【ドコモ光 セット割】と【ソフトバンク光 おうち割】はどちらがオトク!?

【ドコモ光 セット割】と【ソフトバンク光 おうち割】はどちらがオトク!?

光回線はスマホと同じ「キャリア」に申し込むことで、スマホの月額料金が割引されるサービスがあります。

たとえば、

  • ドコモでは「セット割り
  • ソフトバンクでは「お家割セット
といった光回線のセット割(光セット割)と呼ばれるサービスです。

しかしドコモとソフトバンクの光セット割は、どちらがおトクなのでしょうか。

どっちが良いのか正直よく分からないのよね…

そこでこの記事では、「ドコモ光とソフトバンク光のセット割はどちらがおトクか」それぞれのメリット・デメリットを踏まえながらご紹介していきます!

\【2019年11月】工事費無料キャンペーン実施 /

ドコモ光とソフトバンク光のセット割引を比較!

料金比較のイメージキャプチャドコモ光とソフトバンク光のセット割引額を、実際の契約形態も踏まえた料金で比較してみました。

1回線の最大割引額はドコモ光のほうが大きい

各セット割の割引内容は、1人用のパケットパックと家族向けで異なります。

以下の表よりドコモ光の割引額を参照してください。

ドコモ光・1人用プラン

パケットパック通常月額料金(税抜)セット割引額(税抜)
ウルトラデータLLパック8,000円1,600円
ウルトラデータLパック6,000円1.400円
データMパック5,000円800円
データSパック3,500円500円(最大1年間)
ケータイパック300~4,200円500円(最大1年間)
※表は横スクロールが可能です。

ドコモ光・家族向けプラン

パケットパック通常月額料金(税抜)セット割引額
ウルトラシェアパック10025,000円3,500円
ウルトラシェアパック5016,000円2,900円
ウルトラシェアパック3013,500円2,500円
シェアパック1512,500円1,800円
シェアパック109,500円1,200円
シェアパック56,500円800円
※表は横スクロールが可能です。

基本的には利用人数が多い、家族向けプランの方が割引額が多くなっています。

続いてソフトバンク光のセット割について以下の表にまとめました。

ソフトバンク光の割引きプラン

割引対象プラン割引額
データ定額5、20、50GB
パケットし放題フラット for4GLTE、for4G、forスマートフォン
パケットし放題MAX forスマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
データ定額ミニ2GB(スマ放題のみ)、1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラットforシンプルスマホ
(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for4GLTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プランfor4G
500円
※表は横スクロールが可能です。

ソフトバンク光・ドコモ光ともに、割引は基本的に永年同じ金額です。

ドコモの方が、全体的な割引の幅が大きい感じね。

では、同じ通信量での割引額は変わるのでしょうか?

同じ通信量における割引額を比較!

ドコモとソフトバンクでは同じ通信量のパケットパックが少ないため、共通する通信量3つで比較してみました。

通信量ドコモソフトバンク
2GB500円(最大1年間)500円
5GB800円1,000円
20GB1,400円1,000円
※表は横スクロールが可能です。

ドコモのセット割の方が大きな割引額になるのは20GBのみで、2GBは2年目以降、5GBでは常にソフトバンクのおうち割の割引額の方が大きいです。

ドコモとソフトバンクの光セット割グラフ

ただし注意したいのは、光回線の月額料金やドコモ光におけるシェアパックでの割引を考慮すると必ずしもソフトバンク光のほうが安上がりとは限らないことです。

5GBまでならソフトバンクの方が割引が多くて、20GBだとドコモの方が割引が多いのね…

ドコモ光とソフトバンク光で条件に沿ってセット割を比較

支払いのイメージキャプチャここからは5GB+5分かけ放題での契約を例に、ドコモ光とソフトバンク光で実際に支払う「スマホ+光回線」の月額料金を比較していきます。

今回調べてみた2つの条件では、ドコモ光のほうが割安となりました。

1人契約・5GB+5分かけ放題

比較した条件の内容

  1. 5GB+5分かけ放題
  2. 集合住宅、光回線は2年契約

以上2つの条件を設定して、1人でスマホと光回線を契約した場合の月額料金を比較してみました。

ドコモ(ドコモ光はタイプA)ソフトバンク光
スマホ月額料金7,000円7,000円
光回線月額料金4,000円3,800円
光BBユニット等利用料×(必要なければ不要)500円(必須オプション)
セット割引額-800円-1,000円
合計10,200円10,300円
※表は横スクロールが可能です。

わずか100円の差ですが、ソフトバンク光よりドコモ+ドコモ光のほうが安くなりました

セット割自体はソフトバンク光のほうが200円高額ですが、その他のコストも踏まえて比較した結果ドコモのほうがおトクなんですね。

ただし、ドコモ光をタイプBで契約した場合は月額料金が200円アップします。

そのため「ドコモ光 × タイプB」の条件では、ソフトバンク光のほうが100円(税抜)安価になるので注意しなければいけません。

ドコモ光のタイプAなら、ソフトバンク光の割引よりもっと多くの割引が受けられそうね!

