【ドコモ光の解約方法】プロバイダ「So-net」の場合

【ドコモ光の解約方法】プロバイダ「So-net」の場合

ドコモ光のプロバイダに「So-net」を選んで契約している場合、解約に関しては

  1. ドコモ光
  2. So-net
各社それぞれで手続きを行なう必要があるため、注意が必要です。

今回の記事ではドコモ光でSo-netを契約している人向けに、解約方法や注意点、そして解約にかかる費用とおトクに乗り換える方法を解説します。

\ 工事費無料キャンペーン開始 /
【2018年12月1日(土)〜】

So-netユーザーがドコモ光を解約する手順

So-net以外のプロバイダなら、ドコモ光を解約するだけでそのままプロバイダも解約になるケースがあります。

しかし、So-netの場合は光回線とプロバイダを個別に解約しなければいけません。

まずはSo-netユーザーにおけるドコモ光の解約手順を解説するので、参考になると嬉しいです。

【STEP1】 ドコモ光の解約手続きをする

まずドコモ光の解約手続きをしましょう。解約方法は、ドコモショップか電話です。

解約にあたって必要な費用などをよりわかりやすく解説してもらえるので、できればドコモショップに足を運びたいですね。電話の場合は、以下の電話番号に電話をかけましょう。

ドコモの携帯電話151
一般電話0120-800-000

解約に必要な書類などはありません。ネットワーク暗証番号や契約IDでの本人確認後に、手続きが行われます。

手続きの後は、必要に応じて宅内機器の返却や自宅の回線設備の撤去工事が行われて第1段階は完了です。

【STEP2】 So-net会員の退会手続きをする

So-netユーザーは、これから他社等でSo-netを利用しないなら、ドコモ光の解約手続きをした翌月に続けてSo-net会員を退会しましょう。

マイページへログインすれば、退会手続きができます。

上記の手順を忘れるとSo-netの契約が残ってしまうので、忘れずに行いましょう。ただし無料プランへの移行となるので、費用などはかかりません。

So-net会員の退会手続きが終われば、ドコモ光の解約は全て完了です。

メールアドレスを残す場合は「モバイルコース」を契約!

So-netユーザーがドコモ光解約後もメールアドレスを残したい場合は、モバイルコースへコース変更を行いましょう。

モバイルコースは月額200円(税抜)で、メールアドレスを使えます。

So-netにおけるドコモ光の解約金

So-netでドコモ光を解約している場合にかかる解約金は、基本的にOCNなどでの解約金と変わりません。

2年契約時の解約金は、以下の表にまとめたとおりです。

戸建住宅集合住宅
解約金(税抜)13,000円8,000円

ただし、解約金は0円にすることもできます。

解約金は、契約更新月なら0円になる

ドコモ光は基本的に2年契約で、2年間の契約を満了した翌月~翌々月なら解約金は0円で解約できます。

より費用を抑えて解約したい方は、契約更新月に解約手続きを行いましょう。

ただし、契約更新月に解約しても0円で解約できない場合もあります。次項をご覧ください。

工事費の残債が残っていたら、支払いが必要!

ドコモ光で工事費を分割払いにしている場合は、解約時に残債が残っていたら支払いが必要です。支払い方法は、翌月の一括払いとなります。

工事回数は最大60回まで選べます。36回や60回に設定している場合は、契約更新月で解約金が0円になっても工事費の残債だけはかかってしまうので注意しなければいけません。

auひかりに乗り換えれば、auひかりスタートサポートで解約費用を負担してもらえる!

ドコモ光解約後に他社に乗り換える予定の方は、他社の解約費用を負担してもらえるキャンペーンを行っている光回線を利用すれば解約金を大幅に削減できます。

auひかりでは「auひかりスタートサポート」が展開されていて、解約費用を最大3万円まで負担してもらえます。

So-netのauひかりスタートサポートを例に適用条件を説明すると、以下3つの条件を満たす必要があります。

  • ネット+電話+電話オプションパックを契約する
  • 戸建住宅は3年契約の「ずっとギガ得プラン」、集合住宅は24ヶ月以上の継続利用をする
  • 開通月を含む7ヶ月以内に、他社違約金請求書のコピーと指定の申請書を専用封筒に入れて申請する

なお解約にかかった費用以上はもらえないので、注意しましょう。還元はau WALLETプリペイドカードへのチャージか、郵便為替で行われます。

まとめ

So-netでドコモ光を契約している場合は、プロバイダの解約が自動で行われません。ドコモ光の解約翌月以降に退会手続きをしなければ契約が残ってしまうので、注意しましょう。

解約金は最大で13,000円(税抜)ですが、契約更新月に解約するなら0円になります。できれば、無料で解約できるタイミングを狙って解約したいものですね。

また工事費の残債が残っていたら別途請求されるので、注意しましょう。

ドコモ光解約後に他社の光回線を契約する予定の方は、auひかりに乗り換えればauひかりスタートサポートを適用し、かかった解約費用を負担してもらえます。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 7

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能