【実際に使用】本当におトク?ドコモ光とドコモ端末で「セット割」毎月800円〜最大3,500円割引

【実際に使用】本当におトク?ドコモ光とドコモ端末で「セット割」

ドコモ光とドコモ携帯をセットで契約することで、「セット割」を適用することができます。

しかしセット割を受ける条件や割引率がわからなければ、本当におトクになるのか疑問ですよね。

セット割って本当におトクになるのか疑問なんだよね〜...

僕の場合は実際にセット割を適用して、スマホの月額料金を毎月1,400円安く使うことに成功しています。

今回は「ドコモ光のセット割の割引額や詳細、メリット・デメリット」について解説します。

\ 5月の最新キャンペーン情報 /

ドコモ光のセット割とはどんな割引なの?

光回線キャッシュバックなどの特典ドコモ光のセット割とはどんな割引なのでしょうか。

僕が実際に支払っている月額料金を交えながら、詳しく解説していきます。

ドコモ光のセット割は超おトクなサービス

ドコモ光セット割のキャプチャ

【出典】docomo -料金プラン

ドコモ光のセット割はドコモのスマホユーザーが、ドコモ光を申し込むことで「スマホの月額料金が割引されるサービス」のことです。

特徴としては、

  • 申し込むプラン(契約しているパケットパック)ごとに割引額が設定されている
  • 戸建住宅と集合住宅で共通した割引額になっている
この2つが挙げられます。

ドコモの各パケットパックの月額料金と、ドコモ光のセット割引額を以下の表にまとめてみました。

一人向けプラン

パケットパック通常月額料金(税抜)セット割引額(税抜)
ウルトラデータ
LLパック
8,000円-1,600円
ウルトラデータ
Lパック
6,000円-1.400円
データMパック5,000円-800円
データSパック3,500円-500円
ケータイパック300~4,200円-500円
※表は横スクロールが可能です。

【出典】NTTdocomo公式サイト(2018年5月調べ)

家族向けプラン

パケットパック通常月額料金(税抜)セット割引額(税抜)
ウルトラシェアパック10025,000円-3,500円
ウルトラシェアパック5016,000円-2,900円
ウルトラシェアパック3013,500円-2,500円
シェアパック1512,500円-1,800円
シェアパック109,500円-1,200円
シェアパック56,500円-800円
※表は横スクロールが可能です。

【出典】NTTdocomo公式サイト(2018年5月調べ)

1人用のプランでは500~1,600円(税抜)、家族で使えるシェアパックは800~3,500円(税抜)の割引を適用できます。

次項では僕が実際に契約しているドコモ光とドコモの回線を例に、具体的な月額料金を紹介します。

【ドコモ光の料金体系】セット割の適用有無でこれだけ違う

違いのイメージ僕が現在契約しているドコモのプランは、20GBのウルトラデータLパックです。

電話のプランは家族通話のみ無料の「シンプルプラン」を契約しています。

料金の内訳をまとめると、

プラン月額
ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
シンプルプラン980円
SPモード利用料300円
合計金額7,280円

以上のようになり、合計で月額7,280円(税抜)かかっています。

「docomo with」を適用することでもっと安く使えている

僕が現在使っているドコモのスマホは「AQUOS sense」という端末です。

「AQUOS sense」は「※docomo with」による月額1,500円(税抜)割引を適用することができるので、実際の支払額は5,780円(税抜)となっています。

プラン月額
ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
シンプルプラン980円
SPモード利用料300円
docomo with-1,500円
合計金額5,780円
※docomo withとは?
ドコモで取り扱っているスマホの対象機種を使うことで、毎月1,500円割引になるサービスのことです。

ドコモ光のセット割なら格安SIMより安く使える!

格安SIMの楽天モバイルでは「20GBかけ放題なしの契約は4,750円(税抜)」なので、比べてしまうとドコモは1,030円(税抜)ほど割高です。

キャリア料金
楽天モバイル4,750円
docomo5,780円
差額+1,030円

とはいっても、

  • 通信速度が安定していて
  • キャリアショップでのサービスを受けられる
ことを考えれば、1,030円(税抜)差はそれほど高いとは感じません。

驚異!割引サービスのコンボの威力

実は「ドコモ光のセット割を適用」することで、さらに状況は変わります。

僕はウルトラデータLパックユーザーなので「割引額は1,400円(税抜)」です。

通常料金セット割適用セット割+docomo with適用
月額料金(税抜)7,280円5,880円
(1,400円割引)
4,380円
(1400+1500=2,900円割引)
※表は横スクロールが可能です。

【出典】NTTdocomo公式サイト(2018年5月調べ)

なんと格安SIMの楽天モバイルよりさらに370円(税抜)安い、月額4,380円(税抜)になりました

「ドコモ光のセット割」と「docomo with」の適用で、格安SIMよりも安くドコモ回線を使えることがわかりましたね。

格安SIMより安くなるなんてスゴッ!

