業譲渡され、運営会社が変更となりました。

参考:ドコモからのお知らせ

ソフトバンク光からドコモ光 × So-net へ乗り換えるメリットは何でしょうか。

同じ光回線でもメリットって全然違うのかしら…

そこでこの記事では、「ソフトバンク光からドコモ光 × So-netへ乗り換えるメリット」について詳しく紹介していきます!

\ 7月の最新キャンペーン情報 /

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるメリット3つ

3つ,3個のイメージまずはドコモ光に乗り換えるメリットから解説していきます。

メリット1:通信速度が安定し速くなる

ソフトバンク光からドコモ光 × So-netへ乗り換えるメリットの1つ目は、通信速度が速くなることでしょう。

ソフトバンク光は「光コラボの中でも通信速度が遅い」といったつぶやきが多く、直接利用者に尋ねてみると「遅い」といった不満を聞きます。

しかし、なぜソフトバンク光の通信速度に不満が多いのでしょうか。

それはソフトバンクが大々的に、以下2つの通信サービスを打ち出していることに繋がっています。

  1. ソフトバンク光の光回線サービス
  2. SoftBank Airの無線通信サービス
この2つのサービスが、ソフトバンク光の通信速度の不満とどうに関係あるの?

ソフトバンク光は遅い!つぶやきや口コミが多い理由

SoftBank Airは光回線と違って無線による通信サービスです。

そのため導入環境によっては通信速度がかなり遅くなることがあります。

確認してみると「ADSL並の通信速度」といったつぶやきも見受けられました。

時間帯によっては上り100Mbps以上の通信速度が出ているのですが、ネット利用者が多くなる夜20時頃には上り6Mbpsと急激な速度低下が見られるんですよね。

通信速度が6Mbpsだと、けっこう動画とまっちゃうのよね…

SoftBank Airは開通工事が必要なく、導入が簡単なので利用者は多いかもしれません。

しかし逆に利用者が多いことがあだとなってしまい、

  • SoftBank Airが遅い = ソフトバンク光は遅い
といった口コミにつながっていると考えられます。

ドコモ光はv6プラス通信が無料で利用できる

ソフトバンク光からドコモ光 × So-netへ乗り換えることで高速通信ができる最大の理由は、v6プラスという高速通信サービスを無料で利用できることでしょう。

v6プラスは「IPv6とIPv4」2つのIPアドレスを利用できる仕組みで、混雑している回線を自動判別し常に安定したインターネット通信を可能にするサービスです。

v6プラス通信イメージ

快適IPv6 v6イメージのgif

鷹の爪団インターネットサクサク大作戦IPv6(IPoE)

一方でソフトバンク光もドコモ光の「v6プラス」に匹敵する、「IPv6高速ハイブリッド」といった高速通信サービスを提供しています。

しかし、IPv6高速ハイブリッドを利用するには光BBユニットをレンタルしなければならず、レンタル料金として月額500円(税抜き)が必要になってしまいます。

ドコモ光 × So-netであればv6プラス対応ルーターを契約中は無料レンタルすることができるので、1年で6,000円以上ランニングコストを節約することができるんですね。

無料で高速通信サービスが利用できるのは、ドコモ光の大きなメリットと言えるでしょう。

メリット2:通信料金が安くなる

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えることで通信料金を減らすことができます

理由としては、

  • v6プラス通信が無料で利用できること
これに尽きます。

料金の比較をしてみました。

料金比較月額料金通信オプション工事費総額
ソフトバンク光5,200円500円24,000円29,700円
ドコモ光5,200円0円18,000円23,200円
差額0円500円6,000円6,500円
※表は横スクロールが可能です。

基本的な月額料金はどちらも5,200円と変わらないのですが、やはりIPv6通信のオプション料金で差がついている印象です。

ソフトバンク光でもIPv6通信を行わなければ月額料金は変わらないのですが、無料でv6プラスによる高速通信ができることはやはり料金面でもドコモ光が有利なことが分かりますね。

ドコモ光なら、無料で高速通信のオプションが使えるのね!

