【ドコモ光 セット割】実際に利用している内容を詳しく紹介します!

【ドコモ光 セット割】実際に利用している内容を詳しく紹介します!

ドコモ光では「セット割」を適用することで、ドコモのスマホ料金を大幅に削減することが可能です。

  • ドコモのスマホを使っている
  • ドコモ光を利用しようか迷っている
  • ドコモ光セット割の割引内容が知りたい

そんな人の参考になれば嬉しいです。

\ 工事費無料キャンペーン開始 /
【2018年12月1日(土)〜】

ドコモ光のセット割でスマホ代が最大3,000円以上も割引に!?

ドコモ光セット割のキャプチャ

【出典】docomo -料金プラン

ドコモ光を契約することで適用できる「セット割」。

セット割を適用することで、ドコモのスマホ代を毎月最大3,200円(税抜)割引することができます。

そのためドコモユーザーで光回線を検討されているのであれば、オススメの光回線は「ドコモ光」一択と言えます。

ドコモ光のセット割における割引額一覧

ドコモ光のセット割を適用した場合の、割引額を表にまとめました。

ドコモ光+セット割・家族の場合

戸建住宅(税抜)集合住宅(税抜)
ウルトラシェアパック1003,200円3,000円
ウルトラシェアパック502,500円2,400円
ウルトラシェアパック302,000円2,000円
シェアパック151,800円1,800円
シェアパック101,200円1,200円
シェアパック5800円800円

ドコモ光+セット割・一人の場合

 割引額(税抜)
ウルトラデータLLパック1,100円
ウルトラデータLパック900円
データMパック800円
データSパック500円(契約開始から1年間のみ)
ケータイパック500円(契約開始から1年間のみ)

ドコモ光はセット割の対象条件によって料金が変わってきます。

適用プランによって割引額が変わる?

ドコモ光のセット割は、スマホの契約プランが

  • シェアプランか
  • 一人用プランか

によって割引額が大きく変わります。

家族みんなで通信量を共有するシェアプランだと最大3,200円一人用プランでは最大1,100円の割引が適用されます。

しかしこれらはそれぞれ100GB、30GBといった最大の通信量を契約した場合です。

無理に最大限の割引を受けようとするとかえって月額料金が割高になってしまうので注意しましょう。

家族向けプランは戸建住宅の方が有利!?

ウルトラシェアパック50とウルトラシェアパック100は、戸建住宅と集合住宅で割引額に100~200円の差があります。

わずかな差ではありますが、1年間で考えると1,200~2,400円とそこそこの金額です。

ただし戸建住宅向けのドコモ光は、集合住宅のドコモ光よりも1,200円ほど月額料金が高くなります。そのため戸建住宅のほうが絶対におトク、ということはありません。

セット割を他社割引と比較して分かったメリット・デメリット

auひかりやソフトバンク光といった他社回線のセット割と、ドコモ光のセット割について比較してました。

デメリット:他社割引は全契約プランに割引が適用される!

ドコモ光では一つのプランに対して割引が適用されます。

家族それぞれの契約プランを割引するには、「シェアパック」の適用が必須です。

シェアパックの注意点
「シェアパック」では一人の通信料が増えるとみんなが速度制限にかかってしまうリスクがあります。

しかしauひかりの「auスマートバリュー」やソフトバンク光の「おうち割」は、家族それぞれが契約するプランに一括で割引が適用される仕組みです。

家族割の観点からでは、他社割引のほうに軍配が上がりますね。

メリット:他社では割引に期限がある

ドコモ光の割引はデータSパックとケータイパック以外、とくに期限が設けられていません。

それに対しauひかりやソフトバンク光のセット割は、割引を受けられるのが最大2年間に限られます

そのため長期間契約ならドコモ光がオススメです。

長く同じ割引を受けることができるため、長く契約するほどドコモ光のセット割に軍配が上がるといえます。

実際にドコモ光のセット割を利用してみての感想

僕はドコモで

  • データMパック
  • ウルトラデータLパック
を契約して、ドコモ光のセット割を適用しています。

しかしセット割には良い点も悪い点もあると感じています。

良い点:毎月2000円以上もおトクに使えて大満足

僕はドコモ光のセット割でスマホ代を毎月800~900円(税抜)ほど抑えています

さらに「docomo with」に加入しているので、合わせて毎月2,300~2,400円(税抜)ほどスマホ代を下げることができています。

docomo withってなに?
割引対象の端末を購入することで、毎月1,500円(税抜)の割引がずっと適用される料金プランのことです。

本来なら7,000~8,000円かかるスマホの月額利用料金が、

  • ドコモ光のセット割
  • docomo with

を併用することで5,000円台になり、年間3万円近く通信費削減に成功しています。

そのためドコモ光のセット割における割引額には大満足です。

悪い点:2GBプランを選ぶと割引期間が限定される

ドコモ光のセット割で残念なのは2GBプランを選んだ場合、割引期間が契約から最大1年間しか適用されないことです。

あまり通信しない月も多いので5GBで5,000円(税抜)プランよりも、2GBで3,500円(税抜)プランを選びたくなることもあります。

ただ割引期間切れによるプラン切り替えも面倒なので、初めから①のプランで契約しました。

「2GBプラン契約時の割引期間の制限」が撤廃されるとより気軽に申込みできるのですが...期待して待ちましょう。

まとめ

ドコモ光のセット割では、

  • 家族向けプランなら毎月最大3,200円(税抜)
  • 個人向けのプランなら最大1,100円(税抜)
の割引を受けられます。

「docomo with」と併用でき、とくに20GBや30GBプランの場合は「格安スマホ」とあまり変わらない月額料金でドコモのスマホを利用できますよ。

【ドコモ光 × GMOとくとくBB】申し込みはキャッシュバックを利用

総務省の要請で光回線のキャッシュバックキャンペーンやモバイル端末とのセット割が終了する可能性があります。

光回線への加入を検討している人は、キャンペーンが開催されているうちにどうぞ。

webでの申し込み限定特典があります。
【2018年12月1日(土)〜 】
終了まで残り 9

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000円分プレゼント
  • 新規工事料金無料
    (通常15,000円〜18,000円)
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル→速さに自信!
    (速くなかったらポイント還元)
  • セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
    (通常毎月500円)
  • ドコモ光出張サポート「インターネット接続設定パック」が無料
  • 【ドコモ光セット割】
    ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【ドコモ光 × So-net】無料Wi-Fiルーターレンタル開始

v6プラス対応の無料Wi-Fiルーターの提供で、「So-net」もドコモ光でオススメできるプロバイダーとなっています。

  • 最大15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大10,000ポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル提供開始
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が2年無料(通常毎月500円)
  • 【無料Wi-Fiルーターレンタルを利用しない場合】訪問サポート、リモートサポートそれぞれ1回ずつ無料
  • ドコモ携帯とセットで毎月800円〜最大3,500円割引
  • ドコモショップへの来店不要

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

webでの申し込み限定特典があります!

  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料で使用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能