ドコモ光の料金について、ここまでをまとめると以下表になります。

戸建住宅(税抜)集合住宅(税抜)
タイプA4,000円5,200円
タイプB4,200円5,400円

【出典】NTTdocomo公式サイト(2018年5月調べ)

※表は横スクロールが可能です。

僕はマンションでタイプBを契約しているので、ドコモの月額料金と合わせて、

月々8,580円 (税抜)

を支払っています。

実際には、

  • 自宅では高速な光回線を使っていて
  • 外出先ではドコモスマホで20GBも使えている
と、かなり充実した通信環境を月9,000円を切って運用できているのでとても満足です。

ドコモ光・セット割のデメリット・注意点を超解説!

メリット・デメリットここまではドコモ光とのセット割について、サービス内容を見てきました。

ここからはその他のサービス内容に関して、まずはドコモ光のデメリット・注意点を解説していきます。

とくに気をつけたいのは、現在ドコモ光で2GBプランやケータイパックを契約している人ですね。

注意点① 小容量プランは適用期間が限定される

ドコモ光の以下2つのプランは、ドコモ光の契約から1年間しか割引を適用できません。

  • データSパック
  • ケータイパック

通信量が少ない人は2GBプランであるデータSパック、ガラケー等を使っている人はケータイパックを契約しているかもしれません。

しかし以上2つのプランでは、割引適用期間が1年間で終わってしまうので注意が必要です。

注意点② ドコモ光は複数の回線に割引を適用できない

auやソフトバンクのセット割は最大10回線までに割引を適用できますが、ドコモ光のセット割は1つのパケットパックにのみ適用となります。

シェアパックにセット割を適用すれば実質複数人分の料金が割引になりますが、仕組みが異なっていることには注意しましょう。

以上がドコモ光を契約する上での注意点です。

ドコモ光・セット割のメリットを5つ解説!

メリットのメージ次にドコモ光のセット割の魅力について解説します。

デメリットに比べ、ドコモ光を契約することでかなり多くの恩恵を授かることができます。

メリット① 1人での契約も家族の契約も割引にできる

僕はドコモを家族との契約にしていませんが、人によっては自分の家族も全員がドコモを使っている場合があります。

ドコモは「パケットパック」をシェアすることで家族の契約を行えますがドコモ光のセット割は、

  • 1人向けプランと
  • 家族向けプラン
のどちらにも対応しているのが大きなメリットです。

メリット② 光電話を契約する必要がない

auひかりなどで適用できる「auスマートバリュー」では、月額最大2,000円(税抜) × 端末数(最大10回線)の割引を受けられます。

しかし割引を適用するには月額500円(税抜)の「auひかり電話の契約」が必須です。

割引額は基本的に500円(税抜)以上なので損することはないものの、光電話を使わない人にとって意味のない契約をしなければならず無駄な手間となりかねません。

ソフトバンク光もauひかりと同様に、光BBユニットという月額467円(税抜)のルーターレンタルと電話サービスの契約が必須です。

それに比べドコモ光のセット割はルーターレンタルや光電話の契約が不要です。そのため無駄なサービスを契約しなくて良いメリットがありますね。

メリット③ ドコモ光・セット割の申し込み手続きは不要!

ドコモ光とドコモのスマホをそれぞれ契約していれば、自動的にセット割が適用されます。申し込み手続きの手間はかからないので、安心できますね。

ただし注意したいのは、家族がそれぞれバラバラにドコモを契約している(シェアパックを契約していない)場合は、ドコモ光とセットにした1つの回線にしか割引が適用されないことです。

家族全員に割引を適用したい場合は、シェアパックを契約しましょう。

メリット④ ずっとドコモ割プラスでさらにおトク!