さらにドコモスマホを持っていれば「セット割」が適用され、スマホの月額料金も割引されるようになります。

ドコモ回線を家族で利用している場合はさらにおトクに

家族でドコモ回線を利用している場合、ドコモ光の方が圧倒的に割引の恩恵に授かれます。

具体的な想定として

  1. 家族5人で使っている
  2. 10GBのシェアパックプラン
といった条件でソフトバンク光と比較してみました。

ソフトバンク光 / ドコモ光ソフトバンク光ドコモ光
各光回線の月額5,200円5,200円
スマ放題 / カケホーダイ13,500円13,500円
おうち割 / セット割0円-1,200円
データ定額10GB / シェアパック109,500円9,500円
家族データシェア / シェアオプション2,000円2,000円
S!ベーシックパック / spモード1,500円1,500円
総額31,700円30,500円
※表は横スクロールが可能です。

個人で利用したときと違い家族で利用した場合、ドコモ光のセット割が1年目以降もずっと続きます

一方でソフトバンク光では「ドコモ光セット割」に匹敵する「おうち割 光セット」が、家族データシェアなどと併用できません。

おうち割 光セット(モバイルWi-Fiルーター特典)、Pocket Wi-Fiセット割、新Wi-Fiセット割との併用はできません。家族データシェア、データシェアプラス(子回線)など一部のサービスやキャンペーンは、本ページに掲載している割引が適用されません。

【引用】SoftBank 注意事項-おうち割 光セット

そのためたった1年で、実に14,400円もドコモ光の方がおトクに使える計算になります

以上のように、ソフトバンク光に比べると月額の通信料金がかなり減ることがわかります。

メリット3:プロバイダを途中で変更できる

ソフトバンク光にはないドコモ光のメリットの1つが、契約できるプロバイダの数が豊富なことでしょう。

ドコモ光では2019年7月時点、実に24社のプロバイダからお気に入りのプロバイダと契約することが可能です。

ドコモ光のタイプAプロバイダ

ドコモ光タイプAプロバイダ18種(2019年7月時点)
ドコモnet、Plala、So-net、DTI、@nifty、IC-net、Tigers-net.com、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite.、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TiKiTiKi、@ネスク、01光COARA

ドコモ光のタイプBプロバイダ

ドコモ光タイプBプロバイダ6種(2019年7月時点)
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット
※ タイプAとタイプBで月額料金が200円違います。(高いのはタイプB)

対してソフトバンク光で契約できるプロバイダはYahoo!BBのみ

通信速度が遅くても、プロバイダを変更することができません。

しかし、ドコモ光であれば光回線サービスを解約せずに手数料3,000円(税抜き)だけでプロバイダを変更することができます

手続きパターン事務手数料
(税抜き)
同一タイプ内(タイプA/B)でのプロバイダ変更3,000円
タイプA対応プロバイダからタイプB対応プロバイダへの変更3,000円
タイプB対応プロバイダからタイプA対応プロバイダへの変更3,000円
タイプA/タイプB対応プロバイダの廃止3,000円
タイプA/タイプB対応プロバイダのお申込み無料
※表は横スクロールが可能です。

実はプロバイダによっては契約環境により通信速度の速い遅いがあります。

そのため当初の契約で通信速度が遅い場合、光回線サービスを解約せずにプロバイダを変更することができるのはドコモ光ならではのサービスと言えるでしょう。

光回線を解約せずしないで、プロバイダの変更ができるのはスゴイわ

ドコモ光のプロバイダにSo-netを選ぶメリット

ドコモ光では実に25社の中からプロバイダを選ぶことができますが、中でもSo-netは利用者も多くオススメできるプロバイダの1つです。

メリットとしては以下4つ。

  • キャッシュバックが多い
  • 問い合わせでチャットが使える
  • 総合セキュリティソフトが12ヶ月無料で使える
  • v6プラス対応ルーター(NEC製)が無料レンタルできる