3人契約・5GB+5分かけ放題

今度は家族でスマホと光回線を利用する場合を例に、料金を比較してみました。

比較した条件の内容

  1. 戸建住宅、光回線は2年契約
  2. 1人あたり5GB・5分かけ放題契約

以上の2つを設定します。

ドコモ(ドコモ光はタイプA)ソフトバンク光
スマホ月額料金19,500円(シェアパック15+カケホーダイライト3回線)21,000円(データ定額5GB+スマ放題ライト3回線)
光回線月額料金5,200円5,200円
光BBユニット等利用料×(必要なければ契約の必要なし)500円
セット割引額-1,800円-3,000円
合計22,900円23,700円

家族での契約でも、ソフトバンク光よりドコモ × ドコモ光のほうが月々800円(税抜)安価になりました。

セット割引額自体はソフトバンク光の方が高額ですね。

ドコモだとシェアパック適用により、スマホの月額料金がソフトバンク光に比べて1,500円(税抜)も安くなります。

さらにオプション契約が不要のため、結果としてドコモの方が割引が大きくなっている結果となりました。

ドコモ光のセット割の注意点

注意・ポイントのイメージドコモ光のセット割において、注意したいポイントを2つ解説します。

シェアパック適用時は巻き添えの通信速度制限に要注意

ドコモではシェアパックを適用することにより、家族でスマホを契約する際の月額料金を下げられます。

しかし、シェアパックは家族全員でパケットを共有するため、1人が通信しすぎて契約しているパケットを使い切ると全員が速度制限にかかります

あなたが動画見過ぎたから、速度制限になったのよ。
ごめんなさい...

家族(回線)それぞれに通信量の上限を設定できるので、必要に応じて設定しておきましょう。

1人1人に上限を設定しておけば、巻き添えで速度制限にかかってしまうトラブルを防ぐことができるからです。

ちなみに1人あたり1GB~最大10GBまで上限設定することが可能です。

小容量パックは期間限定割引

ドコモで2GBのデータSパックや携帯電話向けのケータイパックを契約している場合は、割引が最大1年間の期間限定です。

割引を1年以上継続させたい場合は、5GB以上のパケットを契約しなければいけないことに注意しましょう。

ソフトバンク光のおうち割は月額500円のオプションが必須

メリットのメージソフトバンク光でおうち割光セットを適用する際の注意点を解説します。

ソフトバンク光でおうち割光セットを契約する際は、以下のオプションの契約により「おうち割光セット対象オプション」を適用することが必須です。

  1. 光BBユニット
  2. Wi-Fiマルチパック(光BBユニット必須)
  3. 3つのうち1つの電話サービス

3つセットで「おうち割光セット対象オプション」が適用され、月額500円(税抜)となります。

要するにルーター+Wi-Fi機能、そして電話サービスが必要になることを覚えておくと良いでしょう。

電話サービスは以下の3つから自由に選べるしくみです。

ソフトバンク光 おうち割で選べる電話サービス

  1. ホワイト光電話
  2. 光電話(N)+BBフォン
  3. BBフォン

ホワイト光電話」は、ソフトバンクの携帯電話などに無料で発信できるのが特徴の固定電話サービスです。

光電話(N)」は固定電話などへ3分8円で発信できるなど、おトクに通話ができる光電話サービスです。

フレッツ光から転用する際にひかり電話の電話番号を使い回せるのも特徴です。

BBフォン」は050番号の固定電話となっています。

以上、3つの中から好きなサービスを選ぶことが可能です。

電話サービスを使わないとしても、ルーターと無線LAN機能が使えるのでとそれほど損はないオプションであると感じました。

ドコモ光は2つの割引サービスでさらに安く!

2つ・2ステップ実はドコモ光のセット割と併用できる割引サービスが2つあります。

  1. 「docomo with」
  2. 「ずっとドコモ割プラス」

docomo with」は、AQUOS senseなどの対象端末購入時に、機種変更するまでの間ずっと1,500円(税抜)割引を受け続けられる割引サービスです。

ずっとドコモ割プラス」は、契約期間やdポイントの獲得数によってステージが決まり、対応する月額割引やdポイント付与の特典を得られる割引サービスです。

以上2つの割引を適用することで、月額料金をさらに下げることが可能です。

ソフトバンクには同様の割引サービスがありません。

そのため割引サービスの充実度もまたドコモの魅力と言えます。

まとめ

ドコモ光のセット割とソフトバンク光のおうち割の光セットを比較した結果、

  • ドコモ光の方がおトクになる
といったことが分かりました。

  • ドコモではシェアパックによる通信量の使いすぎによる速度制限の可能性があること
  • ソフトバンクでは電話オプションの契約が必要であること

といった内容にも注意しつつ、ドコモ光とソフトバンク光のどちらを選ぶか検討してみると良いでしょう。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 新規工事費無料(通常時18,000円)
    ※【期間限定】2019年9月1日開始
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約での金額。テレビサービス申込みで金額アップ。
  • 【dポイント】最大10,000円分プレゼント
    ※新規申込み時の金額。転用時の場合は5,000円分
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

【関東、関西、東海、九州】NURO光導入エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

Webでの申し込み限定特典があります!
【2019年11月1日(金)~11月30日(土)】
終了まで残り 8

  • 35,000円キャッシュバック
    ※2019年11月時点の金額
  • 工事費40,000円が実質無料
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • 開通月は日割で請求
  • セキュリティソフトが永年無料
    ※ソフトはカスペルスキー、通常毎月500円
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,000円 最大10端末まで
  • So-netの設定サポートが1回無料
    ※通常9,000円
  • 2018年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位
    ※価格.com
  • 2018年 固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 関東 第1位
    ※J.D. POWER

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が決め手でした↓