今までドコモを4年以上契約している人は「ずっとドコモ割」を適用できました。

しかし、2018年5月よりしくみが変わり、ドコモの契約期間が短い人でも「ずっとドコモ割プラス」が適用可能になっています。

契約年数やdポイントの獲得数によって決まる5つのステージがあり、2ndステージ以上なら割引を受けられる仕組みとなっています。

ステージの適用条件を以下の表にまとめました。

契約期間dポイント獲得数(半年)
1st4年未満600ポイント未満
2nd4年以上600ポイント以上
3rd8年以上1,800ポイント以上
4th10年以上3,000ポイント以上
プラチナ15年以上10,000ポイント以上
※表は横スクロールが可能です。

【出典】NTTdocomo公式サイト - 料金・割引 - 割引サービス (2018年5月調べ)

そしてそれぞれに対応する割引額は、以下の2つの表のとおりです

1人用プラン

1st2nd3rd4thプラチナ
ウルトラデータ
LLパック
割引なし-200円-400円-600円-800円
ウルトラデータ
Lパック
割引なし-100円-200円-600円-800円
データMパック割引なし-100円-200円-600円-800円
データSパック割引なし割引なし割引なし割引なし-600円
ケータイパック割引なし割引なし割引なし割引なし最大-300円
※表は横スクロールが可能です。

【出典】NTTdocomo公式サイト - 料金・割引 - 割引サービス (2018年5月調べ)

家族向けプラン

1st2nd3rd4thプラチナ
ウルトラシェアパック100割引なし-1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
ウルトラシェアパック50割引なし-800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェアパック30割引なし-600円-800円-1,000円-1,200円
シェアパック15割引なし-400円-600円-800円-1,000円
シェアパック10割引なし-400円-600円-800円-1,000円
シェアパック5割引なし-100円-200円-600円-800円
※表は横スクロールが可能です。

【出典】NTTdocomo公式サイト - 料金・割引 - 割引サービス (2018年5月調べ)

表をまとめていて気づきましたが、僕はドコモの契約が1年未満であるものの、

dカード GOLDを使ってdポイントを半年で10,000ポイント以上貯めてプラチナステージ

となっていました。

そしてdカード GOLDなら、ドコモ端末とドコモ光の月額利用料金の10%ものポイントが毎月付与されます。

ドコモのセット割が適用されているなら、ぜひ合わせて申し込みしたいカードです。

実際に料金を確認してみたところ、ちょうど2018年5月に800円の割引が適用されてドコモスマホの20GBプランを3,580円(税抜)で使えています

驚異的な安さと言わざるを得ません。

ただし毎月ステージの判定は変わるので、必ずしもプラチナステージを維持できるとは限りません。

それでも「dカード GOLD」による還元ポイントや使える店舗が多いため、

  • クレジットカードが欲しい方
  • ゴールドカードにステップアップしたい方
にはぜひオススメしたい、おトクなクレジットカード・サービスです。

メリット⑤ docomo with端末の購入でさらに安く!

docomo with対象端末を購入すれば、

  • ドコモ光のセット割
  • ずっとドコモ割プラス
に加えてさらに1,500円(税抜)の割引を受けることが可能です。

docomo withのちょっと裏ワザ

機種変更をするまで割引は継続します。

そのため他の端末が手元にあり新しいスマホが不要な場合でも、

  1. 「docomo with対象端末」を買って
  2. 端末だけすぐ売ってしまう
ことで、出費を抑えつつ割引を適用することができますよ(^^)

まとめ

ドコモ光を契約することで適用される「セット割」について、本当におトクになるのか実際の月額料金などご紹介しました。

ドコモ光なら、

  • 家族利用のパケットパックを割引にできる!
  • ひかり電話の契約なしに割引ができる!
  • 別途で割引にサービスに申し込む必要なし!
  • ずっとドコモ割プラスで更におトクに!
  • docomo with端末を購入してより安くできる!
たくさんの割引サービスと併用することができるので、プランによっては格安SIMよりも安くドコモスマホを使いこなすことができますね。

僕自身はドコモ光を契約してからスマホ代が大幅に下がっています

ドコモ光のセット割だけでも月々1,400円(税抜)、ずっとドコモ割やdocomo withも合わせると3,700円(税抜)もの割引を受けられているので、大満足です。

ドコモスマホを使っている人にはメリットしかないドコモ光の契約

今ならweb限定のキャンペーン実施中で、「v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーター」が契約中ずっと無料でレンタルできちゃいます。

この機会にぜひご検討ください^^

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

Web申し込み限定特典があります!

  • 【dポイント大幅増額中】新規20,000円、転用10,000円分プレゼント
  • 5,500円〜キャッシュバック
    ※オプションなし、2年定期契約
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    ※速くなかったらポイント還元
  • 【接続かんたん】ルーターにつないですぐに利用可能
  • 【セキュリティソフト】マカフィーマルチアクセス 1年無料
    ※通常毎月500円
  • 【ドコモ光セット割】
    ※携帯利用料が毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモ光出張サポート
    ※インターネット接続設定パックが無料
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

Web申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能