それぞれの特徴を解説します。

① ドコモ光 × So-netはキャッシュバックが多い

ドコモ光×So-netキャンペーン

ドコモ光のプロバイダでSo-netがオススメな理由は、キャッシュバック額が多いことでしょう。

しかもキャッシュバックを受け取るための特別なオプションに加入する必要がありません

そのためドコモ光 × So-netに申し込む だけで、確実に15,000円のキャッシュバックが受け取れるようになります。

dポイントも最大10,000ptゲットできる

さらに「期間・用途限定ポイント」ではありますが、dアカウントを作成しておくことでdポイントを最大10,000ポイント受け取ることが可能です。

※ dアカウントはドコモ以外の人でも作成可能です。

10,000ポイント受け取るには以下条件を満たす必要があります。

  1. 施策期間内に「ドコモ光」を申し込み、7カ月以内に開通した方
  2. ドコモ光のペア回線がdポイントクラブ会員であること
  3. ドコモ光が2年定期契約プランであること
  4. ドコモ光の単独契約 (ペア回線無し) の場合は施策対象外
  5. ポイント進呈時に開通時のペア回線が解約されている場合は施策の対象外
ドコモスマホを持っていて、新しく2年の定期契約で申し込んでいればOKなのね!

② 問い合わせでチャット機能が使える

ドコモ光×So-netのチャットサポート

ドコモ光 × So-netをオススメする理由2つ目は、問い合わせでチャット機能が使えることです。

そもそも電話で問い合わせするのって大変なんですよね。

また時間帯によってはかなりサポートの電話口で待つことが多く、少しだけ質問したいときなどにチャット機能で問い合わせできる点は非常に便利に感じます。

返信も早く、テキストで返答が確認できるのはチャットサポートならではでしょう。

※ チャット機能はドコモ光の全てのプロバイダに実装されているわけではありません
チャット内容をコピーして、パソコンのメモ帳に貼り付けておけば後で見返すのも楽チンね!

③ 総合セキュリティソフトが12ヶ月無料で使える

ドコモ光×So-netカスペルスキー

ドコモ光 × So-netを利用することで、総合セキュリティソフト「カスペルスキー」を最大12ヶ月無料で使うことができます。

カスペルスキーを利用するメリットとしては、

  • 日々多くなるウイルスに対応している
  • PCの脆弱(ぜいじゃく)性を保護してくれる
  • Web決済の保護機能がある
  • ウイルスに感染してもサポートでしっかり対応してくれる
といったことでしょう。

最近ではクレジットカードの情報が流出する事件が発生しており、決済保護機能やウイルス対策のあるソフトウエアが無料で使えるのは心強いのではないでしょうか。

基本的には月額500円で利用できるサービスなので、約6,000円ほどおトクに利用できることになりますね。

④ v6プラス対応ルーター(NEC製)が無料レンタルできる

ドコモ光×So-netのルーター

オススメしたい4つ目のポイントとして、So-netではv6プラス対応ルーターを無料レンタルすることができます

冒頭でv6プラスについて簡単に説明しましたが、実はv6プラスに対応しているルーターでないとv6プラス通信はできません

しかし、ドコモ光 × So-netであればv6プラス対応ルーター「Aterm WG1200HS3(NEC製)」を無料レンタルすることが可能です。

ドコモ光×So-net v6プラスレンタルルーター

無料レンタルできることは費用が抑えられること以外にも、

自分でルーターをがんばって探して買ってみたけど、申し込んだ光回線とあんまり相性が良くなかったわ…

といったことがなくなります。

ルーターのハズレを引かないだけでも、かなりメリットと言えるでしょう。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるデメリット

NO!オススメしない逆にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるデメリットについて紹介します。

個人で利用する場合は月額料金が高くなる

個人でインターネットを使う場合は、ソフトバンク光の方が安く利用できます。

1年目に関してはソフトバンク光もドコモ光も割引額からデータ通信費までまったく同じなのですが、2年目以降になると少し差が出てくるんですね。

光回線を一人で利用した場合で比較

具体的な比較条件は、

  1. 電話かけ放題
  2. 通信データは2GB
  3. 利用開始1年目の料金
といった想定です。

ソフトバンク光 / ドコモ光ソフトバンク光ドコモ光
各光回線の月額5,200円5,200円
スマ放題 / カケホーダイ-500円-500円
おうち割 / セット割2,700円2,700円
データ定額2GB / データSパック3,500円3,500円
S!ベーシックパック / spモード300円300円
総額11,200円11,200円
※表は横スクロールが可能です。

以上のとおり、1年目の利用料金は全く同じ結果となりました。

1年目は、割引を含めてもどっちも同じ値段なのね〜…

しかし2年目になるとドコモ光の総額が変わってきます。

ソフトバンク光 / ドコモ光ソフトバンク光ドコモ光
各光回線の月額5,200円5,200円
スマ放題 / カケホーダイ-500円-500円
おうち割 / セット割2,700円0円
データ定額2GB / データSパック3,500円3,500円
S!ベーシックパック / spモード300円300円
総額11,200円11,700円
※表は横スクロールが可能です。

ご覧の通り2年目以降、「ドコモ光のセット割」は適用が効かなくなっちゃうんですね。

「ドコモ光」料金プランから割引となります。割引期間は最大1年間<工事完了月(日割り)+11か月>となり、割引終了後は自動的に通常料金が適用されます。

【引用】docomo -dポイントクラブのステージ

そのため一人でドコモ光を利用した場合、2年目の割引はソフトバンクの方が毎月500円・1年で6,000円ほどおトクに使えることになります。

個人で利用するならソフトバンク光の方がおトクな感じなのね。

ソフトバンク光の解約金が発生する

ソフトバンク光では更新月以外での解約の場合、必ず違約金が発生します。

解約金の内訳は契約プランによって変わってきます。

  • 自動更新ありプラン(5年):解約金15,000円
  • 自動更新ありプラン(2年):解約金9,500円

ドコモ光と比べるとソフトバンクの違約金は1,500~2,000円ほど高く、できれば払いたくないのが本音ですよね。

そこで更新月に合わせて解約されることをオススメします。

ソフトバンク光の契約更新月は24ヶ月目

ソフトバンク光の更新月については契約から24ヶ月目が更新月(契約満了月)に該当します。

ソフトバンク光契約更新月

【出典】SoftBank -[SoftBank 光]料金プラン(定期契約あり)の契約満了月はいつですか?

この更新月に解約することによって違約金は発生しなくなります。

更新月は「契約の更新を検討する期間」という意味で、検討期間に解約することは契約違反にならないんですね。

ただし更新月を1日でも過ぎてしまうと自動更新となり、再び24ヶ月経たなければ契約更新月になりません

ソフトバンク光の解約を検討し始めたら、まずはMySoftBankから自分の更新月を確認しておくと良いでしょう。

ソフトバンク光のセット割「おうち割」が使えなくなる

ソフトバンク光を解約するデメリットの3つ目は、ソフトバンク回線を持っていることで適用されるおうち割が使えなくなること

おうち割の適用条件は「ソフトバンク光を契約している」ことだけなので、乗り換えた時点でおうち割が適用されなくなってしまうのでデメリットと言えます。

もしスマホのキャリアがソフトバンクだった場合、それだけで割引がなくなってしまうので注意が必要です。

まとめ

この記事では「ソフトバンク光からドコモ光 × So-netへ乗り換えるメリット」について紹介しました。

【ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるメリット】

  • 通信速度が速くなる
  • 通信料金が安くなる
  • プロバイダを途中で変更できる

【ソフトバンク光を解約するデメリット】

  • 個人で利用だと月額料金が高くなる
  • ソフトバンク光の解約金が発生する
  • ソフトバンク光のセット割「おうち割」が使えなくなる

ドコモ光では後からプロバイダの変更が可能な点は、他の光回線サービスにはないメリットだと感じています。

また対応エリアも全国で90%以上なため、ソフトバンク光では通信がイマイチだった環境でも安定した通信環境へ変わる可能性が高いです。

ドコモ光では自分が住んでいる地域の速度調査も行えるので、導入前に確認してみることをオススメします。

【ドコモ光 × So-net】無料Wi-Fiルーターレンタル開始

v6プラス対応の無料Wi-Fiルーターの提供で、「So-net」もドコモ光でオススメできるプロバイダーとなっています。

  • 【dポイント大幅増額中】新規20,000円、転用10,000円分プレゼント
  • 15,000円キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル提供開始
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が2年無料(通常毎月500円)
  • 【無料Wi-Fiルーターレンタルを利用しない場合】訪問サポート、リモートサポートそれぞれ1回ずつ無料
  • ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】速度に自信

Web申し込み限定特典があります!

  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
  • 【工事費無料キャンペーン】
    2019年6月1日〜実施中!
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人は合わせて加入していると言われています!

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能